04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

出雲の国への移住 その9

2014年03月04日
これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてあります。

また、タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかに関しましては
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した9つの記事(この記事も含む)に掲載しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今週末には、次女のアマンダ(仮名中1)とタエヌは、
他の家族よりもひと足先に奥出雲に向かって旅立ちます。

妻と3女のデンプ(仮名小4)は来週に、
長男(20歳スポーツ店勤務)と長女(高2)は
たぶん1年後に奥出雲に移住する予定です。

今年に入って移住の日が近づいてきて
個々の中でのカウントダウンが始まった頃から、

家族4人で同じようなことを
何度か繰り返し話してきたのですが、

今やりたいこと、今やるべきこと、
つまり、今わくわく感じるようなことを

石垣島にて後悔するようなことを残さないように、
また、やり残したと感じることのないように、
今に焦点を合わせてよりポジティブな選択をするように努めよう!
そんな思いを胸に過ごしてきました。

昨日もそのことを娘たちに確認したのですが、
「後悔するようなことは今のところ何もない」
「やらないでいることはやらなくていい事だと思う」
とのことでしたので、

娘たちなりに残りわずかな石垣島ライフを
それなりにポジティブに過ごすことができているようで
親として安心している次第です。

また、石垣島に残ることになって、
街中のアパートで2人暮らしをしている長男と長女は、
特に何事もなく約2か月半を過ごすことができていますし、
家事も2人で分担してこなしているようなので
親の心境としては安心して移住することができそうです。


奥出雲で居住する古民家での生活は、
結局、今の時点では風呂なしガスなしで
どうやらスタートすることになりそうですが

携帯ガスコンロは2つもありますし、
近くに銭湯並みの料金で入れる温泉もあるので
何とかなるだろうといった感じです。

風呂や台所の給湯器の代金や
ガス管などの取り付け工事費の見積もりを出してもらったら
全部で32万円もかかるとのこと…^^;

とても今は
そんな大金は支払うことができないので、

とにかく今は移住を完了することに
強く焦点を合わせるように努めているので、
そのことは保留にしておくことにしました。

でも、電気はすでにつながっていますし、
電話やネットは来週の火曜日あたりまでには
たぶんつながると思いますので、

ホームページの仕事やブログの掲載には、
それほど支障をきたさないで済みそうです。

先週の3月1日(土)に
愛車のトヨタヴィッツ(1000ccのコンパクトカー)を
船で大阪に輸送するために石垣港へと持ち込みましたが、

その際に、布団類やギターなどの
段ボールに詰めることが難しいような物を
車にめいいっぱい詰め込んで一緒に輸送しました。

車は1週間後に大阪南港にて
私が直接港に行って受け取る予定ですが、
車は無くてはならない必需品なので
無事に受け渡されるよう祈っています。

また、それ以外の荷物は、
すべて段ボールに入れてゆうパックで送ります。

段ボールは40~50箱になりそうですが、
今回の引っ越しの荷物は以上で終わりですので、

前回の千葉から石垣島に引っ越した際に
コンテナ3つ分で約100万円かけて輸送したのに比べると、
とてもコンパクな荷物の量になりました。

ちなみに、もし全部持っていくとしたのなら
今回の荷物の運搬費用が
我が家にとっては高額のために支払えない事から

妻の嫁入り道具のタンス類も
家族で愛用してきた6人用テーブル・イスセットも、
ソファーも洗濯機や冷蔵庫なども

いろいろと思い出のつまっている家具類や電化製品は
リサイクルショップで引き取ってもらったり
長男長女のアパートで使うようにしたり、
その他は廃棄処分したりすることになりました。

ですから、奥出雲での田舎暮らしは、
ほとんど家具類も電化製品もないところから始まりますが、
それでも生活に困らない程度の最低限の物は揃っていますので、
それを承知している娘たちも、もちろん私や妻も、

そんな物理的な問題に関しては、
それほどネガティブに捉えたり感じたりするようなことはなく、
わくわくを選択し続けている必然の流れの中での結果ですので

宇宙の用意してくれた必然の結果であり
このような状況で引っ越すことがベストであるのだろうと捉え

とにかく今は何より奥出雲の地に移住できることへの
期待や喜びなどのポジティブ感でいっぱいになっているために、
「一日でも早く、とにかく出雲の国の住人になりたい!」
ただただ、そう強く願っている次第であります。

もちろん、今はこのような状況が必要に満たされた
ベストな状況であるのだろうと捉えてはいますが

決してこれで満足しているのではなく、
理想は常に広く高く持ち続けていますので

家にお風呂やガスの通ることや
家具や家電などの生活用品が希望通りに揃うことなど
よりポジティブな実生活を送るために必要であり
大切だと感じられる物が手に入るとありがたい…

