FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

素敵なあなたへ

2007年09月21日

何を思ったか。何に出会ったか。何を感じたか。

つまり、「心が変わること」「気づき」ということはとても大切であり、三次元の世では自分の方向を選択するのには、最初の段階である。

しかし、心が変わっただけでは残念ながら前にはそれほど向いていかない。それには、行動がともなわなければあまり変わってはいかない。物質世界である三次元の世では、行動がとても大切になる。

行動の一つである「身を置く場所」というのも、一つの大きな鍵となる。どんなに素晴らし事を思っていても、どんなに素晴らしいことを行動にしようとしても、極端に例えるならば、誰とも接触も通信もできない所にて一生を過ごしては、人々に還元することは難しい。罪を犯して収容されている所よりは、自由な場所にいたほうがよりよい。スピリチュアルなことを世にポジティブであり必要なこととして浸透させるには、それなりの身の置き方がある。

行動が変わっても、習慣にしていかないとあまり長続きをしていかない。継続は力なりという言葉があるが、継続しないとそれほど力にはなっていかない。あまり世には浸透していかない。そしてなによりも、自分自身の身につかせ波動を変えて修養するには至らないともいえる。もちろん、これは宇宙の法のもと(愛という基本法)のことを習慣にするということに限るが。

宇宙の法に則して、習慣さえ変われば人格が変わる。波動が上がる。当然、運命も変わる。出会いが変わる。道が変わる。変わるというより、自分自身の本来の輪廻転生してきた目的に向かって、より最短距離を歩みようになる。

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣がかわる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

――この素晴らしい言葉は、こんな意味を持っていると思う。もちろん、悪しきことを習慣にしてしまえば、前述したことの逆になり落ちていくわけだが……。

わかっているのならば、行動すべきである。

わかっているのなら、身の置く場所を適した場所に変えるべきである。

わかっているのならば、過去の自分を振り返り今の自分をそこに当てはめようとするのではなく、理想を現実として思い描いて妥協して思い込もうとして目の前の自分の問題や課題から逃避するのではなく、シンプルに、理想の道を、進むべき道がわかっているならばまっすぐに歩むべきである。

数字とか計算とか保身とか過去とか、まだそんなことを気にしていて本来の目覚めを遅らせて後退させる必要が、今というこの大切な時に、どうして選択をするのか。

私には残念でならない。でも、私には全くネガティブには思わない。私にとっては、とても小さなことであるから。でも、また再び本来の自分自信に気づき、ともに目覚めて同じ道を歩むようになってくれたら、そうしたら私にとっても宇宙にとってもとても大きなことである。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)
 | HOME |