FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

わが家の子どもたちとレイキ

2007年08月28日
わが家には中2の息子、小5と小1と4歳の娘たちの計4人の子どもがいます。私がレイキの伝授を受けてから5年ちょっと、ティーチャーになってから4年半ほど経ちますが、私と妻はもちろんのこと、子どもたちは例をあげるときりがないほどレイキによるたくさんの恩恵を受けてきました。中でも4歳の娘はレイキで育てたようなものです。

子どもたちの身体で改善したことをいくつかあげますと、息子のアトピー、長女の成長痛や喘息のような夜寝る前の咳などです。小1と4歳の娘はほとんど医者いらず薬いらずで育ってきました。時々体調を崩すことはありますが、果物を食べてタヒチアンノニジュースを飲んでレイキやスピリチュアルなエネルギーによって、長引かずに改善しますし、微熱が出ている間も、とても元気なのです。

もちろん、レイキだけで健康を維持することができているとは思っていません。レイキは家族全員に毎日のように送るということを私も妻も日常の祈りとともに毎日行っていますし、何かネガティブな状況があるとレイキやスピリチュアルパワーを使うのは基本となりますが、合わせて気をつけていることがあります。いくつかあげますと、よりポジティブな生き方を実践すること、物事をポジティブにとらえることや伝えること、親として子どもに対して低い波動(怒り・心配不安・強いエゴなど)をできるだけ向けないようにすること、心身のバランスを崩す前にそれなりのヒーリングを施すことなど、基本的な生活習慣を続けることや食生活に気をつけることや子どもたちが安心して成長できる状況をできるだけ作り上げることといった現実的なことの中に、スピリチュアルなことも合わせて意識的に取り入れていることも健康維持の要因であると自負しています。

息子は小4の時、長女は小1の時にレイキを伝授しました。ですから二人とも私や妻がレイキをかけられない時には、自己ヒーリングをしています。時々子ども同士でレイキしたり、子どもに親がレイキをしてもらったりすることもあります。子どもからのレイキって本当に気持ちが良いものです。

わが子にレイキすることは、親の深い愛も加わるわけですから、より高次のエネルギーを子どもに与えることができます。わが家ではテレビを見ながらレイキ……なんていうこともよくあります。それなりに、きちんとした環境を整えてレイキすることもあります。

無限に存在する素晴らしいレイキのエネルギーを家族のために、ご縁のある方々のために、自分のために、地球や宇宙のために……たくさんたくさん役立てて、みんなでよりポジティブになり幸せを感じていくということは、とても素晴らしいことだと思っています。

なんだか、とても良いことばかり書きましたが、もちろん私も妻もまだまだ親としても人間としても未熟なので、反省の繰り返しの発展途上中です。子どもたちと共に日々の修養を怠らず、スピリチュアルライフを楽しんでいます。
スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |