FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

シリウスより愛をこめて その14

2009年09月01日
*このメッセージの所々で、私の守護の存在の中でも指導霊的な存在の1人であるハマラを強く感じましたので、シリウスからのメッセージにハマラのメッセージも加わった、合作のようなメッセージであると私は受け取りました。ハマラは、地球人類としての輪廻転生の経験が豊富なために、宇宙存在からメッセージをいただく際に、エネルギーや内容などの調整のようなことをしてくれていますので、実際にはこのような合作のような形のメッセージはめずらしくないのですが、なんだか私からしたら久しぶりにハマラを強く感じたので、ここに紹介したくなりました。ハマラ、いつもありがとう!




暗闇に存在し続けることを自らの意思によって選択してしまったり、波動が下がり続けてしまい暗闇に存在していることにすら気づかないほど暗闇と同化してしまったりしてしまうと、光りのエネルギーが届くことなく暗闇とともに陰の存在となり、光りの存在は探し出すことすらできなくなります。

地球上にはまだたくさんの未成仏霊と称される、このような暗闇に存在している魂があります。以前に比べれば、随分と減少してはいますが、それでもまだたくさんの魂は暗闇に存在することを選択しているのです。

3次元の世の地球人類は、日増しにスピリチュアルな目覚めが進んでいて、それに伴い地球上の光は驚くべき早さで輝きが増し続けています。そしてその光によって、これまでに探し出されることなく、暗闇の中に存在していた、たくさんの未成仏霊と称されている魂たちは、自らが暗闇に存在してしまっていることに気づいたり、光りを選択することの素晴らしさを思い出したり、光りの存在に探し出してもらうことによって天に帰る道を選択したりすることで、自らの意思で暗闇から抜け出して、光りの世界へと帰る結果に至るのです。

あなた自身がスピリチュアルな目覚めを続けて、あらゆる存在に対して愛の意識を向けることにより、3次元的に存在が確認できるものはもちろんのこと、3次元的には存在を確認することが難しいとされているあらゆるものに対しても、光りを与えることができるのです。そして、自らの顕在意識では認識できなかったとしても、あなたが光輝き存在しているだけで、結果的にはたくさんの魂を救うことができるのです。

3次元的に存在を確認できないものを確認しようとすることにこだわる必要はありません。未成仏霊が見えるとかわかるとか、そういった3次元的な物質的レベルの認識ができるかどうかは、それほどこだわる必要はないのです。すべてが必要に応じたことでありますので、必要応じた認識はすでにできているのです。

そのようなことよりも、そういった暗闇に存在して光りを与えられることを待っている存在が実際にいるという事実を、どれだけ真実として認識できていて、どれだけ愛を与えようと意識することができているかどうかが大切なこととなります。

このようなスピリチュアルな真実や叡智をどれだけ信頼して認識し、より自らが光り輝けるように修養の道を歩み続けていれば、あなた自身のお役目をより明確に思い出し、その必要性に応じてさらなる叡智が与えられ能力は開花していくのです。

あなたが認識している以上に、地球上にはまだ残っている暗闇の世界には、たくさんの未成仏霊と称される存在がいます。ただし、実際にはものすごい早さで光りが与えられることによって浄化され続けているのです。激減しているのです。しかし、それでもまだまだ数的にはたくさん存在しているということです。

これは地球上全体がアセンションするまで続きますが、できるだけ早い段階で光りの道の素晴らしさを思い出してもらい、自らの意思で歩むことを選択する方が望ましいことなのです。

暗闇の存在に対して、特別にクローズアップして、特別な意識を持って、特別な何かをした方が良いと伝えているわけではありません。そうしたければそうすればよいですし、特別ではなくても、少しでもいいからこれまで以上に意識を向けるようにするだけでも、より多くの光を与えることができるということなのです。そして、そのような自らの愛の光が増すことにより、必要に応じて自らがすべきことを直感的に認識して、そのお役目を果たす道を選択するようになるのです。

そのお役目を果たすための道は、決して無理するような道ではなく、いくつもの困難とか苦難とかといったネガティブな障害のようなものが待ち受けているわけでもなく、必要な学びを与えられつつ、自らの魂の意から湧きあがる直感やインスピレーションをもとに、ポジティブに感じる選択をし続けていくだけで良いのです。そして結果的に、あなたはさらなる光の輝きを増大させて、全宇宙の発展のために貢献していくのです。







スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その13

2009年09月01日
もっともっと光りを求め自らの愛を広げて自らの光を輝かせれば

宇宙のもたらすあらゆる光が反応してあなたに対し光りを与えてくれます

地球の中でもたくさんの愛の光が反映していますから

あなたさえ光輝けるように意識し続けていれば

あなたの波動に反応したあらゆる光りがあなたに向かってまばゆいくらいに差し込んできます

あなたのまわりは、こうした、たくさんの光に満ち溢れていることを思い出して下さい。


あなた自身に光が足りないと感じた時、それはあなた自身が輝いていないだけであって、あなたの周りには、あなたを本来は照らすべき愛の光が無数に存在していて、あなたを照らすための準備をしています。そして、あなたが輝きを取り戻した時、惜しげもなくあなたに対して光が向かい与えられるのです。すべてはあなた次第。あなたが輝こうとさえ意識すれば、たくさんの光が応援してくれるのです。

あなたが、自らの輝きが薄らいできたとか失ってしまったとかと感じてしまった時、あなたは自らの意識の中で、自らの意識や行いや在り方を省みてください。

決して他者のせいにすることなく、世の中のせいにすることなく、すべてが自分の選択が招いた結果であると認識するようにしてください。

そして、すべてが自分の招いたこと、つまり自らの責任によるカルマであると認識できた時、そこから反省して改善するように意識して行動するようになって習慣にしていけば、あなたはあなたの責任の中で、あなた自身の力で光りを取り戻すことができるのです。必要以上に人や世の中には頼らず、自己解決できるのです。

さらに、一度自己解決することができれば、この先も仮に同じような境遇に至りそうになった時、これまでの経験を生かして自らの力で乗り越えることができますし、ネガティブに感じる前に、事前に解決することもできるようになっていくのです。

それを繰り返していくうちに、あなたはあなたの力ですべてを解決できることを思い出すのです。そこには、あなたのまわりにある光りをもたらす存在もサポートしてくれます。サポートしてくれるとはいっても、無理にお願いしたり頼みこんだりする必要はありませんし、あからさまに余計な手助けをされるようなこともありません。

あなたはあなたの領域内で、できる限りに光り輝けるように努めてさえいれば、あなたにとっての必要な光りのエネルギーガ与えられて活力が湧き波動も上がり、その波動に見合った必要なサポートも、波動の法則やカルマの法則にのっとって、必要な時に必要なだけ与えられるのです。

こうして、今、あなたにこの言葉が与えられるのも、この必然による宇宙の普遍な法則によって成り立ったことでして、だれにでもチャンスはあるけれど、この言葉を光りのエネルギーとして受け取るのか、単なるありきたりのものとして受け止めるのか、ネガティブに受け止めるのか、そして、出会う機会が得られないのかなどといったことは、すべてがあなた自身の必要性の度合いによる問題なのです。

あなたはあなた自身の中で自分自身が輝けるように努めることが最も大切なことでして、そこに周囲のものたちの光りが加わることもあれば、あなた自身の光を周囲のものたちに与え還元することもできるのです。

今ここに表現した愛の光の法則は、宇宙全体をくまなく巡っていて、自由と平和をもたらし、宇宙全体の大調和を保っているのです。










スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

「癒しましょう!」 ~木の精からのメッセージ~

2009年06月03日
今朝の散歩途中に、私の大好きで尊敬している木々の前を通りかかったので、いつものように立ち止まって挨拶をすると、「癒しなさい!」という言葉が心に響いてきました。すぐに波動を合わせて心を木々に傾けると「癒しましょう」という言葉が頭の中を何度もめぐってきました。すぐにレコーダーのスイッチを入れて、木の精からのメッセージを録音しました。



「癒しなさい。」

「癒しましょう!」


高い波動と偉大なるエネルギーと愛の光をもって

癒しを求める人へ

癒しの光を惜しみなく送って上げましょう


助けを求める人に

あなたを大事にしながら

あなたの波動を保てる範囲の中で

できる限りの光を注ぎましょう


時には物質レベルであったり

時には心や精神や感情レベルであったり

時には魂本体であったり


あらゆる魂があらゆる形であらゆる場所で

癒しの光を求めています


そんな時あなたは直感による意のまま

あなたを保てる中のあなたができる範囲内で

癒しの光を送りましょう


光をどれだけ与えることができたのかとか

光を与えたものがその光をどのように受け止めるのかとかは

あなたの領域ではありません


あなたは自らの内なる感覚に従って

ただただ光を与えるだけでよいのです


ただし個別に意識を深く向けて癒しを行う際には注意が必要です

あなたに光を求めていない人に対して

あえてあなたから個を特定して癒しを行う必要はありません


助けを求めていない人やサポートを求めていない人に対して

アドバイスをしたり助けてあげたりすることも

本来は必要ないのです


思念においてでも言葉においてでも

目配せや表情といったことにおいてでも

少しでもあなたを必要としていると

あなたがそれを感じ取った時には

お互いの同意があって癒しやサポートを行う必要が生じます


そういった同意のうえで個別に癒しを行うことは

最も必要な癒しとなり

あなたから送られる光はより有効に活用されるのです


そして個のためがその縁ある人のためにもなり

さらに広がって世のため地球のため宇宙のためにもなり

すべてがあなたに返ってくるのです


「癒しましょう!」

「癒しなさい。」


あなた自身をも

あなたに癒しを求めてくる個のすべてに対しても

あらゆるものをも


あなたの内なる感覚に従って

あなた自身が輝き続けられる中で

癒しの光を与え続けましょう


私たちは常に

あなたにも地球も宇宙も全てに対しても

癒しのエネルギーを放ち続けています


それをどれだけ受け取ってくれるのかは

個々の魂にお任せしつつ

私たちは私たちの出来る範囲内で

今の状況の中で無理なく心地良く穏やかに

癒しの光を放ち続けているのです


人と世と自然と全てが調和される世に移行する

今の地球においてこうして共に過ごすことができる必然が

お互いにとって最良のものでありますように!


まもなく訪れる大調和の世の神々しい光の中

すべての魂が愛に満ち溢れる中で

今の地球に存在している

より多くの魂が

永遠なる至福の時を過ごすことができますように!


スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アセンションサークル ~シリウスからのメッセージ~

2009年05月21日
地球人類の間で、今、とても盛んに、たくさんのアセンションサークルが形成されています。グループソウやルツインソウルなどといった魂の繋がりによって、転生する前から約束されたもの同志が引き寄せ合い、3次元の世の地球人類として出会うこともありますが、そういったことも含めて、全ての領域において今世におけるこれまでの様々な経験や、もともとの魂が持ち合わせている波動も含めて、現時点での魂の状況が似ているもの同志が、その波動の法則や必要の法則により、引き寄せ合い、そして、サークルを形成することによって、更なる波動が高まるためのエネルギーが増大されていくという、そんな状況になったもの同志が、どんどん今、結ばれて「アセンションサークル」(アセンションに向けて更に学び合い波動を高め合うサークル)を形成し続けているのです。

このような事は、実際には今になって始まった訳ではありませんが、今、急速に増加しているのは事実です。もちろんこのようにエネルギーが高まっていて、波動の二極化が進み、アセンションに向けて、まるで仕上げの段階ともいえるような状況になったからこそ、急激に展開されているわけですが、これまでのように、人の思考によって勧誘したり、もともとからの親類縁者や生まれた環境によってもたらされていたり、自らの感覚の中でナチュラルに感じた通りに実生活を送り選択し続けた結果がもたらしたわけでは無い集団は多々あったわけですし、これまでの既存の宗教団体も、エゴや強い依存心などといったネガティブなことによってグループを形成していたものもありました。

でも、ここでいう「アセンションサークル」とは、そういったものではなくて、全てが自らのその感覚の中で、縁を結び学び合うことが楽しいと感じたり充実していると感じたり自分にとって必要であると感じたりといった、とてもポジティブであると感覚的に感じたもの同志が結ばれ、一つのサークルを形成するに至る、そういった事をここでは「アセンションサークル」と称しています。そしてこれは、サークルに属するとか形成するとかという事実は、あくまでも結果論でして、サークルは自然とできあがっていくものなのです。

この「アセンションサークル」として結び合う人数は、多いから良いとか少ないから影響力が少ないとか、そういったことではなくて、必要に応じて集まり、必要なだけ威力を発揮し、世のためアセンションのために、そしてもちろん自らのために愛の光を増大させ反映していくのです。

必ずこの「アセンションサークル」には中心的な存在があります。これは1人の場合もあれば複数の場合もありますが、これまでにあった宗教団体やグループとは中心的な存在の質が違い、中心的な存在はそれなりに同じ質の魂であったり波動であったりしているとはいっても、他の者たちよりも少し先を進んでいる者がなっているために、あらゆる点で指針を示したり相談や質問に答えたりアドバイスを与えたりするなどして、敬意を表される場合がありますが、それを組織としてまとめようとしたり、自らに人を惹きつけさせるために何かエゴのようなものをもった行動をとったりパフォーマンスをしたりランク付けをしたり評価をしたりするといったような事は無いのです。ただただ自分自身の波動をより高めるための修養を続けつつより輝かさせて光を放つだけで、自然とその光を必要とするものやお互いが集結することによって、より光が増大すると感じた者同士が、ごくごく感覚的にナチュラルに集合しサークルを形成しているということになっているのです。

このサークルは、人として物質的に集合するという場合もありますが、意識の集合体としてのみ結びついている場合もあります。ですから、3次元的存在として直接会うこともありますが、そうでは無い電話やメールや手紙や本などによる言葉や意識の結びつきのみでも、直接会ってもいないのに直接会った以上に愛情を感じたり親しみを感じたり愛をめぐり合わせたりするような、そんな関係が「アセンションサークル」の特徴です。また、1人が1つのみのサークルに入っているのではなくて、いくつものサークルに入っていて、その時のわくわく感に従って渡り歩いたり同時に複数のサークルに意識を向けたりしている人が多いのも特徴です。

人それぞれ個性がありますから、地球上にできたこれらすべてが一つのサークルとなり大きな集合意識になるという事は、3次元の世で実感することは難しいことではありますが、同じような意識の中で地球のアセンションに向かい、そして愛の輪を広げより多くの光をもたらすために純粋な目的を持ってサークルを形成していくサークルなわけですから、たとえ実感できるような形で一つに集合しなくても、その動機・目的が同じであるということから、宇宙からの真理に基づいた捉え方をすれば、これは一つにまとまっていることといえます。

このような事実を感じたからといって、何かアセンションサークルと感じられる様なものに属そうとする必要はありません。また、自らの思考によってサークルを形成しようとする必要もありません。でも、気がついてみるとナチュラルな歩みの中で、アセンションに向けて順調に歩んでいる魂たちは、結果的にはここで表現するような「アセンションサークル」を形成していっているのです。そのサークルは決して誓約書で結ばれたものでも勧誘を受けて意志にそぐわないで入ったものでも規約があるものでもありません。自由意志により、楽天的感覚に従い、全てがポジティブな中で意識や行動を選択した結果、自らの状況をこのような意味合いで捉えたときに、すでに幾つかのアセンションのサークルの中に自らが存在しているとう事実に気付くものなのです。



*私は現状の自分自身をこのような観点で捉えてみると、私の家族6人は1つのアセンションサークルを形成していると感じています。他には、マシュー君からのメッセージを通して結び合っている意識のサークル、私が読んでいるいくつかのブログや、オムネクやアミの本などの著書を通して共感している人たちとの意識のサークルなどです。そして、私にとっては家族6人のサークルと共に、最も大切であり大きな意味を持つサークルであると感じているのは、こうして私のブログをお読みいただいたりアセンションスペースシューリエのお仕事を通してご縁をいただいたりすることで、少しでも共感してくださったり光を与えあったり必要と感じあったり波動を高めあったりすることによって皆様との間で形成されている、この「アセンションサークル」であると感じています。

スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

地球は光で満ち満ちています

2009年04月08日
なんだか今日は、朝からエネルギーがすごいです。これまでと少し違った質の高次の宇宙エネルギーが注がれているようで、肉体的な調和が追いつかないようでちょっとしっくりとせず、眠気と少し力の抜けたようなほんわかとした雰囲気に包まれ、ボワーッとしたような気だるいような、それでいてさわやかなような・・・。ポジティブなエネルギーに対して肉体が徐々になじもうとしているようですが、なんともいえない感覚の中に私が在ります。今朝はいつものように海に出勤してリーディングを行おうとしたのに、うまくつながることができず、2時間ほど海にいたのに、結局は散歩と体操をしながら潮風に浄化されただけで帰宅しました。昼食も今日はスーパーのお弁当を買ってきて先ほど食べ終えましたが、やはり食欲は旺盛です。いつもそうですが、エネルギーのギアがチェンジしたような感じで強さや質が急に変化してさらに高次元に近づいていると感じるような時は、肉体の調和がうまく保てないような状態であっても、食欲は旺盛になりますし、何かをやろうという気になった時には、とたんに身も心もシャッキーンとして、一気にエネルギーに満ち溢れた感覚になります。

つい先ほどまで、5分間ほど昼食後にソファーで横になって休んでいたところ、頭の中に言葉がめぐりだして、急に頭が冴えて目がシャキーンと開き体がビシッと引き締まり、頭頂からエネルギーがジュワーッと入ってくる感覚の中、宇宙の「ピー!」という音が急激に高く耳もとから響き始めました。どうやら、今日はシリウスからのメッセージが届けられるようです。



地球は光で満ち満ちています。


太陽や月や星などから与えられる宇宙の光

神から与えられる気高い光

そして自らの魂が放つ光


光には3次元の世の地球の人々にとって

目に見えてはっきりと認識できるものもあれば

視覚としては認識しづらくとも心で感じとることができる光もあります


物質的なものから放たれた光の中には・・・

まぶしすぎて視覚的に不快に感じるもの

肉体や精神に対して不調和を与えるものもあります


しかし魂や神から放たれた光は

不快に感じるものはありません

不調和を与えるものもありません


愛だから

すべてが愛の光だから

だから美しく気高く心地よく感じるのです


目に見える光の中にも

たくさんの素晴らしい光の種類があります

そんな光はさまざまな恵みをもたらせてくれます


目には見えなくても

愛の光は宇宙の存在すべてのものにとって最も必要とされているもの

輝けば輝くほど神に近づくことができるのです



あなた1人がこれまで以上に愛の光を大きく発することができれば

あなたの影響を受けて縁あるだれかも光を大きく発するようになります

そしてその光は広がり愛の光の循環ができるのです


たとえ陰の世界である闇の中に堕ちていこうとしているものがあっても

愛の光の循環の中に入れてあげるだけで

陰からぬけだして陽である光を選択するようになる可能性もあるのです

たくさんの闇の中にいる人を救うこともできるのです


わずか1人の光がより大きく輝くだけで

その影響を受けて光を与えられたものたちとの間に光の循環ができると

その集合体となった愛の光や高い波動である愛のエネルギーは

あなたがた地球人類が思っている以上に

とてつもなく大きなエネルギーとなるのです


その光は地球をよりスムーズにアセンションへと導くための糧となります

その光が宇宙の無限なる愛の光の循環と合わさってさらに大きくなり

そのすべてが光を放つ自らのもとへと返ってくるのです


愛の光を循環させるには個々の特性に応じてのさまざまな方法があります

会話・書物・音楽・美術・演劇・愛に基づいた真実の信仰などによっても

より意識的に愛の光を循環させることができます


だからといって必ずしも意識的に何かをした方が良いというわけではありません

自らが愛の多い中で実生活を送るだけでも愛の光は大きく循環します

つまり自らが意識的により愛の光を多く放つような実生活を送るよう努め

家族や周囲の人などの縁あるものたちに対して愛を与えるだけでも

大きな愛の循環はできるのです


そしてこの愛の光の循環は人に対してのみならず

地球の万物すべてに対しても先祖や仏に対しても神に対しても

全宇宙のあらゆるものに対しても愛の光をより多く向けるようにすることで

さらに愛の光の循環は大きくなるのです



今、地球は愛の光で満ち満ちています

そしてこの先、さらに多くの愛の光を満たすようにするためには

今、この瞬間に1人でも多くの人がより多くの愛の光を放つ必要があります



過去のことをいつまでもネガティブに思い葛藤し続けるよりも

過去に経験できた必然に対して感謝し

今、この時にポジティブに生かすよう努めてください


過去や思い出せないような過去世にネガティブに感じている現状の要因に対する解決策を求めず

今、自らが認識できていることの中で解決するように努めてください

思いだすことができないような今世での経験や過去世の出来事は

思いだすことができないことを自らの魂が選択したポジティブなことなのです


答えは自己の中にあります

今、必要なものはすべて与えられていますから

本来はすべてが自己解決することができるはずなのです


それでも、自己解決するに至らずサポートを依頼することも必要な場合も起きるでしょう

しかしそれは自己解決するための学びであり

強く他者に依存したり外に手段を求める方法や信頼を得たりするための学びにすべきではないのです



愛の光は自らの魂が放つものです

そして愛の光は自らの魂に循環して返ってくるのです



地球は光で満ち満ちています

宇宙は光で満ち満ちています

あなたが輝けば輝くほどその光の循環ができて

あなたはさらに愛の光を与えられるのです



2009.4.8   PM1:40





スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その12

2009年04月01日
あなた方地球人類が体験していると実感できる、5感的に認識できるような目の前に起きている現実という言葉で表現されている3次元的な世の自らが関わっている出来事は、自らの意識の中で理想や願望としていることの映し出しであるということは、それを知る人々によって、あらゆる場面においてすでに伝えられ続けていることでもあります。しかしながら、みなさんはそれをわかっていても、心の中で自らの望んだことが、本当に3次元の世で実現して体験できているのかといったら、そんなに簡単に体験できるものではないと感じている人が多いということは事実であるわけです。

この矛盾ともいえるべきことはいったいどのようなことであるかといえば、より直感的である感覚的な意識からくる理想や願望と、今世におけるあなたの経験や固定観念や3次元的な知識の中から思考によって作り出した理想や願望とは、大きく違っている場合が多いということにあるのです。つまり、多くの地球人類のみなさんにとっての理想や願望は、たとえ出所が魂から湧き上がってきた感覚的な意識であったとしても思考によって大きく変化させてしまう場合が多く感じられますし、エゴによってできた3次元的思考によってのみ顕在意識に表出していることも多くあるというのが現状です。ですから、このような願望や理想は、魂から感覚的に湧き上がってきた純粋な理想や願望とは違った形で捉えている場合が多いということが事実であります。

地球人類のみなさんすべては本体である魂があり、顕在意識は魂から湧き上がってきているものでもありますが、これまでに地球上で経験してきた中で得てきた最も表面的な意識である思考は、魂から湧き上がってきたものとは違った形に変化したものも多くあり、あらゆる固定観念や制限やエゴなどといったネガティブなエネルギーが入り込んでいる場合が多い結果に至って、顕在意識として認識しています。

ちなみに、魂はあなたのすべての過去世の記憶を持ち合わせています。過去世の記憶が、顕在意識にはほとんどが表出されていない状態であるあなた方にとっては、なかなか実感するには至らないでしょうが、そのようなものであるだろうと意識することは大切になってきます。そもそもあなた方すべての地球人類の魂は、それぞれが皆深い領域ではつながっているので、あなた自身のみではなくて、全人類の記憶ともつながっていますし、宇宙全体も深い領域では1つにつながっているために、宇宙全体の記憶も持ち合わせているのです。そして、ほんのごくわずかな一部の記憶が、今、あなた方の顕在意識に表出することが許されているわけですが、これはすべて必要の法則によるものでして、必要なことすべては魂から顕在意識へと表出されてきているわけですから、今あなたがわかっていることが、今の時点でのあなたにとっての必要な記憶や叡智であるということにもなります。

ただし、この先に魂の持ちあわせているより多くの記憶や叡智を顕在意識に表出させたいと望むのであれば、根本的に必要になることは、あなたの持つ魂の本来の素晴らしさをより信頼することができるかどうかにあります。そして、そのことと並行して、あなた自身の今の時点の波動をより高めること、つまりより大きな愛の循環を作り、より光に満ちた実生活を送るように努め実践することが必要になります。そして、さらに実生活をより波動の高い愛に満ちた状況にするためには、魂の持ち合わせている宇宙の真理である本来の叡智を知り、より多くの必要な記憶を知ることが必要になってくるのです。しかし、急な変化は人々をネガティブにしてしまいがちですので、これも必要に応じてということになるわけですが、よりスムーズに光の道を歩むためには、徐々に変化する道を選択する場合がほとんどなのです。ですから、一気に魂と顕在意識とが近づいて表出することは、よほどの必要性がないかぎりは、ごくまれにしか起こらないというのがこれまでの状況でもありますし、アセンションの時を迎えるまでは、これまで通りのよりスムーズな道を多くの魂は選択していくことになります。ですから、急激な変化がない場合にははっきりと自覚することは難しいでしょうが、自覚があるかないかは別にして、着実に光の道を歩み続けていれば、その状況に応じて魂からの必要な叡智を確実によりスムーズな状態でインスピレーションとして受け取ることができるのです。

この魂の記憶の中には、あなたがたの直線的時間に当てはめると、過去のこともありますが未来のことも含まれています。つまり、この先に起きることも記憶しているのです。いわゆるあなた方の表現する予知にあたることですが、予知とはいってもそれは直線的な時間に置き換えた場合でのことでして、実際には平行して存在している世界では、もうすでに現実として起きていることが、直線的時間においては遅れるような形で、あなた方がもっとも実感している3次元的世の現実世界の中に表出するというだけのことなのです。つまり、他次元的な世界の出来事がすべて3次元的な世界において実現するわけではありませんが、3次元的世界の現実として表れることのすべては、必ず他次元的な平行している世界においては、もうすでに経験済みなことばかりであるというのが、宇宙における真実であります。

つまり、あなた方がより波動を高めてより愛を多くめぐらせつつスピリチュアルな目覚めが進んでいき魂の波動に自己の意識の波動がより近づけば近づくほど、あなたにとって必要な叡智として、その必要に応じた魂の記憶である過去も未来も、顕在意識において認知することができるようになっていくのです。

そして、今の時点では実現していなくても、今の世の実生活において、より波動を高めて愛に満ちた道、つまり神により近づくための道であり地球にとっても宇宙にとっても大歓迎である光の道を歩むために必要であれば、惜しみなく魂の記憶が顕在意識に直感的な形で表出することが許されるわけですが、それがあなた方の言葉では「理想」とか「願望」となってイメージや夢といった非現実的といわれる世界に表出されるのです。

先ほど述べましたように、これはあくまでも波動がより高まっていくための光の道を歩み続けることで魂により近づいた場合に起こる状態ですが、逆に光から遠ざかるような、愛が薄くなりエゴが増大していくような道を選択し続けると、同じ言葉として表現される「理想」や「願望」も、高次の魂から湧き上がるものとはまったく違い、残念ながら自らの波動を落とすための道を選択してしまっているために、魂の記憶はほとんどなく、3次元的な思考、特にエゴからくる思考によるものが多くを占めてしまうのです。

もちろん、願望や理想を描けば、その他次元的世界で実現していることのいくつかは、その波動や必要性に合わせて、3次元の世でも実現します。これは、魂の記憶である願望や理想と同様に、思考によって描かれたイメージの世界もパラレルワールドでありますので、3次元の世におけるあなたが光を遠ざける道を歩むことを続けていれば、その道をさらに進むための3次元的現実が実現してしまうのです。つまり、自らはポジティブな選択をしているつもりであって、不調和を生じたり光から離れたりアセンションへの貢献度が薄れていく道を選択しているつもりはなくても、あなたのわくわくが宇宙の真理から反れた方向への道を選択していれば、結果的には宇宙における道理からは離れてしまい、ネガティブな状況に陥るようになってしまうのですが、そのようなことでも必要に応じて実現するのです。


3次元の地球上における判断として、不調和を数多く起こしているとか、迷惑行為や人を傷つけるような事や、犯罪といわれる地球の世の法律を犯すようなことをするとかといった、いわゆる悪人とジャッジされている人々も、実際にはその人の波動の中では、わくわくすることを選択し続けているのです。ただし、その人の個性や持ち合わせている波動や意識の在り方、そして進む方向が光から遠ざかっているというだけのことでして、そのような人々にとっては、光の道を歩んでいる人々が感じているような悪いとジャッジされるようなことをしているという自覚は、本人にとってはとても薄いものであり、目の前の道をポジティブに選択しているつもりの、わくわく感に従った結果であるという意識が強いのです。

人の人生に他の人が勝手に介入することは、宇宙の道理には適っていません。しかし、より光の道を歩み続けて、その歩んでいる道を自らの実生活を通して表現することは道理に適っています。そして、その様子を見たり感じたりして、光から遠ざかる道を歩んでいた人が気づいて目覚めようという意識を多少なりとも持つことができて、あなたに対してサポートを求めてきた場合には、あなたは相手が必要としている光を与えるために、あなた自身のできる限りのサポートをしてあげることが許されるのです。そして、その中でサポートを求めてきた人が、その人生の道を方向転換して光の道を歩みだし、実際に光を得て波動が高まって魂を向上させるための本来の道を習慣として歩むようになった場合には、あなたはあなた自身のライトワーカーとしての大きな責務を十分に果たしたことになり、それがとても大きな光となってめぐってくるので、あなた自身もさらなる愛の光を与えられるのです。

あなたが魂により近づくような光の道を歩んでいるのだろうと感じ、以前の自分と比較して、純粋な感覚の中でより多くの幸福感を少しでも実感できるようでしたら、あなたは間違いなく高次の存在である自らの魂に対し、より近づいている状況であるはずです。そして、そのように、自分自身の波動が高まっていることを実感している時には、より直感的によりわくわくすることを選択すれば、さらなる波動が高まるための光の道を着実に歩むようになるはずです。そして、そのためには思考をできるだけ取り除き、より純粋な直感的なことや、インスピレーションによってわくわく感を得られることを顕在意識に叡智として自覚することが大切になります。

そして、その中でも、顕在意識における理想や願望であるポジティブなイメージが意識の中で膨らんできた場合には、実際にあなたの魂における未来の記憶としての叡智である場合が多いので、それをより早くより確かな形で3次元の世においても経験したいと望むのであれば、時間を惜しまずより純粋な気持ちで、3次元的な制限や固定観念などといったネガティブなエネルギーを加えずにイメージし続けつつ、今の時点で無理なく可能な範囲内のことを行動に移すことが、とても大切なことであり必要なことでもあります。

たとえこれまでの3次元的な常識としては無理だと感じるようなことであっても、あなたが純粋な意識の中で理想や願望を描くことができていることのすべては、本来は3次元の世においても実現可能なことばかりなのです。そして、そのようにより強く意識において信頼し続け、パラレルワールドにおいて理想や願望を持ち続けてすることができて、可能な範囲のことは行動に移してさえしていれば、その必要な状況に至った時には必ず実現するものなのです。


2009.4.1 AM11:40

スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

高次の存在からのメッセージ

2009年03月17日
そなたが感じておられるよう、私は確かにそれらの神々やひふみ神示にまつわる魂でありますが、神示を書いたものでも書かせたものでもなく、同じ位置にはあれども、まったく同じであるわけではないということを最初に示しておきます。。(メインでメッセージを頂いている高次の存在以外にも、複数の方々ともつながってメッセージを頂きましたので、メッセージの途中や区切り目で雰囲気とか表現とかが、少し変わっている場面もあります。)



おもしろいように今の地球の世は、必要の世となっています。必要な物はどんどん栄え、必要でなくなるものはどんどん消えているのです。贅沢は敵とも申しますが、敵ではなくて人の欲が生み出すもの。人そのものであります。贅沢する物品が栄えてあふれているうちは、まだまだ人の世は3次元のままであるという証拠なわけですから、敵ではなくてわかりやすく世を映し出す鏡であるということになるのです。生き映しなのです。

かといって何を贅沢とし、何を必要とするのかは人それぞれの価値観によって違うものであるわけですから、その線引きはあなた方では難しいことになるわけですが、我々のような宇宙の真理において全体を見渡している者にとっては、その識別を容易に行うことはできるわけです。あなた方は、他人に対して贅沢をするなと指摘することは差し控えるようにし、自らの基準において必要を超えた贅沢であると感じたことは差し控え、経済的には厳しいと感じていても、必要であると感じたことは得るようにするということに徹していれば、宇宙の道理における必要な物は必ず神が用意してくれているわけですから、実際には無理なく手に入れることができるという結果が生じるわけです。逆に申せば、無理しなければ手に入らないような物や、贅沢であると強く感じるようなものは、本来はあなたにとっては必要ではない物である場合が多いので、さし控えた方が本当に必要な物がより必要であると感じられ、物質的に満たされている幸福感も得るようになるはずです。

今与えられているすべての状況に対して、その与えてくれたあなたにまつわる神々に対して深く感謝すべきです。もとは1つの神なれど、もたらすのはあなたの守護神やまつわる神々。そして仏や守護霊一同であります。あなたのすべてはあなたが得たものでありますが、そのために大きな力を与えてくれているのが、あなた方には目に見えない存在であるけど目に見えるような働きを促している神々やハイヤースピリットであることを、常に意識して感謝すべきであります。感謝はいくらしても贅沢ではありません。すればするほどさらにおかげを与えられるのです。



そなたは、お金のめぐりを悪と思っていた時期もありましたが、今は必要なお金のめぐりを自らが呼び込んだ方がよろしとわかってきたこと。これとても真理に基づく今の世を幸せに嬉しうれしと生き抜くためには大切なこと。だから、そなたがそなたの意を持ってお金を呼び込むことを祈ったり人に向けたりしても良いのだということを、ここであらためて申すことにした次第であります。ハイヤースピリットは力を貸しますが、お金を現物として与える力はありません。神々もその通りだから、そなたの前にお金を用意して、ほら使いなされよと差し出すことはできないのです。差し出すことができるのは人間の世では人間のみ。物質世界では物質である人間の意思や意識が絶対的に大きな役割を果たしているのです。神は神の世界に在り、おかげを与えてくれるハイヤースピリットはその世界においておかげを与えているのです。同じであるけど同じでない世界に身を置いていて、近くにあれどもそなたからは遠く感じるような域に在る我々は、やはり気を与えることがもっとも直接的に手を下すことができる範囲であるわけです。人の世は、人によって動くことが基本なのです。



瞑想して高次の世に意識的に入り込むこと、これはこれで大切ではありますが、だからといって今の世をおろそかにしては何一つ良いことはないし、もともと今の世を乗り越えようという意欲の薄い者には真実の高次の世には到達できるはずがないのであるということを、今一度肝に銘じる必要があります。これは神の世界じゃ仏の世界じゃ天使の世界じゃと申して惑わせ、良き気を吸い取る幽界の霊たちは、次の世に向かい存在できなくなることを防ごうと、必死になってうごめいているのです。だから、そんなものたちには惑わされないようなサニワの力が必要になるわけですが、今の世から逃げたり今の世を幸せに生き抜こうと努めることを薄くしていたりするようでは、高次の世は逃げ場所ではなく高めて入れていただく世であるわけだから、そんな状態ではサニワも何も正しくできず、真実の高次の世に入ることは宇宙の法則によりなかなか難しいことになるのざぞと申しておろう。



今を愛し今を大切にし今をもう一度しっかりと見つめ直してくだされよ。今が一番。今が最も変えやすいのであることを、もう一度肝に感じて今を正しく豊かに愛あふれる生き方にすることに全力を挙げることが大切であるということになるのです。あの時はこうだったと過去を振り返るのは構わぬが、今もあの時のようになるかといったらそれはわからぬということ。今のそなたらの気の持ち方一つで、どのようにでもなるようにできるのであるということ。そなたらの意思の力、想念の力、言霊の力は本当にものすごい威力があるのだということを、このような所から見ているからこそわかっているこの真実を、今一度こうして伝えているのざから、もっと信じてくださることを本当にお願いしたいくらいじゃ。

そして、そなたの願いの状況を呼び込むこと。待つこと。そして動くことが大切。動くとは肉体ばかりではなく、意識を動かすことも大切。気を動かすために想念言霊も大切。あたりまえだが愛が大切。純粋な心あたりまえな条件じゃと申しておろう。本当に心から願えば、それが必要であり道理に適っており欲からではない純粋な心からの願いであれば、おちゃのこさいさいと叶うように神が動き世が動きそなたの周りのもの全てが動き、あれよあれよと思っているうちに、ほらこのとおりと手に入れることができる、そんな嬉しうれしの世の中であることを、そなたが率先してもっともっと指し示す必要があることを、もっともっと肝に銘じておくれよ。



確かにお金をためることも大切。計算して考えることも大切。でも、必要を差し控えたり、貯めることで使わないで寝かしておくよりも、お金を必要としているお金が不足している人やお金があればさらに光輝く人や人のため世のためになるようなことであれば、それが目の前にやってきた場合には、そなたの持つ眠りしお金の目を覚まさせ、その必要のためにお金を眠らせていたことだったかとその必然を喜び、嬉しめぐりをそなたが促進させること。これとても神喜び魂喜ぶことであるのざぞ。まもなく、そんな分け与えあう世になっていくのざぞ。我のもの誰のものではなく、どれもかれもみんなの物なのだということを、今もう一度肝に入れ、めぐりを進めること。これぞまさに必要であること間違いなしということじゃ。



