01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

催眠術師になりたい‼

2016年11月09日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

数週間前のことになりますが、ふとしたことから、苫米地英人さんの著書「『性意識入門催眠編』kindle版を読みましたところ、「催眠術を学びたい‼」と強くわくわく感が湧き上がってきました。

これまでは、催眠術に対しては子どもの頃から時々、テレビ番組で楽しんでみていたくらいで、特別に興味・関心があったというわけではなく、自分が催眠術をかけたいと思ったりとか、身近で催眠術を学んでいる人がいるとかといったことはまったくなかったので、私にとっては、突然湧き上がってきた感覚であります。

とにかくただ単に、心の底から湧き上がってきたとても強いわくわく感ではありますが、催眠術を魅力的に感じた理由を、冷静になって考えてみると、次のような理由が思い浮かんできます。

・より深い瞑想をする際に活用できそうだから。
・前世退行催眠や催眠療法ができるようになりたいから。
・スピリチュアルアドバイスやヒーリングを、より有効に行うことができるようになる気がするから。
・今の世の中における様々な洗脳を、より理解することができるようになる気がするから。
・チャネリングをする際など、変性意識の状態に、より早く、より深く入ることができるようになれそうだから。

などといったような、自分自身のスピリチュアルワークの幅が広がるような気がしたという理由もありますが、ただ単に、催眠術を掛けられるようになったら楽しそうだから♪といった、遊び心も大いにあります。

私は、この苫米地さんの本を読んだことをきっかけに、他の本や動画や、いくつものウェブサイトを開いて、とにかく催眠術に関する知識を得ようとして、ここ数週間、ずいぶんと長い時間とエネルギーを費やしました。

それでも、私のこの強いわくわく感はこのようなことだけでは収まらず、とにかく早く催眠術ができるようになりたい!という気感持ちから、いろいろとサイトを開いた結果、とても信頼できそうな催眠術師の養成セミナーを開いている方に出会えたので、実は、1泊2日で行われる「スパルタ催眠術合宿」というセミナーに申し込みをしちゃいました。その合宿は、今度の土・日に開かれます♪

今、とてもわくわくしていて、今週末を楽しみにしていますので、そのわくわく感あふれる高い波動の中でこの記事を書いてみましたが、みんさまにこのわくわく波動・エネルギーは伝わりましたでしょうか…。

つきましては、週末は自宅からは遠方で行われる合宿に参加するために、ブログの掲載をお休みするかもしれませんのでご了承くださいませ。


☆当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
https://taenu1.amebaownd.com/

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スポンサーサイト
日記

「君の名は」を見てきました♪

2016年10月03日
☆午前7時現在、ブログランキングは18位と低迷しています。読者様の10人の中のおひとりくらいの10%の方が投票してくださるだけでも、かなり順位が上がり、このブログをより多くの方にお読みいただける機会が増えることと思います。引き続きブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願い致します!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

昨日は、ひょんなことから、高1の次女アマンダ(仮名)と2人でアニメ映画「君の名は」を見に行きました。私にとって映画館に行って映画を見るのは、実に約15年ぶりのことでしたので、とても久しぶりでした。

娘に見に行こうとせがまれたこともありますが、長女もこの映画を見たことから話は聞いていたので、私も少し興味があったのは確かです。学校の部活の関係で外出する妻と3女を車で送迎する予定があるために、時間に制限がありましたし、朝、急に検討し始めたことなので、劇場探しや映画の開園時間も朝に調べしました。

比較的近年になってできた鳥取県の日吉津のイオンモールの映画館でやっていて、開園時間もピタリの時間に設定されてありましたし、帰宅予定時間も大丈夫そうでしたので、どうやら「行ってきなさい!」ということだと思いましたし、娘のためにと調べてるうちに、私もわくわくしてきましたので、行くことに決めました♪

近代的な映画館には初めて入りましたが、チケットは上映時間ごとに区切られて全部指定席になっているのですね。指定席の映画館は初めてなので少し驚きましたが、今はこれが普通だとか・・・。20代の頃まで時々行っていた銀座や足立区周辺の映画館などとは、いろいろと雰囲気は違っていて、座席も座りやすくてゆったりと広さに余裕があり、空調もしっかりとしているなど、ずいぶんと映画館での居心地が良くなっていたので安心しました。私は映画館に行くと、毎回のように頭痛がきつかったのですが、昨日は大丈夫でした。

「君の名は」は、今、とても人気があると娘たちからは聞いていて、興行収入もジブリ映画以外のアニメ映画ではトップになったとか。でも、8月に公開開始されたようなので、もうそんなに人はいないだろう…と、思ったらとんでもないことで、上映50分ほど前にチケットを購入した時点では、まだ少し余裕があったものの、結構広い劇場でしたが、たぶん上映開始時間ギリギリにはほぼ満席になった様子。午前1番の時間帯で良かったと思いました。ちなみに、午後はさらに混雑している様子でした。

観客の多くは若者でしたが、アニメ映画にしては思ったより大人の割合が多いのには安心しました。私のように、子どもと一緒に見に来ている親もいましたが、中には私と同年代やもっと高齢のご夫婦だけで見に来ているような人たちもいて、アニメ映画に対する大人たちからの評価も、ジブリによってずいぶんと変わったのだと思いました。

「君の名は」を見た感想は、一言で表現すれば、ストーリー的にもおもしろい映画でしたし、アニメの画像がとてもきれいで鮮明で、大ヒットするのは頷けるといった感じでした。私はテレビをここ数年間、まったくというほど見ていないので、どれだけ宣伝されたかはわかりませんが、きっとこれだけの映画だったら、前評判も高く、かなり宣伝もされてきたのだろうと思いました。

この映画は、見る年代によって、見る人の見方によって、映画の楽しみ方、味わい方、評価は、幅広く様々なのだろうと思いました。現に、娘アマンダと私の見る角度も同じようなものも多くありましたが、いろいろと違う視点もあって、見終わった後の話は盛り上がりました。

私には、千と千尋の神隠しのような、奥深さのようなものはそれほど多くは感じられませんでしたが、それでもさまざまなスピリチュアルな要素がこの映画の中には所々に組み込まれていたので、私は、ストーリーのおもしろさに合わせて、そんなスピリチュアルな角度からの観点でも見ていました。

神事の場面や結びについての話など、若い世代に興味をもってほしいことが盛り込まれていて嬉しかったですが、何よりも今のこの時代に、より多くの人に認識してほしい、気づいてほしいと願っている、次に挙げるいくつかの主な要素が、この作品の中に組み込まれているのが良かったです。

それは、「隕石落下の危険性」「夢という世界の捉え方」「時間は線形ではない円形であり、現在・過去・未来は今にあるということ」 「平行世界(パラレルワールト)を意識すること」「マンデラエフェクトについて」「人の記憶の変化やあいまいさについて」などです。

「隕石落下の危険性」に関してですが、今、太陽系は隕石群の中にあるといってもよいほど、たくさんの隕石の脅威にさらされているというのが事実です。ここ1~2年だけでも、地球上からもその隕石が大気圏で燃えて大きな火の玉のようになって落下している画像・動画がたくさん撮影されています。

興味のある方、情報を知りたい方は、詳しい内容に関してはこちらの映像をご覧ください⇒アルシオン・プレヤデス45(隕石の脅威、流星群、弱体化するバンアレン、宇宙からの警告)1時間20分ほどの盛りだくさんの内容ですが、時間のある時にじっくりと見て知っていただきたいです。

この映画の中で表現されているような隕石落下の危険性が、今、まさにこの地球全体には現実問題として起きているのが事実です。それを、NASAや各国政府首脳はわかっているのに、その情報のほとんどを私たちには、公式に流そうとはしていません。もちろんそれは、1%支配層の意図するものです。ですが、私たちは、今、この真実を知り、私たちにできる対策をとる必要があります。先ほどご紹介しましたアルシオン・プレヤデス45の映像には、そんな内容の詳細が述べられています。

「夢という世界の捉え方」「時間は線形ではない円形であり、現在・過去・未来は今にあるということ」 「平行世界(パラレルワールト)を意識すること」「マンデラエフェクト」「人の記憶の変化やあいまいさ」に関しては、そのものずばり示されている内容ではないですし、ちょっとずれているようなこともありましたので、辞典のように参考にすることができる・・・とまでは思いません。

でも、若い世代もそうですが、すべての年代を対象として、より多くの皆さんに、これらのようなスピリチュアルな観点の事柄に‘興味・関心を向けてほしい’と願っていますが、そういったことに関しては、その役割のようなものを十分に果たしてくれているように感じました。ですから、今のこの時期に、このような映画が大ヒットする必然に、人々のスピリチュアルな意識の高まりや宇宙の計らいを感じて嬉しくなしりました。

ちなみに、私はもともと感受性が強くて涙もろいところがあるために、それを知っているアマンダにはあまり気にならなかったようですが、「君の名は」を見ながら、私には何度となく涙ぐんだりボロボロと涙を流したりする場面がありましたし、帰宅してからも、いくつかのシーンを思い出したりパソコンで調べたりしてアフターも楽しんだりしていたので、私にとってはそれなりに心に響く、楽しく充実したひと時を過ごすことができたと思います。そのようなことからも、映画監督や製作スタッフなどの関係者の方々や誘ってくれた娘には、心より感謝している次第です。


☆午前7時現在、ブログランキングは18位と低迷しています。読者様の10人の中のおひとりくらいの10%の方が投票してくださるだけでも、かなり順位が上がり、このブログをより多くの方にお読みいただける機会が増えることと思います。引き続きブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願い致します!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエhttps://taenu1.amebaownd.com/
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







日記

米油

2016年07月16日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家では、3年ほど前までは、キャノーラ油もしくはサラダ油を、炒め物や揚げ物といったたくさん使うメインの油にして使っていました。また、使う機会は少なかったのですが、料理によってはごま油やオリーブオイルを使っていました。そのメインで使っているキャノーラ油とサラダ油は、スーパーで‘安い品’の方を選ぶという、安易な考え方でした。

昨日の記事で書きましたように、私が3年ほど前の秋に食材を大きく見直した際に、この‘食用の油’に関しても、いろいろと調べて、よりポジティブに感じたものを選ぶことにしました。

でも、いろいろと調べれば調べるほど、熱を通さない状態で使う油や結構値段のお高い油・・・例えばヘンプオイルやココナツオイルやヒマワリ油など、それなりに体に良さそうに感じる油はありましたが、経済的にギリギリ生活をしている我が家にとっては、サラダオイルやキャノーラ油のように揚げ物や炒め物やドレッシングなどに気軽に使える油としては、当時、ちょっと高価すぎるかな・・・という感じがしました。

それに、油によっては炒め物や揚げ物といった熱を通すには適していない物もあり、メインの油として使うには、我が家にとっては難しく感じました。

そこで、この時にメインで使う油として選んだのは‘菜種油’でした。私は、2013年の春頃から長崎県にある自然館というネット通販をしているお店で、こだわりの食材を購入していますが、このお店においてある「オーサワの国産菜種油910g 価格1,200円」を選んで、しばらく使っていました。

この油の使い心地は良く、国産という響きに満足していましたが、もっとあっさりとした油が良いとか、成分も効能も価格も、もっと私の理想に近いものがあるのではないかと思い続けていましたが、それなりに満足していたので、特に探しませんでした。でも、求めてはいました。

そこで2年ほど前に出会ったのが‘米油’でした。どのようにして出会ったのかは忘れましたが、直感的に「これだ~!」とわくわく感じたので、早速自然館においてある米油を注文して使用することにしました。

あれからずっと、我が家ではこの米油をメインとして使っていますが、米油の特徴や効能などを、私が愛用している「みづほのこめ油」三和油脂(株)のホームページhttp://www.sanwa-yushi.co.jp/ricebranoil.html をもとに、私の感想や知識も含めて解説してみたいと思います。

🌷みづほのこめ油 1500g 価格1,082円
http://item.rakuten.co.jp/shizenkan/ms10633/

≪米油≫

米油は、米ぬかを絞って作られていて、自然の恵みをいっぱいに受けた玄米の表皮と胚芽から搾った健康志向の植物油です。

☆米油の特長

・味は軽く、食べた後の胃のもたれが少ないので、日本料理にはかかせません。

・揚げ物がカラッと揚がるので、天ぷらに最適です。

・酸化安定性が優れているので、いつまでも美味しくいただけます。

・国産の米ぬかを原料としているので、遺伝子組み換えの心配がありません。

オレイン酸(42%)、リノール酸(37%)、スーパービタミンEなどの働きにより、心臓障害を防ぐ善玉コレステロールの値はそのままに、悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあるといわれています。また、血中コレステロール値を低下させ血管の硬化を防止し、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける効果、認知症の予防、動脈硬化の予防などが期待されるようです。また、水で薄めて塗ることもでき、美肌効果も期待されているようです。

☆おいしさと使いやすさの理由

・酸化安定性に優れている(風味は長く保たれていることを感じます)

・油酔いをすることが少ないので油料理が苦にならない。(油独特のべたついたようなにおいや、触感のべたつきが少なく感じます)

・鍋にこびりつく酸化物が少ない。(他の油と比較すると、油汚れが落ちやすいです)

・泡立ちが少なく、揚げ物がからっと揚がり、油っぽさがない。(揚げ物のからっと揚がった状態が保たれ、べたつかない印象があります。)

・揚げ物の品質をよく保つ。(品質も良く保たれると思いますし、揚げ物に使った油のいたみが少なく、長持ちします)

また、以下の米油も使っています。
🌷米油 こめ油 1500g 国産 築野食品 1,300円(5本まとめ買いなら送料込み6,000円)

http://item.rakuten.co.jp/kasamatsu-kome/10000019/

PS:ちなみに、我が家で使っているメインの油はこめ油ですが、他にはごま油やココナツオイルやえごま油やヘンプオイルやオリーブオイルも、料理によっては使っています。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」








日記

タエヌ家の朝

2015年11月14日
☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

DSC09215_convert_20151114074408.jpg
~今朝撮影した我が家の畑で育てている有機無農薬栽培のハクサイです~

タエヌ家の朝は、たぶん比較的早い時間に動き始めていると思います。私が子どもの頃に登校する日の朝も、社会人として過ごした20代の頃の職場へ行く前の朝も、通勤通学前の朝は時間に追われてせわしなく過ごすことが多くありました。でも、私がスピリチュアルに目覚めたと自覚し始めた十数年前の頃から、朝の時間帯を特に大切にするよう心がけるようになりました。時間に余裕をもって朝を過ごすことで心にゆとりが生まれ「始めよければ終わりよし」という言葉がありますが、その日の始まりの朝をよりポジティブに迎え過ごすことは、その日一日の家族の波動をより高めるためには重要なことであるだろうと感じたからです。

DSC09178_convert_20151114073916.jpg
~今朝6時半頃に撮影したアマンダとデンプです。今日は出雲市内にお出かけするため、知人から頂いたおしゃれな服を着て張り切っています♪ちなみに、一気にデンプの身長が伸びたために、二人の身長差はほとんどなくなりました~

