FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

プレアデスからのメッセージ

2007年11月09日
表面的なことは簡単に変えられることに属します。表面的なこととは、物質的なことや五感的(見える・聞こえる・触れられる・味わう・匂う)にわかること、つまり人間の意識レベにける分類としての言葉を使って「顕在意識」と称することにします。

ゆるぎないこと、つまり真実であり根本であることは、そう簡単には変わらないし、普遍的なことも含まれます。これを「無意識」と称することにします。

この健在意識と無意識の間にある、ちょっとしたきっかけで思い出せたり、ただ単に現状では必要でないために、しまいこまれたりしている意識を「潜在意識」と称することにします。

もう少し具体的に解説いたしますと、顕在意識とは、3次元の世における現実世界といわれるものにおいて存在している、わかりやすい意識です。言葉や考えや書物や絵画などの五感によって表現できるし、訂正や修正はうわべの表現で簡単にできるものでもあります。ただし、この意識は、単なる今世において築かれた浅い意識であるものが多いために、時には大きな不安や心配とか恐怖や怒りやエゴといった、低い波動のものを生じることがあります。

無意識の中には、ネガティブであることや低い波動はいっさいありません。魂の長い歴史の中で積み重ねられた記憶や経験がたくさん積み上げられていますし、魂が存在している間は、宇宙の神とつながっていて、ありとあらゆる情報も深い愛も受け取っています。無意識のおおもとは宇宙なのです。愛のみである宇宙の神そのままなのです。

この無意識の中の、潜在意識としてわき上がり、顕在意識として必要であることは、その人の持つ波動によりその人の外部に様々なかたちで表出されます。この無意識から表出されてくるものは、すべてが波動の高いポジティブなものであるのですが、その人のもつ波動や今世での経験やこれまでの今世の現象の受容の仕方により、質が違ってくるのです。

無意識の中の情報量や現実と言われる世界への影響力というものは、顕在意識に比べると数字では表現ができないほどの大きなものであります。例えるなら、地球の大きさと蟻1匹の大きさと比べるようなものです。

潜在意識の中には、たとえば前世の記憶や今世における忘れてしまいそうな記憶なども含まれています。今世の経験から来る意識のほとんどは顕在意識に含まれるので、この潜在意識の多くは、地球における前世での経験に基づく意識と表現してもよいかもしれません。この、前世とは、地球において3次元的なDNAの物質として輪廻転生してからのこととなりますので、他の星の記憶とか地球において宇宙のDNAのまま転生してきた記憶とかは、潜在意識の中に残してあるものもあれば、無意識の状態になっているものもあるということになります。

アトランティスの世で、初期の頃から宇宙と地球との橋渡し役のような形で地球に貢献してきた者の中には、宇宙におけるDNAのままで物質化して地球に存在していた者もいます。つまり、宇宙人として存在していました。地球と宇宙とを自由に行き来できるし、地球上の人間として人間の実生活に入ることもできました。今のDNAを持っている人間の寿命というものは、100年を超えるとだいたいは死という道を選ぶわけですが、宇宙の高度な文明におけるDNAにおいては、死という選択肢をとらなくても、いつまででも同じ物質として存在することもできるのです。

シリウス星から、地球の波動を上げるために愛する地球のためにと地球に降りて来て、アトランティスという文明を築く際に尽力した、たくさんの同志がいました。その中の一人がこのタエヌでございます。そして、タエヌとともに、このアトランティスの世において宇宙人としてのDNAを持ったまま、地球上の年数においては何千年もの長きにわたって貢献していた同志とは、このアセンションを目の前にして、お互いの同意のもとに今世に輪廻転生してきて再会を果たし、今、こうして顕在意識の中でつながっている同志が何人もいます。アマンダ、デンプ、シューリエ、ドァウ、モエル、ユンフィア、ゥレリェール、アニフィ、アウェル、ユフェィスは、アトランティス文明で人間として世に出た時に名乗っていた名前ですが、今の時点で、こうしてタエヌとはしっかりと出会って結ばれています。今世の前では、ここの挙げたすべての者が人間としてのDNAを持ってエジプト文明において輪廻転生して存在していました。そして、現在に至っています。