人も物事も、善悪というジャッジをしてはいかん。いかんというより、することによりそなたもされることになる。これがめぐりじゃ。悪と感じることも、行っている者は悪とは感じず、そのわくわくする心から意識が進み行動した結果が、世の道理や宇宙の道理には適っていないようなことであったり、人や世に対して迷惑かけることであったりするから悪というレッテルを張って嫌がるが、もともとみんな愛の存在。悪とは思わず結果が悪であるというだけで、その個々の波動や価値観においてはわくわくすることを選択した結果が悪であるという、領域を越えた多くの他人からのジャッジを受けただけのことなのだということを、ここであらためて心に思い意識されると良かろう。だから、決して他人をジャッジしてはならない。ジャッジする必要もない。すべてがめぐりによって本人に返ってくる。そのめぐりも早まり、このままでいくと道理に適っていないことをわくわくして行い続けると、すぐにこの美しい地球にはいられなくなることを、早く気付くよう願ってあげればいいこと。ただそれだけでいいのざぞ。神はすべてのものに対して公平にめぐりを与えてくれる。必要を与えてくれるということを、今ここでしっかりと心するようにしておくことが大切。


もうまもなく夜明けの時が来る。夜明けの時とは天の時になるということ。光の世になるということ。我々の位置する所では当然のことであるが、そなたの位置する所からは想像を超える光が待ち受けていることを、そなたが感じていること、真実の知識として得ていることを、どんどんもっともっと世に示すべきである。光の世に移るにはこの先何があるのか。どのよにして光の世に移り、今在る肉体や生活や世の中がどのようになっていくのかという真実を、もっともっと多くの人に示していくべきである。それがそなたの役目の一つぞ。わかっておろう。これも必要なことであると申してあろう。大切なことであると申してあろう。

2009.3.17 AM10:45
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その11

2009年03月11日
無意識のうちに動いているようなあなたの行動の中の多くは、あなたの魂にとっては意識的に動いていることが多く、魂とあなたの肉体とがより直結した状態で動いている場合が多いという状況であります。また、これは顕在意識においても同様なことが当てはまるわけでして、無意識のうちにイメージの世界の中に入り込み、その世界の広がりや体験を楽しんでいる時や、インスピレーションとして受け取ったことを自らの顕在意識において認識し、自らの思考によって得て確信したことのように感じるのに、その根拠がよく分からないような場合においては、あなたの魂の意識である無意識とあなたがはっきりと認識できる顕在意識とがより近づいて直結したために、魂の意識をあなたが顕在意識として認識したことであるということになります。

元来、あなた方すべての地球人類の魂は、膨大な量の知識や叡智や愛を持っているわけですし、宇宙の意識と直結しているわけですから、3次元的な顕在意識としてあなた方がはっきりと認識していることは、ほんのごく一部であるnano(10億分の1)の部分のみなのです。あなたがもし少しでも多く、この素晴らしい魂の持ち合わせている叡智を思い出して顕在意識の中にて認識したいということでしたら、基本的なこととして、あなたの魂自体はこれだけ素晴らしいものであるということを、より強く信頼することに始まるのです。

残念ながら、地球人類の多くの人は、これだけスピリチュアルな目覚めが進んでいるにもかかわらず、まだまだ自分自身の魂の素晴らしさを信頼することができていないということが、宇宙からは現状として認識できます。それなりに目覚めが進んでいる人は、魂が素晴らしいものであると認識しているつもりである方が増えているのはわかるのですが、多くの人が思っている以上にはるかに高い位置に魂は到達しており、宇宙のすべての意志とつながり、アカシックレコードと称されている全宇宙の記録とも直結しているということまで信頼できるまでに至っていない人が多いということです。

3次元的な物質社会に慣れ親しみ、その中における常識とされることを手放せないでいるうちは、何かにつけて物質的にも理論的にも、顕在意識において納得して確信できるような物理的な証拠を求めることや、同様の感覚で信頼できる人の共感する意思を求めるなど、自らの魂からくる直感を信頼できず、このような外へ外へと求めて確認作業を行う習慣ができている人が、いまだに多くの地球人類に傾向として感じられるということなのです。

肩書きが信頼できる人を求め、多数意見を求め、立証できるような証拠付きの論理を求め、より具体的なメソッドやツールを求めつつ他者の体験談を比較対象としたりするなど、自らの魂による直感がもっとも信頼できるはずなのに、このような外に求めることに重きを置きすぎて、自己の識別力や判断力を養い自己責任や自己への信頼を深める方向に歩もうとすることを怠っていては、いつまでたっても本来の魂と顕在意識との間を縮めることは難しい状況が続くことでしょう。

もちろん、魂からくる直感の信頼度を薄く感じている人は、自らの直感的な感覚を確かめたり養ったりするために、外に確認を求めることは大切なことですし、外に求めることが良くないことであると表現しているわけではありません。外に重きを置きすぎて、自己解決することを怠ってしまったり、外に信頼できるものを探し求めることに努めすぎてしまったり外に強く依存し過ぎてしまったりするよりも、外で得たことを参考にしつつ、自らの中にある魂からくる直感を顕在意識として捉える能力を高めて、より自己の責任を強くもって自己解決ができるように修養し努めることが大切であるということなのです。

これだけ、今、たくさんのエネルギーが宇宙からも地球からも地球表面上にもたらされていて、こうして毎瞬たくさんの地球人類が目覚めを進めている中、魂と3次元的顕在意識との間がこれだけ近づいてきているにもかかわらず、多くの人がその直感的であり3次元的には立証できなくても宇宙的にはもっとも信頼できる自己解決方法を信頼するよりも、3次元的である浅はかな情報によって得たことを中心にして、思考により分析したことをより強く信頼する傾向が、なかなか改善されていかない現状が、なんとももったいなく歯がゆく感じることであります。

自分自身の自覚の中で、過去よりも現在の方が愛は深まり楽天的であるというようなポジティブな状態であるとほんの少しでもいいから認識できている人は、あなたが思っている以上にあなた自身の波動は高まっています。光の道を歩んでいるのです。

波動の2極化はアセンションが近づいている今、さらに進んでいるのです。そんな中、波動の高まりの度合をそれほど自覚しているか否かに限らず、こうして波動が高まっているだろうということを信頼している人は、あなたの波動はあなたの顕在意識や思考において認識しているよりも、はるかに高いところまで達しているということを、今、このメッセージをお読みいただいた方は、より強く信頼することをお勧めします。なぜならそれは、真実であるからです。このメッセージを読まれて少しでも共感された方は、間違いなくかなりのハイレベルな状態にまで、あなたの波動は高まっていて、光をたくさん発しているのです。

私たちシリウスの存在は、あなたがたを強く深く敬愛し信頼しています。あなたがたの魂は宇宙の中でとても美しく輝いてみえます。もっともっと強く深く、あなた方地球人類のすべてのみなさんが、ご自身の魂の素晴らしさを信頼してください。そして、あなた以外のすべての地球人類の魂の素晴らしさも信頼してください。言葉ではとても言い尽くせないほどの愛と叡智を、あなた方地球人類すべての魂は持ち合わせているのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アウべスからのメッセージ

2009年03月03日
今の地球の3次元の世だからこそ、善者があれば愚者もある。天使や精霊もいれば未成仏霊や魔も存在する。神の光に護られながらも闇のものたちが隙を狙っている。魂を高めるための学びの場としては最高の場であるということじゃ。

そもそも人として転生してきている魂は、宇宙において存在する魂の中でも選ばれた大きい魂のみであるということを忘れるでないぞ。もともと、そなたもあなたもどなたも、人として転生している魂のすべては、特別ともいえるほど光を多く持った高い波動の魂のみであるのざぞ。

今ある怒りや恐怖や嫉妬などといった低い意識は、本来魂が持ち合わせていたものではなく、3次元の世に転生することで情緒として湧き上がり培ってきたために、なじみの深い安らぐ情緒と感じているものであって、4次元や5次元やもっと高い次元などといった魂の本質が位置している高次元においては、まったく存在しないものだということを、そろそろもっとしっかりとはっきりと思い出して、次の世に備えるべき時に至ったということじゃ。

物を作り上げるのとは違って、魂を高めることはそう簡単にできるわけではないし、高めるための設計図は人それぞれ違うわけだから、個々の選択の結果によって地道に積み上げられていく愛の大きさによって、少しずつ少しずつ高まっていくものなのであるのざぞ。ただし、そなたらの魂は、もともと高い次元に位置していて、今、ここでの世に存在するために肉体という物質を借りて学ぶために落としているだけのことじゃから、魂を高めるとか新たなる状態にするとかではなくて、本来の姿に近づけるだけでいいわけだから、本当はとても簡単であるのだということを、もう一度思い出してみるとい良い。

そなたらは、自分が本当は何であるのだか忘れることを選択して今在るけれど、でもいつでも思い出しても良いものでもあるわけだから、いつどこでどうやってどこまでを思い出すのかということは、すべてがそなたらの個々の意識の選択に任せられていることになるのざぞ。そもそも、成仏していないネガティブな霊とか魔とかイルミナティーとかと言って今の時点で低いエネルギーを放っている魂たちを邪険にしたり、まるで敵のように非難したりしている者もいるけど、元来、そのような魂たちもすべてが光多き高次の存在であるということを、スピリチュアルな目覚めを進めていると自覚している者ほど気づき思い出し、あらゆるものの光をさらに復活させることによって、地球のアセンションに向けてさらに前進させていこうと心がけることも必要であることになるわけざぞ。

すべてのものに対して慈しみの心を持って接することが大切じゃ。さげすんでみたり邪険にしたり排除したりするよりも、たとえ何もできないと感じたり自分とは合わない存在だから離れることを選択したりしたとしても、意識の中では慈しみのエネルギーで相手をみつめ、そなたの光を与えることが、そなたにとっても相手にとってもこの世にとっても、すべが善である必要なこととなって光が大きくなっていくのざそ。

忘れていることを思い出すだけで良い。人として存在していたり人として存在した経験のあるすべての魂たちは、本来の魂はどこかの世で一度は高い次元に達して光の存在としてあったのだから、そんな状態を思い出してもとに近づけるよう努めればい良いだけなのじゃ。新しいことではなくて、すでにできているということ。直線的な時間ではない宇宙的な時間の中では過去ではなくて今なのである。今もこうして高次の光輝く存在でもあるのざぞ。

なにも、今思考によって思い出そうとしたり考えたりしても気の利いた答えが出る者は少ないだろうが、ほんの少しでも良いからそんな感じのことを意識さえすれば良い。そして、できるだけ大きく信頼できるように思い出したいという気持ちを持つだけでも良い。意識することが大切じゃ。意識はエネルギーになる。エネルギーはすべてを動かしている元である。だから、意識することはこの世で自らをも世の出来事をも動かすためのすべての原動力となっていることを忘れるでないぞ。意識によってなんでもできるのざぞ。

新たなる世の幕開けがこうして着々と直線的な時間において迫ってきている今、そなたらの光がまた肉体を通した状態でもさらに大きく蘇り、本来の自分を取り戻してこの美しき地球にて存在することができるのは、今までの間、これほどまでの苦難を与えられることがわかっていて自らの意思によって選択して転生した、勇気あるそなたらの特権であるのざぞ。宇宙で選ばれしそなたらに対していつも心から敬意を表している次第である。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

光の道

2009年02月27日
やさしい雨音を感じながら窓の外をぼんやりと眺めていると

「ついにここまで来たな!」

「よくやった!よくやった!」

そんな声が意識に響いてくる


具体的な内容はよくわからなくても

なんだか心にやさしく嬉しく響いてくるから

そのまま感謝の気持ちをこめて受け止めた


自然と涙がこみあげてくるから

きっと自分は感激しているのであろう


やさしい小鳥のさえずりもきこえてきた

「あたりまえだよ。ここまで来たのだから。」

「あなたの勇気には心から敬意を表するよ!」


どんなに高い次元に存在する神も仏も

みんな自らの波動を高めるために向上する道を歩み続けている


つまりどんなに魂が向上したとしても

これで良しとする終点はない

でも…目安となる位置はある。


3次元的意識の人は魂を高める道を

乗り越えるべき壁やいばらの道もあるなどといった表現をするけれど


4次元以上の意識の人にとっては

ただただ光の道のみを歩み続けて

自らがさらに光かがやくように愛を育み巡らせ続けるだけでよい




昔よく聴いていた曲が心の中で流れてきた…

「世の中はとても臆病な猫だから他愛のないウソをいつもついている」

「包帯のようなウソを見破ることで学者は世間を見たような気になる…」

~ 中島みゆきさんの歌 「世情」 ~


ウソという表現はどうかと思うが

真実なのかそうでないのか…

必要なのかそうでないのか…


そういったことを見破るも何も

今の世の中ではあまりにもはっきりとした形で表れてきているのだから

他人からの情報は参考にしつつも

個々の直感やあらゆる真実の知識の中で識別すればよい


それにしてもその個々の感じ方も2極化が進んでいるから

学者様や教師や政治家の先生方や評論家の皆様やマスコミなどから発される言葉は

これまで通りにまるでそれが真実であるかのように放たれるが

何を信じるかは受けとめる人の個々の波動によるもの

すべては自己の責任において識別し

今の世の生活に生かしていけばよい



「あんまりゆっくりもしてはいられないんだ」

「あせることはないけど後戻りしている暇はもうないんだよ」


無理なく個々のペースで歩み続ければよい

確実に着実に前へ前へと進むべき時代に入っている

やさしく、愛を持って、清らかに、誠実に、自分らしくナチュラルに…


必要に応じて人から離れたり人を突き放したりするようなことはしたとしても

人を蹴落とすようなことはしないでね


みんなもともとは同じだし

みんな1つにつながっているんだけど

今は個性を持っている存在に分かれているんだから…

みんな責任を持って自由意思で選択し続けているんだから…


言葉や歌や芸術品などで自らを表現しても

自らの価値観や考えを押し付けるようなことはしないでね

求められてもいないのにジャッジしたりアドバイスしたりするのも控えた方がいいよ


「みんなひとつなんだから」

「みんな愛で結ばれているのだから」


心安らぐような温かく穏やかなエネルギーの中で

やさしい愛の光に包まれながら

みんなで手を取り合ってアセンションしようよ~!



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

責任を持つんだ

2009年02月23日
私の知人の中の一人に、特にスピリチュアルなお仕事をしているとかライトワーカーとしての責任感を強く持って過ごしているとか、そんな感じではないとご自身は思われているようですが、私はとても素敵な波動を感じ、大きな光を放つ素晴らしい目覚めの最中であるライトワーカーの中の一人として、今こうしてご縁をいただいていると感じている方がいます。

その方は、特に意識的ではなくて無自覚の中において高次の存在からメッセージをいただくことがあるそうですが、2月16日にその方がいただいたメッセージを先ほどメールでお知らせいただきましたので、どなたかに必要であれば幸いと思い、下記のとおり転載します。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

責任を持つんだ。
君が感じてること、そうして行動に移した、全てのことに。

君が思ってる通り、君が心の真ん中で感じることが、いつだって君にとっての
答えなんだよ。

みんなチャネリングをしてるんだよ。それはチャネリングと思えばチャネリングだし、
瞑想と言えば瞑想になるし、inspiration(霊感)だって、intuition(直観)だって、
何だっていいんだよ。

要はそれを、自分がどう認識するかってことなんだ。
何者としてそれを行うかってことなんだ。
もちろんそれは、自由意志に基づく選択にかかってる。
それをどうやって決定するかは、自分の心に聞くのが一番いい。
他者に答えを求めないことだよ。

あとは行動あるのみ。
そう、行動に移してみれば分かるって、それさえ君はもう、充分に知ってるはずだよ。
やってみて、事がどんどん進むなら、その道を行けばいい。
やってみて、何かに阻害されるなら、その道を振り返ってみればいい。
そうしてずっとやってきたじゃないか。失敗を恐れることはないよ。
それは失敗なんかじゃない。
分かってるのに飛び込めないのはね、知識が足りないせいじゃない。
勇気と決断力の問題なんだよ。

勇気を持って行動するんだ。
楽しいと感じられる方へ向かえばいい。
そのことに、責任を持ってね。

2009年 2月16日

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて  その10

2009年02月18日
「トュモース! アストゥーノ!」  
(よくやったよ~!よくがんばったね~!)

