FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

まとめ~宗教について~ モーゼからのメッセージ

2007年05月16日

モーゼからの言葉を聞きたいという希望により、私からのメッセージを伝えます。日ごろより、この方には直接的にたくさんのメッセージや私なりの力を授け続けているので、ここのところはモーゼであるということをわざわざ伝えないようにして、陰のように見させていただきました。以前はよく表面に現れたのが、最近はそういう状態になっているというのは、そういう思惑だからです。あなたが、時々私モーゼ以外のさまざまな以前よく表れた方々に対してもそう思われていますが、やはり同じことなのです。まあ、自己紹介というようなそんなことを人間的に言えばしていたというのが、あのころの次々とわれわれ高次元といわれるものや宇宙の同志の方々が出てこられたのは、そういうことなのです。あ、わかっている、と今思われましたが、これで実感していただけたことと確信しました。

このたび私が伝えたいのは、宗教というものについてと否定や制限というものについての関係です。よく、宗教といわれるものの中でも、大きく分けて二つあります。一つは人間的なもの、そしてもう一つは神的なものです。まあ、残念ながら、これまで団体を作って活動してきたほとんどの宗教がこの人間的なものに属してしまいますが。また、もともと神的であったのに、エゴといわれる醜いものが入ってしまい、結局は神不在の人間をあがめてエゴの獲得第一主義となってしまうという悲しいことは多々りましたし、今もとても多いことを嘆かわしく思います。

この、宗教を神的なのか人間的なのかということにおいての見分け方はただ一つです。それは否定と制限です。神は否定しません。他のものを批判しません。拒否もしません。人間の行動を制限しません。すべての根本は愛であり、愛だからこそ人それぞれの自己責任であり自由意志によるものなのです。わが神を信じなさい。そうすれば救われますよ。他の神を信じるのをやめなさい。こんなふうに神は人間のような自分だけを信じろなどというエゴは持っていません。他の神も人間も何もかももともとは一つなのだから、他のものを否定した時点で、自分を否定したことになります。そんな道理にかなっていないことを、神が宇宙が人々に伝えるはずがありません。金品を持ってこい、そんなはかないものを神は要求しません。人間のエゴなのです。自由意志に任せます。そういうことで、神に対する敬意をあらわすのでしたら良いのです。そうしなくてはいけないという制限は人間的です。

今、真の宗教がたくさん芽生えてきています。とてもうれしいことです。地球神界の神々も大いに喜んでおられます。確かに、これまでも集団としての宗教において、神と交わってきた宇宙の法のもと、素晴らしい宗教活動もいくつもありました。今でも当然、健在しています。でも、この先の宗教とは、別に集団になって気を高めて神のような高い波動とつながるような手段をとらなくても、個人レベルで神と強く高くつながり、本当の宗教というもの、信仰というものが築かれていくのです。

古来からやおろずの神々に対して、敬意をはらい身近なものにも神が宿っていることを知っていた神国日本は、やはり他の国々とは違うのです。今、あなた方が日本に生まれてきたのには大きな理由があります。あなた方は、この神国日本において神とより高く深くつながり、世界の中心になるための一員として成長し続ける義務のようなものがあるのです。義務といっても、やはり自由意思です。あなた方次第です。あなた方の目覚め方、今後の生き方次第なのです。もう直前にまで迫ってきているあの時に向かって、とにかくいち早くより高くより神の方向へと進んでいくべきなのです。それが、私モーゼの願いであるのです。どうか、私はいつでもみなさんを見守らせていただいています。私は、特に神から授かったお力の中では強さというものを持っております。

もし、道につまずきくじけそうになったとき、弱い自分が強い自分を押し破ろうとした時、そんな強さがほしいときには、私、モーゼをお呼びください。私なりにお力になれるとうれしいです。みなさんとは、そういう関係なのです。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アミ(高次元の宇宙人)からのメッセージ

2007年05月16日

あんなふうに生きていくって素晴らしいよね、そんなふうな人がいるといいねって、あなたはよく思っているけど、いったいどうなのだろう。やっぱりあなたの周りにはいないのかな。

つなぎ合わせるっていうのはどうかな。あの人のこの部分とあの人のああいうところと……そうすると、素敵な生き方っていう青写真が出来上がるよね。つまりね、人って良いところをつなぎ合わせれば、みんな最高の生き方をしているんだよね。良いところっていうのは、宇宙の法に則しているっていうことだよ。あんまり、一つの言葉に神経質にならないほうがいいかもよ。大丈夫だから。みんなちゃんとわかっているから。

