FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

わが家のイルカちゃんたち

2007年02月28日
宇宙の同志のある方が私にいろいろと伝えてくれていた時のこと。私の次女で6歳の「アマンダ」(仮名)と三女で3歳の「デンプ」(仮名)を「イルカちゃんたち」と称してくれました。この意味は、二人のスピリチュアルな能力がとても高く霊格も高いということだそうです。

このアマンダが、昨日38度後半の発熱で保育園を休みました。発熱は実に2年ぶりのこと。今朝も37度2分あるので2日目のお休みです。

ふと、あの2年前の発熱の時のことを思い出し振り返ってみました。

保育園では、風邪やインフルエンザが流行して休んだり早退したりする友達が続出。アマンダがそんなある日に言った言葉。「みんないいな~。お熱が出るとお迎えに来てもらって早く帰れるのだもん。おうちに帰ったらお布団でずっと寝ていられるし、果物をたくさん食べられるし、テレビもビデオも……」と、病気になることに対する憧れを述べていました。生まれてこの方、病気で苦しい思いをした記憶がまったくないといえるほど健康なアマンダの本心でもあり、強い願望でもありました。 

翌日、イルカちゃんは願望を実現させました。
お昼前に、保育園から「38度後半の発熱のためお迎えに来てください」という連絡があり、保育園に行くと、アマンダは職員室のベッドで寝ていました。

私の姿を見ると、がばっと起き上がってにやりと笑顔。先生方にあいさつした後、さっさと靴を履いたかと思うと、車へ走って向かっていきました。私が思わず叫んだ言葉。「熱が高いんだったら元気に走るな~!」

二日間の家での生活は、リビングに敷かれた布団に寝放題。果物の食べ放題。(*)タヒチアンノニジュースの飲み放題。テレビもビデオも見放題。パパもママもとても優しく気遣ってくれる。アマンダが思い描いた夢のような生活。二日間、37~38度の熱をキープしながらも、食欲もりもりで元気。

でも、普段に比べたらだるさを感じるし食欲もやや落ちているし、外に出て遊ぶことができない。二日目にはつまらないと感じたアマンダは、「お熱が下がってほしい……」と、平熱に戻ることを選択して、翌日朝には平熱になり事態は元に戻りました。

しかし、今回の発熱はちょっと違います。それはアマンダが望んだことではないから。でも、2年前と同じでとても元気です。

アマンダが行かなかったらデンプも行かないと、保育園を休んでいる妹デンプと二人で昨日も今朝も遊びまくり、果物食べまくり、スポーツドリンクやタヒチアンノニジュースの飲みまくりの生活。今朝も朝食をしっかりと食べたのに「りんごむいて~!」。

今回の発熱の原因を私は知っています。昨日私が書いた日記にある、ここ数日間続いている高い波動・高次元の強いエネルギーを、このイルカちゃんはたっぷりと与えられることが許されるという最高の状態である半面、まだ未成熟な身体がこの高い波動を受けて耐えられる状態には至っていなかったこと。そのためにバランスを崩して、発熱という状態になってしまったということ。

西洋医学の知識では、物質界の常識からは、こんなことを書いても普通は認知されないことは百も承知です。でも、発熱のような俗に言う病気という状態まで至らなくても、この高い強い良いエネルギーによって体調が崩れるとか、耳鳴りのような現象、軽い頭痛、といった感じで現れることは、実はそんなに珍しくはありません。なぜなら、ここ数年くらいで、そして今も、この地球の波動が、中でも特に日本という国の波動が急加速で上がっているからです。

(*)タヒチアンノニジュースとは、必須アミノ酸全種などの有効成分が多種含まれていて、健康食品としては万能であり肉体を改善するのに最高であると認識しています。私はこの素晴らしい神からの贈り物を「飲むレイキ」と称しています。また、傷口や皮膚の荒れた部位に塗っても、痛みの緩和や再生の促進に大きな効果が期待できます。我が家ではかれこれ3年以上愛飲しています。
スポンサーサイト



日記

波動について

2007年02月28日

人にはだれでも必ず波動の高い状態と低い状態とがあります。
波動が高い状態とは、「わくわくしている」「楽天的でいる」「充実している」「わくわくするイメージをしている」「感動している」「うれしい」「感謝している」「慈しみの心でいる」「愛を感じている」など。

波動が低い状態とは、「怒り・心配(不安)・強いエゴ」これが波動を下げる三大要因。ほかには「ねたみ」「愚痴・悪口」「罪を行う」「偽り」「恐怖」など。

波動が下がってしまっている状態は、すべてが自分の招いたこと。だから、自分自身の波動が下がっていることに「気づくこと」、そして「反省すること」、さらに「解決すること」をすれば、波動を上げることができます。例えば、誰かが急にぶつかってきたとき、一瞬「怒り」を覚えて波動を下げても、わざとではないことを感じて「慈しみの心で許してあげること」をすれば波動は上がります。さらに、相手のごめんなさいの言葉にありがとうの感謝の気持ちを持てば、お互いに波動は急上昇。例えば、誰かに怒りの中で悪口を言われたとき。相手の怒りの感情には触れず、言ってくれている言葉の意味を理解することに専念し、「言ってくれてありがとう。」言ってくれなかったら、その人の気持ちも内容もわからないままだったから。そして、「もっと普通に言ってくれたほうが相手に伝わるのになあ。やさしくなれますように、がんばってね」と、慈しみの思いをかけてあげる。これで、波動は高くなり、相手に伝わった思念により、相手をも癒すことにもなります。

ここで、さまざまな心配ごと・不安ごとといった波動を下げる大きな要因がわいて出てきた時、波動を上げるための三つの解決策を紹介します。

一つ目は、まだ何も起きていないのに先のことをネガティブに考えてしまう取り越し苦労をしているとき。取り越し苦労は考えても解決しないし、どんどんネガティブの発想の深みにはまってしまう。もし起きたらそのときに考えることにして、今考えるのをやめればよい。これがとても多いはず。

二つ目、今すぐ解決できるなら解決する。目の前で起きていることで謝ったほうがよければ「ごめんなさい」。電話で伝えて調和を図るなど。

三つ目は、今すぐに解決できなくても予定を立てること。例えば、誰かに謝ったほうがよいと思ってもすぐに連絡が取れないとき、「今度会ったら謝ろう」と予定を立てる。
そのほか、どうにも原因はよくわからないけど落ち込んでしまう、いらいらする、むしゃくしゃするなどの波動が下がっていると感じたとき。

とにかく、情緒の状態は関係なく波動を上げる最高峰の言霊「ありがとう」の力を借りる。心の中で唱えても声に出してもよい。この言葉を繰り返し唱えるだけで波動は高くなります。
どれだけ長い時間、波動の高い状態でいられるか。どれだけ質の高い波動の状態でいられるか。 そして、どれだけ波動が下がった状態の時間を短くするか。どれだけ質を下げずにおさえられるか 。それが、その人の人格でありオーラにも表れ運命を左右します。
人格が高ければ高いほど、魔を寄せつけません。また、もし近づいてきたり多少の影響があっても、魔をすぐにはねのけて、御蔭様や天上界や宇宙からのご加護をいただき、恩恵を得られます。
スピリチュアル
 | HOME |