私タエヌの起床時間は、午前3時頃~4時台の日がほとんどで、時折2時台に起床するときもありますし、ごくまれに5時をちょっと超えることもあります。私も妻も、ここ20年近く、目覚まし時計を使っていないので、体内。の目覚まし時計に従って起床しているために、このように起床時間には幅があります。

目覚まし時計を使わなくなったきっかけとして特別に何かあったわけではありませんが、直感的にも経験からも、自分自身の意識の中で時間をセットして、その時間に起きようと強く念じると起きることができることを実感して信頼していたので、それを続けているうちに習慣になりました。

目覚まし時計を使わなくなった当時は小学校で教員をしていて、平均して朝4時台には起床していましたし、あの頃に趣味として釣りをしていたために、釣り船に乗る際には深夜の1時や2時といった時間に起床するようなこともあったのですが、結果的には一度も遅刻することがなかったので、そんな経験を積むにつれて、より体内目覚まし時計を信頼するようになっていきました。

DSC09204_convert_20151114074216.jpg
~アマンダと遊ぶ白文鳥の「ひふな」

人は眠っている間に魂が高次元世界に戻っていて、癒しを受けたり叡智を養ったりするなどの様々な経験をしているので、魂が肉体に戻りたての朝の目覚めたての心身の波動は、比較的に高い波動状況になっています。

私は、この目覚めたときの高い波動を大切にしたいと思うことも、目覚まし時計を使わない理由であると、スピリチュアルに目覚めたと自覚してきた十数年ほど前から思うようになりました。目覚まし時計によってはかなり刺激的な音がしますし、自分のリズムの中では目覚めるための体制ができていないのに起こされてしまうなど、目覚まし時計という物質や不快な音に依存してしまわないことを、わくわく感に従って選択し続けています。

DSC09193_convert_20151114074020.jpg
~今朝のコザクラインコ「さくらちゃん」です。お気に入りの観光植物にとまって遊んでいます~

そんなわけで私の起床時間はその日によってまちまちで3時~4時台の間がほとんどですが、最終ラインを朝5時00分頃に定めています。ちなみに、今朝は4時10分頃、昨日の朝は3時50分頃に起床しました。妻も、私に感化されて十数年ほど前から目覚まし時計を使っていません。また、アマンダ(次女仮名中3)もデンプ(3女仮名生6)も使わずにいますが、シュー(長男・仮名21歳)とグミ(長女・仮名19歳)は目覚まし時計に頼っています。

でも、グミに関しては、最近になって目覚まし時計を使わずに起床しようと‘自主トレーニング’に励んでいるようです。大先輩のアマンダは「寝る前に体の中の時計のタイマーを、起きたい時間にセットして強く念じれば大丈夫だよ♪」と、軽く微笑みながらアドバイスを与えていましたが、アマンダは中学校に通い続けるという心身ともにハードな身分でありながら、ほぼ毎朝4時台には目覚め続けています。

DSC09180_convert_20151114074109.jpg
~デンプとおしゃべり大好きなインコの「ぷーた」の対話中のツーショットと、手には桜文鳥の「ひふみ」~

私は、朝目覚めたら、まずはパソコンの電源をつけてメールをざっとチェックします。そのあとは日によって違いますが、瞑想をしたりブログの掲載をしたり、すぐに朝食の準備をしたりしています。ちなみに我が家の食事のメニューを考えたり買い物をしたり作ったりする仕事は私が主に担当していて、これは結婚当初から続けていることです。でも、今は洗い物や拭いて棚にしまう仕事は妻や子どもたちが担当しています。

妻は5時前後に起床して、いろいろとルーチンワークを行っていますが、最近は味噌汁も作ってくれるようになりました。ちなみに4時台から起床しているアマンダは、今はほぼ毎日、朝食の時間までの約1時間を、自作の漫画を書いて過ごしています。朝はいろいろとアイディアが浮かぶようで、とても集中して行っています。また時々は気が向くと、朝食のおかずを作ってくれる時もあります。

奥出雲に移住してからの朝食を食べ始める時間は、平日も休日も同じで基本的には毎日5時50分頃です。その時間に合わせて、デンプもグミもシューも起床して食卓に集まってきて、配膳を手伝ったり、自分のご飯をよそったりしています。ちなみに我が家の朝食は、何かの特別なことがない限り、毎食ご飯とお味噌汁がメインでおかずがつきます。ご飯は基本的に玄米です。味噌は、奥出雲周辺で作られる味噌を主に使っていましたが、今は昨年冬に仕込んだ自家製の味噌約10kgが出来上がったのでそれを使っています。

DSC09197_convert_20151114074142.jpg
~アマンダと鳥たち、手前の白いインコは「らむねちゃん」です~

朝食時には、このようにほぼ毎日、家族6人が一緒に食べます。私はこの時に一通り家族の波動をチェックして、何かいつもとの違いを感じるようなときには声をかけて様子を聞くようにしていますし、何か子どもたちが自分で変化を感じた際には話をしてくることもあります。一般的に体調が悪いような大きな不調和のある時ときはもちろんですが、強く不調和を実感していないけど違和感のあるような波動が下降気味の時や邪気が多く残っているとき、エネルギーがみなぎっているときなど、些細な感じのことでもチェックをして、私なりにアドバイスをしたり食後にヒーリングをしたりすることもあります。

朝食を食べ終わった後、テーブルが片付き次なる舞台の準備が整ったら(だいたい6時20分頃~40分頃の間)、我が家の家族の一員の大切なペットの小鳥たちの放鳥タイムになります。我が家には白文鳥と桜文鳥とコザクラインコがそれぞれ1羽ずつとキセイインコ2羽の計5羽の小鳥たちがいます。鳥たちのすべてのお世話や管理はアマンダがメインですが、アマンダとデンプの二人で主に分担して行っています。

ちなみに、他には海水の熱帯魚たちも90cm水槽にいまして、ハタタテハゼ、ギンガハゼ、デバスズメダイ、ホンソメワケベラ、スカンクシュリンプ、ヨウジウオ、イソギンチャク、ヤドカリ、タカラガイなど計20種類ほどの魚介類たちが棲んでいます。餌やり担当はデンプで、朝晩の2回の餌やりを確実にこなしています。水槽管理の全般は、趣味として熱帯魚飼育を長年楽しんできている私の仕事です。

DSC09168_convert_20151114075458.jpg
~熱帯魚たちの彩と優雅に泳ぐ姿に心癒されます~

平日は7時を目安にデンプが登校していきます。小学校まで徒歩で8人ほどでの集団登校をしていますが、3kmちょっとの距離があり、低学年の子も一緒ですので、1時間弱かけて登校しています。アマンダは7時30分頃に家を出て、バスで登校します。シューとグミは日によって違いますが、早い時でも8時前後に家を出て通勤しています。

DSC09207_convert_20151114074251.jpg
~人間と遊んでいる合間に食事をとるインコたち~

タエヌ家の朝は比較的に時間には余裕があって、みんなそれぞれのペースでゆったりと過ごしつつ、ルーチンワークをこなしています。休日もほぼ同じような感じですが、子どもたちは通勤や通学をしない分、コーヒータイムや団らんの時間が長くなり、より一層のんびりと過ごすことがよくあります。

私は、早い時間帯に出かけたり、早朝から仕事が入ったりしているような時以外は、午前9時前後までブログを掲載したりメールの返信を打ったりしながら、家族との団欒も楽しんでいます。妻は掃除やら洗濯やら何やらと動きまわりつつも、子どもたちのお世話をしたりお相手をしたりして、やはり9時頃まではルーチンワークをこなしていることが多くあります。

DSC09213_convert_20151114074333.jpg
~自宅前を通る国道に出て撮影した今朝の写真です。国道とはいっても車の往来は少なくて、比較的に細い道です~

今朝の奥出雲はどんよりとした曇り空で、日中は雨模様になりそうです。ここのところ朝の気温は3度前後と寒く感じていましたが、今朝はなんと15度ほどあって、とても暖かい朝を迎えています。今日の我が家は、これから里におりて(出雲市内に行って)買い物をしに行く予定です♪


★再び、わくわく感に従って日々の出来事や家族のこと身近なことも書き綴ろうと思っているタエヌに、1日1回ポチっ(^^♪と応援ワンクリックをお願いいたします!    

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆アセンションスペースシューリエ
~月末の大祓い、守護霊様・前世リサーチ、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

☆彡タエヌが新たに立ち上げたもう1つのブログです♪みなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




日記

ご無沙汰しています。

2013年11月17日
❀現在、11月末の大祓いのご依頼を承っていますが。今月末11月30日に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆



たいへんご無沙汰してしまいまして失礼いたしました。


前回ブログを更新してから、ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、

私タエヌも私たち家族6人全員も、

今、現在は元気に実生活を送っています。



メールやお手紙などで私の健康をお気遣いいただいた皆様、

また、私に愛の波動・エネルギーを向けて下さった皆様、

私へのお気遣いを頂きましたすべての皆様には心より深く感謝しております。


お仕事のご依頼は普通にお受けしていますので、

ご依頼いただいたメールにはこれまで通りに返信しておりますが


個人的にお気遣いを頂いてのメールを頂いた方に

しばらくの間、メールの返信もしていない方もおりますが、

大変失礼な事とは分かっていながらもなかなか余裕が持てずにおりますので、

もうしばらく、私の状況が落ち着くまでお待ちくださいませ。


今、私自身、さまざまな変革期を

一気に同時に迎えたような状況になっていまして、

時間的にも精神的にも波動的にも、

余裕が持てないような状況が続いています。


これは、私自身の意識の中に起きている

私の内側の事でもありますし、


今住んでいる石垣島の中の環境や

親類等の身近な人間関係の中に起きている事でもあり、

家族全員の中に起きている事でもありますが、


石垣島に移住して以来約4年間の集大成ともいえるべき、

まるで‘まとめ’をしているような状況にあります。


12月になったら、

そんなここ数週間の様々な私自身の葛藤や、

貴重な経験や学びなどを当ブログに掲載して、

みなさまにご紹介して参考にして頂きたいとわくわくしていますが、

まだ今の時点では、その余裕がありませんので、

もうしばらくお待ちくださいませ。


でも、今この私自身の大変革期にある状況についてや

みなさんにお伝えしたいとわくわく感じる

さまざまな湧き上がってくる高次元のみなさんからのメッセージや

ハイヤーセルフなどからの様々なインスピレーションが

今、たくさん湧き上がってきていますので、


来月になって、このような今の私の経験している

この大変革期がもっと緩やかな流れになって、

またブログに掲載したいというわくわく感が強まった時に、


当ブログへ新作記事としてたくさん掲載していきたいと、

今、とてもわくわくしているところです。


ちなみに、時間的・精神的な余裕があまりないとはいっても、

それは‘ブログに記事を掲載する’ことが難しいという事だけでありまして、


私のホームページ‘アセンションスペースシューリエ’でお受けしている

さまざまなご依頼の受付もお仕事も、

特に問題なく、今まで通りに、普通に行い続けております。


これから月末に向けては、

月末の大祓いもこれまで通りに受け付けておりますので、

必要に感じられた方はご依頼いただきましたら

これまで通りに当方なりに尽力いたします。



では、今回の記事の最後の内容になりますが、

ここで1つだけ、私自身の個人的な事であり、

私の家族にとっての大きな変化の動きでもありますが、

1つだけお知らせしておきたいことがあります。


私たち家族は、今年中に石垣島を離れて、

次なる活動の地、出雲の国に移住することに決めました。


急に実行することを決定した事ですし、

家族みんなが移住するためには様々な調整が必要なので、

あと1ヶ月ほどの時間が必要になりますが、


わくわく感に従って、

家族の長としてのさまざまな責任を持ち

家族個々の自由意思も配慮しながら、

この移住を実行に移すことに数日前に決断し、

こうして、動き始めた所です。


今のところ、ネックになっているのは、

いつものようにお金が足りない事のみですが、


さまざまな理由や後押しなどがありまして、

そして最終的にはインスピレーションや魂意識(直感)に従って

どうしても年内に移住する必要を家族全員が感じているため、

物理的な問題よりも、そのわくわく感に従って動くことに決めました。



私タエヌはだいたいこんな感じの状況の中にありまして、

私たち家族なりに新たな道をポジティブに歩もうとしている所です。


いつもみなさまからいただける愛に心より感謝しております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。




人気ブログランキングへ

日記

中丸薫さん、中山康直さん、ニコニコ☆けいこさんの講演会の紹介

2013年05月11日
✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私のスピ友(スピリチュアルなお友達)で、当ブログの読者様でもある、浜松周辺に在住されているakkoさん(ニックネーム)が、中丸薫さん、中山康直さん、ニコニコ☆けいこさんの豪華3名のコラボでの講演会を企画したところ、このたび浜松にて開催される運びとなりました。

akkoさんから、この企画をたてられている旨のお話をお聞きしたのは、今年の1月のことでしたが、その時から私はとてもわくわくしていました。そこで、以下に簡単ではありますが紹介させていただきます。

以下の内容は、6月16日に開催される予定の「中丸薫講演会」のパンフレットに掲載されている内容より抜粋して転載しました。

きっと素敵な癒し&気づき&学びの場になる事でしょう。ご興味・ご関心のある方はご参加されてみてはいかがでしょうか。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2013年を迎え、時代は物質経済中心から精神世界中心の世界へと変わりつつあります。これからの時代、これからをどう生きるべきかを中丸薫がお伝えします。麻の万能性を通し、日本の進むべき道を探求する中山康直氏と、クリスタルボールでヒーリング活動を続けているニコニコ☆けいこさんをお迎えしての講演会となります。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

~中丸薫浜松講演会(太陽の会主催)~

日時:平成25年6月16日(日)受付開始午後0:30

   午後1;00~2:00 ニコニコ☆けいこ(クリスタルボールの演奏)

   午後2:10~3:10 中山康直講演会

   午後3:30~4:30 中丸薫講演会


会場:プレスタワー 静岡新聞ホール (17F) 
     Tel: 053-455-3182  
     静岡県浜松市中区旭町11-1
     (JR東海道線浜松駅より徒歩約3分)
http://www.hamamatsu-daisuki.net/hamacon/facilities/search/land/nakaku/post-2.html

参加費 太陽の会会員:6,000円 一般:7,000円

お申込み  

お申込:チラシダウンロード  お電話、ファックス、E-mailにてお申込の上、会費をお振り込み下さい。
ネット申込: ネット上からお申し込みや決済ができるPeaTixのサイトもご利用下さい。

詳細は太陽の会HPhttp://www.taiyonokai.co.jp/event.html にも掲載されています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」




















日記

竹富島小旅行日記

2013年05月04日
✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

DSC03600+(3)_convert_20130504051316.jpg
ご依頼いただいていた遠隔ヒーリングは朝5時台には実施して終了し、いくつかのメールの返信やブログを掲載するのも朝のうちに済ませて、昨日5月3日(金)の日中に、妻atumiと娘3人と一緒に竹富島に行ってきました。

日本最南端に位置する八重山諸島の中に石垣島はありますが、竹富島はすぐお隣の島にあたります。シュー(長男仮名19歳)は、この日も観光施設での仕事に励んでいるために行きませんでしたが、久しぶりに家族5人で石垣島から離れての小旅行となりました。