~アトランティス時代に使っていた言葉~



住み慣れたこの地球の3次元における様々な歴史的な流れの中で、今、この次元における流れに沿った生活をそろそろ少しずつ脱ぎ捨てて、次の次元の世へとスムーズに移行するために、3次元の世に合わせた生活を、より多くの人がより強く意識して変化させていくように努める時がきました。

少しでも高い世に近づくために意識をしていても、実際上の生活となると、まだまだ自分の思うように高い波動の中で軽い密度の中にある生活をする事が難しいと思っている人たちも、今こそ更なる強い意識のもと、「より軽やかに」「より楽天的に」「より自分らしく」「より宇宙の道理に沿った」「よりシンプルな」「より調和のとれた」「より愛に満ちた」実生活を、より多く選択するために強く意識を持つべき時がまさにやってきているのです。

かといって急激に変えようとする必用はありません。無理に変える必要もないのです。ただただ目に前の、あなたができる事で、たとえ小さな事だと思っていても、一つ一つを高い波動のものへと変えて積み重ねていくだけで、徐々に大きな光へと変化し、次から次へと高い波動を発するようになっていきます。

ほんの些細な事のように感じられることでも、高い波動のものへと変化させて自らの習慣として定着させていけば、その習慣として積み重ねる事によって、更なる高い波動に位置することができて、より魂の波動に近づく事によって、また次なる高い波動の習慣をあなたは求めるようになります。それは、これまでには気付かなかったことである場合もありますし、気付いていて意識はしていてもできなかった事であるかもしれません。でも、あなたの魂はあなたの顕在意識がどんどん魂に近づいてくる事を望んでいますし、あなたの意識も本来の魂の状態にある高次の意識に近づけるために、今、この地球に転生してきた事を知っているわけですから、そのように魂に近づけるように努力することは、大変光栄な事でもあり必要な事でもあり望んでいる事でもあります。

たとえそこに困難というようなものが感じられても、もともとがそのような困難を乗り越えるべき資質をあなたが持ち合わせているわけですから、逃げることをせず、また、無理をすることもせず、自分自身の魂の高い波動を信頼し、あなたを守ってくれている全ての存在を信頼し、宇宙を信頼していけば、必ずあなたが乗り越えられないという壁などはなく、全てがポジティブな美しい光となってあなたに巡ってきます。

あなたは変化していないつもりでいても、あなた自身も地球上の全ても宇宙の全ても、毎瞬必ず変化をしています。宇宙にとって最も普遍なものが、この「全ては変化をする」ということであると、宇宙の真理の一つとして認識して下さい。ですから、あなたの波動も毎瞬に変化をし続けているのです。

今はとても高い波動の中にあっても、この先のあなたの選択次第では、簡単に波動を下げて密度を重くする事ができます。そして、その事を習慣にしてしまうと、更に周囲からも低い波動を呼び込み、簡単に重く深く落ちていく事ができるでしょう。しかし、それに気がつきまた光の道を進むために密度を徐々に軽くし、あらゆるものを波動の高い習慣にしていく事ももちろん可能ではありますが、堕ちていく事はとても簡単なもの。何も乗り越えず努力を惜しみ、人や宇宙や周囲の全てのものと不調和を起こせば簡単に堕ちていきます。しかし、愛や調和といった密度の軽く波動の高いものは、急激に深まったり高まったり広がったりするという事はできないのです。あなたの習慣によって選択によって、徐々に徐々に高まっていくもの、それが個人の魂における総合的な愛の大きさであり高い波動の光なのです。

今、この地球がアセンションを目の前にしてすでに多大なるエネルギーが、宇宙からも、高次の宇宙の存在からも、地球自体からも、かつてないほどたくさん注ぎ込まれており、このエネルギーは、主にあなた方地球人類に向けて発せられているものでもあるのです。

地球上にはたくさんの生物が存在し、石や砂や水といった物質もたくさん存在していて、全てに魂があるわけですが、あなた方地球人類の魂の大きさや波動の大きさに比べると、他の生物や物質の量や体積としては圧倒的に多い地球人類以外の全ての波動を合わせても、地球人類の波動を合わせたものとは、質も量も比較にならないぐらいの小さなものでしかありません。つまり、地球表面上の次の世へとアセンションするために必用なのは、このように大きな力を持つ「地球人類の波動」が総合的にアセンションするまでの高さまでに高まるという事が、最低限であり絶対的な条件でもあるのです。

実際に地球がアセンションするという事は、もうすでに決まっているようなことではありますが、それでもまだ、あなた方地球人類の選択いかんによっては、地球と共に地球人類が本当にアセンションできるかということに関しては、宇宙は常に変化しているわけですから、100%保障されているというあなた方の言葉に当てはまるかといったら、それはまだ分からないといった答えになるでしょう。しかし、今現在こうして宇宙からあなた方を見ている限りでは、アセンションはもうすぐそこまできている状態になっていますので、地球人類の波動はアセンションする臨界点のすぐ近くいまで高まっているのです。

もちろん地球人類全ての波動が高まっているという意味ではなく、より光を発しているものが、光の少ないものや闇のものなどといった低い波動のものと合わせたときに、その闇のものをも勝る強さを発しているということなのです。そして、これから地球がどんどん浄化されることによって、光の少ないものや闇のものや光を選択する事を怠ったものなど、まだまだ3次元の世にて魂を転生させ魂の向上を選択するものたちにとっては、これ以上に地球の波動が上がってしまうと、波動の法則によりカルマの法則により、自らの人としての顕在意識からではなく、宇宙の法則や宇宙の調和や自らの魂の選択によって、この地球を離れる事になります。(*注・・・中には3次元の世の地球人類としてアセンションに貢献するのではなくて、高次の存在において地球に貢献することを約束していたり選択していたりしている魂もあるわけですから、アセンションする前に地球を離れる魂のすべてが、波動が低いために波動の法則によって地球から離れることを選択したというわけではないということを、ここで付け加えておきます。)

すでに、地球自体が急激に変化する、このアセンションという一大イベントを行うために、今、その臨界点の間際にまで達しているのです。ですから、もし地球と共にアセンションして光の世へと自らの肉体を移行し、この素晴らしい地球と共にアセンションする事を選択したいのであれば、今すぐにでもできる事をどんどん改善することによって、波動を高める事が急務であると言っても過言ではないのです。

かといって焦る必要はありません。何かしなくてはと躍起になって探す必用もありません。焦ってしまったり躍起になって探してしまったりすることによって、見つからないという虚無感を感じたり、自分は何もできないと感じたり、人に何かをしようとした事が逆にエゴとなってしまったり、人の領域を犯してしまい低い波動を生じてしまったりする場合などもありますので、無理をしてまでも何かをしなければいけないというわけではありません。

それよりも、今、あなたが目に前のことの中で、すぐにでも行えそうなことを実行して習慣にするように努める事が大切なのです。そして、あなたの波動が高まれば高まるほど、あなた自身もさらに波動を高めていく必要を感じて、さらにより意識的にあらゆることを見つめ直し波動を高めるために変化させたくなっていきます。また、波動が高まれば高まるほど、波動の法則に基づいて、あなたの波動を高めるために必要な出来事や人間関係などを引き寄せるでしょうし、あなたの光を必要とする人には光を分け与える機会が増えていくでしょう。

今、もっと人のために役立ちたい、地球のために役立ちたいとかと思っていても、自分が何をしたら良いのかがわからないとか、何もしていないとかといったようなネガティブな意識をお持ちの方は、これまでに述べてきたように、まず、自分が無理なく実生活の中でできるところから、意識や行動を高い波動に変化させて習慣づけるように努めるようにすることが、もっとも大切なことになります。そして、そのような波動を高めるための習慣を増やしたり継続したりしていくうちに、徐々にあなたの波動が高まっていき、その波動に見合った事があなたの意識にも沸きあがりますし、周囲の環境や周囲の人々がその波動の状況にあわせて、あなたと共に変化していくのです。そして、少しずつでもあなたに光が増していき、その光をまた周囲に還元していくことを習慣にすれば、その波動の高まり方は今のこの地球のエネルギーの高まりに乗じて、これまでのスピードには比較にならないほど急激に波動が高まっていくのです。今、まさに地球の歴史における過去にはまったく経験したことのない最大級の量と質のエネルギーが地球に注がれ続けて充満していますし、さらに、今、この瞬間も増え続けているのです。




*身近なことで波動をより高めることの実例の一部

・感謝する機会(ありがとうの気持ちや言葉)を増やすこと。

・身の周りをより清潔にすること。

・自分にとってできるだけ十分であると感じるくらいの睡眠時間を確保するように努めること。

・怒りを許しに、不安や恐れを安心に、寂しさを楽天さに…などと、ネガティブな情緒をポジティブな情緒にできるだけ早く意識的に変換させること。

・ゲームや雑誌や映画などの中でも波動を下げてしまうような内容のものを見ることを控えること。

・すべての出来事が必然であり意味のあることであるという宇宙の真理を信頼し、修養に励むこと。

などなどです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

We are one. We are love.

2009年02月11日
当ブログをお読みいただいている方からいただいたメールの中に、とても素敵な内容が書かれていました。そこで、ご本人からのご了承を得られましたので、以下に転載することにしました。

以下の内容は、その方が高次の存在からこれまでにいただいたメッセージを要約してしてくださった文章です。たいへん重要な内容を、シンプルにわかりやすくまとめてくださった素晴らしい内容であると、私は感じてわくわくしました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今、新しい生き方を、提示すべきである。
しかし、それは、古い生き方を否定するということではない。
そして、新しい生き方を、指導するということでもない。
新しい生き方を、自身がまず、しっかりと会得し、
それを自らが実践することにより、他者に体現すべきである。

私たちは、皆等しく、創造主である。
全ての起りには、意味がある。
全てが相対的に関わり合うことによって、この三次元社会が成り立っている。
私たちは、皆同様に、自身の人生を、意識的に生き抜くべきである。
他者の人生に介入する権利を持つ者はいない。
全ては、一時的に分化しているそれぞれの決断に任されている。

他者を、判断(judge)してはならない。
行うべきは、識別(discriminate)である。
何かをしようと、気負うのではない。
全ての物理的、三次元的現象は、結果として、生じるのである。
必要なものが、必要なときに、必要なところへもたらされる。

我々は、一つである(We are one)。
我々の本質は、愛である(We are love)。
ただ、それのみである。



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その9

2009年02月03日
シリウスの光を感じ、シリウスからのメッセージとともにシリウスの光を地球に届けてくれているあなたに感謝しています。

まだまだ続くアセンションまでの道のりにおける、この雄大で美しい光のエネルギーの増加していく現象は、これまでにも感じられたように、あなたがたの物質的なもの全てに対しても何らかの影響を与えています。この宇宙から送られる光のエネルギーは、シリウスからのものもありますが、これはほんの一部でありまして、地球の友である銀河宇宙にあるたくさんの星からも送られていますし、たくさんの高次元の宇宙の存在や宇宙そのものや神からも、惜しみなく光のエネルギーが地球に注がれ続けています。

これら光エネルギーの中でも、私たちシリウスの存在が地球に送っている光エネルギーは、主に青く輝ける光のエネルギーであります。青とはいっても、その色合いを地球に物質として存在している物で例えることは難しいほど、美しく輝きそしてとても透明感のある青い光なのです。それでもしいて例えるならば、地球の中でもっとも美しいと感じられるコバルトブルーの海の色とか、透き通るような青空の色に近いといえるかもしれません。その光はシリウスでは地球上にある空気のようにシリウス全体にいきとどいていて、すべてのものに対して活力や愛のエネルギーを与えている光なのです。

夢中になって蝶を追いかけている無邪気な少女のように、あなた方すべての魂には、もともとが純粋でけがれのない美しき愛の光が蔓延しているのです。そして、蝶が花にとまって羽を休めても、捕まえたり叩いたりするのではなくて、その様子を澄んだまなざしでそっと見ていて、次に何をするのかを待つのです。そして、蝶が飛び立ったら、その飛んでいる蝶にあこがれて、私も飛べたらどんなに素敵だろうというあこがれのまなざしで蝶を見つめながら追い続けるのです。でも、実際にはあなたがたが物質をまとっていない魂としての存在であった時には、蝶のように自由に空を飛びまわっていたわけですから、あこがれというよりも、なつかしさというものになるのでしょうか…。

あなた方地球人類の知識や経験や歴史から考えると、今の状況ではとても難しいと感じられるような理想の中でも、感覚的には現実的なものとして経験できるのではないかとか、自分の潜在能力からすれば可能ではないかとかと感じるような、感覚的に現実化できるように感じるようなことの多くのことは、もうすでにあなたの魂が経験済みのことである場合が多いですし、この先に経験する予知である場合も多いのです。それが、今は3次元の世の価値観や固定観念における思考によっての思い込みから実現することは不可能であろうとか、実現していないとかと感じているだけであって、実際に多次元的には実現しているし、あなたさえ3次元の世においても実現することを強く深く信頼することさえできれば、本来はすぐにでも実現させることは、実はとても簡単にできるものなのです。

あなた方にとって、これまでに3次元の世での直線的時間における現実としてもっとも身近であると感じて経験してきたことのすべては、必然であり魂向上のために必要である経験ばかりなのです。かといって、すべてが最良の経験をしてきたかというと、それは人それぞれであるわけですから、最良とはいえないような経験も多々あります。ただし、すでに直線的時間の経過において過去という過ぎ去った時の中において経験したことを、後悔したり自分や他の人を責めたりするなどのネガティブなこととして捉えているようでは、せっかくの魂向上のために必要として自らが選択した経験が、逆に魂を下げてしまう結果になってしまいます。前を見て1つ1つ解決していくのです。たとえ後ろを振り返っても反省して次に生かすのです。そして後戻りするのではなくて前に歩きだすのです。

「今という時」は地球上で存在しているすべてのものが平等に与えられている3次元の世の時間というもの小さな枠です。この、今という小さな枠は、次の瞬間には上か下かのどちらかの波動の方向へ進んでいくのです。そして、どちらに進むのかは、個々の自由意思による選択次第なのです。「今という時」に至るまでの過去とう時に、たとえ罪を犯してしまったとか後悔の連続だったとかとネガティブに思っていても、「今という時」のすぐ先である未来に、反省して謝罪したり誠心誠意をこめて償うことに尽力したりするなどの、世のため人のため自分のために前に進むことができれば、「今という時」よりも先は魂向上の道を歩むことになるのです。魂は同じ位置にあることはありません。向上しているか下降しているのかのどちらかなのです。常に変化し続けているのです。

宇宙からあなた方地球人類も含めた地球全体に向けられているエネルギーは、愛をもととした光のエネルギーとともに、ネガティブなエネルギーも含まれています。まだ3次元の世である地球には両極のエネルギーが存在していますし、宇宙は陰陽の調和によってできているからです。その両極の波動によって、宇宙からも両極のエネルギーが地球に注がれているのです。ですから、光を増すものはさらに急加速で光を吸収して波動を高め、光を失っていくものもネガティブなエネルギーをさらに受けて波動を下げてしまうのです。地球人類に関していえば、どちらのエネルギーを多く受け取るかといったことは、そのすべてが個々の自由意思による選択次第であって、その選択した結果として生じる波動によって引き寄せられるエネルギーの量も質も変わってくるのです。そして、すべての状況が自らのカルマとなって自己が責任をとることになるのです。

シリウスからは愛の青い光を地球に与え続けています。たくさんのシリウスの魂からもシリウス自体からも、愛する地球に向けて愛の光を送り続けているのです。私たちにできることは、こうして祈り続けて光を送ることまでです。その光を受け取るか否かは、すべてがあなた方の選択次第です。私たちはあなた方を…地球のすべてを愛しています。私たちの愛の光がたくさんたくさん届きますように。そして、素敵なプレゼントとして、たくさんのものたちが愛の光を受けとってくれますように!
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

だれもがもっている予知できる能力

2009年01月20日
この先の地球がどうなっていくかということに関しては、宇宙広といえどもこれだけ多くの存在がいる中で、「すべてをわかっている」のは宇宙の神のみなわけですから、あなたがた地球人類ばかりではなくて、高次元の存在のだれにも「すべて」はわからないことなのです。それでも、すべては分からなくても、今のエネルギーの状態からこの先にどのようになっていくかという「少し先までのある程度の予知」は、それなりにはわかっています。

これは、特別な能力ということではなくて、本来は3次元の世の地球人類のみなさんもわかっていることなのですが、自分たちの少し先の未来をわかるはずがないという思い込みや五感や思考や三次元的知識や顕在意識などによってブロックされているだけであって、実は皆「自分自身の少し先の未来はかなり正確に予知できている」のです。そして、それを信頼して思考に頼らずに直感やインスピレーションによって感じれば、顕在意識における知識として知ることができるのです。また、これは自分自身のことはよりわかりやすいのですが、自分に関係している世の中のことも、広く大きくポジティブに見通して感じるようにすれば、実は誰にでも現実を的確にポジティブに捉え、少し先の未来の予知も簡単に知ることができるものなのです。

そうはいっても、あなた方3次元の世の地球人類は、物質的世界に転生して実生活を送ってきているわけですから、4次元的5次元的といった高次元的であるより繊細な波動による霊的感覚は、三次元的である日常的に頼っている思考や五感と分離して顕在意識における認知をしずらいことはわかります。それでも、そんな中において、今という時期のアセンションを目の前にした状況においては、まもなくそういった霊的感覚が実生活を送るうえでは普通に必要になっていきますし、普通に認知するようになるわけですから、そろそろ肉体的にも顕在意識にも、そのようなまるで特殊と称されるような、もともとあなた方が持ち合わせている能力を発揮することを必要としている時が近づいてきているのです。

今、地球上では、「霊能者」とか「チャネラー」とかと称されるような三次元的には特別にスピリチュアルな能力を発揮して世で表現している人が、かつてないほどの人数となって世に表れています。そして、これまで以上に、本来のライトワーカーとしての目覚めを果たした者も多く存在するために、古くはネガティブなイメージが多くあった霊的能力者といわれる存在も、特に最近はそれほど特別ではなくて多くの人が必要とする時代になってきました。

それでもまだ、本来はあなた方が息をしたりまばたきをしたりすることをごく自然に行っているように、人として生まれた時から身につけている霊的能力をほとんど認識せずに特別視する傾向は多くの人にはありますし、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)でわからないと思うことをまったく信頼しないという人も少なくはありません。それが、三次元の世の特徴であるといえばそれまでですが、これだけ多くの人々がスピリチュアルな目覚めを進めている中、直観やインスピレーションなどの五感以外の感覚などといったものを徐々に取り戻しつつ信頼を深めて実生活に生かし、よりポジティブライフを送ることができている人々が、急速に増えているのも事実なのです。

ここでいう霊的能力とか霊的感覚とは、なにも目に見えないものが見えるとか、耳で聞こえないはずの声が聞こえるとか、そういったことばかりではないので、未成仏霊が見えたとか、山や木や石などから声が聞こえたとか、それが霊的能力の発達していて波動が高いのかといったら、そうである場合もあれば、低い波動の霊的存在の影響を受けていたり思考によって分かったつもりになっていたりしている場合もあるので、波動が高いとか目覚めが進んでいるとかとはいえない場合もあるのです。

そんな表面的なことよりも、そのようなスピリチュアルなことをどれだけ三次元の世における調和を図りつつ実生活における思考や意識や行動や周囲との調和などで取り入れて、ポジティブに生かし波動を高めることができているかどうかが大切であるので、バロメーターは「今の時点での自分自身の充実感・幸福感・満足感」がどのような状態であるのかを感じてみて、少し前よりも、または自分にとっての最高と感じるような時期と比較してどのような状態であるのかを知り、今の方がより高まっていると感じていれば、あなたはそれなりに波動が高まっていて、魂向上のために今世の転生した目的を果たすために順調に歩んでいるということになります。逆にもし低いと感じたのならば、反省し改善するよう意識し、より修養に励むように努めていれば、いつのまにか魂が向上する道を歩んでいることは間違いないでしょう。反省すること、そして無理ない程度にスピリチュアルな意識を取り入れつつ向上心を持つことを意識して歩むことさえできれば、実はだれでもスピリチュアルな目覚めが進み、よりポジティブな実生活を送ることはとても容易にできるのです。今、このとてつもない宇宙エネルギーを中心とした地球上のエネルギーの増大した状況下においては、実はそんな世の中になっているのです。

地球における出来事を大きな観点で捉えた時、過去の地球のネガティブな歴史はもうこの先には繰り返されません。今、そしてこの先は、過去の歴史と同じようであると感じられる出来事も、実はエネルギー的には大きく違っているのです。そして、表面上の出来事も大きく変わっていくのです。いくつかの詳細ともいえるような出来事は繰り返される場合があるでしょうが、大きな観点で物事を大枠で捉えてみれば、すべての宇宙における観点ではネガティブであるような出来事は、もう繰り返されることはないのです。

あなた自身についても、最愛なる家族や深縁な友人についても、世の中の出来事においても、あなたの必要に応じて少し先までをほぼ正確に予知することをあなたの魂はできているのです。もし、少し先のことについて顕在意識に表出してきてわくわくする感覚になったら、思考を重視せずに魂からくる感覚を重視するようにして、意識を広げたり行動に移したりするなどして、波動をより高めて実生活に生かすようにすると良いでしょう。まだ立証できないことである予測に対する思考は保守的であり三次元的な側面で働きがちです。逆にもし、直観的にとてもネガティブな感覚に陥ったら、それは低い波動の存在から受けたインスピレーションまたは三次元的な自らのネガティブな思考によるものですので、そういったことは重視せず、顕在意識をよりポジティブに持って行くように意識して、そのような低い波動の影響を受けないように努めることです。