ネガティブな意識をめぐらせないように努め、
宇宙に過度の依存はしないように留意しつつも
そういった願望は持ち続けるだろうと思います。

まあ、そんな感じで移住間近の我が家ですが、
引っ越しのための作業や連絡調整などは
計画通りで順調に進んでいますし、
移住する家族4人皆元気で過ごしていますので、

このままスムーズに移住できるものと信じ、
楽天的に先々を見据えつつ、

今やるべきこと、やりたいことなどの
今のわくわくに尽力し続けています。

なんだか前回の「移住に向けてその8」の内容と
同じような感じになってしまったかもしれませんが、

今のタエヌ家の近況とストレートな心境を
ありのままに表現しました。

そんなタエヌ家を応援して下さる方は
愛のお気持ちを向けていただきながら
応援ワンクリックを押していただけるとありがたいです!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿タエヌが新たにブログを開設しました:ちょっぴりスピリチュアル☆奥出雲暮らし☆ 

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」







スポンサーサイト
出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その8

2014年02月21日
≪石垣島における月末大祓いの集大成♪≫3月中に奥出雲へ移転します

✿現在、2月末の大祓いのご依頼を承っています。今月末2月28日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてあります。

また、タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかに関しましては
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した8つの記事(この記事も含む)に掲載していますので、

もし、ご関心のおありの方は、過去記事もご覧くださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

4年間住むことを許してくれた石垣島には
心から深く感謝している次第です。

残りあと数週間となりましたが、
家族みんなが健康でいられれば
それで最高と思っています。

石垣島から離れて
出雲の国へと移住するとはいっても

長男(20歳スポーツ用品店勤務)と長女(高2)は、
そのまま石垣島に残るわけですから、

石垣島とはまだそれなりに深いご縁は結ばれていますし、
この先も引き続き石垣島の神々にはお世話になるので、

これまで通りに子どもたちをお守りいただき
健勝と開運などの幸福をもたらしていただけるよう
心より祈念いたしております。


まもなく石垣島を離れることになった
アマンダ(次女仮名中1)とデンプ(3女仮名小4)に、

「石垣島にいる時にしかできないようなことで、
島を離れる前に何かしておきたいことはあるか?」と聞いてみたところ、
いくつかの具体的な願望をあげていました。

「ダイビングをしたい」とか
「パラグライダーに乗りたい」とか、
時間的にも金銭的にも問題があるために
望みを叶えてあげられそうもないこともいくつかありましたが、
挙げられた7つの望みだけは叶えたいと思いました。

そのうちの2つの「ピゲカゲ浜に行きたい」
「ホテルのランチバイキングを食べたい」
という望みはすでに実行済みですが、

残りの5つの望みである
「竹富島へ行きたい~サイクリング・美味しいものを食べる~」
「水晶の浜へ行って水晶を採りたい」
「家族6人揃って写真を撮りたい」
「家族6人で一緒にピザを食べたい」
「狩俣のおばあちゃん(近所にある軽食が食べられるお店)の
手料理を食べてみたい」
という望みはまだ実行していなので、

天候次第でもあり
金銭的に不足しているという問題もありありますが、

残った2週間ちょっとある石垣島ライフの中で、
できるかぎり望みを叶えてあげようと思っています。


話は変わりますが…

移住先の奥出雲でお借りする古民家は、
環境も建物の広さもお家賃も理想的でありますし、

貸主様もとても心の温かい素敵な方なので、
心より安心して住まわせていただくことに深く感謝しています。

ただ、しばらく空き家になっていたこともあり、
すぐに住むためにはいくつかの手直しの工事や
修繕をする必要のあることが

もともとわかっていたこともありますけれども
風呂の給湯システムやテレビの端末など、
必需品と思われていた物の無いことが
間近な今頃になって判明した次第です。

それらを実行すると
予想をはるかにこえる費用のかかることがわかりましたので、
今の時点では取り付けるか否かは保留にしてあります。

具体的には

・風呂釜はあるけれど給湯システムがないので、お風呂が使えない。
(たぶん工事費や機器等で10万円ほどかかるだろう)

・台所にも給湯器はない
(がまんすれば無くても大丈夫かも…)

・テレビのアンテナ等がない。
(取り付けの工事や端末の費用等で5~6万円かかる)

それ以外にはお借りする当初からわかっていることですが、

畳がしばらく張替えしていなくて古くなっているので、
いつか資金ができたら畳を張替えをしたいとか

冷暖房器具が一切ないので
エアコンは高価だから当分は難しいとしても

ストーブやこたつや扇風機等を
買い揃える必要のあるという事などです。

このような、不足に感じていることを言い出したら
こうしていろいろと出てきてしまいますが、

生活をするために必要な住む家や着る服があって
引っ越しに必要な飛行機の料金等の旅費は確保できていて

最低限に必要な荷物は
段ボールに入れて輸送できるための(ゆうパックを使います)
資金が確保することができていて

必需品である車の輸送も手配済みで
(自宅まで約10万円で輸送できます)