今回はスピリチュアル日記というよりは、単なる家族旅行日記になります。今回一緒に竹富島に行った5人にとっては、今年初めて石垣島を離れた久しぶりのリフレッシュ小旅行になりましたが、そんな私たちの様子と竹富島の紹介をしたいとわくわく感じましたので、掲載することにしました。

この写真はフェリーの中から見た竹富島の港周辺です。石垣島の離島ターミナルから高速フェリーに乗って約10分で到着します。

DSC03605+(3)_convert_20130504051523.jpg
NHKで放映された‘つるかめ助産院’の撮影で、つるかめ助産院として使われた(と思われる)古民家の前ですが、普段は人が住んでいるようでしたので、さり気無く少し離れた所で妻とアマンダ(次女仮名中1)とともに撮影しました。

DSC03607+(3)_convert_20130504051456.jpg
やはり、つるかめ助産院の撮影で使われたアイヤルの浜です。ここは島の中でも集落や観光スポットから離れた所にあって、あまり人が多く訪れない、島の中では比較的に静かなビーチです。

DSC03617+(3)_convert_20130504051558.jpg
竹富島を一望できる‘なごみの塔’です。階段の幅が狭くて急なので、登ってみると結構スリルを味わうことができます。なごみの塔の上に立っているのは妻とグミ(長女仮名高2)ですが、展望スペースはせいぜい2~3人と狭いので、私もアマンダ(次女仮名中1)とデンプ(3女仮名小4)と3人で立っていっぱいでした。

DSC03612+(3)_convert_20130504051548.jpg
なごみの塔から見た景色です。集落にはたくさんの赤瓦でできた独特な雰囲気の沖縄古民家が立ち並んでいます。

DSC03621+(3)_convert_20130504051612.jpg
西桟橋です。クマノミやスズメダイなどの熱帯魚たちの泳ぐ姿も見られます。国の有形文化財に登録されています。

DSC03629+(3)_convert_20130504051622.jpg
島の中でも最もにぎわうビーチのコンドイビーチです。白砂の美しいビーチです。この日は曇天が続いたために、写真の景色はその白さも海の青さもあまり映えてはいませんが、晴れた日にはまぶしく感じるような白さを感じることができます。

ちなみに、海水浴をしている人もいましたが、この日の最高気温は約25度でしたので、それほど気温は上がらなかったために、海水浴にはあまり適していませんでしたが、サイクリング&ウォーキングには絶好の天候でした。

DSC03646+(3)_convert_20130504052848.jpg
午前中は、約2時間レンタサイクルを借りてサイクリングを楽しんだ後、‘かにふ’という食事処で昼食を食べました。そして、娘たちと妻にとっては約10か月ぶりとなるパフェを食べましたが、この写真はパフェを食べて満足顔のアマンダとデンプです。グミは喜びの気持ちをパフェの写真入りでツイッタ―に流して表現していました。

私や妻にとっての今回の小旅行の主な目的はリフレッシュでしたが、娘たちの一番の目的は、実は、パフェを食べる!という、我が家にとってはささやかな普段はできない贅沢なデザートを食べることでした。ちなみに、私は食前に中ジョッキーで生ビールを飲みました。ビールを飲むのは実に約1年半ぶりでして、こうして外食してビールを飲むのは数年ぶりです。3年ほど前まで内地の千葉に住んでいた頃は、ビールやらワインやら酎ハイやらと、外で飲む機会は色いろとありましたが、石垣島に移住してからはほとんどなかったことに、昨日あらためて気づきました。

サイクリングを楽しみ、ビールを飲みたいと感じ、ビールを飲んでおいしいと感じたことによって、自分自身の中では、健康がずいぶんと回復してきているのだなぁとあらためて実感できまして…、そんなことからもちょっとした喜びを感じたひと時でもありました。

DSC03652+(3)_convert_20130504052930.jpg
平和の鐘の前にて。

DSC03661+(3)_convert_20130504052825.jpg
沖縄によく見られる古い石垣の壁

DSC03663+(3)_convert_20130504052726.jpg
プーゲンビリアの花が咲き乱れていました。

DSC03673+(3)_convert_20130504052700.jpg
八重山諸島の各所では、テッポウユリが見頃です。

DSC03674+(3)_convert_20130504052438.jpg

DSC03677+(3)_convert_20130504052333.jpg

DSC03686+(3)_convert_20130504052105.jpg
自宅を朝8時頃に出発して、竹富島に着いたのが9時頃。レンタサイクルを約2時間借りて竹富島内を散策した後に自転車を返却して食事をとり、その後はウォーキングして色鮮やかなさまざまな花々やノニを見たり景色を楽しんだりして、竹富島のフェリー発着所の港に戻りました。私にとっては、少しハードな運動量となりましたが、娘たちはやたらと元気でした!

千葉県から石垣島に移住してきて、早3年1ヶ月経ちましたが、いまだに石垣島に住んでいること自体、毎日が旅行気分を味わえて、豊かな自然や島独特の雰囲気や癒しのエネルギーを感じながら、毎日が充実していて満足しています。でも、時々はこうして島を離れて小旅行に行きたいと感る中、経済的になかなか難しい時期が続いたために行けずにいましたが、やっとゴールデンウィークに入って、こうして余裕ができたために、家族で楽しんでくることができました。

また、もともと私も妻も旅行好きでして、千葉に住んでいる頃には、国内のたくさんの場所に旅行していましたが、いまだにその気持ちも持ち続けているために、島にいることに満足はしつつ、時間とお金の許す限り、色々な場所に時々は旅行へも行きたい…とも願い続けています。(特に今、タエヌが行きたいと願っているのはは出雲の国です!大社様に参拝したい!!)

でも、まだ今の時点では、時間は許しても、金銭面での必要が満たされていない事から「今はまだ遠方への旅行に行く時ではなく、石垣島にいる必要がある」ということであると捉えて、時々はこうして許された時には八重山の島々に小旅行をして楽しみつつ、この素敵な石垣島にじっくりと腰をおろした状況の中で、私なりにわくわくした時間を過ごすことで満足しています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」









日記

ネイチャーアクアリウムの世界

2012年11月09日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

DSC02293+(3)_convert_20121108094213.jpg
約2年半前に石垣島へと移住する前には、20年ほど熱帯魚を飼育していたのですが、いくつかの理由から石垣島では熱帯魚を飼わないでいました。しかし、9月26日のブログ「タエヌ家における1つのエピソード ~ほどよく「アセンション待ち地球人」しましょ!その2~」で紹介させていただきましたように、我が家では2か月ほど前から再び熱帯魚を飼い始めました。

我が家には水槽が2つありますが、1つは60cm水槽(約50リットル)の、熱帯魚を飼育する人にとっては一般的によく目にするサイズの水槽です。(上部濾過式で電灯は20w3灯式)まずは、この水槽について紹介させていただきます。

DSC02295+(3)_convert_20121108094317.jpg
私の住んでいる熱帯雨林気候で亜熱帯の、自然豊かな石垣島の森林は、様々な種類の樹木に覆われ、クワズイモ等の低い草木も所狭しと生い茂っています。その中には、たくさんの種類の生き物たちが生息していて繁殖もしています。

DSC00243_convert_20120609091150.jpg
私は水槽の中のアクアリウムを1つのバランスのとれた調和の世界を目指し、そんな石垣島の大自然のジャングルをイメージして作り上げてみました。

DSC02344+(3)_convert_20121108094334.jpg
この水槽の中には、グッピー、ミッキーマウスプラティー、コリドラス(ピグミーとパンダ)、ネオンテトラ、ラミーノーズ、ライヤーテールモーリー、オトシン、トランスルー、ヌマエビ、シマカノコガイ、イシマキガイ、アカヒレ、グローライト、の合計約100匹の魚介類や、ナナ、ウィローモス、ロタラ、イエローアマニア、スプライト、ハイグロフィラ、アマゾンソード、ショートヘアグラスなどの十数種類の水草が育っています。

熱帯魚や水草に詳しい方はお分かりになるだろうと思いますが、この水槽で育てている熱帯魚も水草も丈夫で育てやすく、比較的に安値で購入できるものばかりです。

DSC02348+(3)_convert_20121108094425.jpg
水槽を立ち上げてひと月くらいが経った頃からは、グッピーやプラティーの稚魚が生まれ育っていて、今、確認できるだけでも20匹近くは元気に育っています。子どもたちは、この稚魚が成長する姿を見るのも大きな楽しみになっています。

DSC02402+(3)_convert_20121109065958.jpg
本来、このくらいの大きさの水槽では、せいぜい熱帯魚は50匹くらいまでが限度とされていますが、比較的丈夫な魚たちを育てていることや、今のところは水槽内のバランスがそれなりに保たれているために、熱帯魚たちも水草もどんどん成長し続けています(水草は時々刈り込んでいます)。

DSC02361+(3)_convert_20121108094522.jpg
このネイチャーアクアリウムは1つの小さな世界を形成していまして、魚の排する二酸化炭素を植物が吸収して酸素として供給し、魚の排せつ物や植物の枯れた葉などから発するアンモニアなどの有害物質を、水の中に繁殖する濾過バクテリアが分解して、水の浄化をしています。電灯は太陽光の役割をして植物の光合成を促します。生い茂っている水草は産卵・産仔場所にもなりますし、餌の供給もしています。いくつかある流木は、警戒心の強い魚やヌマエビの隠れ家となります。生えてしまうコケは貝やエビやオトシンなどが食べるので、除去する必要はありません。

それでも補助的な作業も必要ですので、魚にも水草にもそれなりに適している環境になるように、私は毎日のように行っている作業があります。それは、植物が成長するために二酸化炭素を少し補充したり、毎日水を5リットルほど交換したり、水温を調整(ヒーター・サーモスタットは使っていません)したりすることなどですが、水槽が軌道に乗りポジティブに循環しているので、それほど手間も時間もお金もかかっていません。熱帯魚たちへの餌は主にデンプ(3女仮名小3)が1日に数回あげています。

DSC02374+(3)_convert_20121108094613.jpg
私は約20年間、試行錯誤して熱帯魚を飼育してきた集大成として、このアクアリウムの世界を作り上げながら、たくさんの命をはぐくむ責任の重さや充実感を、ポジティブに感じてわくわく感いっぱいで楽しんでいますし、そして、家族にとっての楽しみや癒しにもなっています。

DSC02378+(3)_convert_20121108095007.jpg
ちなみに、もう1つの30cmの小さな水槽は我が家のトイレの中にあります。このミニミニアクアリウムでは、ドクターフィッシュ(ガル ルファ)などの計18匹の熱帯魚と5種類の水草が、元気に育っています。

トイレに入るのを少し怖がっていたデンプも、水槽を入れてからはまったく問題なくなりました。逆に、魚たちを見たり、ドクターフィッシュに手をパクパクしてもらったりしているために、トイレにこもっている時間が長くなりました。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」










日記

赤い糸で結ばれている運命の人

2012年10月26日
DSC02184+(3)_convert_20121026133914.jpg
今日の午前中はあまりにも気持ち良い気候だったので、妻とミニドライブをしてきました。この景色は、自宅から車で10分ほどの高台から撮影した、石垣島北部の浦底湾周辺です。先日紹介しました水産研究所も浦底湾沿いにあります。秋の日差しに照らされて、青と緑と白い雲が映えていました。

石垣島地方気象観測台発表によりますと、帰宅した頃の午後1時30分までの最低気温は24.3度、最高気温は29.1度です。日差しが強く、外に出ると少し汗ばむような気候でした。

DSC02223+(3)_convert_20121026140058.jpg
石垣島の最北端に近い平久保周辺のビーチです。小さく映っているのは妻のatumiです。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

10月末の大祓いを、10月31日(水)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

9月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆
次元末を迎えているために、ここ数年、特に最近も、やたらと過去の自分を振り返る機会が増えている中で、ふと、以下のような過去の出来事を振り返ってわくわくしている自分がありました。なんだかその出来事をブログに掲載したいとも思ったので、私事のたわいもない話ではありますが、よろしかったら、ちょっとお付き合いくださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ご縁はすべて必然によって結ばれておりますが、‘赤い糸で結ばれている運命の人’とのご縁が結ばれたと感じることは、一生の中ではそれほど多くは経験することはないのだろうと思います。

私は、今から二十数年前の平成2年の夏に、そんな経験をしたことがあり、まだその頃はスピリチュアルに目覚めてはいないといえるような意識の在り方をしていましたが、明らかに結ばれるべきして結ばれた必然のご縁であると、妻との出会いを振り返るたびに、あの頃も、もちろん今も、そう感じています。

私は、生まれ育った東京都足立区にある、区内では比較的に進学率の高かった都立江北高校を卒業しましたが、2年もの間、いわゆる浪人生活を経験しました。でも、2浪している間は、遊びやスポーツやバイト9割、お勉強1割というような生活をしていましたので、結果的に志望校には合格できず、でも3浪は嫌だと思っている中で、2次募集をしていて小学校の教員免許の取得できる短期大学を見つけたので、受験したら合格して、千葉県にあるその短期大学に入学しました。

結局、短大時代も浪人時代に引き続き、バイトに遊びに部活(バレー部等に所属)にと大いに楽しみ、勉学はかなりおろそかにしていたので、結局は卒業時期には単位が足りずに留年してしまいました。

もう親から学費はもらうのも申し訳く、これ以上迷惑はかけたくないと思い、その頃にバイトしていたファミリーレストランの社員になることを決意し、タエヌ22歳の春の昭和61年4月1日から約2年半の間、大手ファミレスの社員をしつつ、短大に通い続け、ファミレスの社員を辞めてからの約半年間もアルバイトに励みつつ、1年休学して2年留年、つまり短大に5年間在籍して、平成元年3月にめでたく…やっと卒業することができました。

ちなみに、短大の最長の留年は2年まで、休学は1年までと決まっていたので、在籍期限のぎりぎりの年数で最後の1単位の書道概説という授業の単位を取り、卒業と同時に念願の小学校の教員免許も取得しました。

卒業した年の平成元年に、はじめて千葉県の小学校教員採用試験を受験しましたが、試験会場でファミレスの社員時代にアルバイトをしていた女の子にばたりと会ったとき、ファミレス社員が教員に転職するかも…なんてめずらしいことでしたので、おもいきり驚かれたのが印象的でした。(結果的にその子も教員になり、教員としても研修会で一緒になったこともありました)

高校を卒業して以来ずっと、あれだけ遊びとバイトとスポーツに励んでいたのに、教員採用試験の前の半年ほどは、仕事はしつつも、結構まじめに勉学に励んだ成果もあってか、ギリギリの成績ではありましたが、運よくこの試験に合格しました。私が25才の頃の事です。

また、夏に行われた教員採用試験を受けた後の平成元年の秋頃からは、公立の小学校で産休補助教員として仕事をはじめまして、ディズニーランドで有名な、千葉県の浦安市の小学校で学級担任の臨時の教員として勤務していました。

教員採用試験に受かったとはいえ、実際に採用になるには順番があって、私のようなギリギリの成績で受かった者は、なかなか年度初めからの採用は難しいとのこと。結局は平成2年の9月1日付の年度の中途での採用が決定しました。