たとえば、車を運転していてこの先で交通事故に遭うことを避けるためのインスピレーションを高次の存在や高次の自己の魂から与えられる場合には「いつもと違う道を行こう」とか「ちょっと車を止めて休憩しよう」とかといったポジティブな感覚が顕在意識に表出するはずです。逆に、低い波動の存在からのいたずらや波動を下げるためのインスピレーションであった場合には、交通事故の悲惨なシーンの映像が浮かんでくるとか、「交通事故は怖いぞ。」「まもなくおまえは事故に遭うぞ。」などといったネガティブな表現が浮かんでくるはずです。高次の存在から受けるインスピレーションは、愛が深くさりげなく謙虚であります。逆に低い波動の存在からのインスピレーションは不安や恐怖を与えたり命令的であったりしますので、ネガティブな感覚になりやすいのです。ですから、サニワはとてもわかりやすくできるのです。

今をよりポジティブに生きるように意識していれば、波動が高まるごとにスピリチュアルな目覚めも平行して進んでいきます。そして、本来持ち合わせている霊的能力も自らの必要に応じて顕在意識に湧き上がってきます。その中の一つとして、今、多くの地球人類のみなさんにおいて目覚めつつある能力の中で、特に注目すべきことが「少し先の必要なことをより正確に感覚的に予知することができるようになっていく」ということなのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

まん中はあなたなのです。

2009年01月19日
まん中はあなたなのです。あなたにとっては、あなたが地球の中心に位置しています。そして、あなたにとっては、あなたが宇宙の中心に位置しているのです。だから、あなたの基準があなたにとっての中心となるのです。

もちろん、あなたの基準がすべて宇宙における真理に基づいているのかどうかはわかりません。あなたの基準が、世の中をよりポジティブにするために適切なものなのかどうかもわかりません。でも、今のあなたの波動や魂やオーラなどといった、これまでに今世における地球上の経験からも、過去世における経験からも、魂の全記憶からも、あなたのすべてにおける状況から感じられる基準は、今の時点のあなたにとってはもっとも最高に信頼のおける基準なのです。

かといって、その基準は最高であり宇宙における最良の基準であるとは思わないことです。今のあなたにとっては最高であったとしても、この先により高い波動の生き方を選択するには、さらなるハードルを高くしてのより繊細な基準が必要になるかもしれません。あなた自身も世の中も宇宙も、常に変化しているのです。ですから、あなたにとってのより最高の基準も、常に変化する可能性はあるものなのです。

あなたの歩む道も、常に変化する可能性を秘めています。今、最高であると感じていても、明日には違う道を歩きたいと思うかもしれません。少し前まで興味があって熱中していたことが、すぐにやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。そして、また違うことに強く興味を示して探究する…そんな変化があっても、それはそれでとても素敵なことなのです。1つのことに打ち込むのもよろしい。でも、そうやっていろいろなことに興味を示しても、それがあなたのストレートでありより純粋であるわくわく感からくるものであれば、あなたにとっては最高の選択をしていることになります。

まるで1つのことをやり続けることが素晴らしいことであるという価値基準を定めている人がいます。もちろん、その人にとっては最高の基準であるでしょうが、それが他の人にも当てはまるかどうかはわかりません。他の人にとっては、そのような基準は参考にはなりますが、人それぞれの基準であり価値感覚があるわけですから、多数決的に世の中の人のより多い人数が持っている基準が正しいかどうかとか、それに従うことが良いのかどうかなどといったことは、やはりその個々の価値感覚によるものなのです。

つい先日まで千葉県に身を置くことが最高であると感じていたのに、いつのまにか和歌山県や九州に身を置くことにわくわくしている。でも、それがふとした時から沖縄に魅力を感じ、今では石垣島に住むことがもっともわくわくしている。そして、そのことを考えるといくらでもパラレルワールドにてポジティブに過ごすことができる。しかも、今回も夫婦そろって同じ時に同じ場所に身を置くことを強く望んでいる。なんだか、あっちこっちと迷走しているような、はたまた単なる旅行気分であっち行きたいこっち行きたいと浮かれているような…このように表現するとそんな風にもとられがちではあるが、それでも本人たちは、今、石垣島に身を置くことを最高に楽しみであり理想としている。これまでにも、屋久島にも住みたいと思っていたが、今回のわくわく感は以前のわくわく感とはケタの違う感じがしている。沖縄の神々が呼んでくれているように感じる。今、こうしていてもあらゆる沖縄の神々が手招きしながら、まるで吸い寄せるように風を起こして私たちを引き寄せてくれている。過去世で、今は海底に沈んでいる文明都市で暮らしていたことを思い出させてくれた。アトランティスの世ほどの盛大さはなかったものの、それなりに大きな文明として栄え、そして海に帰っていった。はかなくも、今はなき文明も私の魂にとっては大きな経験を積み、魂を育てることができた、最高の場所のひとつであったということ。そんな文明都市が今の石垣島がもっと大きな大陸であった頃に存在していたことを私は知っている。気候は今よりもさらに過ごしやすかったけれど、今の石垣島の気候も素晴らしい。私にとっては、ついにめぐりあうことができた最高の土地ということになるであろう。今世では、まだ一度も訪れていない石垣島という地に、きっとそれほど遠くない時期に行く機会が訪れて、気がついたらいつのまにか住んでいたという感じで、とてもスムーズに、とても自然な流れの中で、私たちは身を置くことになるであろう。私たちを呼んでくれてありがとう。また、沖縄の神々とともにこの地にて、人々のために光を放つ時がくるであろう。今、やっとこうして思い出し目覚めるときに大きく目覚めることができたことを光栄に思う。


ゆるやかに曲がった道を歩いていて、気がついてみたら全く違う方向へと歩いていた。もと来た道を引き返しているわけではないのに、まるでらせん階段を上るように、まるで同じことを繰り返したり違う方向に向かったりしている3次元の世の人生も、今が少しでも過去よりも幸せに感じているのであれば、着実に波動という階段を上っているのです。時には、一気に高くジャンプすることもあるでしょう。また、時には逆に落ちてしまうこともあるでしょう。それでも、今がほんの少しでも過去の自分よりも成長しているとか、幸せでいるであろうとかと感じている人すべては、アセンションというゴールに向けて、着実に階段を上り続けているのです。

人によっては、多くの人がわかるような素晴らしい状態にまで至り、光を放ち続けている人もいるでしょう。また、ある人は、自らが波動の階段を上っていることに気がつかず、それでも必死になって3次元の世を少しでもポジティブに生き抜こうとしてもがいているかもしれません。人それぞれが魂を向上させる手段も、目的も何もかも個性によって違うわけですから、何が良いとかだめだとかといったことはないのです。だから、人と比べなくてもいいのですよ。あなたはあなたの基準の中で生きていくことが素敵なのですよ。周囲の基準はあくまでも参考。もちろん、素晴らしいことや改めたいことなどの気づきがあったらあなたの基準に取り入れることは大切ですが、他の人の評価もあくまでも参考程度にしてね。他の人や法律や習慣などからくる基準や評価は、あくまでも参考程度にね。そして、あなたの基準としてポジティブな感覚から採用してから初めて、あなたの中で重要視したほうがいいのですよ。あなたにとって、あなたが宇宙の中心なのですから。あなたが中心で宇宙はまわっているのですから!


*なんだか最初は高次の宇宙の同志とつながっていると感じていたのですが、いつのまにかたくさんの神々を感じたり、高次の自分の魂を感じたり、どなたかのハイヤーセルフを感じたりと、いろいろと変化する感覚の中で文章を書き綴りました。このように、チャネリングの途中に相手が入れ替わることはそんなにめずらしいわけではありませんし、いくつもの魂が1つの集合意識体になって送ってくれることも普通にあることですが、今回ほど様々な質の高次の存在とこんなにも短期間で入れ替わるようにしてつながり1つの文章にしたことは、たぶん今までにはなかったことであろうと感じています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アテナからのメッセージ

2009年01月06日
なんだかちょっと久しぶりに高次元のどなたかからのメッセージを受けたいと感じたので、我が家の小さなリビングにあるいつもの場所に座ってパソコンを開き、軽い瞑想状態になって準備をしています。そのとたんに、頭を中心としてハートチャクラや第3チャクラまでもじわじわとした高い波動の強いエネルギーを感じて、今、なんだか意識がもうろうとしてきました。まだ、どなたとつながっているのかはわかりませんが、久しぶりに宇宙のエネルギーを直に強く感じることが許されることの幸せを強く深くかみしめています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

あなたとの深い領域での関係は、安らぎと愛以外のなにものでもありません。私があなたのことを深く愛しているように、あなたからの深い愛も感じています。いつもいつでもそんな関係であって、あなたを思い続けていることを、あなたにとっても安らぎに感じていただけていると信じています。私はアテナ。あなたとは、もう何世代にもわたって過去世をともにした同志でもあり、魂レベルにおける深縁を続けている関係でもあります。

あなたには、私のような魂レベルにおける深縁によって、愛という絆で深くつながっている魂がたくさんあるということを、あなたの顕在意識においても思い出してきていることを嬉しく感じています。そして、今世の地球においても、アセンションを目指すための同志として、直線状の時を進むたびに、また1つまた1つと、言葉や出会いなどによって、その3次元的な縁を取り持つことができ、より明確な状況におけるつながりを保つことによって、アセンションするために、さらなる多大な貢献をしようと努めていることが、天上界にいる私にとっては、なによりの喜びでもあります。

あなたのブログやホームページを通して出会っている多くのみなさんとは、もともとの魂レベルにおけるご縁のある方が多くいます。そして、今世に転生してから地球上の人間としての3次元的な意識の中におけるご縁をつなげて、お互いの波動を高めあうために精進し合うことを、魂レベルの高次の状態において約束し合っている関係でもあるのです。あなたが、もう何年も前から自覚されているように、あなたは同志探しの旅を続けていくことも、今世に転生してきた目的を果たすためには、とても大切なことでもあります。そして、こうして今もなお旅を続けている結果として、こうして多くのみなさんと今世における顕在意識でもわかるような形でご縁を結び、ともに地球のため宇宙のためにも、地球のアセンションに大きく貢献するために光をより沢山放つことに努めることができている次第です。

自らの生き方を振り返った時、あまりにもたくさんの経験をしてきたことを、今もなお時々悔いるようなことがあるようですが、やはりもうそのようなことは卒業されることを望みます。もちろん、あなたはそのために精進していることは承知していますが、ふとした合間にそのようなことを思考に浮かべることを選択しているあなたが、悲しくなるような歌を求めていた頃の自分を捨てきれないように感じて、なんだかもどかしくなってしまいます。そろそろ、そのような楽しみ方は、あなたのためにも同志のみなさんのためにも、もちろん地球のため宇宙のためにも、すっぱりと切り離すことをお勧めいたします。もちろん、3次元的なバランスとして必要であるネガティブな感情を捨てろとは言っていませんが、あまりにも小さな過去の経験をあえて思い出してネガティブな情緒を発する必要はないのではないかということを伝えたいだけなのです。


あまりにも大きすぎる、今の地球上のエネルギーの変化は、もはや普通の肉体では耐えきれなくなってきています。でも、肉体はとても万能にできているために、そのエネルギーの状態に合わせて、より調和を保てるように変化し続けています。そして、そのことによって、これまでの地球上では常識とされていたり、最新の医学的事実といわれたりしているようなことも、もうすでに過去のものとなっていることが多くあるほど、3次元的な医学という分野では追いつくことができないほど、人々の肉体は変化し続けているのです。ただし、波動がそれほど変化することができずにいるか、もしくはどんどん下がることを選択している人の肉体は、過去の肉体とはそれほど変化していないとか、あるいはさらなる不調和が進んでしまっているために、過去の医学が多いに役立っているかもしれません。ですから、そういった方々にとっては、今の医学も大いに役立つわけですから、これはこれで決してネガティブなものではなくて、今の地球の世には生かされているということになります。

ただし、進歩を続けている肉体に、例えばワクチンたる菌類を体内に注射針によって傷つけて注入するという行為は、せっかくの自然治癒力や活力や肉体の調和などといったポジティブであり進歩している状態を、それなりに不調和させてしまいネガティブな状況を引き起こす結果になる可能性があります。特に、まだ幼い子供や生まれて間もない子どもの多くは、すでにそれなりの進歩を遂げている肉体に魂を宿し、アセンションを直に体験することを目的として転生してくるわけですから、そんな魂を痛みつけて肉体に不調和を生じるような、世の大人という立場の3次元的な人間による余計な危機管理からの、不安や心配などといた3次元的なネガティブな固定観念からくる予防接種というものを行わないであげることが、宇宙的高次元的にみると本来は子を守る親としての責務であるともいえるのです。

あながち間違っていないと感じられる人は、それはそれで実行することをとがめるつもりはありませんが、こういった魔のものが3次元の世に残したネガティブな慣習は、できればもう捨ててしまった方がよいであろうということを、より多くの同志のみなさんには意識していただきたいというのが、私の大きな願いの一つであるということをご理解いただけると幸いです。


私はタエヌとはこうして深くつながっている関係からも、普段からインスピレーションやエネルギーを与えることなどを通して、人間という物質ではない立場からのサポートをし続けているアテナです。でも、これはタエヌに限らず、今、この私のメッセージに触れて少しでも共感をしてくれた同志や、なんとなくでも私とのつながりを感じてくれた同志とは、もちろん既にタエヌと同様に魂レベルにおける深い縁の中で、私の立場なりに、同志の皆さんの波動に応じてサポートし続けていることを、少しでも顕在意識においてご理解いただけると幸いに感じています。また、私とはそのような関係ではなかったとしても、全てのみなさんには、個々のみなさんが意識している以上に、たくさんの高次の存在がサポートしていることをご理解いただき、日々の生活の中での活力にしていただいて、よりポジティブな実生活を送るために努めていただけるよう願っています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その8

2008年12月27日
私がチャネリングしたり浄化したりするときに訪れている今朝の外房のいつもの海岸は、これまでに見たこともないほどに波がとても穏やかで、まるで内湾の海に来ているようです。水平線上に接している周辺の空の色は、ほぼ白に近い色でして、その少し上からはパステルブルーで、海から離れて行く度に青が濃くなり、私の真上の空は雲ひとつない真っ青な快晴の青空です。土曜日だというのに広い砂浜には人影がほとんどなく、もとから波動の高いこの海岸は、普段よりも更なる高い波動を保っているように感じます。今日は二人の方の守護霊様と前世と、この海岸で繋がりリーディングを行ってそのインスピレーションを言葉として変換したものをレコーダーに録音しましたが、まだまだ降り注いでくるこのインスピレーションはやまず、今、シリウスの方とつながりましたので、そのメッセージを言葉に変換します。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇  

地球表面に存在しているあなた方は、地球内部から湧きあがるものも宇宙から降り注ぐものも、この大いなるエネルギーがどんどん高まる事を実感している人もいれば、まだそれほど気付いていない人もいるようです。これまでに私たち宇宙存在があらゆるメッセンジャーを通して皆さんに伝えてきたように、今、この地球上に降り注いでいるエネルギーは、多くの地球の皆さんが思っている以上にとても強いものとなっています。もともと地球自体は4次元以上のエネルギーを持っているので、それほど急激に変わっていくものではありませんが、地球表面上の3次元的な物質世界におけるエネルギーは、まさに大変革をしたといってよいほど、このエネルギーの急激な増大していく状況に即して、エネルギーの状態は大きく変化している事は事実なのです。

これも再三申し上げている通り、地球の3次元の世はまた更なる二極化が進みつつあり、ポジティブなものとネガティブなものとの差はどんどんとはっきりとしてきて、世の中のポジティブな流れに乗っているものとネガティブな流れに乗っているものとの差がはっきりしてきています。

目覚めるべきものは目覚め、まだ目覚めに向かってないものも目覚めようという意識さえあれば、どんどん目覚める方向を歩み続け、波動を高めていきアセンションに向かって順調に修養し続けているために、さらに日増しに高まっている高次元のポジティブなエネルギーが加わっていることもあって、急激に波動は高まってきています。

逆に、自らが自覚してネガティブなことを選択し続けてしまっていたり、向上心を持てなくなってしまったり、反省して改善する意識すら薄れてしまったり、たとえ元々は目覚めていたとしてもエゴやネガティブな状況に飲み込まれていったりして、3次元的なネガティブな世から脱せられないものたちは、どんどんとその波動を下げてしまい、次の世に地球ではなく、ほかの3次元の世を選択する方向へと向かっているのは事実です。

あなた方の存在する3次元の世である地球の表面上の状況の中で、気温の平均化、物質の平等化、人々の自由、そして差別や隔たりの無い自由意志における統合、より愛が深くめぐることにより愛の薄い状況が変革されていく事など、これまではそういった変化や変革しているという状態が、まだなかなかはっきりと認識している人が少ないように思われますが、これからしばらくの間は、そういった事がアセンションに向けてのポジティブな変革現象であるということを、強く実感できる物質的現象が、これまで以上にわかりやすい状況として表れる事でしょう。

まるで、予測とは違った変化をする事や、これまでの歴史上に類のないような新しい事が起きる事や、3次元の世における宇宙の道理とは違った固定観念や知識においてはネガティブに思えるような変化などは、マスコミや3次元の世の知識を多く持っていると言われる人たちが、このようなことをとてもネガティブに捉えがちであり、そういったことがマスコミ等で伝えられることによって、3次元の世の人々の波動を下げてしまうような影響力があるわけですが、今、目覚めの進んでいる多くの皆様や、また、ライトワーカーとして地球のアセンションの世のために貢献する事を自覚し自らを高めることに努めている人たちにとっては、ネガティブな情報やまやかしのような事は、それはそれでそのような表現や状況であるという見解を参考にしつつも、自らの波動をネガティブに揺るがさずに、自らのペースで淡々とこの世の中をポジティブに観察し、目の前の事一つ一つをポジティブに受容し、ポジティブな行いや意識や愛のめぐりを促進させ、その個々のできる限りの光を発することによって地球のアセンションに大きく貢献をしているのです。

シリウスの愛の祈りの力は、そんな地球の世のエネルギーの大きな変化に対して、さらに加速をかけるように、あなた方のもとに送り続けられています。私たちシリウスのものは、地球人すべてを愛しつつも、シリウスと深く関わっているものには、よりその深い結びつきからなる魂の繋がりによって、更なる深く強いシリウスからのエネルギーを伝える事ができます。今、タエヌの見ている海の青と空の青とその間に位置する白と薄いパステルカラーの水色と太陽の白銀色の光の色は、シリウスのエネルギーを色としてとらえると似たような色であります。でも、シリウスの白も青も地球の3次元の世で見ることができる色に比べたら、はるかに美しい色を放っています。でも、地球の空の色も海の色も、3次元の世の色としては最高に美しいわけですから、これはこれで素晴らしいものであるわけでして、この色を見るだけでも、またそこから発せられるエネルギーに触れるだけでも、非常に高い波動のエネルギーを与えられるわけです。