あとは今の時点では家族みんなが健康でいて
次なる新しい生活をわくわく楽しみにしているので、

物理的な不足を感じたり言ったりして
ネガティブな気分になったり取り越し苦労をしたりして
波動が下がらないように努め続け

最低限に必要な物質や資金は
こうしてすでに手に入れることができていることに感謝し、

私たち家族みんなの波動は
ますますわくわく高まっていることも事実なので、

今はそれで必要最低限の状況が満たされているものと捉えて、
これらをもたらしてくれた様々な皆様方や宇宙のめぐりに、
深く感謝している次第です。


*タエヌと妻atumiにとっては、2月28日に実施する月末大祓いが、石垣島で行う月末大祓いのフィナーレとなります。集大成として精一杯の尽力を致しますので、必要を感じられましたらお申込み下さいませ。詳しくはこちらのHPをご覧ください。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆内容に共感して頂いたりポジティブに感じて頂けたりした方、当ブログを応援してくださる方、
「1日1回ワンクリック」のご協力をどうぞよろしくお願いいたします!!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」





出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けてその7

2014年02月12日
≪石垣島における月末大祓いの集大成♪☆≫
~3月中旬に島根県の奥出雲町へ移転します~
✿現在、2月末の大祓いのご依頼を承っています。今月末2月28日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html


これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてあります。

また、タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかに関しましては
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した7つの記事(この記事も含む)に掲載していますので、

もし、ご関心のおありの方は、
過去記事もご参照くださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私タエヌは1964年の2月11日に生まれましたので、
昨日でちょうど50歳の誕生日を迎えました。

なんだか今年はいろいろなことに
‘節目の年’であることを感じていまして、

昨日の誕生日には
「ついにここまできたのか!」と思うと、
なんだかいつになく嬉しい気分になりました。

話は変わりますが…

タエヌ家の出雲の国への移住計画において、
具体的な全スケジュールがほぼ決定しましたので、
まずは、引っ越しの日程をお知らせいたします。

我が家は一時的に3つに分かれてしまいますが…

タエヌとアマンダ(次女仮名中1)は、
新しく住む空き家になっている古民家の準備をするために
3月の第2週末(3月8日~9日)には石垣島を発ち
一足早く奥出雲の地へと向かいます。

妻とデンプ(3女仮名小4)は、
私たちの1週間後の第3週末(3月15日~16日)に
ペット達と共に石垣島を発って、
夜に出雲の国にて4人が合流します。

ですから、私とアマンダが石垣島に在住している期間は、
あと1ヶ月を切ったことになりますので、
「間近に迫ってきたなぁ~」という感覚になっています。

以前お話しました通りに、
長男と長女は石垣島に残ります。

すでに、市街地に共同でアパートを借りて
昨年末12月より2人で共同生活をしていますので、
長女の高校卒業までの1年間は島でがんばるそうです。


ちなみに、引っ越しの荷物の事ですが、
どうやら、本当に超身軽な引っ越しになりそうでして、
家具や家電品の多くは持って行けそうにもありません。

大型のタンス等の家具類やその他使えそうな品々は
リサイクルショップに引き取ってもらえるよう
相談してみてはいるのですが、

ほとんどは引き取ってもらえないようで、
結果的に多くは廃棄処分になりそうです。

といいますのは、荷物の輸送を見積もってもらいましたが、
想像を超える高額の料金がかかってしまうことがわかり、

妻と、いろいろ検討した結果、
輸送する資金が手に入らないという事はそういう事だと思い
身軽になってやり直すつもりで新生活を始めることにしました。

それにしても、一番の気がかりなのは「寒さ対策」です。

1~2月の石垣島の平均気温は19度ほどありますが、
奥出雲の平均気温は1~2度ほどしかないので、
その平均気温の差は20度近くあります。

そして、3月になっても
雪の降る日もけっこうあるようですし、
平均気温も5度ほどまでにしか上がらないようですので、

今の我が家にはないストーブなどの暖房器具類や
厚手の布団類やジャンバーなどの冬用の衣類など、
千葉から石垣島に移住する際にほとんどを処分してきたので、
あらためて揃える必要があります。

まあ、それらの状況もわかっていて移住を決めたわけでして、
今さらジタバタしてはいませんし、

もともとが寒さにめっぽう強い我が家ですので、
何とかなるのだろうと思っていますから、
とにかく子どもたちにだけはつらい思いをさせないように気を付けて
上手く乗り越えていこうと思っています。

とにかく、住む家はあるし、
あらゆる環境の条件は理想的でありますし、
季節は冬は明けて春を迎える訳ですから、

暖かさを増すごとに、
我が家の奥出雲での生活も慣れていき、
すぐになじむものとわくわくしています。

今、ここまで書いた内容を読み返してみましたが…

本当は、今の心境である、
移住間近のわくわく感を中心にした内容を
前面に出して書き表そうと思ていたのですけれども、

なんだかネガティブな内容になってしまったと
かなり反省してしまう次第ですが、

今の素の状況でもありますので、
消さずに掲載することにしました。

とにかく、タエヌ家の奥出雲への移住は、
タエヌにとっても家族みんなにとっても

今世に地球上へと転生してきた集大成となる
大転機の中の1つの一大行事であり、

ただ移住できるだけでも
大きな目的を果たすことができると私も妻も信頼して、
今、ただそれだけに焦点を合わせて前だけを見ています。

そしてこの先、出雲の国にて新たに始まる
私たちにとってのわくわくする新生活、
つまり、わくわくする何かがはじまるだろうということに、
心からわくわくしている次第であります!