採用決定が告げられたのは、千人を超える児童数の浦安のマンモス校の小学2年生を、産休に入っている教員に代わって担任していた8月初旬の事でしたが、採用が決まった学校は小学校ではなくて、別の市にある特別支援学校(当時は養護学校と称していました)でした。

そこで、気を遣ってくださった勤務していた小学校の校長や教頭などの職員の皆さんが送別会を開いてくださり、転勤になる二日前の8月30日に、浦安駅近くの居酒屋にて数十人集まっていただき、飲み会をしていただきました。

ふと送別会のメンバーを見ると、見慣れない顔が1人いましたが、その人は浦安市内の別の小学校で学校事務として就労しているとのこと。私の勤務していた学校事務の職員と仲が良く、その日は一緒に遊んでいたとのことで、そのまま帰宅せず、急きょ、その日の夜に行われる見ず知らずの私の送別会に参加することにしたとのことでした。その見慣れない人が、後に妻となるatumiです。この時が、妻atumiとの出会いでした。

座席が私の斜め前だったので、お礼の気持ちからも私から話しかけ、いろいろと話を進めていると、何だか話が合い波長も合ったので、会話がとても盛り上がりました。それを見ていたほろ酔いした教頭が、これは2人の気が合うから結婚した方が良いと三々九度をするように勧めてきたので、ノリノリになっていた私と妻とで、教頭の音頭で三々九度の真似事をしたことを覚えています。

ちなみに、この時点で私は26歳、妻は翌日で二十歳の誕生日を迎える10代最後の日でした。妻は、千葉県内の都市部から離れている田舎町で生まれ育ち、地元の市立高校を卒業後、18歳の時に千葉県の学校事務の採用試験に合格して採用され、自宅からは遠距離になるために、平成元年から独り暮らしを始めて浦安市立の小学校に勤務していました。

送別会はお開きになったものの、若手の10人ほどの教員で2次会が行われましたが、なんだかやっぱり周りの皆さんは、私と妻とをくっつけようとして盛り上がっていました。私は特に奥手ではありませんが、初対面でしたし、atumiは7歳年下の女の子だったので、少し遠慮して私からは特にアプローチをかけることもなく、その場のノリに合わせているくらいでいましたが、妻も結構ノッていたように感じたので、気分はとても良かったことを覚えています。

そして、しまいには、私が浦安の小学校での最後の勤務日となる翌日の8月31日に、「2人でディズニーランドでデートをしなさい!」と、私の慕っていた先輩の職員が酔っぱらいながら命令を下してきて、しかもなぜだが、二人で誓約書のような一筆を書かされて、舞浜駅の改札口を出た所で午後2時に待ち合わせ…といった感じで、待ち合わせ場所と時間まで決めさせられました。

私はその日の午前中は勤務する予定になっていましたが、午後はもともと休みを取っていて特に何もなかったので都合は良かったですし、当時、浦安の駅近くの教員住宅でひとり暮らしをしていたatumiも、同じく午後は半日休みをとっていて、20歳の誕生日を迎えるにあたり、友達同士で約束をしていただけで、その友達である本人もこの2次会の場にいたことから、最初は冗談のつもりだったことが本当の約束となって結ばれ、その会はお開きになりました。

結局は、平成2年8月31日、妻が20歳の誕生日に、周囲のみなさんに押されまくった結果ではあるものの、本人たちもまんざらではない気持ちになったのは事実でして、出会った翌日であり、私が教員として正式な採用の勤務日となる一日前の午後に、こうして妻atumiとディズニーランドでの初デートをして、夜9時頃まで共に過ごしました。

私は普段からこのように、人に勧められるがままに何かをするようなことはほとんどなく、後押しをされて流されるような経験もほとんどありませんでした。むしろ逆で、誰かと誰かの仲を取り持ったり、何かをプロデュースしたりするのが好きなタイプでしたが、この時は、なんだかわくわく面白いと感じたので、その流れに乗って楽な展開で話が進められ、その時点では恋人もいないフリーだった私もatumiも、デートをする運びとなりました。

妻もやはり、そのような他校の見ず知らずの人の送別会に参加するような大胆な行動をとるようなタイプではありませんでしたし、そもそもアルコール類はほとんど飲まないのに、無性にこの飲み会に参加したくなったようで、意の向くままに急きょ参加する次第になったようです。

ちなみに、妻は何度かそれまでにディズニーランドに行ったことはあったようですが、私はこの時がディズニーランドに行くのが初めてでした。それには理由がありまして、ディズニーランドができた当時は私が10代の終わり頃でしたが、その時、ふと「初めてディズニーランドに行く時は、結婚すると決めた彼女と一緒に行く!それまでは誰ともいかない。」と決意して、それ以降、友達やお付き合いをしていた人などに誘われても拒み続けてきました。

そして、その私のこだわりも承知した上でデートしたatumiと、このことがきっかけとなり付き合いが続き、告った覚えもプロポーズをした覚えもないまま、暗黙の了解のように結婚前提の付き合いが進み、平成4年の5月22日に入籍し、その年の7月5日に結婚式を挙げるに至りました。

あれから共に家族として歩み続けて、今年で20年の歳月が経ちました。普通に平凡な教員人生を送るだろうと思っていたので、あの頃は未来の自分たちが、まさか千葉から離れて沖縄県民となり、石垣島の地にて今のような生活を送ることになるなんて、夢にも思っていませんでした。

そんな今のような在り方に至るまでの、人生の大きな転機であり、スピリチュアルに目覚める大元となるような必然のきっかけとなったのは、こんな感じで‘赤い糸で結ばれている運命の人’である妻atumiとの出会いだったと、今、思っています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









日記

タエヌ家の生活パターン 

2012年09月07日
DSC01421+(3)_convert_20120907045731.jpg
昨日のほぼ日の入り時刻午後7時近くに撮影した川平湾周辺の景色です。神秘的な空に感動しました。

DSC01422+(3)_convert_20120907045946.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私や家族の今の生活パターンを
簡単に紹介させていただきます。

私は朝、3時台後半から5時台前半の間に起床していますが
目覚まし時計を少なくとも10年以上は使っていませんので
体内時計に任せて目覚めています。

目覚めたらすぐに
パソコンのメールやブログをチェックします。

ブログはすぐに書き始め、
メールは朝食後に打って
8時以降を目安に送信するようにしています。

最近は、その日に公開するブログを
朝5時台までは仕上げて
公開することが多くありますが、

状況によっては、時々、
朝8時を過ぎるようなこともあります。

ブログを掲載するまでに要する時間は
平均1時間~1時間半ほどですが

3時間を超えるような
長い時間を要する場合もありますので
前日から2日がかりで仕上げることもあります。

妻とアマンダ(次女仮名小6)は
5時半~5時45分の間に起床することが多く、

デンプ(3女仮名小3)や長男長女は
6時頃に起床しています。

結婚して以来20年ほど続いていますが
私は我が家の食事のメニューを決めることや
食材選びや食事作りを主にしていますので

5時30分頃から朝食を作り始め
6時20分を目安に
家族6人が揃って朝食を食べはじめます。

7時15分頃になると長男が通勤するために、
長女は街の高校に登校するために家を出ます。

7時45分頃に次女と3女は
目の前にある小学校へ登校しますが
必ず玄関先まで出て妻と共に見送っています。

メールを書くのはそれ以降に行うことが多く、
だいたい朝8時頃~午後3時頃までの間の
書きたいとわくわく感が高まった時点で打つようにしています。

ホームページからご依頼いただいた仕事をするのは
多くの場合はメールを書くのと同じ時間帯の日中のみでして

子どもたちの帰宅し始める
午後3時頃から5時頃(4時を目安にする事が多いです)には
家事&リラックスモードに切り替えて

デザート作りや夕食作りをしたり入浴したり
子どもたちとの会話を楽しんだりしています。

ちなみに、食事作り関係以外の家事や
学校や地域関係の実際上のお付き合いは
ほぼ妻に任せきっていまして

私は知恵をかしたりアドバイスをしたりするなど
バックアップ的なサポートをしています。

夕方以降は急用がない限り
メールを打ったりブログを書いたりすることは
ほとんどありませんので

午後3時頃から深夜にかけて
私宛に送っていただいたメールは
翌日以降に返信をする場合が多いです。

午後6時を目安に夕食を食べ始め
(長男と長女は7時頃になる場合が多いです)
その後は家族団らんのリラックスタイムで
憩いのひと時を過ごしています。

我が家では子どもたちが
保育園に通っていた幼い頃からの
習慣にもなっているようなことですが

帰宅してから何かをする前の
できるだけ早い時間のうちに
必ず入浴するようにしていますので、

子どもたちは学校や職場から帰宅すると
まずは入浴をして邪気を流してすっきりしてから

宿題ややりたいことなどをしたり
夕食を食べたりしています。

就寝(消灯)時間は夜9時が目安で
子どもたちと一緒に親2人も寝ますが

私は寝つきが良い方なので
夜10時を越えるまで眠らないでいることは
ほとんどありません。

(ちなみに、千葉にいた頃は
建坪が40坪くらいの4LDKの一戸建てで
収納スペースもたくさんある家に住んでいましたが

今は6畳3Kの賃貸マンションに住んでいますので
収納スペースも少なく部屋に荷物が入りきれず、

寝るスペースは4人までしかとれないので
別の階のワンルームの部屋も借りていまして
長男と長女はその部屋で寝ています。)

タエヌ家の平日はこんな感じの生活パターンでして
石垣島に住んで約2年半の間も千葉に住んでいた頃も
ほとんど変わらず続いていますが

今の時点でもっとも心地よく感じるペースですし、
ゆとりもあってスムーズに流れているとも感じています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/







日記

タエヌの自己紹介

2012年08月16日
DSC01189+(3)_convert_20120815132258.jpg
昨日15日(水)の午前中に、アマンダ(次女仮名小6)が歯医者に行っている間、歯医者の近くにある白保海岸に行ってデンプ(3女仮名小3)と2人でしばらくの時間を過ごしました。

海岸について車を降りると、車の近くにあった護岸の壁の上を、指先ほどの小さなオカヤドカリが歩いていました。オカヤドカリの爪はするどいので、ほぼ垂直に立っているコンクリートの壁を登って、1mほどある壁の上を歩いていたようです。

デンプはそのオカヤドカリを手に乗せて、愛おしそうに見つめていました。

DSC01191+(3)_convert_20120815132517.jpg
歯医者は自宅から車で30分ほど離れた白保という場所にあります。自宅周辺の人たちは違う歯医者に通っているようですが、アマンダが「歯が痛いから歯医者さんに行きたい」と訴えてきた時に、私は以前から白保の集落の中を走る国道を車で通る際に、時々目にする歯医者の看板がありましたが、その歯医者が浮かんできました。

そこで、波動を合わせてみるといい感じがしましたし、電話をしてみたらすぐに診察してくれるとのことでしたので、早速その日のうちにアマンダの虫歯の治療をしてもらいました。それ以来、今日で4回目の通院となりました。

アマンダは、これまでに通院を嫌がるようなことはありませんので、直感的にそこを選択してよかったと思っています。そして、待合室まで付き添っている妻に話を聞いてわくわくしたのですが、この歯医者の待合室には、江原啓之さんや望月俊孝さんや越智啓子さんの本など、ポジティブなスピリチュアル系の本が本棚に並んでいるとのことでした。

なんだかおもしろいな~と思いわくわく感じましたし、実際にも、いい感じの歯医者さんのようなので、安心してお任せしています。

DSC01195+(3)_convert_20120815132813.jpg
歯医者が終わり、街に出て買い出しをしようとした時、イオンタウンの駐車場の上を通る飛行機に遭遇しました。石垣空港が近くにありますし、見慣れている光景ではありましたが、今日はなぜかシャッターを押したい気分になったので、あわててバックからカメラを出して、着陸直前で高度を下げているJALの飛行機を撮影しました。もしも、これが軍用機だったならば…撮影をする気にはならなかったでしょう。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌは東京都足立区出身。1964年(昭和39年)辰年2月11日生まれ。
現在48歳。みずがめ座で血液型はO型。妻と息子1人娘3人の6人家族。

学生時代に千葉県にて1人暮らしを始めましたが、一時期は足立区の実家にもどるものの、結婚してから約18年間は千葉県民として落ち着き、千葉県印西市(16年間)といすみ市(2年間)に在住。2年前の2010年4月1日より沖縄県石垣市に移住して、現在に至ります。

身長は約175㎝。現在の体重は約73kg。昨年の今頃は80kg台の後半でしたが、結果的に約1年間で15kgほど減っています。今の体重が私にとっては理想的ですので、今はこの体重を維持するように努めています。

タエヌの本名…ブログ上で公言するのは、今はまだやめておきますが、アセンションスペースシューリエのご依頼をいただいた皆様にはお知らせしています。

両親や近い年上の親類からは「ユキ」と呼ばれ、少年時代の近所の友人には「ユキちゃん」と呼ばれていましたが、これは本名の名前から由来しているニックネームです。それ以外の学校関係やあらゆる友人関係では「タケちゃん」とか「タケさん」とかと呼ばれてきました。これは、苗字に由来したニックネームです。

20代の頃は、大鶴義丹とかTUBEのボーカル前田さんとかに似ていると言われていました。40代後半の今は、時々、江原啓之さんに雰囲気が似ているとも言われますが、家族も私自身もとてもよく似ていると認めているのは、全日本バレーボール女子の眞鍋監督です。年齢も同じで、顔もしぐさまでもよく似ていると感じて、ついつい行動や表情などをしみじみと見てしまいますし、好きな監督さんなので光栄にも思っています。

小学生の頃に好きだった歌手は天地真理、南沙織、五木ひろし(母の影響)など。中学・高校の頃はポピュラーソングやニューミュージックにはまっていたので、カーペンターズ、ホール&ウオーツ、渡辺真知子、中島みゆき、八神純子、アリス、サザン、千春など。社会人になってからはジュディ―&マリー(現在はYUKI)。と、好みは様々でした。

なんだか、自分のことを書いているときりがないので、以下は、スピリチュアル日記っぽいことに話題を絞って書きたいと思います。

《小・中学生の頃》

友達と遊ぶこと大好き。スポーツ大好き。学校大好き。リーダーシップをとることが多く、わりと活発な少年でした。

でも、その半面、気は弱いほうで、時々なよなよもじもじ…。暗い所や人けのない所が怖くて、何かの気配によく怯えていました。

人ごみの中、特に都会のデパートに行ったり地下鉄に乗ったりした後、激しい頭痛や発熱におそわれることしばしば…。この時は、それが何を意味していたかわかりませんでしたが、憑依体質のためであったと、後になって気づきました。

《高校3年生の時》

初めて金縛りを経験。燃えていた体育系の部活(卓球部)を引退し、いくつもの趣味(ギター,作詞・作曲,化石採集,サイクリングなど)も控えて、受験勉強にそこそこ励みつつ、寝不足が続いていた時でした。今は全くありませんが、30代中頃までの金縛り経験は100回を超えていると思います。他にも、幽体離脱、ラップ音を聞く、未成仏霊を見たり話し声や足音を聞いたり乗っかられたり腕や足を引っ張られたりする…などの霊体験をしました。怖さもありましたが、とにかく嫌で嫌でたまりませんでした。