何もしないっていうことが、だから何もしていないから良くないかっていったらそれはそうじゃなくて、何も行動していなくてもちゃんとその人の魂は動いているからそれはそれで良いっていうこと。暇だとかたいくつだとか、それはあんまり良くないけど、でも悪いことではなくてかわいそうなこと。

あとね、世の中の見つめ方って、今のように大きく見つめて感覚的に分析するっていうやり方が、やっぱり最高だよね。まるで、冷めているのって思うくらい冷静に感情を入れずにみつめるっていうことがやっぱり大切なんだよね。そういうことが言いたいんでしょう。

あとは、僕たちのような宇宙人の存在の今後のあり方っていうけど、やっぱりしばらくは今のままで変わらないかな。でもね、本当にうれしくなっていることの一つに、ものすごい勢いで目覚めていく人が増えていて、僕たちの言葉をひろってくれて生かしてくれたり世に還元してくれたりすることが、どんどん増えているんだよね。もう、地道な活動なんて言っていられないくらい、急速に、でもぼくたちからしたら予定通りに進んでいるんだよね。やっぱり愛する地球のためだから、すごくうれしいことなんだよね。

ほら、あそこでね、手と手をつないでいる宇宙人が見えるでしょう。あれね、なんであんなことをしているかというと、地球ごっこなんだって。こうして物質になって触れ合うっていう感覚を味わってみると、これもとても面白くて心地よいっていう、宇宙の子どもたちなんだよね。面白いでしょ。もう忘れていた感覚だけど、やっぱりいいもんだなあってあの子たちが感じたってことは、これも愛のめぐりなんだよね。宇宙って、そうやって素敵な愛の広がりを築いてきたんだよね。だから、もっともっと地球のみんなも愛の和の広がりの中に加わって、宇宙のみんなと意識的に一つにつながって愛をはぐくみあいたいよね。だから、そうなっていくには、まだまだ僕たちの地球のみんなへの愛の表し方は今のままでしばらくは進んでいくよ。でも、地球のみんな次第で、いつでも僕たちがもっともっと近づけるための準備は、もうとっくに整っているから、だから待っているからね。よろしくね。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

まとめ ~愛とは その2~

2007年05月16日

ありのままの自分とはなんなのか。自分にとっては窮地に追い込まれたというような危機的状況になって、あらたに発見できたことがいくつもいくつもあった。危機的な状況の中、物事をどう受け止めてどう考えてどう行動するのか。経験してみないとわからないが、経験してみたら実に面白かった。

自分を取り巻く愛とはなんなのか。 やはりそんな危機的状況になってみて、改めて感じる素晴らしいものがたくさんあった。やっぱりすべてが愛なんだ!

無償の愛とはなんなのか。 よく、家族の愛とは……という話に使われるが、今、いっしょにいるとかいないとか、今世でどれくらいのお付き合いの時間の長さや深さがあるとかないとか、そういったことは全く関係ない。今をどう生きているかの波動がすべて。無償の愛という気持ちを持っていれば無償の愛が返ってくる。やっぱり愛のめぐりである。カルマである。

愛の度数を減らすものはなんなのか。もちろん、一番の要因はエゴ。エゴが減れば愛が増える。愛が増えればエゴは減る。

もう、すでに今の世の中、どんどんうわべによるごまかしは通じなくなってきている。これも一つのアセンション現象の表れ。まことの大和の世が成る。
スピリチュアル

まとめ~愛とは~

2007年05月16日

愛とは……そんな定義や根本であるものは何かとかどういうものであるとか、それは言わずとも知れていること。それこそ、その人が愛をどう定義するか、どのようにめぐらせているか、ということによってその人の愛の度数がわかります。愛の度数の高さとは、そういうものなのです。愛の度数とはいっても、本当は単純に数字で表せるものではないけど、アミの本には子どもにわかりやすいように数字で示しました。でも、本当は質とか波動とか魂の状態とかいろいろなことがからんでくるので、単純なものではないことはわかっていると思います。そして、この愛の度数がどれだけのものかというのは、オーラといわれるものにすべてが映し出されます。どんなにうわべでとりつくろっても、オーラはその人の生き方そのものだし魂そのものだから、そう簡単にごまかしたり変えたりすることはできません。