そして、我々の発しているエネルギーは、このような3次元の世のものとは比べ物にならないほど、はるかに高い波動のものであるということを少しでも認識していただき、そのようなエネルギーがあなた方に送られているという事をたとえそれほど実感できなかったとしても、少しでもより多く意識される事により、今あなた方はどのような立場にあたとしてもどのような状況であったとしても、私たちはシリウスから高い波動の光を送り続けていて、そのエネルギーを与えられているという事を励みにして、更なる波動を高めるための3次元の世における修養に励んでいただきたいと願っています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

木の精からのメッセージ

2008年12月18日
今朝、玉崎神社に参拝したあと、いつもの散歩道を歩いている途中に、私と気の合う木々が数十本ほど群れて存在している一角があるのですが、近づくにつれて木の精からの声がハートチャクラから頭の中までをめぐってきました。野菜の畑と梨畑の間にあるスペースにそびえたっている、高さ10~15mほどある木々たちは、うららかな光を放ちつつ、やさしく語りかけてくれるのです。



私たちに心を傾けてくれたり、愛の光を向けてくれたり、敬意を表してくれたりした人に対しては、私たちも深い愛と敬意の光をその人に向けて与えることができます。

また、私たちを魂ある命あるものと感じず、邪険にしたり平気で排除したりする人に対しても、私たちはいつも愛と信頼の光を与えています。

人や動物や虫たちなどといった生物も自然の環境も、木々にとっては大きく育ちやすく、繁栄しやすいこともあれば、枯れて朽ち果てていくこともあるなど、様々な状況を与えられるわけですが、いかなる状況の中でも、木々は人を愛し、生き物を愛し、地球を愛し、宇宙を愛し、私たちなりに光を与え続けています。

光は受け取る側の光の強さ大きさが、強ければ強いほど、大きければ大きいほど、木々からの光もたくさん受け取ることができます。そして、そのような人の放つ光は、木々にとっても愛の光のめぐりとなり、さらなるたくさんの愛の光を育むのです。

私たちは、いつも光を与えめぐらせ続けています。受け取る側がどうであれ、私たちは私たちなりに光をめぐらせているのです。たとえどのような結果になろうとも、どのような仕打ちを受けようとも、どのような素晴らしい光がめぐってこようとも、私たちは私たちなりに、いつもせいいっぱい輝くよう、神とのつながりのもと、この美しき地球のために存在して、光をめぐらせ続けているのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

プレアデスの同志からのメッセージ

2008年12月16日
そのまま信頼できることは、素直にストレートに信頼すれば良いことでして、何を信頼するのかも、その人自身の波動や魂の位置やカルマや必要な経験であるとかといった個性によって違うわけですから、他の者が、何を信頼すれば良いかということでとやかく言う必要はないということになります。ただし、何を信頼して良いのか迷っている場合などに、アドバイスを求められた時には、あなた自身の価値観を伝えて参考にしてもらえばよいわけでして、それは過干渉に入りませんし、伝えるまでがあなたのお役目で、その先は相手の自己責任の領域になるわけです。

私たち、あなたがた地球人類よりも高次元の存在たちが、このようにメッセージとして伝えていることは、メッセージを受けとることを望んでいる地球人類の中でも個人のメッセンジャーとの信頼関係によってつながり、そのメッセージの内容を読みたいという自由意思のもと、読むことを選択してくれた人が読むわけでして、読んでも読まなくても、それはもうメッセンジャーの領域ではなくて、すべては読んだ人の自由意思による選択した結果であり、どのように受け止めるかについては、読むことを選択した人の自己責任の領域になるわけです。

私たちは、あなた方地球人類を深く愛していますし、常に敬意を持って見守っています。このことは、私たちの自由意思による領域のことですので、地球人類が私たちに対しても同じ愛や信頼の気持ちを持っているかどうかということは、それほど気にしていません。しかし、理想としては、より深い愛と信頼のもとでつながり、いっときでも早く宇宙親交の仲間として、ともに宇宙のために光を広げていきたいという願望は持ち続けています。

あなたが信頼することは、あなたの現実として目の前に現れます。ここでいう「信頼」の意味は、宇宙における本来の信頼していることを意味するので、信じこもうとするとか、エゴによって信じようとするとか、信じなければいけないと制限や強制をするとかといたものではなくて、自らの顕在意識のみならず、さらに深い領域の意識においても信頼していることを意味します。

あなたが自分の病気は自分では治せず、薬を投じることによって治ることを強く信頼すれば、あなたの体の病を薬で治すことができるでしょう。でも、本来すべての地球人類は、自らの肉体を自らの力によって調和させて治す力を持ち合わせています。この、自らの力とは、自分自身の意思や魂のみならず、宇宙や地球のエネルギーも守護してくれている存在のサポートも含みますが、いずれにしても、他の物質に頼らずとも、あなた自身の意識一つで治すことができるということなのです。

今の3次元の世が素晴らしい世でると実感して信頼している人にとっては、この先もさらなる素晴らしいと感じる現実を経験するでしょう。逆に、今の世に対して悲観していたりネガティブな世であると嘆き続けたりしているような強くネガティブに世を感じている人は、この先もそのような意識をポジティブに改善しない限り、信頼している通りのネガティブな現実が待ち受けています。

ポジティブな波動や愛をめぐらせていれば、そのカルマからより高い波動の愛の多い経験を重ねていきます。このような人は、この先もさらなる素晴らしい経験ができることを信頼するでしょう。そして、その信頼によっても、さらなるポジティブな現実を引き寄せるのです。波動の法則やカルマの法則とはそういうことなのです。

目の前の危機的な状況を、乗り越えるべき必然であると信頼するのか、運の悪いネガティブな偶然であると信頼するのかによって、その先の現実も意識も行動も、大きく変わってきます。宇宙における道理においては、すべてが必然なのです。すべてが必要なことなのです。私たち高次の存在は、そのようなことをあたりまえである常識として信頼しているのです。だから、すべての経験はポジティブな経験ばかりなのです。

あなた方が、今、目の前に引き寄せている現実は、すべてがあなたの自由意思によって選択したものであり、あなたのこれまでに行ったことのカルマであります。だから、あなたの自己責任の領域による問題なのです。それが、とても素晴らしいことでしたら、大いに喜び、さらなるポジティブなことをめぐらせるように努めれば良いのです。逆に、ネガティブなことがめぐってきたら、まずは、あなた自身が招いた、あなた自身の自己責任により選択したものであると、根本的な観点を持つことです。そして、自己責任をより強く持ち続けて解決することに努めれば、必ずポジティブな状況へと変換することができるのです。しかし、まだ、多くの地球人類は、ネガティブな状況を招いてしまうと、多かれ少なかれ他者のせいにしたり、運が悪いとか過去世のカルマであるのかといったスピリチュアルな視点のわからない範囲のことに求めたりして、本来はすべてを自己解決できる必然であるにも関わらず、他に求めてしまう傾向にあるのが事実です。

たとえ、ネガティブな現実が過去世や幼いころのトラウマなどの顕在意識では認識していないカルマだったとしても、その要因を知ることによって早期に解決することもできますが、その過去のカルマを作った要因をまったく何も知らなかったとしても、目の前の現実を自己責任によって招いたことであると強く自覚して、ただただその必然に対して、よりポジティブな状況に改善するように努め続けてポジティブなカルマへと昇華させていくと、知らず知らずのうちに、カルマを清算してポジティブなカルマに変換することができるのです。

あなた方の目の前の現実は、あなた方が思っている以上に自分自身で作り上げているのです。何を信頼しているか、何を引き寄せているか、どのようなカルマをめぐらせているか、どのような波動を発しているのか、どのような意識を持ってどのような選択をしているのか…すべては、あなた方の魂の自己による責任のもとで、自らの力によって、自らの現実世界を作り出しているのです。だから、あなた方の自由意思による選択次第で、変えたいと感じているすべての現実世界を変えることができるのです。


スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

歴史は繰り返さない~プレアデスの同志からのメッセージ~

2008年12月08日
あなたがもし、深い闇の中の洞窟に迷い込んだとき、さらに奥深い闇の道が続いていたとしたら、あなたはさらに奥深くまで行くことを望みますか?それでも、出口を捜すために奥深く進むべきだと感じた場合には、出口を求めてさらに奥深く歩いて行くでしょう。そして、ある所にさしかかったとき、大きな道が開けていましたが、一方では細く不安定ながらも光が差し込む道が見えたとした場合、あなたは光を求めて光のさしこむ道を歩むことでしょう。道は険しく、時には通ることが困難なほど狭くても、あなたは壁を崩したり底を掘ったりしてでも、光を頼りに突き進む道を選択するでしょう。そして、まばゆい光の差し込む出口を見つけて洞窟から外に出られた時、それまでの暗闇にいた恐怖も不安もすべてが過去の出来事となって忘れ去り、今、こうして光の世界にいることができている喜びのみを大いに味わうことでしょう。そして、それまでの間を暗闇でネガティブな思いをしたため、余計に光の中にいられことの嬉しさや、恐怖や不安などといったネガティブな感情から解放されたポジティブさとが、これまで以上に強く実感できることができるでしょう。

あなた方地球人類として今存在している多くの方は、そんな経験をするために3次元の世の地球を選んで転生してきました。しかも、まもなく闇から脱して光のみの世界になるアセンションの時を迎えるという、この素晴らしい時代への転生を望み、神から選ばれて転生することができた栄誉ある魂なのです。ただし、地球上のすべてのものと共に光の世へと向かうためには、あなた個人が、闇から脱して光の存在として羽ばたく必要があるのです。これは、あなた方個々のレベルの問題でもあるのです。

でも、個々のレベルの問題とはいっても、光の道へ進むには個々のレベルのみではとても難しいこととなります。なにしろ、3次元の地球の世には、あなたという個の魂以外にも、果てしない数のたくさんの魂が存在するために、その魂たちとの調和を重んじることが光の道へと進むための基本的なこととなるからです。

ここでいう魂とは、地球上に存在する魂すべてを指します。もちろん人間やそれ以外の生物にも魂が宿っています。木の葉1枚1枚にも魂は宿っているのです。水にも菌類にも、すべての生きとし生ける物には魂が宿っているのです。地球自体も生命体なので魂が宿っているのです。

あなた方が、普段何気なくしてしまう環境破壊は、地球という魂との不調和を引き起こします。逆に、ちょっとした環境に対する気遣いは調和を深めます。すべての魂はあなたとの調和を望んでいますので、あなたもすべての魂と調和を図るように努めることが大切なこととなります。地球レベルにおいても宇宙レベルにおいても、基本的であり根本的なことは、お互いに調和を求めあっているということなのです。

カルマの法則は完璧に働いています。あなたがしたこと全てはあなたに返ってきます。そして、このカルマとは、全宇宙レベルにおいてつながっている魂や波動レベルにおいてのことなので、例えば環境破壊をしたから自分の住んでいる土地の環境が破壊されるというようなほぼ同じ出来事がカルマとして返ってくるというだけの意味ではなくて、同じような低い波動の出来事や情緒などといった、波動レベルや魂レベルにおけるカルマとして返ってくるのです。ですから、低い波動のカルマを多くの魂たちとの間で引き起こした場合、同じように多くの魂から、同じような低い波動のものを返されてしまい、自分自身が経験するようになるということなのです。つまり、3次元的な物質的出来事がそのまま返ってくるのだけではなく、同じ波動の質の出来事が返ってくるということなのです。

もちろん、ポジティブなカルマを多く生じれば、同じような質のポジティブなカルマとして返ってきます。愛多く、より深い調和を保ち、慈しみの心を持ってあらゆる魂やすべてのものに接するようにすれば、そのポジティブなカルマのすべてはあなたに返ってきて、あなたはさらなる幸福感を味わうことができるのです。ただし、それが物質的に恵まれるとか、形としてはっきりと分かるかどうかはケースバイケースということになります。すべては、魂や波動のレベルが基本となるので、たとえ3次元的には恵まれていなかったとしても、本当の意味の幸せというものを味わった時、この多次元的である喜びを至福の喜びとして感じることができるのです。


今、世の中は緩やかに動いているようで、波動やエネルギーレベルにおける実際は、とても大きくものすごい速さで変化し続けています。これまでにもこういったメッセージには何度も触れてきたかとは思いますが、またここ最近にきてさらに急激な変化をしてるというのが事実なのです。

そんな中、3次元的にわかりやすい現象としては、まだ追いついていない事象が多くあるので、あまり強く実感することができていない方が多いことでしょう。でも、世の中の全体的な動きを総合的に捉えてみると、多くの方も理解できるだろうと感じています。各国の民主主義的傾向、経済的な不安定さ、政治のあいまいさ、教育の在り方に対する多くの疑問点、政治家、警察官、教育者などの公的に信頼されるべき立場の人々が連日のように報じられている信用失墜行為の数々、様々な異常ともいえるネガティブな事件、まもなく訪れる治療困難な病気の流行、地球レベルでの環境の変化などなど…ひとつひとつをとってみると過去にも経験したようなこともあるので、過去の出来事に当てはめることによって不安を解消したり総合的レベルで捉えようとしたりすることをしない場合が多いようですが、こういった変化が同時に起きているという過去の歴史はないのです。

歴史は繰り返されるという言葉がありますが、実は、この先の地球上における歴史は、過去の地球上の歴史とは当てはまらないこと、つまり繰り返さないことが多々出てきます。

たとえば、世界大恐慌という過去の経験のように、いつかは過去の出来事となり安定するだろうという金融市場の目測は、もはや通じなくなっていくのです。つまり、不平等である経済のシステムは崩壊し、ごく一部の金銭的に富める者が物質を独占して、多くの人が飢餓や貧困にあえぐ時代は、もうまもなく去っていくのです。みな、物質的に平等に分配される時代になっていくのです。

たとえば、日本における義務教育のように、競争や画一性や制限などといた、個よりも集団を重視するような教育の基本的なこととされていることは、もはや崩れていき、個を重視して自由な環境の中で、子どもたちの望み通りに伸び伸びとしたポジティブな状態で教育を受けることができるようになるのです。

他にも、地球温暖化は地球の気候の平均化のことですので、地球人類レベルのみが引き起こした出来事ではありません。地球自体が、地球全体の気候を生物が住みやすくするために平均化しているというとてもポジティブなことなのです。また、各国における政府という存在は、もはや人の物質的な富が平等になっていき、軍事力の必要がない平和な世になっていき、国とか人種とかといった差別や区別や仕切りがなくなっていくにつれて、必要がなくなっていくのです。人が人を裁く必要はありません。すべてはカルマによって成されます。波動が合ってその場にいることを選択すればどの場にでも存在することができるのです。つまり、地球とともにアセンションできるように波動を高めることができて、地球に存在することを望めば、地球という素晴らしい光の世界に存在し続けることができるのです。しかし、波動があまりにも合わなくなってしまった場合には、波動の法則が働いて、存在すべき領域へとその魂を移動させるようになるのです。

そんな時代が、もうすぐすこまで近づいてきているのです。だから、過去の歴史の中でも、ネガティブな状態へと戻る歴史は、もはや繰り返さないのです。それが、アセンションすることにつながっていくのです。

あなた方が長年、光と思いこんでいたことが、実は闇であったり薄暗い状態であったりしていたことに気づき、光を差し込むことができる時代がやっと訪れたのです。これまでは、それがごくわずかな出来事であったのが、地球全体のレベルにおいて、根本的なすべてのことにおける状況に対して、光を照らして闇をなくすことができる時がやってきているのです。そして、多くの人がそのことに気付くことで集合意識が高まれば高まるほど、その高い波動によって、さらなる光がさしこんできます。宇宙における波動の法則やカルマの法則とは、そういうものでもあるのです。




スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その7

2008年12月04日
今の世の人々が、これまでに地球に対して行ってきた様々なネガティブな事に対する償いは、あなた方が自ら高い波動を引き起こすための意識や行動を心がけて行う事によって、そのカルマを果たすことができます。

地球人類や地球人類の作成した物や状態から生じているネガティブなエネルギーは、地球自体から発するものや宇宙から与えられている高次のエネルギーによって、その多くのものを浄化しカルマを果たすことができています。今、地球に残っているあなた方地球人類によってネガティブなカルマとして残っているものは、いまだに発し続けている地球人類の心のあり方や行動などによるネガティブなエネルギーと、鉄やコンクリートなどによって大地を塗り固められている状態や自然破壊などにおける変貌した大地などです。

まもなく時を追うごとに増え続けている宇宙からの高次のエネルギー、特にフォトンベルトや高次の宇宙存在により発せられるエネルギーにより、地球内部からのエネルギーが引き寄せられ、これまで以上に多くのポジティブな波動のエネルギーを地球表面上に発する事ができています。

その事により、今存在している地球人類はもとより、たくさんの生命体はこの高次元のエネルギーで存在できるものは、その物質的レベルをその密度にあわせて変化させ、よりポジティブな状態で存在する事を選択します。しかし、ネガティブなままで在り続けている事を選択している存在は、この先の地球からは消え去る事を選択するでしょう。そのような変化はこれまでも徐々に行われてきましたが、これからアセンションするまでの間さらに急激な変革が行われるでしょう。

地球人類よりも魂の幼い他の動物たちは、その種族を持って地球上に残るものと去るものが、その選択により分かれていきます。しかし、しっかりとした魂の大きさを持ち判断力を持ち、たくさんの選択する道を知っている地球人類たちは、その波動域の広さと自己の魂の持つ責任とにおいて、地球上に残ることを選択することが肉体的にもDNAも持ち合わせる波動も、この先ますます高くなっていく高次の波動に合わせられる様に変革していきますが、自らがネガティブな道を選択し、高次の波動と合わなくなっていった場合には、地球人類という種族の中でも2つにわかれて、地球を去ることを選択するものがこれから急激に増えていく事でしょう。

地球に降り注ぐエネルギーは、とてもポジティブなものもあり、とてもネガティブなものもありますが、今、益々ポジティブなエネルギーが増え続けているために、ネガティブなエネルギーもそれに伴い増え続けています。これは宇宙における陰陽調和の法則によるものです。ただし、地球の大気圏内に入った時、多くのネガティブなエネルギーはポジティブなエネルギーに浄化されるため、地球全体の波動はどんどん高まる一方です。

