FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

伊藤園レデーィスゴルフトーナメント

2007年11月12日

昨日の日曜日は伊藤園レデーィスゴルフトーナメントに小5の長女と2人で観戦に行ってきました。

前日の土曜日、いつものように夕方に一杯やりながらテレビでゴルフを観ていた時、急に行きたいという気持ちになりました。でも、予報は雨。おまけに、特に応援している選手の横峯さくらちゃんと上田桃子ちゃんが不調気味。やっぱり止めようかな~と思ったとき、17番ホールにて桃子ちゃんの微妙な長い距離の難しいパットのシーンがテレビの画面に映りました。このパットをはずすと優勝戦線から脱落するので「このパットがはずれたら明日行くのをやめよう」と私は決めました。ところがナイスパット。素敵なガッツポーズ。やっぱり行こうと思いました。

さくらちゃんや桃ちゃん以外にも、私のお目当ての大好きな選手である古閑美保ちゃん、有村智恵ちゃん、大山志保ちゃん、佐伯三貴ちゃん、北田瑠衣ちゃんなどの今大会出場のすべての選手が予選を通過。しかも、今年不調でシード落ち直前の北田瑠衣ちゃんがトップで最終日を迎える。お目当ての選手の何人かが予選を通過できなかったら止めようと思ったけど、やっぱり行きたくなり余計にわくわく。

日曜日の予報をヤフーで調べると、昼ごろまで弱雨。会場までは片道電車とバスを乗り継いで2時間半の道のり。子どもたちを誘ってみてだれも行かないようだったら止めようと決めて誘うと、長女が「行きた~い」雨が降るとこんなにたいへんだよーと言っても、気持ちは変わらず。じゃ~妻に聞いてみて渋い返事だったら止めようと思い、妻に聞くとちょっと渋い顔をしつつも「どうぞー、行ってきたらー」という返事。

日曜の朝、ヤフーの予報を見たら、さらに予報は悪くなっていて午後3時頃まで雨の予報。じゃー、長女が起きてきて雨戸を開けたときに雨が降っていたらやめよ~と決めたのに、雨戸を開けたときには雨は降っていませんでした。アマンダとデンプがだだこねたら止めよう・・と思ったのに、[ゴルフの応援がんばってね~!」と笑顔。

上記以外にも、なんだか迷いがあって判断を流れにゆだねたけど、見事に結果はすべてが行ってこ~い!でした。

朝7時台に家を出て帰宅した夕方6時頃まで、私にとっては久しぶりに家族と離れて(長女以外)の休日でしたが、大いに充実した楽しい休日となりました。いつもは、ゴルフの観戦中のほとんどの時間は歩きっぱなしでいろんな選手を追いかけているのですが、今回は、長女もいたのでそれほど歩き回りませんでしたが、やっぱりなま女子ゴルファーのかわいらしさ、美しさ、オーラの輝き、雰囲気の良さはテレビの画面では味わうことのできない、なまの素晴らしさを味わうことができました。

去年、同トーナメントは一人で観戦しましたが、今年は長女と一緒ということで、長女と行ったために大きく得をしたことがいくつかありましたが、わかりやすいことを2つ書きます。1つは、当日の観戦チケット2000円を購入しようと並んでいたところ、通りすがりのおっさんが長女に「これあげるよ~」と手渡してくれたのが、なんと無料招待券。もともと小学生は無料だったので私の分がただになりました。ありがとう~おっさん!

もう1つは、横峯さくらちゃんのサインがほしいということになり、プレーを終えたさくらちゃんのサインを待つ行列に並びました。ざっと150人くらいは並んでいたでしょうか。不調だし最終日でお疲れのさくらちゃん。こんなに大勢のサインは難しいだろうと思っていたら「子どもだけサインをします」というアナウンス。長女は大喜びでサインをもらいました。これで、味を占めたミーハー娘は、結局その後は一度もゴルフは観戦せず、上がってくる選手を待ってサインをもらいまくりました。結果は古閑美保、諸見しのぶ、大山志保、など約2時間半で11人のサインをもらいまくりご満悦。私は近くの18番グリーンで観戦したり長女のサポートをしたりして走り回るも、楽しいひとときとなりました。

今回のゴルフを観戦に行くか行かないか・・・とってもちっぽけな迷いの中の選択ですが、往復5時間という長時間かかることや、天気のことや、家族との休日をすごすか否かという観点のことなどから、五感的でもあり流れでもあり運でもある、上記のようなわかりやすい選択に対する解決法を実践してみました。とっても浅はかな実践ですが、これは結果が行くようになっても行かなくてもどちらでも良いという安易なものだから、このような手段を選んだということでもあります。でも、よくこういった少しでも迷いがあるときには、流れにゆだねたり、少し動いてみて様子をみたりして、はっきりしてから選択するということは習慣になっています。

昨日は、ゴルフ場で傘をさすことは一度もなく、家族は家族で楽しんだようですし、サインはたくさんもらえたし、娘は何度も楽しかった~と言っているし、行ってよかった~!と100%満足できる結果となりました。
スポンサーサイト



日記
 | HOME |