PS:タエヌと妻atumiにとっては、今月末28日が石垣島での月末大祓いのフィナーレとなります。集大成として精一杯の尽力を致しますので、よろしかったらお申込み下さい。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html


☆内容に共感して頂いたりポジティブに感じて頂けたりした方、当ブログを応援してくださる方、
「1日1回ワンクリック」のご協力をどうぞよろしくお願いいたします!!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご




出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その6

2014年01月26日
DSC05413+(3)_convert_20140126053111.jpg
~バンナ岳から見下ろして見える石垣港と市街地周辺~

昨日は石垣島の中心地の石垣港周辺や市街地や八重山の島々などを見渡すことのできる、バンナ岳までドライブしました。公園として道路や遊歩道などが整備されているので、車で頂上付近まで登ることができて、展望台から景色を眺めたり、気軽にウォーキングを楽しんだりすることができます。

DSC05415+(3)_convert_20140126053408.jpg
~展望台周辺に咲いているハイビスカスの花~

石垣島ではハイビスカスが周年を通して咲いています。

DSC05426+(3)_convert_20140126053501.jpg
~日本一早く咲くといわれているサクラの花~

テレビや新聞で報道もされていましたが、1~2月にかけて沖縄の各地で咲いているヒカンサクラの花です。まだ、全体的には1~2分咲きでしたが、この木は日当たりがよく生育条件が良いせいか、満開に近い状態で咲いていました。

DSC05427+(3)_convert_20140126053431.jpg
~遊歩道の中にある吊り橋とアマンダ(次女仮名中1)とデンプ(3女仮名小4)~

前回掲載した娘たちの写真は10月に撮影したものだったので、その後約3か月経ちましたが、さらにデンプは身長がグングンと伸びていまして、現在の身長は約151cmあるために、アマンダとの身長差もずいぶんと縮まってきました。

昨日の最高気温は23.6度まで上がるポカポカ陽気で気持ち良かったので、吊り橋を渡り遊歩道をしばらく散歩しました。

DSC05430+(3)_convert_20140126053634.jpg
散歩の途中の道端に咲いていた、リュウキュウアセビの花です。深い緑や新緑の中に咲いているスズランのような真っ白の花が、とてもさわやかに映えて見えました。

DSC05436+(3)_convert_20140126053529.jpg
真冬の1月ではありますが、遊歩道ではアゲハチョウやシロチョウなどの蝶々たちも舞っていました。

DSC05446+(3)_convert_20140126053505.jpg
~帰り道の途中の畑に咲き乱れていたヒマワリの花~

ずっと石垣島に住んでいるような人にとっては普通の光景に感じていることなのでしょうけれども、1月にヒマワリやハイビスカスなどの夏をイメージするような花が咲いていたり、アゲハチョウなどの蝶々が飛んでいたり、田植えをしていたりしているような様子を見るたびに、これまで長年住んでいた関東地方と比較して、石垣島在住4年目にしても、やはり驚きやめずらしさのような感覚になります。そして、こんな身近な様子も、そろそろ見納めになると思うと、感慨深いような気持ちになって目に焼き付けている自分があります。

❀現在、1月末の大祓いのご依頼を承っています。今月末1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

❀当ブログを応援していただいている方へ…
以下のブログランキングのマークをポチっと押していただき、
「1日1回応援ワンクリック」のご協力をよろしくお願いいたします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてあります。

また、タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかに関しましては
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した6つの記事(この記事も含む)に掲載していますので、

もし、ご関心のおありの方は、
過去記事もご参照くださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

タエヌ家の出雲の国移住計画及び
移住のための実質的な活動はさらに進んでおります。

お借りする空き家となっていた貸家の賃貸の件は、
家主さんや役場の担当の方が契約書を作成して送っていただいたので、
明日にでも記入を終えて送り返す予定でいるため、
これで契約は成立することになりそうです。

飛行機のチケットの手配や車の輸送、
人やペット達や物の引っ越しに関する件は、
お金が支払えるものに関しては手配して予約済みですが、

まだまだ資金が不足しているために、
見積もりをしてもらったり段取りだけ進めたりして

今後、必要な資金を手にすることができた時点で
いつでも進められるように準備して待っている状況です。

以前書き表しましたように、
出雲の国ではお店を開きたいという強い希望がありまして、
お店に関しての具体的なイメージや計画もかなり進んでいますが、
そのようなまだ少し先の事はさておきまして

今の時点では、とにかく私たち移住することを決めている者たちは、
足元である現実の実生活や仕事や学業などを大切にしつつも
「奥出雲への移住を完了させること」に焦点を合わせて全力を尽くし