これらの記憶や経験によって得た英知などのすべてのことは、先ほど表現した無意識の中には、しっかりと残っています。そして、必要なことは潜在意識にも出てきているし、顕在意識として捉えている人もいます。これまで、このタエヌがアトランティスについての話やその当時の名前などを告げた時に、それほど違和感を感じなかったとか、喜びに感じたとかというポジティブな受け止め方をした方は、まさに潜在意識と言うより顕在意識として表出されているということになります。別に、顕在意識として思い出すことが良いとか悪いとかということではありません。ここで言いたいのは、つまり例えてみると・・というたとえ話なのです。

今の世を、高い波動で幸せを感じながら愛に満ちた生き方を選択したいのであれば、この無意識の部分をどんどん表出して、感覚的とかスピリチュアルとかという言葉に表現をおきかえることができるかとも思いますが、そういったことをより実生活に生かしていきていくということを習慣にしてしまえば、簡単に手に入るものなのです。

恭ちゃんの今の状況というものは、これまでの話にあてはめますと、この顕在意識の中、今世の価値観とか基準とか常識とかといった表層的な薄い膜の中で、一生懸命もがいているという以前のような状態にもどってしまっているということが、そもそも波動を下げてしまっているすべての要因といえるのです。とはいっても、今世で生きていくには、物質はそれなりに大事な物となっていくわけですし、物質がなくては生きていけません。ただし、物質を得るために生きていくという浅はかな顕在意識のもとで行動し習慣化してしまうと、せっかく最近になって気づき積み重ねてきた、無意識や潜在意識というものとつながって表出して今世に生かして生きていたという、素敵な行動が習慣になりそうであったのに、習慣になる一歩手前で、一つの参考程度のものに成り下がってしまったということになります。ここで、そのままズバリ言わせていただいたのは、先ほどタエヌもわかっていましたが、これはあなたの指導霊的な立場のスピリットからの要望でもあります。別に、今の恭ちゃんの状況が良くないとか改善したほうが良いとか、そういった膜の部分の細かい話をしたいのではありません。そうではない、根底にある意識の問題なのです。つまり、顕在意識の中の本質の部分についてなのです。

例えば、タロットとか風水とかといった、物質を使ってのスピリチュアルなことは、それはそれで良いのですが、やはりとても五感的であり3次元的である物質に基づいたものでありますので、宇宙的な観点においては、スピリチュアルという表現ではなく、人間的なものという分類になってしまいます。

そうではない、無意識からくる感覚的なもの、自分の本来持っているポジティブなもの、自分自身の今世の目的であるそういった感覚的なポジティブなスピリチュアルなすばらしい魂を生かすことにより、人のためのお役にたつということが、せっかくできてきていたのに、今の時点では現実世界という膜の中で生かしきれていないということです。

瞑想でもいいですし自己ヒーリングでもいいです。今の現実的な状況というものから一時だけでも脱するために、休暇をとって自然の中に溶け込むのも良いでしょう。もう一度、恭ちゃん自身の根本を見直す機会を作ってみてください。今が良くないのではありません。今という時点から次の地点へと向かう方向性というものの修正が必要であるということなのです。それには、ここでもう一度根本に帰ることが必要であるということです。

以前、タエヌには何度も言われたし恭ちゃんも同感していた「タエヌと同じような質の経験をして同じような質の道を歩んでいる」ということ。やはり、現時点でも変わりはありません。行き着く方向はいっしょなのだから。でも、行き着く先は点ではないので、同じ内容のことに向かっているということではありません。ただ、今の時点では、この方向というものが少し軌道修正する方が良いのではないかという、ちょっとした参考的なアドバイスをしているということなのです。

どのみち、タエヌと恭ちゃんは、シリウスの時から深く結ばれているわけですから、今世で出会ってお互いがこうして目覚めたことにより、その無意識の中からともに歩んでいくということはわかっているわけですから、あまりどうこう深く考えずに、必要とするときに連絡をとりあえばいいということなのです。

そこそこに、長いメッセージとなりましたが、私たちプレアデスの同志という宇宙の存在が、あなた方の無意識の中に入り込んだり、あなた方のまわりで応援している物質ではない魂とうものに成り変わったりして、メッセージという言葉により顕在意識に対しての表現をすることが許されましたということを最後に述べて、終わりにさせていただきます。ありがとうございました。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)
 | HOME |