《20代前半》

学生時代は、アルバイト(コンビニ・ミスドー・すかいらーく・ジョナサン・アンケート調査・引っ越し業者等)に遊びにスポーツ(バレー部に所属)にと、大いに楽しむ毎日。はめをはずすこともしばしば。最初に就職したのは、24時間営業のファミリーレストラン。学生時代もファミレスに就職してからの約2年半の間も、不規則な生活が続きました。

24歳の時、大きな悩みを持った中、本気で自殺を決意して大好きな京都・和歌山へ…。結局は新幹線の中で改心し、傷心を癒して、逃げずに現実に立ち向かうことを決意する新たなる旅立ちになり、ファミレスも辞職しました。この頃も、時々ではありましたが、金縛り・ラップ音をはじめとした心霊現象を経験し続けましたが、10代の頃はほとんど深夜だったのに、昼夜問わず起こるようになりました。

《20代中・後半》

平成2年(26歳の時)に千葉県の公立学校の教員として採用されて勤務開始。その後、平成16年に辞職するまでの間、小学校及び特別支援学校の教員を務めました。

平成4年に7歳年下の妻atumiと結婚。ゴルフ、バレーボール、フルマラソン、草野球、釣りに熱帯魚飼育など、趣味も生活も充実していました。

しかしその半面、ギャンブルにはまって妻に大迷惑をかけたり、短気なところがでたり、心配・不安症などによって強くネガティブになったりすることもありました。そんな中、頭痛・腰痛・アレルギー(特に花粉症)などで薬が手放せない日々を送っていました。

この頃になると、金縛りは減ってきて年に数回程度になりましたが、日常的に霊を見たり感じたりするようになり、心霊現象を引き起こしている未成仏霊が訴えていることや未成仏霊の状況、何かを感じる場所の霊的状況などもわかるようになってきました。

《30代半ば》

子どもを三人授かり、父親としての自覚が出てきたのか、不規則な生活は極端に減ってきて、現在のような早寝早起きの習慣が身についてきました。職場では子どもたちや職員や保護者とも順調で充実した日々を過ごしていましたが、一時期、担任していた一人の子どもの保護者との始めての大きなトラブルがありました。結果的には私の示した状況に収まりましたが、半年くらい続いたこの状況の中で鬱状態になり、初めて精神科で診療を受けて、もらった薬を2回飲みました。

これまで以上に、この頃はよく未成仏霊を見ましたし、霊的状況がさらにわかるようになりました。お酒を飲んでいる時、酔いつぶれているわけでもないのに、時々一瞬意識を失い、自分が思ってもいない言葉を発することがあり、不調和を起こすこともありました。当時はまだ、私が憑依体質であり、未成仏霊の憑依を受けてのこととは知らずにいました。

《30代後半》

38歳の時(今から約10年前)の夏、レイキ3までの伝授を受けました。この時の仕事は、小学校の特別支援学級の担任。勤務中の休み時間に電話でレイキ伝授の予約を入れ、1カ月後に伝授を受けられると決まった瞬間から、私の周りが光に満ちてまぶしいくらいに輝き始めました。結果、ちょっと厳しい先生だったのが、ほがらかなやさしい先生に…子どもたちはそう感じたかもしれません。そして、待ちに待ったレイキの伝授。この日を境に私の状況は大きく変わりました。

《レイキ伝授後》

今振り返ると、レイキの伝授を受けるに至る数年前からスピリチュアルな本を読んだり、スピリチュアルなことに意識を向け始めたりしているうちに、少しずつスピリチュアルな目覚めが始まり、レイキの伝授をきっかけに、スピリチュアルな目覚めが一気に進んだのだと自負しています。

それまで過ごしてきた38年間と、レイキの伝授を受けて以来の現在に至るまでの10年間とでは、私自身、振り返ってみると、意識の持ち方や人や周囲との関係などにおいて、とてもポジティブになってきていると思いますし、大きな違いを感じています。

レイキとは…宇宙エネルギーを使ったヒーリングテクニックです。アチューンメント(伝授)を受ければ、レイキといわれる宇宙にあまねく癒しのエネルギーにつながり、誰でも使えるようになるといわれているヒーリングテクニックです。

伝授を受ける数年前に書籍によってレイキを知りましたが、料金が少々高いと感じていたり、だれでも簡単に身につくという点を疑念に思ったりしていたので、躊躇していました。でも、伝授を受けてみてびっくり。まさかこんなに自分が変われるなんて…。

レイキの伝授を受けた時を転機にこれまでの約10年という歳月の中、徐々に変わったこともあれば、奇跡のように一気に変わったこともあります。そんな大きく変わった自分の現状について――。

~健康面~

頻繁にあった頭痛・発熱・吐き気・腰痛・アレルギー症状(花粉症・じんましん・肌荒れなど)の症状がほとんどなくなった。またそういった関連の薬は一切必要なくなった。熱さにも寒さにも強くなった。病気という症状とはほとんど無縁となった…など。(今年の4月には、急性の心不全・腎不全で入院する事態に至りましたが、それまでの10年間は病気とはまったく無縁であると思っていました)

~精神面~

大嫌いだった自分を逆に大好きになった。心が寛大になった。多くのことを許せるようになった。感謝、感謝の毎日になった。何事もシンプルにとらえられるようになった。前向きになった。取り越し苦労(心配・不安)やイライラが少なくなった。人のお役に立ちたいということがすべての気持ちの基本になった。家族に隠し事を一切しなくなったなどなど。

~スピリチュアルなこと~

高次元のスピリットとつながり、さまざまなメッセージを受け取れるようになった。低級霊(未成仏霊や魔)からの影響を受けにくくなった。金縛りや嫌な心霊現象は一切なくなった。除霊や浄霊ができるようになった…など。

もともと宗教とは全く無縁な家族環境に育ち、合掌するのはお墓参りと神社やお寺さまでお願い事をするときくらいでしたが、今は普通に合掌する毎日。感謝とか慈しみとか愛とか、そういったたぐいの言葉は10年ほど前までは恥ずかしくてほとんど言えなかったし、人が言うのを聞いてよく恥ずかしくないなあとも思うことがありました。

しかし今では、地球上のすべてのものや高次元の存在や宇宙に対して等、すべてに対して感謝をする毎日で、言葉でも日常的に表現するようになりました。

そして、普通に生活をしている4児の父親。妻も子どもたちも理解してくれていて、いっしょにスピリチュアルライフを楽しむ毎日。

スピリチュアルライフとはいっても、それほど特別なもではなく、きっと多くのご家庭よりはスピリチュアルな観点で物事を捉えたり会話をしたりすることが多く、実生活の中でスピリチュアルな意識を持って行動したり選択したりするなど、スピリチュアルなことを実生活において活用する機会が多いという感じなのだと思っています。

《40歳代前半》

2004年の6月に約15年間勤めていた千葉県公立学校の教員を辞職し、田舎町の駅前にある小さいビルの2階の一室を借りて、パワーストーンのショップの経営と、ヒーリングやスピリチュアルカウンセリングやレイキの伝授のできる部屋との2つのスペースにて、ヒーリングルームを開設しました。

レイキにしてもその他のスピ系の関係にしても、子弟関係のつながりとか同業者同士のつながりのようなものもなく、単独で自分自身の直感と自己判断と意思が頼りではじめたので、開設した頃は、お客様は私の知人ばかりで、教員やその知人がほとんどでした。あまりお金のかからない地域新聞や駅のポスターなどの広告も少しやりましたし、何度か自分で近所にチラシを配布したりもしましたが、結果的には、このような広告を見てお越しいただいた方は、全体の数パーセント程度でした。

その後も、お越しいただいた多くのお客様は、私の知人や、知人の知人、そしてその知人の知人の知人…といった感じで、口コミで広がってお越しいただいた方々でして、それでもヒーリングルームを初めて3年目の頃にホームページを開設して公開すると、ホームページをご覧いただいてお越しいただく方もいらっしゃいました。

そんな感じで、お客様も少しずつ増えてきて、そのように口コミで広がっていくことを光栄に感じていましたが、駅前のビルの一室や駐車場の月々の賃貸料や水道光熱費を払うだけでも結構な額だったので、その金額を支払ってさらに家族6人の生活費も稼ぐ…なんていう状況にはほど遠いい状況でした。結局は支払いが滞り始め、業者からの借金もかさんでいき、駅前に開設していたショップもヒーリングルームも、3年間で閉店することになりました。

経済的な状況はこんな感じで厳しかったので、周囲の人からはとてもネガティブに映っていたのだと思います。いわゆる、経営に失敗した…という言葉があてはまるわけですから。

でも、私自身のスピリチュアルな面では、この3年間の中で、たくさんの学びや気づきがあり、レイキやスピリチュアルカウンセリングで多くの皆さんに実践することによって、自分なりに磨きがかかって上向いていると感じていました。それに伴って、当初はレイキの伝授やヒーリングがメインでしたが、徐々にスピリチュアルアドバイスを受けに来てくれる方が増え始め、結果的には8割ほどがスピリチュアルカウンセリングを受けに来てくださるお客様になりました。

レイキの伝授やヒーリングの実践を重ねていくうちに、自分なりにレイキが向上してきていることは感じつつも、この頃によく「江原さんのような感じ」と称していただくことがありましたが、オーラを見たり守護霊様からのメッセージが伝わってきたり過去世がわかったりするなど、見えない世界のことを認識したり伝えたりすることにお役目や使命のようなものを感じて尽力していましたし、そのようなことが相談者様の問題解決やネガティブな意識を変換することや、よりポジティブに道を歩むために必要な内容である場合が多かったために、「人のためにお役にたつことができる霊能力」が開花して向上していると自負して喜びに感じていました。

《40歳代中頃~48歳現在》

賃貸のビルの一室にて行っていたヒーリングルームの閉店後、一戸建ての自宅にてヒーリングルームを開設しました。また、徐々に、メールでのやり取りも増えてきていたので、HPの運営にも力を入れ始めました。

そして、自宅にて開業を始める約1か月前から、現在も掲載している当ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」を書き始めました。2007年2月のことです。(当初は‘TAKEの日記’と称してミクシィ―に掲載していました。)

その後の約5年半のことは、当ブログにて過去に掲載してきましたので、今回の記述はここまでとさせていただきます。

お読みいただきましてありがとうございました。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/








日記

タエヌの近況 ~今、タエヌが伝えたいと感じたこと~

2012年05月16日
たいへんご無沙汰しております。タエヌ本人です!

これまでの2度は、妻のatumiが私に代わってブログを書いて掲載してきましたが、その内容に関しまして私も了承済みですし、これまでの経過を順次書いてあるので、ここでは、現状や皆様に、今、お伝えしたいと浮かんできた内容や気持ちを中心に書かせていただきます。

こうしてブログに記事を掲載したのは、実に約2カ月ぶりとなります。今、再び当ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」の読者の皆様方に、こうしてタエヌのメッセージを伝える事ができる事や、今、この3次元世界に私が実際に肉体を持ったまま生きていられることに、大いなる喜びを感じておりますし、お医者様や看護士さんが治療やケアなどを行って下さったり、私の知人や当ブログの読者の皆さまやお陰さま等が、それぞれのご状況の中で私に対して大いなる愛のお気持ちを向けて下さり光をめぐらせて与えていただいたり、メールやお手紙などで励ましや暖かいお言葉を頂いたり、必要な金品などを送ってくださったりしていただきましたことに、心から大いなる感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます!

回復してきたとはいえ、約1ヶ月もほぼ寝たきりの安静状態で過ごしてきたために、まだまだ体力や気力は元に戻るまで時間がかかりそうですので、少しずつ寝ている時間を減らして、ソファーやいすに座る時間や室内で動く時間(主に料理やパソコンを見る事)を増やしたり、まだ退院して外出したのは1度だけ(妻の運転で少しだけ買い物に出かけました)ですが、徐々にウォーキングをしたり買い物に出かけたりする時間を増やして、体力を回復させていこうと思っています。

実は、私が医者に行って緊急入院が決まった4月13日の2日前には、レイキの遠隔伝授(アチューンメント)を行っていましたし、メールも自分で書いていました。(ちなみにこの時に送ったレイキアチューンメント終了のお知らせメール以降は、今の時点まで約1ヶ月間、まだ一度もメールを打って送信していません。これまでは妻に代筆してもらっていましたが、まもなくメールも自分で打って送ろうと思っています)

レイキのアチューンメントは妻とともに行っていますが、この時は特に自分自身は大丈夫であろうと思っていましたが、念のためにいつも以上に妻の果たす割合を増やしてアチューンメントを行いました。(ちなみに妻atumiは、多年にわたりレイキヒーラーとしてもティーチャーとしても経験や実績を積んできていますし、私と同等くらいの力を持っていると信頼しています。)

そして、結果的に私も妻もいつものように充実したアチューンメントを行う事ができたと自負し、いつものように私たちなりに満足して終了のメールを打ち終えました。この時点では、私がその2日後に病院に診察へ行くことも、もちろん入院するようになることも、自分自身が心不全や腎不全になるだろうということも思ってはいませんでした。ただし、病院に行くことは、私がもしもこの先に意識を失って倒れるような事があった場合にはよろしくと、妻にはお願いしてはありましたが…。

しかし、ついに私にとっての大きな転機が一気に迫ってくるのを感じ(いつも大きな転機は突然にやってきます!)、急きょ病院へ行こうかなと思い始め、妻も強く勧めはじめたのは、その翌朝のことでした。足全体がむくんでパンパンに腫れあがったり、少しずつ落ち始めていた視力が一気に落ちてパソコンの文字やキーボードの文字すらも読めなくなったり、階段を10段ほど登っただけで息が切れてしばらく動けなくなったりするなど、なんとなく今回の肉体の状況は自分の力だけでなんとか回復させるのは難しいだろうと感じ始めましたし、このままでは3次元世界に残るのも難しいだろうとも感じるようにもなりました。

また、この時点では国民健康保険にも入院保険などの保険関係には入っていなかったために、もともと経済的には余裕など全くない状況でしたので、通院するだけでも費用がたくさんかかるだろうと思うだけで、家族の生活の事を思うと、やっぱり自分で今まで通り何とかして行こうという結論に達してきました。

そして翌日には、さらに状況は明らかに急速に悪化してきていて、特にむくみはひどくて背中や顔などに広がり、足は破裂しそうなくらいになって痛みも増していました。私は観念するように妻に通院するために車で送って付き添ってほしいことをお願いしましたが、あの時の安堵した妻の表情は、今も心にはっきりと焼き付いています。

総合病院に行って、入口から入るなり職員に呼び止められ「車いすを使いますか?」と心配そうに声をかけて頂きましたが、「いえ、大丈夫です。」と答えました。「無理をしないように…」と心配そうに言われて見送られるほど、どうやら見た目もかなりの重病人であったようです。