今あるエネルギーや願いや時間などを
わくわく感に従って許される限りの
より多くのものを注ぐようにしています。


思い返してみれば4年前に千葉県から石垣島へ移住する際には、
飛行機のチケット代金等の移動費だけでも約4万円×6人=約24万円と
ペットのインコとウサギの輸送代金8千円×2匹=1万6千円

業者に頼んだ(日通)引っ越し代金約100万円と、
車の輸送代金約10万円、

賃貸マンションの敷金・礼金・家賃の計約40万円、
そして保証料として預けた18万円、

その他に10日間ほど借りたレンタカー代や
家が住めるようになるまで宿泊した宿代などなど、
引っ越し関係の諸々の費用の総額は約250万円以上かかりました。

しかしながら、あの4年前の引っ越しをした時に比べると、
今回はずいぶんと引っ越し代金は抑えられることになりそうです。

たぶんこのままでいくと、長男と長女は、
少なくとも長女が高校を卒業するまでの1年間は、
2人とも石垣島に残ることになりそうなので
家族4人の引っ越しに決まりそうです。

ですから引っ越しする人数も少なくなり
また、格安航空会社が神戸空港や関西国際空港と結んでくれたおかげで
人やペットの輸送代金も比較的に安く済みそうです。

また、荷物もたくさん整理して処分もしましたし、
今回の引っ越しではさらに必要最低限に抑えることにしたので、
引っ越し業者に頼む場合の代金は半額以下で押さえられそうです。

それでも、物の輸送にはお金がたくさんかかるので、
妻が嫁入り道具として持ってきた大ダンス2つなどの大きな家具類や、
古くなった洗濯機や冷蔵庫などの家電などの大きな荷物を
いざ資金が足りないような場合には処分しようと妻と話して決めていますし、

場合によっては、
今、所有している物品全てを処分することも覚悟していますので、
物品の移動代金は0円でも大丈夫と思っています。

というのは、東日本大震災で被災した方々の中で、
家ごと流されたようなみなさんを見ていて、
一からやり直す生活も時と場合の状況によってはしかたないこと…
そう思って、いざとなった場合の覚悟も決めている次第です。


私たち家族は、今回の移住に関しまして、
そんな移住の計画を立て、私たちなりに覚悟を決めて、
よりポジティブな状況で移住できるよう願いつつ、

今の時点で感じているような
軽やかでわくわくの波動の流れに乗り続け、

今、こうして与えて頂いているめぐりの中で、
今ある資金や物質の状況に合わせて計画や活動を遂行し、

とにかく、今、私たちが最も強く願っている
私たちの第一の目的である‘奥出雲へ移住すること’を
よりポジティブな状況で実行できるよう
全力を尽くしている次第です。

今の時点において家族の中で具体的に決定して行動していることは、
3月中旬のとある日に奥出雲町への移住を完了させるために、
家族4人分とペット達の飛行機のチケットをすでに予約したことです。

また、空き家になっている民家をすぐに住めるよう整えるために、
妻たちよりも1週間ほど早い3月初旬にはタエヌが先に現地に行って、
清掃やら車の受け取りやらといった作業をすることです。

あとは、どんどん具体的に移住に関する計画を
家族で話し合いながら進めていまして、
荷物の整理や処分などの物理的にできることから始めたり、

石垣島をあとひと月半ほどで離れるために、
周囲の人や学校や環境などとの調整や
心の整理などの自分内の準備を進めたりしています。

そんなタエヌ家ではありますが、
応援していただける皆様方、共にわくわくしてくださる皆様方は、
温かい目で見守っていただければ幸いに思います。

また、波動・エネルギー的にも、物理的・資金的にも、
ご支援・サポートをしていただけると嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


☆内容に共感したりポジティブに感じて頂けたりした方、当ブログを応援してくださる方、
「1日1回ワンクリック」のご協力をどうぞよろしくお願いいたします!!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」(タエヌ家のペットたち、コザクラインコ・セキセイインコ・桜文鳥・白文鳥の4羽の手乗りの小鳥たちについて掲載しています)












出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その5

2014年01月15日
❀今月末の1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月末の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

❀当ブログの記事をポジティブに感じていただいた方、共感していただいた方、タエヌのスピリチュアル日記を応援していただける方、お手数をおかけしますが、以下のブログランキングのマークをポチっと押していただき、1日1回応援ワンクリックいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてあります。

また、タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかに関しましては
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した5つの記事(この記事も含む)に掲載していますので、

もし、ご関心のおありの方は、
過去記事もご参照くださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

前回、「出雲の国への移住 その4」を掲載してから、
すでに約1ヵ月経ってしまいました。

その記事に書きましたように、
私は12月19日・20日の2日間、
実際に奥出雲の地に行きまして

町役場の地域振興課の方々とお会いして話をしたり
今は空き家になっている貸家の貸主様にお会いして
実際にお借りする予定の家の中を見せて頂いたり、
お借りする条件などを話したりしてきました。