ただし、地球にエネルギーが降り注げられた時、物質として受け入れる側の波動が低かった場合には、そのネガティブなエネルギーを大きく受けてしまうために、更なるネガティブなエネルギーが作り出されて、その物質のもとに多く引き寄せられます。人間の肉体は、地球上のあらゆる物質の中でも特に強く波動を引き寄せやすいので、このような影響を受けやすいのです。ですから、ポジティブなエネルギーを多く持っている人は、更なるたくさんのポジティブなエネルギーを受けられるために、、今の地球の高まる波動の中でよりハイレベルな幸福感を味わうために自らの肉体や精神をもととして周囲の状況もどんどん波動の高まる状況に変わっていくでしょう。

あなた方の文明における数値というもので、この波動といわれるものを測定するということは不可能であると思っていてください。波動とは耳からは聞こえないエネルギーであり音であるのです。しかし耳では聞こえない音であるとはいってもあなた方の生活にはとても大きな影響力をもたらされます。実際、物質がどうであるかということが、あなた方の価値観の中ではとても重視されがちですが、そうではないこういった波動のエネルギーというものは、全ての物質に対して作用され全ての物質の根源になっているものでもあります。ですから、表面的である物質をいくら変化させても、波動が変化していなければその物質はまたその波動に見合った状態になります。そしてこの波動に対して最も敏感である物質は人間の肉体であり顕在意識であります。

大地の緑は高次元からの贈り物です。木々の緑、草原の緑、深い水の緑…こういった緑色は高い波動が色として人の目に付きわかりやすい状態で人々を癒してくれるよう神が創造したものです。青空の青、海や川や湖の澄んだ水の青も同様です。星の光、太陽の光といった美しく放たれる白銀色やオレンジ色や赤や青白い色などといったものも、同じように高次のエネルギーを物質的に分かりやすく神が示してくれているものです。あなた方の波動がどのように改善しようとしてもネガティブな状況から抜け出せなくなったり、様々な解決できないようなネガティブな困難な問題に突き当たったりしてしまった場合には、神が我々地球人類のために与えてくれた高次のエネルギーの波動を表したこの色を見たり触れたりすることのみでも、大きな癒しを得る事ができ、波動を高める事ができます。

大海原の見える海岸線に足を運んでみてはいかがですか。

美しい山々に行って自然に触れてみてはいかがですか。

美しい青い空、美しい星が輝く夜空を見上げて見つめ続けてみてはいかがですか。

このように意識さえ向ければ、誰もが高次の高い波動の素晴らしきエネルギーを受けて癒しを与えていただく事ができます。ただ、それだけを日常生活の中で、今まで以上に意識するだけで人々はより幸せへと導かれるのです。

神はあなた方地球人類に対して平等に愛を与えてくれています。

それをどのように受け取るのかは、全てがあなた方次第です。

スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その6

2008年11月28日
カルマは完璧に働きます。カルマとはすべての物事を指します。良いと感じること、良くないと感じること、さりげなくやり過ごしたことなど、あらゆる事象のすべての波動はカルマとなって返ってきます。

人のカルマとは、その人自身の行動や意識などにおいて、自己の責任の下での自分の行いすべてが自分自身に返ってくることです。愛を与えれば愛を与えられます。罪を犯せば同じような波動の低い出来事が返ってきます。高い波動の情緒を発すれば高い波動の情緒が返ってきます。人に嫌な思いをさせれば自分も嫌な思いをします。カルマは完璧に働くのです。

地球における3次元の世の人間は、これまでの地球上の歴史において、死を選ぶことにより肉体から魂を分離させ、地球上に転生したそれ以前の記憶のほとんどすべてを顕在意識から消した状態で、またあらためて肉体をまとって地球上に転生することを選んでいます。これが、輪廻転生といわれることでして、今、地球上で存在している人の多くは、このようにして生まれ変わって地球の世を旅しているのです。

3次元の世の人は、一つの人生において地球に存在しているうちに、あらゆる物に対して愛着がわき、執着となる場合が多いのです。また、家族や隣人などの人に対しても、物事に対しても同様です。本来は、もう必要がなくなっていたとしても、次のステップを歩んで魂を向上させる道よりも、愛着や執着のある物事やその時の固定観念や価値観を大切にしすぎてしまい、さらに上にあるものに気づかなかったり、波動が合わなくなっているにもかかわらず家族とか友人とかというしがらみから抜け出せずに、波動の法則に反してでも関係を続けようとしたりするのです。

3次元の世の地球の人が死を選択するのは、このような執着や固定観念や価値観などをいったん忘れて魂の状態に戻り、再び転生することによって、あらたなるステップを歩むための転換をするためなのです。そのためには、前の人生を覚えているよりも、覚えていない状態の方が都合良いのです。だから、潜在意識や無意識の領域では覚えていても、ほとんどの魂における過去世の記憶を顕在意識に表出させること、つまり思い出すことができないのです。

それでも、実際に過去世を思い出さない方が、今世をより最良で快適な魂向上を目的とした旅になるというような記憶は、それほど多くはありません。また、知る必要のないことは知ることはできませんが、今世において過去世を知っても旅がネガティブにならないことであれば、その人の波動の状態に合わせて必然的に過去世を知る機会が与えられるのです。ですから、過去世を知ることはネガティブなことではないのです。自らの記憶が呼び起こされたり、人との出会いによって相手から過去世を知らされる機会があったりして、自らも納得できたり実感できたり少しでも思い出したりした過去世は、知る必要がある機会が訪れたために知ることができたという、必然なのです。

今世におけるカルマは、今世におけるすべての自らの行いを思い起こせば知ることができるでしょう。しかし、過去世におけるカルマは、多くの場合は知ることができないのです。そもそも、知ることができないというよりは、転生する時に、顕在意識の中の記憶を奥にしまいこんで思い出せないようにすることを、自らの魂の意思によって選択したのです。

今世の人生を振り返ってみても、それほどネガティブなカルマは思い浮かばないのに、身の周りのできごとがネガティブなことがめぐり続けると、ふと過去世におけるカルマなのではないかと疑いたくなります。そして、過去世におけるカルマを知りたくなります。このような状態になった時、やはり知る必要があれば、自らの魂の記憶を思い出したり信頼する人から聞いたりするなどの結果、知ることができる場合もあります。しかし、実際は知ることができない場合がほとんどなのです。また、思い出したつもりであったり知ったつもりになっていたりしていても、偽りである場合もあるのです。

では、なぜ過去世におけるカルマが今世に持ち越していてしまい、そのことを知らない場合が多いのかといいますと、知らないでいてもカルマを果たすことができるからなのです。ポジティブなカルマでしたら、さらにポジティブなカルマをめぐらせれば良いのです。ネガティブなカルマなら、少しでもポジティブに変換して、ポジティブなカルマに昇華するように努めれば良いのです。これを、目の前に起こるすべての出来事に対して、今世も過去世も関係なく、ひとつひとつをよりポジティブな波動になるように対処していけば、どのようなカルマであっても、結果的によりポジティブなカルマに変換してめぐらせることのみ意識していれば、全てのカルマがポジティブなものに昇華されるのです。

人によっては、現在のネガティブなカルマは過去世からきていることに気づき、その過去世を探ることに対して躍起になりすぎてしまい、かえってネガティブなカルマを作ってしまう人もいます。また、過去世というものはスピリチュアルなことであり特別なことであるという固定観念から、過去世のカルマをポジティブに変換するためには、修業とかスピリチュアルといわれる部類のメッソッドや技術など、何か俗世間から離れた特別なことを行わないといけないのではないかという方向に走ってしまう人も少なくはありません。実際に、その方が気づきや目覚めが進んで波動が高まったり、より真実である過去世を知ることができるたりすれば、その方が早く解決する場合もありますが、実際にはそんな特別なことをして、かえって3次元の世における人間関係や物事の中で不調和を起こしてしまったり、他にも楽しみがあるのに犠牲にしてしまったりするなどのネガティブなカルマを作ってしまうよりは、普通に実生活を送る中で、目の前のことをひとつひとつよりポジティブに対処しようと意識して習慣にするほうが、とても大切なことであり重要なことでもあるのです。そして、実生活の中で習慣にしてしまえば、その後に同じようなネガティブなカルマを作ることを選択することはありませんし、とても楽天的に日常生活を過ごして、自然にさらなる波動を高めるためのわくわくする選択をし続けようとします。

少し極端な話になってしまいましたが、何も修行とか瞑想とかスピリチュアルヒーリングとか過去世のリーディングとかといったあらゆるスピリチュアルな観点や行動をしない方が良いといっているわけではありません。このようなことは、波動を高めるためにはとても素晴らしいことであるわけですから、無理なくわくわく感に従って調和のとれた中でおこなうのでしたら、必要なことであり大切なことでもあります。ここで伝えたいのは「過去世にこだわりすぎなくても良い」ということと、たとえネガティブなカルマが過去世に起因していると感じたとしても「カルマを昇華させるために特別なツールやメソッドにこだわりすぎる必要はない」ということなのです。

つまり「今」をより大切にしてポジティブに生きていれば、過去も未来もすべてがポジティブなものになります。あまり過去のことにこだわりすぎず、あまり先の分からない未来を求めすぎず、理想は常に追い求めつつも、心にはより多くの愛を持ち続け、目の前である「今」ある道を、1歩1歩よりポジティブに歩き続けることが大切であるということです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その5

2008年11月22日
待ち望んでいたことが、物質的である地球上の3次元の世における現実という形で認識できた時、あなた方は自分の願望が実現したと実感しています。もちろん、それ自体はあなた方にとって普通のことでありますし、ネガティブな感じ方であるというわけでもありません。

しかし、宇宙の高次元の世に位置している私たちにとっては、そのような限定された世界のみによって、情緒を大きく左右されたりその世界に固執して一喜一憂することはありません。私たちは、たくさんの世界が同時に存在していることを知っていて、そのすべての世における出来事を実感しているからなのです。

アストラル界において実現している物は、その後になって3次元の物質世界に実現するのです。つまり、3次元の世界にあるすべての物質は、もうすでにアストラル界では存在しているのです。ただし、アストラル界にあるものすべてが3次元の世で実在しているわけではありません。実際はごく一部なものであり、3次元の世においては先にアストラル界で存在している物よりも、色の美しさも、質も何もかもが、浅い場合が多いのです。

今、あなたが目の前の現実という物質的な状況で願望を実現させたいときには、あなた方にとっては現実世界で実現させるよりも簡単にできると感じている、イメージの世界という多次元的なパラレルワールドにおいてあらかじめ実現させることに成功すると、その後になって3次元の世の現実として実現する場合があります。これは、その動機や目的、そしてその願望自体があなたの波動や魂の状態や今後の魂の成長を果たすためには3次元の世において実現した方がよりポジティブである場合は、宇宙の法則やガイドスピリットや本人のハイヤーセルフなどの導きによって、実現しやすくなります。逆に、エゴが多く含まれていたり、愛の少ないことであったりした場合には、波動を高めたいと意識して魂の向上を目指している人にとっては、3次元の世の現象として実現しにくくなります。

いずれにしても、本来の高次元からみた観点の話をすれば、3次元の世において実現するか否かということは、数多く存在する中の1つの世界がどうであるかという、とても部分的な観点の問題であるわけですから、それほど大きなことではないのです。でも、あなた方3次元の世に住む地球人類にとっては、まだまだ多くの人が3次元の世のみが現実世界であり、自分の唯一存在している世界であると顕在意識においては認識しているために、この部分的である1つの世界がすべてだと思い込んでいるのが実状です。

目の前に起きる事柄を、ひとつひとつ解決していくことや、目の前に起こる現象を、ひとつひとつポジティブに捉えようとすることはとても大切でありますし、3次元の世を選んで生まれてきたあなた方にとっては、そのことを怠ったり逃避したりすることを選択し続ければ、間違いなく魂の向上は望めないでしょう。ただし、あなた方がこの先の歩むべき道のりを、少しでもわくわくした方向に歩むよう選択したいのであれば、3次元の世の現実的なことに対しては、《こだわり過ぎない》ようにした方がスムーズであります。つまり、3次元の世で実現するかしないかという結果にこだわりすぎることによって、なかなか実現しない事柄に対してネガティブな感情が湧き上がってしまったり、物質的に実現することに努めるがあまりにより物質的な事象にこだわり続けて、物質的なことに対する執着や依存を生じてしまったりするという、ネガティブな結果が生じてしまう可能性が高くなるということです。

願えば必ずかなうわけではありません。でも、ポジティブな思いで願った方が叶いやすいということは真実なのです。そしてそれが、あなたにとっての必要性が大きければ大きいほど、願いが叶って3次元の世の現実として表出する可能性が高くなります。でも、やはりここで、このメッセージに対して少しでも共感したのであれば、本来はこのごく一部の世界である3次元の世の物質世界における状況にばかり固執せず、あらゆる世界をよりポジティブに体験することを意識し、その中でも最も実感しやすい3次元の世の世界における出来事を、3次元的な観点のみで評価することなく、自身の中でもより多次元的で、より多角的な観点により、ひとつひとつをよりポジティブに受容するようにしつつ、3次元の世の現実世界の中においてもよりわくわくした道を選択しながら、より楽天的に残りわずかな今の世を楽しみながら、魂を向上させることに努めてほしいと願っています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

普通の選択

2008年11月19日
人それぞれ個性があって、それぞれの個性は違うわけですから、個々がどのようなことを選択したとても、その人自身にとっては「普通の選択」をしているということになります。この「普通の選択」とはどのようなことかといいますと、その時のその人の波動に見合った選択であり、カルマの法則に基づいた選択であり、その時の意識の状態に基づいた選択であり、その時に持っている自己責任での自由意思による選択であるわけですから、本来は良いとか悪いとかといったことを他者が評価する必要はなく、本人にとっては選択をした瞬間は「普通の選択」をしているのだろうと意識することが必要になります。

もし、自分の選択したことを後になって本人が評価して反省するのならポジティブなことでありますが、他者が勝手にその選択した内容を良いとか悪いとかと評価をして、強く情緒を向けたり言葉や態度にしたりして干渉することは、不干渉の法則に反してしまうことにもなりますし、個をあまり認めていないことにもなりますのでので、自らもそのカルマによって他者から過干渉される状況を招くことでしょう。

ただし、あなたに対して評価やアドバイスを求めてきたり、あなたとの関係がそのように評価し合うことを認め合っている関係である場合には、アドバイスをしたり評価したりしても、お互いに認識し合っている中でのことですから過干渉には当てはまりません。しかし、アドバイスを求めていないのにアドバイスをしたり、評価を求めていないのに評価をして言葉や態度などによって表現したり、助けを求めずに自己解決しようとしているのに助けようとしたりするなどといった言動は、過干渉であるということになります。

怒りという感情を多く選択する人にとっては、様々な出来事に対して怒りという情緒を発して、怒りの情緒から起こす行動を選択するでしょう。そんな様子があなたから見たら、こんなことで怒らないでもっと優しくなれると良いのにと思うとか、すぐ暴力をふるうから悪い人だとかと評価したとしても、これは本人にとっては選択をした瞬間は「普通の選択」をしただけのことなのです。

そして、その人にとってはその時点での個性である、波動や意識やカルマなどの状況に見合った「普通の選択」をしているのだということを意識することができれば、たとえあなたから見たらどのような観点で捉えてもネガティブなことであると感じたとしても、あなたはその人を許してあげたり、慈しみの心を向けたりすることを「普通の選択」として選択できるようになるでしょう。

犯罪を犯した人に対して、たとえあなたが悪い人であると評価したとしても、その人の個性を表現しているだけなので、その人は悪い人ではないのです。その個性によりネガティブなことを選択しているだけなのです。その人にとっては「普通の選択」をしているだけなのです。そして、その人が自己意識の中で波動を高めようと反省して改善できない限り、とてもかわいそうな人生を歩むことになりますし、今の世で地球とともにアセンションすることはできないでしょう。だから、もしあなたがそんな人を知ったら、悪い人だから当然だとののしるよりも、「かわいそうに」とか「がんばってね」とかといった慈しみの気持ちを向けて愛を与えてあげることを「普通に選択」できるようになることが、ポジティブなことであるといえるでしょう。


3次元の世においては、人や出来事に対して過干渉をまったくしないで世の中をポジティブに生きていくことはとても難しいことでしょう。ネガティブなカルマを作らないで生きていくこともそうですし、低い波動を発するような情緒を全く持たないというのも同様に難しいことのはずです。どこまで干渉して良いのかという判断も難しいでしょう。特に家族とか親しい友人とかといった関係においては、愛が大きいゆえに、干渉するラインがとてもあいまいになることは当然のことでしょう。

ポジティブな思考や行動や感情や言葉や態度のみで実生活を送りつつ、常にポジティブでいられてネガティブに受容することはなく、宇宙のすべてと調和を保って、ポジティブなカルマのみをめぐらせるということを実践し続けることは、高次元の世では普通のことであっても、3次元の世というポジティブなこととネガティブなこととが混在している、今の地球の世では不可能といえるでしょう。でも、それが3次元の世の素晴らしい所なのです。だから、そんな中で魂を高める学びをするために、今存在している地球人類は3次元の世の地球を選択して転生してきたのです。そして、このような状況を乗り越えることができ、地球においてアセンションを果たした時、今の3次元の世の体験が魂を向上させるためにはとても貴重な体験であったと、全ての今の世の体験をポジティブに振り返ることができるでしょう。

思考や行動や感情や言葉や態度などといった個性による表現を、どれだけポジティブにしていられるのか、どれだけ自分以外の個性に対してポジティブに認めつつ人や物事や地球や宇宙などと調和を保つことができるのか、どれだけネガティブなカルマを作らずにポジティブなカルマを作っていくか、愛をめぐらせながらより調和された状態での不干渉の法則をどれだけ実践できるのかなどといったことを、自分を含めたすべての魂の個性をより認めながら、自己の中でより魂を向上させようとする前向きな意識を持って、理想に向かって自己の反省を繰り返しながらよりポジティブな中で自己解決できるようになることを目指し、より強い自己責任の中での自由意思によって、より高次元の世に存在する魂に近い「普通の選択」ができるようになることが大切であるということです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シューリエからのメッセージ

2008年11月17日
なんだかとても久しぶりにシューリエを強く感じたので呼んでみたら、ほのかな甘い桃の香りがしてきました。いつもつながっていて、私に深い愛の光を送ってくれているのはわかっていますが、こうして意識してシューリエを感じると、なんともいえないやさしい感覚や至福感を味わうことができます。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


シューリエはシリウスそのものです。タエヌのようなシリウスから地球へと旅をしているたくさんの者たちの魂へと、いつも私は愛のエネルギーを送り続けています。タエヌは私の子でもあり私の一部でもあります。タエヌは地球に存在していますが、今でもシリウスの子なのです。シリウスの一部なのです。

あなた方の住む地球を包んでいる大気には、たくさんの愛のエネルギーが含まれています。その中には、シリウスやプレアデス、地球自体はもとより他の太陽系の惑星などといった、地球人類にとっては親縁である惑星から送られているエネルギーも含まれていますし、宇宙全体に顕現している宇宙の神からのエネルギーも含まれています。