さらに、診察前に血圧を計ってもらってびっくり。なんと血圧が230台もありました。これには計測をしてくれた看護士さんも驚いて、「なんでこんなになるまで我慢していたの…!?」と同情するように、まるで母が子を叱るように、私に対して何度も伝えてくれました。でも、きっと肝臓が悪化しているせいだろけど、アルコール摂取は止めたし(2月中旬頃に急きょ直感的にこれ以上ワインを飲まない方が良いことを強く感じ、同時にアルコール類一切を飲みたくないという気分にもなったので、それ以来、もちろん今も継続してアルコール類は飲んでいません)食事も制限しているから大丈夫だろうと安易に考えていたので、私はとにかく、このむくみだけでもなんとかしてほしいと思っていましたし、まさか自分が心臓が悪いとか腎不全であるとか、ましてや入院することになるなどということは、まったく考えもしていませんでした。

しかし、診察を受ける前に行った血液検査や尿検査の数値はとんでもない結果が出ていたようで、診察を受けるなりお医者様から「すぐにでも入院して治療を受けながら、必要な検査を行った方が良い。」と強い口調で言われ、数値に関していろいろと説明をされましたが、「入院などしたら莫大な費用がかかるだろう…」「私が入院することになったら病室の波動の中で長い時間過ごすことに耐えることができるのだろうか…」と強く思ってもいたので、いくら勧められても、通院でなんとかしていただけないかと、懇願するように私は伝え続けていました。

それではということで、他にもレントゲンや何やらの幾つかの検査を行っていただきましたが、どの結果もかなりヤバい結果でしたし、最後に心臓エコーの検査を行っていただいた頃には、病院に着いたのはAM10時頃でしたが、すでに夕方のPM4時を越えていました。

今になっても、なぜ、あのような大ごとになったのかは覚えていませんし、とてもお忙しい中でいつのまにか5人もの内科の先生方が私の心臓エコーの検査を一緒に見て下さったいきさつも覚えていませんが、先生方が一致した見解であって、私の命を救って下さるために必死になって下さったことは明らかでしたし、実際には神様や守護霊様などの、私を守護してくださっている高次元の皆様が導いて下さったご縁であったのだろうと、後になってしみじみとより強く実感していき、思い出すたびに大きな感謝と喜びの気持ちでいっぱいになっています。

今回の件では命の恩人であり、今も多大なる信頼を寄せている主治医となってくださったK先生が検査を行ってくださっている中、5人の先生方はお医者様としても、愛の大きな人としても私に様々な言葉を伝えて下さり、そのすべては「今、入院して適切な治療をしたり検査をしたりしないと、間違いなく手遅れになるだろう。」ということでした。でも、私は、まるでダダっ子のように、「通院でなんとかならないのか。」「国民健康保険に加入してないので経済的に厳しい。」という2点を理由に、ひたすら拒み続けていました。

でも、心臓エコーの検査した結果を聞いたり、映像で自分の心臓の動きを見せてもらったりしながら、「心臓が通常の半分も動いていない、いわゆる心不全の状態」であることの説明を受けたり、それに伴って「腎臓も機能しなくなり腎不全を起こしている」(むくみの原因は、肝臓が悪いためではなくて腎不全のためと判明しました)とも知り、私は生きている事を選択し、すべてをお医者様と神様に委ねることを選択することに決めて「入院させて下さい。よろしくお願い致します。」と、ポジティブな気持ちで心から感謝しつつ、深く頭を下げて先生方にお願いをしました。この時に感じた清々しいようなとてもポジティブな感覚は、これまでに味わったことのない不思議なポジティブ感でした。

この私の選択を聞いて、ほっと安堵して下さり喜んで下さったある先生からは「神様が与えてくれたラストチャンスともいえる機会だと思いますよ。そう捉えてみてください。」とおっしゃっていただき、あまりにもありがたく私は感じて、涙があふれた状態のまま治療室に運ばれて行った事を、薄れていく意識の中ではありましたが、今でもはっきりと覚えています。

これは、後になってから妻に聞いて知ったことですが、その神様のお話をして下さった先生は、すぐに検査室の外で待っていた妻のもとに行って話をして下さり「手続きは今日中に間に合うようになんとかしてあげるから、今すぐに市役所に行って国民健康保険への加入手続きをするように。」と勧めて下さり、すでにPM5時近かったので、市役所が閉まる直前の時間ではありましたが、その先生が市役所の担当の職員と話をつけて下さったようで、結果的にはその日から有効になる国民健康保険に加入する手続きを完了する事ができ、その日の通院費も、入院費すべても保険のきく状態で治療を受けつことができました。

ちなみに、入院中には6パック(3パックは赤血球のみ)もの輸血を受けたり、多い時には同時に4つの点滴を受けたり、胃の内視鏡検査2回や大腸の内視鏡検査を受けたりするなど、もしも保険証が有効ではなくて実費を支払うことになっていたら、一括ではとても払い切れる金額ではないだろうっということは安易に推測できました。

ちなみに、この健康保険加入に関しましては、過去何年かに遡って保険料を支払う事が条件でして、まだ、今の時点では請求書は自宅に届いていませんので、正確な金額はさだかでありませんが、100万円ほどかかるだろうとのことでした。でも、支払いに関しては、一括で支払う事が難しい際には、請求書が届いた後、具体的にどのように支払うかといった事を、あらためて相談を受け付ける窓口があるので、その際に、分割払いにする等の相談をするようにと言われたそうで、妻は迷いなく手続きしたために、今は手元に有効な国民健康保険証はありますが、お金はまだ支払っていない保留の状態になっていて、請求書が届くのを待っているところです。

そんなこんなでいろいろありましたが、結果的に私自身は、今、こうしてここに在り続ける事ができ、3次元世界で肉体を持ったままアセンションする事を目指す事が許された状況に至っており、感謝と喜びの気持ちでいっぱいであります。

また、レイキの伝授を受けた頃から、少なくとも今回の件の生じる10年ほどの間は、まったくというほど医者にも薬にも頼らずに、自分自身のみならず家族全員の健康をそれなりに維持してきたつもりでおりました。しかし、まるで医者いらず薬いらずでいる事が自慢でもあるような、極端に偏り過ぎた自分自身になっていることに気づき、今は3次元世界に在り3次元世界に存在するために適している肉体を身にまとっているわけですから、もっと肉体を大切にし、お医者様や薬にも必要であれば頼ることや、日本で生きていくには最低限の保障として必要であるだろうと思われるような健康保険は加入した方が、結果的には安心を得られる事ができるのだろうという気持ちに変わりつつあります。

ちなみに、やはり同じく直感的に必要と感じたため、久しぶりに自動車の保険も最低限の保障のみをつけて加入しましたが、それにしても、いつのまにか3次元世界を生きていく中で、ちょっとツッパリすぎていた自分に気づいて反省して改善した…、という感じです。

なんだか話が膨らみ、いつの間にか長くなってしまいました。書きたいと感じるがままに、本当に久しぶりにパソコンに向かって、こんなにも長い時間(約2時間)、集中して文章を打ち続けていましたが、今、急に疲労感がどっと出てきて、気力が抜けてきましたので、ここで今回の内容は終了とさせていただきます。

長々とまとまりのない文章で、たいへん失礼しました。お読みいただきまして本当にありがとうございます。私自身は、休まずに一気にこんなにもたくさんの文章が打てたことに、正直言いまして、今、たいへん驚いています。実際に、つい最近まで、キーボードを打とうと思っても手が震えてうまく打てなかったり、まだ視力が完全には回復していないために文字がぼやけて見えたり、長い文章を読む気がしなかったり、読んでいても途中で疲れちゃってやめたりしていましたが、今回は休憩することもなく、これだけ長い文章を一気に書き上げる事ができましたので、この先も、こうしてブログを掲載し続けるための自信はつきました。

そして、何よりも、直に皆さまに対して、このような拙い文章ではありますが、また再びブログを通して伝える事ができるのを、心から感謝しつつ喜びと充実感でいっぱいです。

まだまだ書きたいことはありますが、今度は何日先になるのかは今の時点ではわかりませんけれども、私が書きたいと感じた次の機会にも、またお気が向かれましたらお読みくださいませ。

あらためまして、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

本当にありがとうございます。

心より深く感謝しております。

タエヌ 

2012年5月16日 AM11:40


《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







日記

タエヌのその後の状況 ~タエヌの妻atumiより~

2012年05月10日
おかげさまでタエヌ(主人)は退院することができて自宅療養中です!

4月20日に当ブログにてお知らせしましたように、タエヌは4月13日(金)に急性の心不全及び腎不全と診断を受けて、総合病院に緊急入院をしました。入院して一週間程経った時点では、最低1ヶ月以上は入院が必要だろうと主治医に診断されていましたが、20日(金)に当ブログにてタエヌの現状を掲載しました頃から、一気に病状が良くなりはじめました。ブログをご覧になった応援してくださっているたくさんの方々が、愛(光)をめぐらせてくださったおかげだと感じております。私たち家族からみても明らかでしたが、タエヌ自身もそう感じていたそうです。ありがとうございます。心より感謝いたしております。

4月26日(木)に、急きょ、デスクワーク等の仕事も一切しないようにして安静にしてできるだけ寝ている事や、食事制限等の入院中に送っていた生活に近い状況を2週間自宅で続けて、2週間後に必ず通院をして検査と問診を受けることを条件に、一時的に退院しました。

昨日5月9日(水)に、その2週間後の検査と問診がありましたが、結果はすべて順調に回復してきているとのことで、デスクワークや外出して散歩をすることなど、心臓に大きな負担がかからない普通の生活をする事が許されました。(急きょ退院した事や、皆さまへの感謝の気持ちなどをこのようにブログに掲載する機会が遅くなってしまいましたが、このまま自宅療養をするか、再入院するかなど、この先の見通しや実際の病状が、この検査と診察によってある程度分かるだろうということから、昨日の検査日を待って、このように、本日報告させていただくに至りました。)

主治医の先生はとても信頼のできる愛の大きな方で、今回の件では、特にお世話になった命の恩人とタエヌは思っておりますので、病状が回復して安定するまで、とにかく全面的に従っているようです。

ただし、まだタエヌ本人の体力は一ヶ月も寝たきりの生活をしていてかなり落ちているので、少しずつ体を慣らしていく必要を感じているようですし、握力がかなり弱っていたり手が時々震えたり気力が持続しなかったりするなど、これまでのようにパソコンを使っての操作が、まだ、思うようにできないようです。つきましては、来週いっぱいをかけて、タエヌ本人がリハビリも兼ねて無理のない程度に、皆さまへの感謝の気持ちや現状報告や今後の活動予定などを、あらためてブログに掲載するために書く予定でいるそうです。

また、ホームページ(アセンションスペースシューリエ)のお仕事は、今月の第4週(5月21日)あたりから無理のない範囲内で一部の内容に関しまして再開を予定しています。(ただし気力・霊力・体力を多く使う守護霊様・前世リサーチに関してはもうしばらく様子を見てから承っているご依頼のリサーチを開始する予定でおりますので、もうしばらくお待ちくださいとのことです。)

このたびは病院でお世話になった先生方や看護士さん、そして、当ブログをお読み頂いた皆様方がめぐらせてくださった、たくさんの愛(光)によって主人は命を救われ、思ったよりも早く病状が回復しつつある事に対して心から感謝している次第です。また、たくさんの励ましのメールや心温まるメール、お見舞い・ご支援などを頂きましてありがとうございました。とても励まされ感動したくさん泣きました。本当にありがとうございました。

前回のブログに引き続き今回もタエヌの妻atumiが書かせていただきましたが、何分、ブログを書いたのは今回が初めてのことですので、拙い文章ではありますが、少しでも状況をお伝えする事ができ、感謝の気持ちを表したいとの思いで書かせていただきました。次回からは、さらに回復したタエヌ本人がブログを書くことができるようになると思いますので、私が当ブログに内容を掲載するのは、これで最後になると信じています。

お読み頂いた皆様には心より感謝いたします。ありがとうございました。

タエヌの妻 atumi
日記

東日本大震災後に見られる仕事観・人生観の変化

2011年10月27日
以下に紹介いたします内容は、すでにひと月ほど前のyahooのトピックスに掲載されていた、雑誌「プレジデント」に掲載されていると思われる内容です。

今になって、ふと、ここで紹介したいとわくわく感じましたので、抜粋して引用した内容を紹介させていただきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~仕事観、人生観……震災は人をどう変えたか~

*プレジデント(雑誌)が9月28日(水)10時30分配信した内容より、抜粋して引用させていただきました。

《大震災後に見られた仕事観の変化》

東日本大震災を契機に、多くの日本人が自らの働き方を見つめ直し始めた。アンケートの結果を基に、どのような価値観が重視され始めたのか、震災後の労働観の変化を考察する。

■7割が家族との時間を重視し始める

東日本大震災後実施されたアンケート調査で、多くの人の仕事観や働くうえで求めるものに変化が起こっていることを示唆する結果が出ている。アクサ生命保険が、震災3カ月後に行った20~50代までの生活者約1万人を対象に行った調査があり、ここでは大きく3つのパターンが観察されている。

第一が、安心・安全などの重要性が認識されたことである。例えば、自分や家族の将来に不安を感じると答えた人が70%を超えており、さらに日本という国についての不安を感じる人はさらに多く、約80%である。また、その逆の動きとして、自分のことは自分で守るしかないという自分頼みの傾向が観察されている。

これに対して、アクサ調査で見ることができ、その後の調査でも観察される第二の変化に、社内での評価や処遇への関心の低下と、「家族・家庭」への強い志向がある。例えば、アクサ調査で震災前と後の変化を尋ねたところ、働くうえで高収入が重要だと答えた人が10%以上減少し、社内での出世や昇進などを重要視する割合も5%程度減少している。逆に増加しているので目立つのが、家族の近くで働ける仕事の重要性である。数字としては5%程度の増加ではあるが目立っている。

他の調査でも同様である。転職支援会社ビズリーチが、同社に登録している会員約1300人を対象に行った調査では、震災後に「ワークライフバランスを考え、家族とのプライベートな時間も大切にするようになった」と答えた回答者が65%もいるのである。明らかに仕事で重視する要素として、「家族のためになる」、または「家族と一緒にいることができる」という点が強調されているのである。

本誌(雑誌プレジデント)が行った調査でも、震災後、家族と過ごす時間が増えたと答えた回答者(既婚者のみ)は69%である。企業の節電対応のなかで必然的に家族と過ごす時間が増えた人もいるだろうが、多くの人が、震災後、家族との時間を重視するようになった可能性がある。

■社会貢献への意識が2倍以上増加

そして第三の傾向が、仕事の内容に関して、他人や社会への貢献や自己実現といったやや青臭い要素が重視されるようになったことである。この点は、先にも述べた高収入や昇進・出世などへの関心の低下と際立ったコントラストを見せている。どの調査を見てもほぼ同様に、仕事の社会的意義や社会的貢献、または自己実現が強調されているのである。

例えば、JTBモチベーションズが大震災から2カ月後の5月中旬に約1000人を対象に行った調査では、「社会に貢献する仕事をしていきたい」という回答が2010年12月の調査に比較して2倍以上に増えており(11.8%→27.4%)、また役職が高いほどこうした意識は強い(部長クラスで37.8%)。

同様の結果は、本誌調査でも強く見られ、1年ほど前の調査に比較して、モチベーションの源泉として「社会や他人への貢献」を挙げる割合がほぼ2.6倍増、「仕事自体のおもしろさ」を挙げる人がほぼ1.5倍増である。本誌調査は、他の調査に比べて時期が新しいので、こうした傾向が比較的持続していることがわかる。