また、19日は雨模様の天気でしたし、
20日は日本海側に押し寄せた寒波の影響で
一晩で数十㎝もの大雪が降り積もるような状況だったので

じっくりと奥出雲の主要な地を
見て歩いてまわる…というのは難しかったのですが、

三成や横田などの人口が密集している
中心地となっているような街中やいくつかの駅周辺や、

実生活で主に買い物をすることになりそうな
スーパーマーケットやホームセンターや
コンビニなどの場所やいくつかある道の駅など、

主な生活圏内になりそうな環境は
実際に見て感じることができました。

また、19日の深夜から降り始めた雪が積もって、
旅館から出る時には一面が雪景色となっていましたので、

私にとっては約15年ぶりとなる大雪が降る中の
雪道の運転という貴重な体験をすることができました。

DSC05352+(3)_convert_20131221144122.jpg

19日は松江の駅周辺のビジネスホテルに泊まり
翌朝8時にレンタカーを借りて、いざ奥出雲に向かいました。

ナビに従ってひたすら主要道路を通って行きましたが
奥出雲の地は予想以上に奥まった所にあるように感じられ

島根県の中心地である松江から車で約1時間数十分かけて
いくつもの山道を通り、峠のような道とトンネルを超えると、
やっと「奥出雲町」に入ったことを告げる標識がありました。

奥出雲町に入った場所からは、
盆地状になっている奥出雲の街中を
高台から見下ろすことができましたが、

山々に囲まれた盆地は深い霧に包まれて
とても神秘的に感じられました。

そして、私たち家族が、
この先、ここに住むことができるのかと思うと

ただそれだけで大きな喜びや感動が湧き上がり
感極まって涙があふれる自分がありました。

DSC05282+(3)_convert_20131221143813.jpg

最初に向かったのはJR木次線の亀嵩(かめだけ)駅ですが、
ここは駅の構内が蕎麦屋さんになっていて
駅長さんが店の経営をされているという場所です。

DSC05281+(3)_convert_20131221143900.jpg

奥出雲は以前紹介しましたように
農産物が豊富で美味しい事で知られていますが、
そば粉の産地としても知られていますので、

このようなローカル線の駅構内のお店や
神社の社務所(稲田神社)が蕎麦屋になっている所など
奥出雲蕎麦を出してくれるお店がいくつもあります。

DSC05303+(3)_convert_20131221144009.jpg
~奥出雲の中でも人口が最も集中していると思われる三成の街に入る道の高台から撮影しました~

その後、約束の時間に町役場へ行って、
電話やメールなどでやり取りを進めてお世話になっている
町役場の地域振興課の担当者の方々とお会いしたり、

お借りする予定の貸家の家主様とお会いしたりしましたが、
本当に…本当に素敵な皆様ばかりでして、

奥出雲のことをいろいろと教えてくださったり、
お借りする予定の家の隅々まで見させていただいたり、
実際に契約する際の家賃や条件などのお話をしたりしましたが、

私にとっては奥出雲の事を知れば知るほど魅力を感じていき、
家を見たり感じたりしていくうちにますます住みたいと感じていき、
契約に関する様々なお話がすべて夢のような好条件のお話を頂きまして、

約1時間半にわたってのひと時が
私にとってはこの上ない幸せに感じられる
夢見ごこちの中で過ぎていったように感じられました。

私が生まれるずっと前に建てられ、
改築などをされながら大切にされて
家主さんのご家族が代々お住まいになられてきたその家は、

とにかくどっしりと頑丈にできていることが実感でき、
気の通りもよく、波動的にも心地よく感じられ、
周囲の自然と調和された素晴らしい住み家だと思いました。

DSC05301+(3)_convert_20131221144003.jpg

奥出雲町にはいくつもの観光名所や
魅力を感じられる様々な場所やお店などもありますが、

今回は天候の関係や私の体力的なこともあり、
あまり欲張って見ずに夕方4時頃には
この日に宿泊する横田駅前にある浪花旅館へ行きました。

DSC05369+(3)_convert_20131221144208.jpg

DSC05368+(3)_convert_20131221144114.jpg

とてもくつろげる素敵な旅館で
ゆったりと休ませていただいた翌朝、

やはり天気予報通りの大雪になって降り続いているたため、
さらに積もってしまう前にゆっくりと時間をかけてでも
とにかく松江に戻ることに専念することにしました。

DSC05383+(3)_convert_20131221144138.jpg

DSC05380+(3)_convert_20131221144121.jpg

雪道の走り方の留意点や、
もっとも安全と思われるルート等に関しまして
旅館のおかみさんから優しくアドバイスをいただいたおかげで

約2時間半ほどかかりましたが、
無事に松江までおりることができました、
無傷のままレンタカーを御返しすることができました。

DSC05391+(3)_convert_20131221144216.jpg

そんな感じの奥出雲での2日間でしたが、
本当はこのような内容の記事を
12月中に掲載する予定でいて
写真を準備するところまでしたものの、

結局いろいろとありまして、
ひと月もの時が経過した今になってしまいましたが、
わくわく感に従って報告させていただきました。


ちなみに、以前お知らせしました長男と長女の件ですが、
街での2人暮らしはそれなりに順調に成り立っているようで、

慣れない洗濯やら炊事やらをそれなりにこなしているらしく、
外食もほとんどせずに自炊することが多いようですし、
娘は高校へ、息子は職場へと元気に通えているようですので、
とりあえずホッとひと安心しているところです。