あなたがたは、たくさんのものから護られています。そして、たくさんのものを与えられています。もし、あなた方の感覚で捉えることができたら、あまりの多さと素晴らしさに、心躍らせて驚くことでしょう。だからあなた方は生きているのです。だから、こうして地球に存在していられるのです。

あなた方が神と信頼して崇めるものを否定はしません。あなた方の信仰すべてを否定するつもりはありません。でも、私はあなた方に対して、おおもとである宇宙の神を直接崇めることもお勧めします。どのような地球神であっても、おおもとは宇宙の創造主である宇宙の神なのです。ですから、たとえあなたの信頼している宗教において、他の神を信じることを制限していたとしても、全ての神の源は宇宙の神でありますから、間違ったことではありませんので大丈夫です。宇宙の神はあなた方の一部でもあり、あなた方と常につながって愛を与えてくれています。あなた方も宇宙の神の一部なのです。

シリウスの子であるタエヌは、シリウスの一部であってもシリウスという高次元の惑星に物質的に存在しているわけではありませんし、惑星シリウスそのものではありません。シリウスの一部でありますが、シリウスという高次元における完全体とは違うのです。それと同じように、あなた方は宇宙で唯一完璧な存在である宇宙の神の一部ではありますが、宇宙の神ではありません。でも、宇宙の神の一部として、完璧な存在を目指して常に魂を高めることを目指しているのです。

あなたがもし、自分は完璧な存在であると思った瞬間、あなたは落ちていく道を選択することでしょう。今の状態が最高の幸せでありこれ以上の幸せは求める必要がないと思った瞬間、やはりあなたは落ちていく道を選択することになるでしょう。完ぺきである存在は宇宙の神のみです。あなたがたは、永遠に不完全なのです。常に魂が向上することを目的として在り続ける必要があるのです。父である、宇宙の神を常に目指す必要があるのです。それが、全ての魂が存在している根本的な目的だからです。

だからといって、自分自身を低く見ようとする必要もありません。卑下する必要なないのです。また、自分以外のものを自分と比較する必要もありません。全ての存在には個性があるのです。だから、自分自身の中の状況を比較してより魂を高めようとする行いはポジティブなものですが、他の魂と比較する必要はないということです。すべては、あなた自身の中におけることが基本になるのです。

謙虚であること。向上心を持ち続けること。愛をより深めたいと意識すること。自分自身の波動をより高めることに努めること。常に魂の状況は変化しています。こういった在り方であることを理想として、より魂が高く変化することを望んで在り続けることをシューリエはいつも願っていますし、私は常にそのようにして在り続けています。

あらゆる高次元の惑星において、マスターとしての指導者的なものが存在しています。あなたがたの過去性においてや無意識においてなどといった、顕在意識では認識していないレベルにおいて、あなた方個々が関わってきたより親縁な関係にある惑星からのサポートも、常に受け続けているのです。私がこうしてシリウスのマスター的存在としてタエヌに愛や力を与えているように、あなた方も必ずそういったものが存在しています。そして、そのすべての魂に共通している最高のマスターが宇宙の神なのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて ~その4~

2008年11月14日
あなた方が知識として理解している以上に、魂の関係も、肉体におけるDNAも、とても複雑にできています。しかし、そのおおもとをたどれば、全てが一つに結ばれているのです。とてもシンプルなのです。これは、宇宙における基本的な真実でもあります。

あなた方は、よく個人的なカルマを意識しますが、これは自己の顕在意識によってもコントロールできるカルマだと感じているからだと思いますが、実際は他の者のカルマや波動の影響もそれなりに大きく受けていると理解してください。つまり、カルマの法則は、もっと大きな範囲の中で完璧にめぐっているのです。

アセンションに向けて地球上のネガティブなカルマのすべては清算され、ネガティブなめぐりはなくなるために、アセンションした地球は新しい世に入り、その先何万年もの間の地球の愛に満ちた幸せな世が約束されるのです。そのために、今、地球上では最後の仕上げとなるカルマの清算が行われているのです。

カルマというのはポジティブなものもネガティブなものも、すべてが完璧にめぐります。そして、4次元以上の高次元の世では、ネガティブなカルマは存在しないのです。ネガティブなカルマを作り上げるものすべては、4次元以上の高次元の世には存在することができないのです。ポジティブなカルマ、つまり愛に満ち溢れたカルマのみがめぐるのです。

しかし、宇宙全体レベルでいえば、高次元の世においてポジティブなカルマのみがめぐっているための調和として、次元が低くなればなるほどネガティブなカルマが多くめぐっている状態になっています。実はそんなカルマの法則が宇宙全体の調和の中ではめぐっているのです。つまり、全宇宙を通しての陰陽の調和が成されているということなのです。

今の地球の世において、着実にネガティブなカルマは減少しています。そして、ポジティブなカルマが多くなってきています。しかも、あなた方が3次元的な世の中の現象として実感している以上に、根本的な観点やエネルギーのレベルでは、大きく変容しているのです。

たとえば、あなた個人のカルマがどんどん光り輝く愛に満ち溢れるものになり、たくさんの愛をめぐらせることによって、周囲の人やご縁のある人、そして周囲の物質や場のエネルギーも、光を与えることによって波動を高めてカルマをよりポジティブなものに変えることができるのです。逆に、あなたネガティブなことを選択して波動を落とせば、周囲の状況までもがネガティブな闇の影響を受けてしまうのです。

あなたはあなただけの個人として成り立っているのではありません。地球上、そして宇宙のすべてのものが根本的につながっているのです。

あなたが輝けば地球も輝きます。あなたがネガティブなことを選択すれば、地球全体にもそのカルマがいきわたります。あなたはあなたなりの立場において自己責任をより強く持って、より愛をめぐらせることができれば、地球はそのカルマによってさらに輝きます。一人一人のエネルギーの力は大きいのです。あなたは、地球全体の波動に影響をもたらしているのです。あなたのカルマは地球全体の波動を左右させるのです。

そして、もしあなたの波動がネガティブなものが多くて波動を下げることを選択し続けてしまうと、アセンションする時が近づくにつれて地球の波動とは合わなくなっていき、地球上ではネガティブなカルマをポジティブなカルマへと清算することが不可能になるために、地球を離れて他の惑星の3次元の世において、めぐらせてしまっているカルマを清算する目的で転生するようになる確率は増します。全宇宙において波動の法則とカルマの法則は完璧に働くのです。逆にいえば、波動を高めて地球のアセンションに貢献して地球と共にアセンションすることができれば、あなたのその後の何万年もの至福の時が約束されるのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アダマからのメッセージ

2008年11月14日
私はアダマ。あなたとは、古くからの友人です。でも、あなたは私とともに過ごした経験をほとんど覚えていないのかもしれませんが、あなたの魂はすべてを記憶しているから安心してください。あなたがこうして、地の底の世界を意識して、時々私たちのことを感じて、こうしてお会いすることができるわけですから、私はただお待ちしているだけで、あなたが波動を合わせてくれることに感謝しつつ、その機会が来た場合にはこうしてすぐにでも駆けつけることができます。でも、駆けつけるとはいってもエネルギーを交わすということであり意識を交わすということですから、人ととして物質的に見える状態で話を交わすというわけではありませんから、メッセージをお読みいただくみなさんは、そんな感じであると想像してください。

あなた方地球上に住む3次元の世の地球人類にとっては、目に見えない物が見えるとか、聞こえないはずの音や声が聞こえるとか、そういったことに対して敏感であり、見える人、聞こえる人を特別な人として、素晴らしいことであるとして崇めたり、異常であるとか変であるとかといって、偏見を持ったり差別のようなことをして疎外したりすることがあることを知っています。

確かに、「肉体の目」で見ることができない物を「スピリチュアルな目」で感じて感覚的に見たり、「肉体の耳」では聞こえないことを「スピリチュアルな耳」で感覚的に聞いたりするということは、あなた方にとっては特別なことであることは分かっています。でも、それができるかできないかということは、波動の高低とか人の意識の高低とかその人自身の精神的な高低とかといったこととは、あまり関係ないことであるというのが真実です。よくスピリチュアルなことを意識しているとか能力が高い人とは、そういった5感で分かること以外のことを感じる能力が高い人を指しますが、そのことと波動の高さとは別の問題ということになります。

私たちを今の時点で知りたい場合には、あなた方との次元の違いからそう簡単には周波数を合わせて、あなた方が私たち地の底に住む高次元の存在を見ることは難しいのですが、感じることはだれにでもできます。あなた方は、5感以外でも感じる能力、つまりスピリチュアルな能力を、全ての人が持ち合わせているのです。

ただし、自分自身のスピリチュアルな能力をどこまで信頼できるか否か、今世や過去世の経験してきた記憶によってどこまで表面的に発揮することを顕在意識のみならず自分自身の魂レベルの無意識や潜在意識も含めてどこまで許すことができるかどうか、どこまで表出する必要があるのかといった、顕在意識よりも深いレベルにある意識も含めたすべての意識が総合的に何を選択するのかという結果が、大きく関わってくるのです。

今、ここで私が伝えたいことは、5感でわからないことが、見えるとか感じるとか聞こえるとか、そういったことで優劣をつける必要はないということです。自分には見えないし聞こたこともないから、スピリチュアルな能力はないとネガティブになる人がいますが、それはそうではなくて、ただ単に顕在意識では望んでいても、他の意識がまだ許していなかったり、今の時点では必要性が乏しかったりしているだけで、波動が順調に高まってアセンションを迎えようとしている人であれば、スピリチュアルな能力はより波動を高めるためにはどこかで必ず必要になってきますので、その必要に応じて開花していくはずです。また、今の時点ではスピリチュアルな能力が備わっていることを自覚していない人でも、そういった視点や観点で物事を捉えるようにすることが習慣化したり波動が高まったりしていくと、それに準じて必要な能力が表出してくるのです。

この、スピリチュアルな感覚は、幼い頃からごくあたりまえのように表出しているために、5感で感じているように思っていて、普通なこととしているけれども、実際にはスピリチュアルなものであったということもあります。人に言われたり、自分で気づいたりしたとき、よく「これがそうなんだ」と感激する人がいますが、そんな感じのものなのです。実は、あなた方にとっては元来普通なことなのです。

そして、最も重要なことは、そういったスピリチュアルな能力、スピリチュアルな視点や観点、スピリチュアルな知識といったことを、今の世である3次元の世の地球上で、どのように生かしていくかということなのです。

スピリチュアルな能力を生かす方法は個に応じて様々ですが、今、こうして世の中の波動が高まってスピリチュアルな目覚めがたくさん起きている中、目覚めたライトワーカーたちは、個々の目的や必要性に応じて、今の段階で最も適した表現により、ヒーリングやカウンセリングやメッセージを伝えるなどの、様々なやり方が世にでて自分自身や他の人々の波動を高めるために貢献しています。

対して、スピリチュアルな感覚で見えても聞こえても、恐怖や不安などといったネガティブに感じていたり、周囲の人に対して自慢して羨望を与えるとか、恐怖心や不安といったネガティブな情緒を与えたりしてしまうようでは、見えなくて聞こえない方がより望まし状態といえます。そして、そのようなことを繰り返していくうちに、低級な波動のスピリチュアルな存在によって、自分やかかわって依存したりそれなりに信頼したりした人も、周囲を包まれたり肉体や顕在意識に入り込まれたりしてしまい、より大きく波動を落とされてしまう危険性もあるのです。また、そのような波動の低い人と高次元の存在とが交わることは難しく、波動の法則によって引き寄せられた低い波動や低い次元の存在と関わっているケースがほとんどです。

5感以外でも見えること、聞こえること、感じることには、あまり気にしすぎて強くとらわれすぎずに、今与えられている状況がベストであり必要な状況であることに感謝し、その中で、自分自身やご縁のある他のものたちの波動をより高めるために努めることを強く意識して、実生活を送ってほしいと願っています。そして、決して今の状況には満足することなく、「常により高い理想を掲げて」、実生活における波動を高めるように努めつつも、スピリチュアルな能力をより高めるように意識したり知識を深めたりしながら、より大きく愛をめぐらせ、さらなる幸せな状況をもたらされるよう精進することが、アセンションに向けての最高な道のりを歩んでいるという状態であるということになります。

地の底の世界では、今すぐにでも扉を開いてあなた方を受け入れる準備は整っています。あなた方の波動が我々の波動に近づき、スピリチュアルな能力もそれに並行して高まっていくにつれて、私たち地の底のみんながあなた方を身近に感じてあなた方のほとんどすべてことを理解しているように、あなた方地球上の人類も、私たちのことを理解して分かり合えるようになっていくのです。あなた方のお越しいただける時を、今か今かと心待ちにしています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

光を選択するあなたへ

2008年11月09日
これまでにネガティブな情緒のまま受容してきた経験をポジティブに変換する際に

たとえその人との関係がこの先も続くだろうと予測されていたとしても・・・

たとえこの先も続くであろうと予測される出来事の中にいたとしても・・・

ネガティブに受容してしまっている人間関係や出来事などのいくつもの経験を

「貴重な経験をさせてくれてありがとうございました。」という感謝の気持ちに変換して

「今」よりも前の「過去の経験」としていったん区切りをつけるという作業が必要になるということです。


怒り、悲しみ、苦しみなど・・・

過去の自分に対してネガティブに感じるようなことを経験させてくれた人や物事に対して

自分の精神力を鍛えるために与えてくれた出来事であると

「感謝」し「許して」あげてください。

さらに「がんばってね」「最良の状態になりますように」と…

「慈しみ」の思念を送ってあげてください。

そして、そんな過去の貴重な経験を乗り越えることができたために

「今」あなたは地球上に命を持って存在していることができているのですから…

自分に対して「よくがんばったね」ってほめてあげてください。

ネガティブな情緒を抱いてしまっていた自分を「許して」あげてください。


そして過去のネガティブな経験に対して

自分なりにいったん区切りをつけることができて

ポジティブに変換することができたと感じることができたとしても

「今」よりも先である「未来」にも再びその経験を思い出す機会が訪れて

ネガティブな情緒が再び蘇ってしまうこともあるでしょう。

しかし、一度ポジティブに変換することができた経験は

すぐにポジティブに変換することができるでしょう。

それを何度か繰り返すうちに

いつのまにか変換作業が必要がなくなり

高い波動の経験として安らかな経験として受容されることでしょう。


忘れたいと感じている過去のネガティブな経験を忘れようとしても

決して忘れ去ることはできないということを信頼してください。

そして過去の経験を忘れる必要もないということも信頼してください。


どのような過去の経験も

すべて必要な経験でありポジティブに受容することができるはずです。

すべては自分がどのように受容することを選択するのかということ。

つまり自分の領域である自己責任による自由意思によって

自分が何を選択するかによるのです。


そしてこの先に永遠に続いていく「今」を

よりポジティブな選択をし続けて

よりネガティブにならないように

よりポジティブな受容の仕方を選択し続けていけば

過去のネガティブなカルマを清算し

「今」のネガティブなカルマを作り出すことがなくなるのです。


そして地球がアセンションした瞬間に

アセンションできたすべての人の「今」のカルマは

ポジティブなもののみになるのです



「私は、私の喜びのために今のネガティブな状態ではない違う世界を選択したいのです!」「私は光と幸せを選択します!」



それはすべてあなた次第です。

直線的な時間における過去も今も未来も

あなたの選択次第でどのような現実でも作り上げることができます。



「自分が一番に幸せであると感じられる事によって、自然とまわりもなぜだか幸せになっていたという風になる事が私の目指すところです。」



私自身もあなたのその素敵なお言葉と同じことを理想に掲げつつ

「今」をよりポジティブな選択をし続けていくよう常に意識しています。


あなたとのご縁を今世でもいただくことができたことに対して

心から喜びを感じ

感謝の気持ちでいっぱいでいます。



*前回の7日の日記と今日の日記は、最近ご縁をいただいた方個人に宛てたメールの内容を、共感していただいたりポジティブに受容していただき実生活に生かして頂ける方がいらしたりしたら幸いに思い、多くの皆様宛に修正した内容です。

スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

木の精からのメッセージ

2008年11月05日
地球という惑星の今の世に、人として存在できていることに感謝してみると、今あなたがここに在ることを思うだけで、喜びと感謝と愛がさらに大きくなることでしょう。あなたが心に残っている「サクラの木を尊敬している」という人がいて、そんなふうに木を尊敬できることやそんな気持ちを表現できることが素晴らしいと思えているあなたを、私は愛しています。

今あなたが人として存在できていることに感謝して大地に足を踏みしめている感触を味わうと、愛を通して大地のぬくもりや偉大さやエネルギーの素晴らしさを実感することができるでしょう。大地にこうして立てることはとても幸せなこと。あなたの周囲に在る木々はだから幸せなのです。そして、あなたやあらゆる地球の生物とともに今を生きるということが、木々に宿る魂が地球上に転生してきた一番の目的なのです。

今あなたが人として存在できていることに感謝して耳を澄まして風の音を聞いてみると、確かな大地のささやきや神の音が聞こえてくるでしょう。神の音とは高い波動のエネルギーのこと。とても暖かく包み込むようなやさしい音。大地のささやきに比べると微細な音ではありますが、いつもあなた方に降り注ぐエネルギーの音なのです。

人と木とは同じ地球上に生きているもの同士としての、神のもとでは大いなる友達関係であるのです。いつでも木々は人を尊敬しています。木がたとえ犠牲になろうとも、木は人を守ろうとしています。木はやさしい存在です。たくましい存在です。時にはほほえみ、時には悲しみ、時にはうつろい、ときには喜ぶ。人と同じように木には感情があります。

人はまだ今のように物質的文明が栄える以前は、もっともっと木と共存することを望んでいましたし、木と人は助け合って生きていました。私はそのことを覚えています。そしてこの先、地球が本来の素晴らしい高次元の文明がもたらされて栄えるとき、人と木々は、昔以上に友として共存することを望み合い、お互いに喜び合うのです。

もしもあなたにとって好きだと思える木があるのでしたら、その木に話しかけてごらんなさい。木は必ずこたえてくれますから。もちろん人のように口があって発声するわけではありませんから、録音することは難しいでしょうし、耳から振動として捉えることはできません。でも、あなたと木々とは魂同士が通じ合ってひとつになっているので、いわゆるテレパシーとして感じることができるのです。

今あなたが人として存在できていることに感謝して私たち木の精の存在を信頼することができるのでしたら、私たち木の精は人の存在を信頼しているので、その信頼関係からお互いの愛が結ばれて、より深い絆が結ばれるでしょう。そして、深い絆を結ぶことができることは、私たちにとってもあなたがた地球の人々にとっても、今という時に地球上で存在できていることをさらに大きな幸せとして感じるためには、とても必要なことでもあるのです。

木々は人々を尊敬しています。

すべての木々は、今、こうして地球に存在していること自体を大きな喜びとして感じています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)
« Prev | HOME | Next »