いうなれば、仕事観や働き方についての考え方は、震災直後大きく安全・安心にふれたがその後その傾向は弱まり、そのなかで家族や家庭志向、そして社会貢献志向、社会に役に立つことによる自己実現が強いまま維持されたということかもしれない。仕事観のなかで新しく重要になってきたキーワードは、家庭・家族、他人や社会への貢献、自己実現などだろう。

ここに示したような傾向がどこまで維持されるかは、時間がたたないとわからない。だがひとつ言えることは、今回の大震災直後、多くの日本人が、自分たちの働き方について少なからず疑問をもち、「何のために働いているのか」を問いかける瞬間を経験したのは恐らく間違いない。自らの働く意味についての小さな問いが生まれた、という言い方でもいいのかもしれない。

いうなれば、これまで多くの人が何を求めて働くのかをきちんと考えることなく、なんとなく会社と仕事を選び、会社に入ってからは企業が提供する昇進や処遇を、自らの目標だと定めて職業生活を過ごしてきたのが、今回の震災はそうした選択で前提としていた大切なものを疑わせる結果となったのだろう。

またはこれまで薄々感じていた自分のなかの仕事観の変化が一挙に顕在化したのかもしれない。ここしばらくワークライフバランス議論などを通じて、仕事生活における家庭や家族の重要性が指摘され、また社会的貢献の意義などについても強調される環境で、一人ひとりに少しずつ染み込んでいたものが、大震災で一挙に現実感を帯びたのである。

やはり、仕事はカネのためにやるのでは意味がなく、家族のためや、社会に貢献するためにやるのであった……。少しずつ蓄積されていた変化が一挙に凝固したのかもしれない。

ちなみに、内閣府の世論調査によると、「何か社会のために役立ちたいと思っている」と答えた人の割合は、1990年代以降に急上昇している。80年代は軒並み4割程度だった社会貢献意識が、91年のバブル崩壊後に63.9%まで上がった。

その後は、08年まで60%台後半を維持し、10年には65.2%と若干低下したものの、全体的には高い傾向が続いている。社会貢献欲求の高まりにも予兆があったのだ。

*上記の内容は、プレジデントが9月28日(水)10時30分配信した内容より、抜粋して引用させていただきました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







日記

心よりお見舞い申し上げます。

2011年03月12日
地震に関する情報を見るたびに、

あまりのたいへんな状況にただただ、

被害がより少なく済みますよう、

これ以上被害が広がらないように、

心よりお祈りするばかりです。


また、お亡くなりになられた方々には

心よりご冥福をお祈りいたします。


今の私にできることは…


被災されている方々や関係者の方々へ、

とにかく少しでもよりポジティブな状況になりますよう、

愛の光・癒しのエネルギーを送ること。

そう思っています。


そして私個人の送る光よりも、

同じように感じられる同志のみなさまの光も合わさり、

集合意識・集合エネルギーとして送れば

さらに多くの光を送ることができます。


「愛の祈り」

~愛の気持ちを強く抱いて願うこと~


今回の日記のみ、

コメント欄を開いております。


被災されている方々、ご関係されている方々が、

とにかくよりポジティブな状況に至りますよう、

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするためにも、


祈りに乗せて何かメセージも送られる方、

思いや願いや読者様のご状況などを掲載していただける方には、

コメント欄もご活用いただけましたら幸いに思います。


愛の祈りによる光が

さらにたくさん届きますよう、

心より祈念いたします。


☆ここからは個人的なことですが…

釜石のくるみさ~ん!

八戸のまり子さ~ん!

たいへんなことになっていますが大丈夫ですか~!?

頑張って下さいね!

ご家族皆様のご無事とご健勝を心より祈念しています!!


日記

わくわく☆なう

2011年02月24日
今月の初め頃から「タエヌのわくわくひとりごと☆なう」を、もう1つのブログとして書き始めましたが、当初はちょっと気軽に、書きたい時に書こうと思っていたのが、今は新しい内容を書く際に、わくわく感が湧きあがった際には、常にこちらを開いて書くようになっています。

そこで、‘過去のブログの内容の改訂版’と‘石垣島ダイアリーに’関しましては、これまで通りに当ブログに掲載し続けていきますが、今の時点の気持ちとしては、このまま☆なう☆に湧きあがったことは、もう1つのブログに掲載することを続けていこうと思っています。

今後とも当ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」をどうぞよろしくお願いいたします。

合わせまして、よろしければもう1つのブログ「タエヌのわくわくひとりごと☆なう」にもお立ち寄りいただければ幸いです!

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわくひとりごと☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。ここには、たわいもないようなことや、ちょっとした気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、気の向くままにさらりと書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





日記

~AM10時30改訂版「解決しました!」~ アセンションスペースシューリエのホームページに関して

2011年02月10日
今朝6時台に以下の内容をお知らせしましたが
先ほどAM10時30分頃、無事に解決しまして
アセンションスペースシューリエのHPが公開されました。

大変失礼いたしました。
今後はこのようなことの内容に気をつけます!

ほっとひと安心&大反省!のタエヌでした。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

アセンションスペースシューリエのホームページが、2月10日AM6時現在、アクセスしても開けない状況になっています。アクセスすると、私とは全く関係のない、違うインフォメーションの画面が出るようになっていました。

今朝4時半頃に気がつきまして、原因を探ってみましたら、ドメインの契約更新をしていないことが要因であるだろうと思われ、現在、手続きを進めている状況です。

つきましては、10日(木)の本中には回復する予定で作業を進めておりますことをご了承くださいませ。ホームページを開いて見られるようになりましたらまた連絡いたします。

アセンションスペースシューリエのホームページをご覧いただこうと思われた方や、実際にアクセスしていただいた方には、大変ご迷惑をおかけしておりまして申し訳ありませんが、ご承知置きいただきお待ちいただけますようお願いいたします。

アセンションスペースシューリエ タエヌ
日記

タエヌのわくわくひとりごと☆なう

2011年02月03日
1週間ほど前になりますが
いつものように夜9時少し過ぎには寝床に入りましたが
なんだかとてもわくわくしてしまい目がさえて眠れませんでした。

そのわくわく感じたこととは
このたび紹介させていただきます
「タエヌのわくわくひとりごと ☆なう☆」を書くことです。

そこで私としては珍しく
みんなの寝静まった夜中にパソコンを開いて
アメブロに登録しましたところ
それで満足してしまったようで
急な睡魔が訪れたので無事に眠ることができました。

そして今日
あれ以来となりますがそのページを開きまして
ついに今、「これから始めま~す」というような
簡単な挨拶の内容を書き終わって公開したところです。

いつまで続くのかはわかりませんが
わくわく感に乗じて始めてみましたので
お気が向かれましたらお立ち寄りくださいませ。

タエヌのわくわくひとりごと☆なう
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/


日記

2つのお知らせ

2011年01月28日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼の受け付けは、受付再開当初より限定でお受けする旨をお知らせしておりましたが、本日28日(金)中、もしくは遅くとも明日29日(土)の夕方頃までには締め切らせていただきますことにしました。ご依頼の受け付けを締め切り次第、アセンションスペースシューリエのHP「守護霊様・前世リサーチ」のページにご依頼受け付け終了の旨の文章を掲載いたします。ご承知おき頂けますようよろしくお願いいたします。←《1月29日午前11時30分をもちましてご依頼の受付を締め切らせていただきました。》

☆今、参加しております「人気ブログランキング」の参加は、明後日30日(日)の朝までとさせていただく予定です。これまでにワンクリックのご協力を頂きました皆さまには深く感謝しております。ありがとうございました!解約するまでの残りはあと数日間ですが、よろしかったらそれまでの間もさらなるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





日記

今はまだここにいさせていただきます

2011年01月18日
ブログのランキングに参加してから、まもなく1ヶ月が経とうとしています。ランキングへの参加当初は、年末年始限定で参加するつもりでいましたので、その旨を当ブログに書きましたが、私が参加させていただいている人気ブログランキングのヒーリング部門は、やわらかくて温かい波動のブログが多いように感じますし(私は他の方のブログをほとんど読んではいませんが、雰囲気としてそのように感じています)、とても居心地がよく、ご縁も広がっていて嬉しいですので、今はまだこのままここにいたいな~と思っています。

これまでにランキングへのワンクリックのご協を頂きました皆様には、深く感謝しております。そして、今後もお気が向きましたら、ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ









日記

なんだかまたまたはじめました…。

2010年12月21日
今年の4月半ばに、短期間ではありましたが登録していたブログのランキングを解除して、「私にはブログランキングは合わないから、たぶんもう2度とこのようなランキングのようなものにはあらためて登録はしないと思います…」と、当ブログに掲載しましたが、あれから約8ヶ月経った1,2週間ほど前から、性懲りもなくまたまたランキングに参加しようかな~という気持ちが湧きあがってきまして、ついに今日、まるで突発的な行動ともいえるような感じで、無のような感覚の中で前回と同じ2つのランキングに登録している自分がありました。

直感的?エゴ?…根本的な意味合いはなんだかはっきりとはよくわかりませんが、ランキングに参加することによって、新たなるご縁が広がるのを期待していることや、きっとどなたかが待っていてくれているのだろうと感じていることだけは確かです。

とにかくこの今あるわくわく感の意思に従って動いてみて…この先にどうするのかは、その時の自分が決めるわけですが、今の時点では年末年始の限定で、来年2011年の1月11日あたりまでを目安に参加することにしました。

そんなわけですので、1年以上前から当ブログを読まれている方からすれば、昨年の秋と今年4月に続いて3度目の参加となりますので「なんだ、またか~…」という感じに思われる方もいらっしゃるでしょうけど、もしお気が向きましたら…

☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/



日記

アセンションスペースシューリエHPの一部をリニュアルしました

2010年10月21日
今日は、それなりに時間をかけて、アセンションスペースシューリエのホームページの一部をニュアルしてみました。

月末の大祓いの受付期間を延ばしたり、ご依頼フォームやパワーストーンのご注文フォームを作成したりしました。でも、必要項目をコピーして貼り付けていただくだけですので、以前よりもご依頼やご注文のお手数を、ほんの少しだけ軽減することができる程度かと思われますが…。とりあえず、今できることはこんなことくらいでしたのでやってみましたが、明日また時間があったら、もう少し改善できることがあれば行いたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

クリックして投票していただく3つのランキング参加をやめました…またまた反省!

2010年07月05日
んっ・・・
何かおかしいぞ~・・・
って思いだしたのは10日ほど前のこと。

やっぱりいつもと違う
いつもは感じられないような
なにかのネガティブなエネルギーが私に向けられ

薄い膜のような感じで覆われたり
時にはダイレクトで向けられたり・・・。

特にここ3~4日間はそれをはっきりと感じ・・・

昨日はその要因がはっきりとわかりました。


やっぱりな~と思いつつ
今回もわくわく感に従った結果だから
まったく後悔はしませんし
今回もポジティブな学びになったからいいや~と感じつつ

まだまだエゴが強く
自分自身のネガティブさを感じて
大いに反省している次第です。


順位が上がれば上がるほど
順位が下がった一部の人から送られる
妬みや勝ち負けを競うようなネガティブな波動。

人気投票のようなことに参加したために
評価や見定めを受けてしまっている波動。

他から評価を受ける場を選択したのだから
他から評価を受けて当たり前のこと。

他者をジャッジすることはネガティブなことであると
あれだけ自分自身で分かっていて
皆さんに対してもできるだけそうしないことをお勧めしているのに

他者にジャッジされることを選択して
当然のごとくジャッジを受けている今回のこと。

やっぱり自分ってまだまだだな~!と
今回の件でも強く実感し反省しました。


現状をポジティブに変換させるための
解決策は簡単なことでして…
そのような場から身を引くことを選択し実行すること。

つまり「しばらくは続けますよ~」なんて
まるで宣言のようなことをした
ブログのランキングへの参加を止めればよいということ。

とても簡単なことなので
もうやめることにして
たった今、実行しました。

すぐには反映されないかもしれませんが
クリックして投票していただく
今回参加した3つのランキングから
当ブログはまもなく姿を消すことになります。


何度繰り返せばわかるのだろうと
自分に対して問いかけてしまいますが
そのつど新たな学びを得られたのだからと
ポジティブに捉えるだけ。

ただしもちろんこの代償としての
負のカルマはすぐに解消できるわけではありませんから
すぐにすっきりするわけではないことも承知していますし

これまでの間にポジティブな思いで
ワンクリックにご協力いただいたり
共にランク上位にあることを喜んでいただいたりした皆さまに対して

とても申し訳なく思ってもいることも事実ですので
深くお詫びいたします。

そしてご協力いただきました皆様
本当にありがとうございました!


でもとてもポジティブなこととして大きなことは
今回このようにランキングに参加したことによって生まれた
新たに出会えることができた皆さまとのご縁の広がりです。

こうしてランキングに参加したことをきっかけとして
新たにご縁をいただいた皆様には
心よりご縁を頂いたことに感謝しております。

そしてすべての読者の皆様へ
お読みいただきご縁をいただいていることに
あらためまして深く感謝の意を表するとともに

わくわく感に従ってこの先もブログを書き続けますので
お気が向きました時にはお読みいただければ幸いですという
タエヌの願いを伝えさせていただきます。


直感に従いつつ
それなりに深く考えて行動しているつもりでいますが
このランキング参加の件に関しましてはここ1年ほど
コロコロ変わってしまっていることに
本当に反省を繰り返している次第です。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html









日記

メールアドレスについて

2010年06月03日
これまでにも何度かお知らせをいただいたことがありましたが、私のホームページ「アセンションスペースシューリエ」より、私にご連絡をくださるためにメールを開こうと思っても開くことができない方がいらっしゃるようです。結果的にお手数をおかけしたりご迷惑をおかけししまった皆さまには心よりお詫びいたします。

迷惑メール防止のために、ホームページにはアドレスを掲載せずに、メールの絵にリンクさせていますが、もし、メールアドレスをメールの絵から開けないような場合には、お手数をおかけしますが、次のアドレスまでお願いいたします。

shuwrie1
から始まり
@をつけて
以下はfeel ドット
ocn ドット
ne  ドット
jp

なんだか変な書き方になりましたが、迷惑メールはメールアドレスをそのまま書いてあるものを自動的に探索して送られるために、アドレスをそのままブログやHPに掲載するのは危険であると、以前アドバイスをいただきましたので、上記のように書いてみました。

よろしくお願いいたします。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

今日掲載したいと思ったこと 

2010年05月04日
以前妊娠中にレイキの遠隔伝授1~3を受けて下さった方から
つい先日にメールをいただきましたが
無事にご出産されたとのこと。

3ヶ月になる可愛い赤ちゃんの写真も添付してくださいましたが
時々マイケルジャクソンのようにシャウトしながら
元気に育っているようです♪


また、4月中ですが
レイキの遠隔伝授を受けて下さった後に妊娠され
つわりのきつい頃には遠隔ヒーリングをご依頼いただいた
海外に在住する方からメールをいただきまして
つわりもあさまってきて
お腹の中の赤ちゃんもご自身も
順調に健康でいらっしゃるとのことでした。