奥出雲への移住に関してはまだ迷っているようですが、
このままの思いのままだと、あと1年間は石垣島に残りそうでして、
高校を卒業してから移住すること…に決まりそうです。

いずれにしても自立しかかっている長男・長女の2人ですので、
アドバイスをしたり疑問などに答えたりするなどしたり
いろいろと物理的にもサポートできることは続けたりしていきますが、

2人の歩む道は本人たちそれぞれの自由意思に基づいて
後悔しないようなよりわくわく感じる道を選んでくれることを
親として望んでいる次第であります。


☆今年もランキングに継続して参加することにしました!
当ブログを応援してくださる方「1日1回ワンクリック」を
どうぞよろしくお願いいたします!!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」
















出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その4

2013年12月16日
❀現在、2013年の年末大祓い(12月末の大祓い)のご依頼を承っています。年末の12月28日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

❀レイキ遠隔伝授の2014年1月からのご予約受付を開始しました。ご興味・ご関心のある方、ご予約をご希望される方は、以下のサイトにお立ち寄りくださいませ。

「レイキ遠隔伝授に関するホームページ」⇒http://www.shuwrie7.com/news1.html
「レイキ遠隔伝授予約状況一覧」⇒http://www.shuwrie7.com/company.html

❀当ブログの記事をポジティブに感じていただいた方、共感していただいた方、タエヌのスピリチュアル日記を応援していただける方、お手数をおかけしますが、以下のブログランキングのマークをポチっと押していただき、1日1回応援ワンクリックいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてありますし、

タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかといったことは
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事(この記事も含む)に書いてありますので、

なんとなくでもご関心のおありの方は、
よろしかったらお読みくださいませ。


奥出雲への移住に向けて
タエヌ家では今月12月に入ってからは
できることからさらにいろいろと動いていますし、

直感やインスピレーションを受け取ったり
思考や家族みんなの話を取り入れたりしながら

奥出雲における実生活などのイメージを
より具体的にしたり膨らませたりしています。

そんな中、我が家において今月中旬に
すでに大きく動いたことが1つ、
これから動くことが1つあります。

大きく動いた1つのこととは、
タエヌ家は6人家族で妻と4人の子どもたちがいますが、
その子どもたちの中で長男のシュー(仮名まもなく20歳になります)と
長女のグミ(仮名高2)とが二人で

石垣島の市街地にてアパートを借りて
2人暮らしを始めたという事です。

この話は11月に持ち上がってきて、
とてもスムーズに事が進んでいきまして
昨日の日曜日に引っ越しが完了しました。

早速一昨日の夜から2人での共同生活が始まったので、
市街地から20km以上離れた島北部地域にある我が家は
今、アマンダ(次女仮名中1)とデンプ(仮名3女小4)と
妻atumiと私タエヌとの4人暮らしが始まりました。

もともと我が家は
6畳3間の2LDKの賃貸マンションを2部屋借りていて、
そのうちの1部屋をグミとシューが使っていましたので、

今回引っ越しが完了したために
それが1部屋になっただけなわけですから
残った4人の生活空間は変わりありません。

ただ、これまでのように食事を家族6人で食べたり、
6人分を洗濯をしたり掃除をしてあげたりすることが
これまでのようにはできなくなるということで、

少し寂しくなったような気もしますし、
少し楽になったような気もしています。

そもそもグミとシューの2人が
市街地にアパートを借りるに至った理由はいろいろとありますが、
主な大きな理由は2つあります。

理由の1つは、シューがこれまで就労していた観光施設を退職して
念願でもあった市街地にあるスポーツショップでの就労が
店長からスカウト(声をかけられて誘われたそうです)される形で
決まったことにあります。

ちなみに、我が家のある川平地区から
市街地を行き来する公共の交通手段はバスのみですが、
1日に10本ほどしか通っていなくて、

更に市街地から川平周辺に到着する最終バスは、
市街地を午後5時台に出るバスになるために、
市街地で就労して夜帰宅するためには、
車の免許を持っていないシューにとっては、
親の車での送迎を当てにするしかなかったのです。

実際にはこの最終バスの時間が早すぎることは、
部活動に燃えているグミにもネックになっている事でして、
これまでは5時台のバスに乗るために
部活動を1時間半ほど早く切り上げていましたし、