でも、別に、オーラが見えるとかわかるとか、そんなことはどうでもよいのです。何が言いたいのかというと、この先、地球がアセンションするにつれて、このオーラである本質であり本心であり本来のその人の愛の度数も、うわべではない思念とか想念とかというものが、お互いにわかりあった上で調和を保つようになるということです。だから、今現在の次元においては、言葉や態度といった五感の部分でごまかしたり隠したり修正したりすることはできても、この先はそういうわけにはいかないのです。みんなが、シンプルにストレートに、その人の持つ愛にしたがってそのままの魂と精神と心とが一致した状態で生きていくのです。

以前の日記に、お金や物といった物質的財産は一夜にして得ることができるが一夜にして失うこともある。しかし、愛という財産は、地道に積み重ねて得ていくものであり形にして見えないからわかりにくい。ただし、物質と違って簡単に失うことはない。そんな内容のことを書いていましたが、まさにその言葉を思い出し、こつこつと積み重ねるのです。面白いことに、目に見える状態とか言葉とかといった状態で愛を積み重ねているつもりの人がいますが、本当の愛とはそういうものよりも、もっと謙虚で人知れず積み重なっていくもの。あたかもごく当たり前のようで、でも後で振り返ってみたり、人に感謝していただいたり、そんなことで、ああ、これって愛を与えて返していただくという素晴らしい愛のめぐりだったんだなあと気づくといった、愛ってそんなさりげないものなのですが、とても大切なものなのです。
 以上、アミと私の合作 。
スピリチュアル

まとめ~序章~

2007年05月16日

昨日あたりからぐるぐると何度も巡ってくる言葉。

「まとめを書きなさい!」

なんのまとめかといいますと、この状況においてわかったこと、感じたことなどの現段階のことだそうです。そして、それをわれわれ(つまり宇宙の高次元の同志や地球の天上界の神霊界)がサポートするから、私は書こうと思ったら書く状況を作ればよいとのことです。

私の物質的状況は、やはり厳しくなる一方です。でも、高次元のみなさんは、もう大丈夫だから終わるから次なることに全力を注いでくださいとおっしゃるのです。だって、来週はついに弁護士と話をしなくてはならないかもしれないという状況で、来月には家も土地もないかもしれないという経済的な計算の状況に追い詰められているのに、それすらもそうなってから考えればよい、取り越し苦労はしなくてもよいとのことです。いつもそうですが、もう終わったとかすぐにとかという高次元の方々の感覚と人間の感覚とが違うことが多いので困ってしまいます。まあ、確かに、もうだめかなと思われた物質的状況であったのに、まだ、こうして普通に生活でているわけですから、人間の尺度って、私の尺度ってまだまだだなあということを実感しているわけです。

でも、取り越し苦労は必要ないとわかっているつもりだからそうしているのが現状ではあるわけですが、まとめを書くというのが実に面白いなあと感じています。今朝も来週はついにやばい……といつのまにか考えてしまっていると、やっぱり取り越し苦労はやめるように、まとめを書きなさい……って。もし家や土地を失い財産というものがなくなっても、具体的なことを考えるというまだ起こってもいないことに対する取り越し苦労はせずに、「ベストであるわくわくする選択をしよう」という一つ目の予定を立てればよいとのこと。

逆に、宇宙か神か霊界か人間か……いずれにしても同じ一つの根源でつながっているわけですが、そういったところからの支援を受けて、物質的状況が厳しくなくなったとしても、やはり同様に「ベストであるわくわくすることを選択しよう」と、今はとにかく次に起こることに対しては、それだけを予定として考えればよいとのことです。

いつもそうですが、宇宙の神の教えはとてもシンプルで簡単。人間が勝手に複雑化しているだけと思いました。今回もそうです。私が一生懸命に取り越し苦労をして複雑化しているけど、結局のところ、いつも結論は目の前のことを解決するために全力を尽くしわくわくすることを選択するということ。ただそれだけのこと。だって、結果としては、だから面白いように現段階では幸福感だけが訪れ残っているだけ。後付けで考えると、結局何も悪いことは起きておらず、家族の幸せ度数は上がるばかり。出会いもやっぱり最高なことばかり。いろいろな方々に助けられて、愛を感じ、それがすべてめぐりめぐって愛に満ちあふれていく。ありがとうございます! ありがとう!って、ここ数カ月は、さらに言ったり思ったりする回数が増えました。
スピリチュアル
 | HOME |