先日お子さんの遠隔ヒーリングのご依頼をいただいた
小学生のお子さんのお母さんからのメールで
医者には原因不明とされていた心身の不調が
遠隔ヒーリングを1週間受けていただき
その間に徐々に改善されたようで
しばらく学校にも行けなかったのが
登校できるようになったとのことでした。


また、4月の大祓い終了直後にいただいたメールでは
「アセンションするまで月末の大祓いを
継続してお願いしようと思っています」
というような内容を書いてくださった方もいらっしゃいました。


他にもありがたいメールを何通もいただきましたが
レイキの遠隔伝授をお受けいただいたり
遠隔ヒーリングをお受けいただいたりした皆さまから

特にここひと月くらいの間に
上記のようなメールをいただいたこともありますし

私も妻もとても嬉しくなり
今のお仕事をしていて本当に良かったと
心から感じて幸せな気持ちになる温かいメールをいただく機会が
なんだか以前よりもさらに増えてきたように感じています。

(メールをいただいたのに、まだ返信をする機会が作れずに返信していない方々もいらっしゃいまして申し訳ありませんが、近日中にメールします)

また今世でも以前からご縁をいただき
何度もメールのやり取りをしたり
サポートもしていただいたりしている方で

魂同志のお付き合いは
はるか昔から続いている
今世は日本人として転生している女性から
先日いただいたメールを読んで
なんだか私は素直に納得したことがありました。

以下はその同志の女性からいただいたメールの内容の
一部を転載しました。

☆~ ☆~ ☆~ ☆~ ☆~

昨晩めずらしく眠れずに思っていたことは
タエヌさんのお仕事への設定金額の事です。
失礼を承知で言わせてください。

お金はエネルギー
波動のひとつですよね。

そのエネルギーはよいエネルギーと
循環させてまたよいエネルギー
波動として人と人とを繋いでいく。

エネルギーでもある波動は高いほうがよいことのほうが多い。
そう考えると、タエヌさんはご自分のエネルギーでもある波動・パワーを
あまりにも低く設定している。

もちろん宇宙のエネルギー・波動もあるとおもいますが
タエヌさんや奥さんの波動だから
癒される、助けられる、救われる方々がいると思うんです。

今どんなヒーリングでも1回最低3000円以上しますよ。
もっと金額を上げてもいいんじゃないでしょうか?
私の想いはこの拙い文章で伝わったでしょうか?

☆~ ☆~ ☆~ ☆~ ☆~

私たち家族が最低限の必要に満たされた
普通の実生活を送るために必要な生活資金は
実際に現段階では足りていません。

公共料金等の支払いが滞ったままで
支払期限が過ぎた振り込み請求書が幾つもあります。

でもまだ今現段階の時点では
再請求を受けるとか電気や電話等の
生活ラインの何かを止められるとかといった
ネガティブな状況には至っていません。

でも、このような経済状況が続き
最低限の日常生活を家族が送ることができなくなれば

私はその必要に応じて
今理想としてここまで積み重ねてきた
私なりにポジティブに感じていたお仕事や

理想とかスピリチュアルな根本とかと私なりに感じていた
今送っているスピリチュアルライフを変えてでも…

ブログにはこうして現実的なことと感じて
理想やスピリチュアルなことを書き綴ってきたりしたことや
アセンションスペースシューリエのお仕事を
たとえ終わりにしてでも…
たとえ後戻りしたとしてでも…

家族のために
第一の目的がお金を得るためと設定して就労し
実行してもよいとは常に思ってここまできました。

今の状況の中で
私が家族を犠牲にしてまでも
理想を貫くなんてことにはわくわくしませんし

今の時点の基本は自分の幸せでもあり家族の幸せでもあります。
今の素直な気持ちとしては
家族の幸せなくしては今の自分の幸せはないと思っています。


そんなふうにいろいろと思う中で
やっぱり最高にわくわくすることは…

今のお仕事をこれまで通りに
わくわく感に従ってポジティブな思いの中で続けつつ
家族が最低限の必要に満たされた生活を送ることです。

これまで通りに最高のお仕事と感じている
今行っているようなことを
できる限り続けていきたいという気持ちは
強くわくわく持ち続けています。


先ほど紹介しました
知人からのメールを読んで
私や妻なりに感じた思いや気づき等からも

今のお仕事を続けつつ
これまで通りに家族が
経済的に最低限の必要に満たされた実生活を送るためにも

結論としましては
月末大祓いの料金を
5月分から2500円と設定することに決めました。

また遠隔ヒーリングの料金を
これまではご依頼者様にお任せしていましたが
当所で金額を設定しました。

もちろんこれまでに
ご予約のご依頼をいただきました皆さまに関しましては
すでにご入金頂いております料金にて
ご依頼をお受けしておりますことからも
追加で料金をお願いするようなことは決していたしませんことを
ご了承くださいませ。


もし必要に感じられご依頼いただきましたら
これまで通りに感謝とわくわく感の中で
私や妻なりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html




日記

ご協力いただきましてありがとうございました!

2010年04月15日
なんとな~くわくわくしたので
以前少しお世話になっていた
ブログ村とブログランキングに登録してみましたが

やっぱりあまりわくわくしなくなりましたし
私にはあまり合わないこともはっきりとわかりましたので
ランキングへの登録を解除しました。

たぶんもう2度とこのようなランキングのようなものには
あらためて登録はしないと思います。
今回もとても貴重な経験と学びをさせていただきました。

短い期間でしたが
ご協力いただきました皆様には深く感謝いたします。

ありがとうございました。

引き続きタエヌのスピリチュアル日記は
わくわく感に従って書き続けますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

タエヌ

日記

新しい生活がスタートしました!

2010年04月03日
31日の最終的に家を引き払ったり車を港で預けたりする作業は、思いもよらないほどにいろいろとやるべきことがあったために、なんだかせわしない感じの心持の中で終え、羽田空港を経ちました。ちょっと疲労が重なったためか、飛行機の中のエネルギーがとても重く感じられましたが、そんな中で、普段ほとんどわき上がらないような、ネガティブな思考が何度も表れました。

「いすみの家に忘れ物はないのか…?」というような小さなことや、「本州で何かやり残したことはないのか?」といったどうしようもないこと。また、「石垣島へ移住を完了するまでのお金はなんとかなるけど、少し先の生活費すらほとんどないのに大丈夫なのか?」といったような、考えてもどうにもならない取り越し苦労などなど、消しても消しても、ポジティブに変換したつもちでいても、悶々とした状態で繰り返し頭の中を渦巻いていました。

ところが、那覇空港に到着して空港のロビーの椅子に座った時、まるで一気に霧が晴れ渡ったような清々しい気持ちになっていて、「ここまでスムーズにこれたのだから・・・なんくるないさ~!(沖縄の方言で‘なんとかなるさ’という意味)」と100%感じて落ち着きました。あとは、前を前を見続けて、そして足元もしっかりと見据えて、今まで通りに自分のわくわく感に従って歩き続けるのみ!と、気を引き締めて波動が一気に高まるのを感じました。

20100403142434.jpg

~今(PM2:30)新居のベランダから撮影した東シナ海の景色~


石垣空港に到着したのは31日の夜遅くでしたが、その日は宿に宿泊したので、実際に今の部屋に住み始めてから、今日で3日目となります。

石垣市川平での住いは4階建ての小さな賃貸マンションですが、2階の2DK(8畳ほどのDKと6畳2部屋で押し入れは1つ)と3階の1K(11畳ほどの部屋と収納スペースはなし)を借りました。前に住んでいた貸家よりも家賃の合計は少し安いのですが、広さは半分ほどになってしまったので、荷物が多すぎてうまく収まっていません。ですから、寝るスペースを確保するために、ソファーとテーブルとテレビ台を寝る直前に移動してスペースを作っているような状況ですが、なんといっても念願の石垣島へと身を置いて生活しているわけですから、このような狭くなってしまったというような程度のことは、まったく苦にはなっていません。


今、パソコンに向かっている部屋からは、東シナ海がよく見えます。今日は少々波があるために、常に小さな波の音が心地よく響いてきます。海岸から家までの距離は400~500m程度ですが、家は15mほどの高台にある2階なので、50mほど離れた所に立っている電信柱以外に視界をさえぎる物はまったくなく、海まで続く草原や木々と何軒かの家を見おろして、その先は東シナ海の美しい海になっています。

今日の石垣島は朝から小雨が降り続き、北東の風が時々強く吹く中、気温も現在22度ほどですから、今の時期の石垣島としては、かなり低い温度になっています。でも、旅立つ時に真冬のような寒さとなっていた千葉から比べると、別天地でもあり、大きな気温のギャップを感じないですむために、とっても心地よく感じています。きっと、島での生活に慣れると寒く感じるかもしれませんが、私は今日も一日中真夏のように半袖の服一枚と膝上のハーフズボンで、朝から過ごしています。

今日は朝の8時半頃に家を出て、まだシュー(長男高2仮名)は島の北部に行ったことがないので、北端の平久保崎の灯台まで行ってから、反対の南側にある島の中心地まで、生活用品や食料品の買い出しに家族で出かけました。

朝、家を出て数キロ進んだところで、国の天然記念物‘カンムリワシ’に出会いました。すでにこれまでの間、10羽くらいは見ているのですが、毎回なんだかとても感動します!

DSC00896_convert_20100404081900.jpg

~国指定特別天然記念物 カンムリワシ 4/3 8:30撮影~


今回の移住に関しましてのここ一月半ほどの間、私はいつも通りにスピリチュアルなことと3次元的なこととの両面を自分なりにバランスを保って過ごしていたつもりですが、やっぱりこのような家族の大移動となると、実際には思考や作業等の3次元的なことが多くウェイトを占めていましたし、体力と気力をたくさん使いました。

でも、どうやらやっとそのような作業が落ち着き、本日の昼食後あたりから、以前までのようなスピリチュアル重点モードに急激に傾いてきたようで、以前と同じように、高次元の独特な音やエネルギーを強く認識するようになってきました。まずは、2日後の4月5日の大祓いに向けて、自分自身をどんどん高めている次第です。


明日からのタエヌのスピリチュアル日記は、基本的には3本立てで書く予定でいます。

1本は、石垣島での生活日記です。石垣島の生活や様子など、写真をまじえて石垣島に関しての様々なことを記載します。この内容は、ほぼ毎日掲載する予定でいます。

1本は、過去に私がブログで掲載した内容の中で、その日に再度掲載したいと感じた内容を転載します。この内容は毎日掲載する予定でいます。

そしてもう1本は、スピリチュアルな内容、チャネリングによるメッセージ、お受けしたご質問等、これまで通りにその日に書きたいとわくわく感じたことが湧きあがった場合には掲載します。

今後ともタエヌのスピリチュアル日記をどうぞよろしくお願いいたします!

20100403142459.jpg

~今(PM2:30)新居のベランダから撮影した川平湾と川平の小高い山々~







日記

メールアドレスが変わりました

2010年04月02日
今、やっとパソコンのインターネットおよびメールの回線が開通して通常に戻りました。そのことで、取り急ぎのお知らせをいたします。

引っ越し先ではこれまで利用していたyahooが利用できない環境にあっために、これまで使用していたメインのybb.ne.jpのメールアドレスの使用ができなくなりました。つきましてはお手数をおかけしますが、もしメールを頂けるようでしたら、アセンションスペースシューリエのホームページに新しいアドレスを載せてありますので、新しいアドレスからご連絡いただけますようお願いいたします。突然の変更により、ご迷惑をおかけしてしまった方には、深くお詫び申し上げます。

先ほどまでにいただいたメールは届いているかと思いますので、ご依頼等でメールをいただきました皆様には、明日中に返信いたします。もし、メールのご依頼等をいただいているのに、明日中に返信がされていないようでしたら、何かのトラブルがあったかもしれませんので、お手数をおかけして申し訳ありませんが、再送信をお願いいたします。

あらためまして、どうぞよろしくお願いいたします。








日記

石垣島へと旅立ちます!

2010年03月31日
現在3月31日朝5時、千葉県いすみ市の自宅で過ごす最後の朝を迎えました。とてもすっきりとした清々しい気持ちです。

午前中に、残しておいた荷物を車に積んで家の掃除をし、不動産屋の立ち合いで貸家のチェックをした後、いよいよ石垣島へと旅立ちます。

車を有明の港に持ち込んでからの出発となり、ペットのウサギとインコの輸送もあるために、飛行機の出発は午後3時過ぎになりますので、石垣島に到着するのは夜9時近くになりそうです。引っ越し作業が始まってから昨日まで、ずいぶんと肉体労働をたくさんしてきましたが、今日も少々肉体的にハードな一日になりそうです。

こうして、いすみの自宅でブログを書くのも書き納めとなります。次回からは、沖縄県石垣市よりブログを発信します。石垣のエネルギーの元、どのような生活が待っているのか、何を書くのか、とても楽しみです!





日記

荷物を運び出しました

2010年03月26日
昨日25日に、予定通り引っ越しのための荷物の運び出しを無事に終えました。4トン車と2トン車の2台分の荷物を、引っ越し業者の8人のスタッフで手際よく運び出してくれましたが、4時間ほどかかる作業となりました。荷物はこの後、船で約1週間かけて石垣島に運ばれて、31日の午前中に新居に到着する予定です。

私と長女は31日の朝まで、千葉に残ります。妻と長男、次女、3女は、29日の朝に石垣島へと向かいます。ですから、荷物がほとんどない状態の我が家で、私とグミはまだ1週間程すごすことになります。

何年か前にホームセンターの安売りで購入した、まん中にパラソルが立つようになっている折り畳み式の4人用のイスとテーブルで、よく海岸や運動会の見学などで使用していたものが、1週間ほどの間は我が家でメインの食卓になります。パソコンもこのテーブルで打っています。デンプは、何だか海に来ているみたいで楽しい!と言っていました。荷物を出したあとの我が家はとても広く感じますが、デンプとアマンダにとっては格好の遊び場となっています。

今日から28日までの3日間は、両方の実家やら神社などへのあいさつまわりをします。もうきっとアセンションするまでの間に関東に来ることはないのだろうと思われますので、これまでお世話になったことへの感謝の意をこめて、3日間を尽くしてくる予定です。

私とグミは、31日の朝に、残しておいた荷物を車に詰め込んで不動産屋の立ち合いにより家をチェックしてから家を明け渡した後、車を有明の港に持ち込んで輸送をお願いしてから、午後の便の飛行機で石垣島へと向かいます。いよいよ~♪という感じで、心から超わくわくしています!

パソコンは、31日の午前中まで今の家で使えますし、31日の午後からは石垣島の新居で使える予定になっています。でも、ここ数日間は、引っ越し準備等のために落ち着いてメールをできる時間や波動を保てなかったので、メールをいただいた方にはほとんど返信をできずにいましたが、今日の親類へのあいさつまわりが終われば、明日からは落ち着いてメールを書くことができる予定ですので、2,3日中には必ず返信いたします。誠に申し訳ありませんが、お待たせしてしまっている皆さまにはご了承いただければ幸いに思います。









日記
 | HOME | Next »