バス停が自宅からも学校からも離れているために、
結果的には片道約1時間半かけて通学するという
それなりの負担にもなっていました。

通常、私たちの住んでいる川平地区や、
さらに奥にある北部地域の子どもたちは、
街の高校に入ったら高校の寮に入る子が多くあり、

中には街の親類の家やアパートで暮らす子もいますが、
通学する際には20km以上ある道のりを
親の送迎する車で往復しているケースがほとんどのようです。

そんな通勤・通学の不便さを解消するために、
こうして市街地で兄妹の2人暮らしをすることになったことが
それなりに大きな理由でもありますが、

今回このようになった最も大きな理由は、
奥出雲の移住に向けて、
シューとグミが決断を迷っていることにありました。

グミが決断を迷っている理由とは
通っている高校を卒業したいという強い希望があり、

現在高校2年生のために、
できれば編入をしたくないということからです。

島根県でも編入を受け入れてくれる高校がありそうで、
奥出雲から通う事も可能なのですが、

今年、俳句甲子園や短歌甲子園など全国大会にまで出場した
とても有意義に励んでいる部活動を続けていきたいということや、

親しくなったたくさんの友人たちや後輩たちと、
卒業するまで一緒にいたいいという思いが
とても強いということにあります。

シューは石垣島では何度も新聞に名前や写真が載るほど、
ランナーとして自転車やトライアスロンの選手として
それなりに活躍をしている中で

さまざまな人との交流があったり、
地区や島の代表としても期待されたりしているために、
石垣島にはすっかりとスポーツ選手として根付ているので、
やはり移住する決断を迷っている次第であります。

私たち妻とアマンダとデンプの4人は、
奥出雲への移住には超わくわくしていますので、
何の迷いも島への未練もないために
あとは行動あるのみという状況ですが、

そんな迷い組2人にも、
あと数か月先の2月中旬頃までには、
石垣島に残るのか、それとも一緒に移住するのかといったような
この先の道を決断してもらうわけですから、

そのための移行期間的なこれからの数か月間での
市街地での独立した2人暮らしを通して、

実際に親元を離れた環境で、
でもいつでも親を頼れるというこの環境の中で、
実際に2人での共同生活をしつつ

そのまま二人で島に残るのか
それともどちらか一人は島に残るのか、
それとも家族と共に奥出雲へ移住するのか
もしくはまったく違う道を歩むことを選ぶのか…

とにかくこれからの数か月間の実生活をしてみて
経験を積んだ上でのポジティブな思いの中で、
悔いのないような決断をしてほしいと

親としての願いと本人たちの希望もあって、
このように離れ離れに暮らすことを始めた次第です。

ちなみに、もう1つのこれから動く事とは私タエヌが1人で、
今週19日(木)の午前中から20日(金)のお昼頃まで、
ほぼまる1日間、奥出雲に滞在してくる予定でして、

役場の地域振興の担当者様や
空き家を貸して下さる家主様にお会いして話をしたり、
実際に奥出雲の地に立ったりすることです。

時間はあっても長く滞在できるほどの資金はないために、
今回は取り急ぎの要件を済ましたり感じてきたりするための
短期間でのとんぼ返りの旅になりますが、

私なりの視点で奥出雲の町をしっかりと感じたり
必要な要件をまっとうしてきたいと思っていますので、
今からとてもわくわくしています。


☆当ブログの記事をにポジティブに感じていただいた方、共感していただいた方、タエヌのスピリチュアル日記を応援していただける方、お手数をおかけしますが、以下のブログランキングのマークをポチっと押していただき、1日1回応援ワンクリックいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」








出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その3

2013年12月13日
❀現在、2013年の年末大祓い(12月末の大祓い)のご依頼を承っています。年末の12月28日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

❀レイキ遠隔伝授の2014年1月からのご予約受付を開始しました。ご興味・ご関心のある方、ご予約をご希望される方は、以下のサイトにお立ち寄りくださいませ。
「レイキ遠隔伝授に関するホームページ」⇒http://www.shuwrie7.com/news1.html
「レイキ遠隔伝授予約状況一覧」⇒http://www.shuwrie7.com/company.html

❀これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

*お知らせです。タエヌの管理しているもう1つのブログ「ハピネスのブログ」は、本日をもちまして記事の公開を終了いたします。お読みいただいていた皆様、ありがとうございました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ家が出雲の国へ移住する事に決めたいきさつは、
「出雲の国への想い☆なう」のカテゴリーで
過去に掲載した4つの記事に書いてありますし、

タエヌ家が具体的にどのような移住の計画を立てて
どのような流れで移住に向けて動いているのかといったことは
「出雲の国への移住」のカテゴリーで
過去に掲載した3つの記事(この記事も含む)に書いてありますので、

なんとなくでもご関心のおありの方は、
よろしかったらお読みくださいませ。


前回までの‘出雲の国への移住’記事の中で書きましたが、
奥出雲町には私にとってさまざまな観点において
とても魅力的に感じることがたくさんあります。

その中でも特に魅力的に感じられることを
いくつか羅列して書きあげてみますと、
以下のようなことが挙げられます。

☆水や空気がとてもきれいなこと。

☆とてもおいしい野菜やお米が収穫されていること。

☆町全体の波動・エネルギーが総合的にとても穏やかに感じられること。

☆出雲大社や須佐神社まで気軽に行ける距離にあること。

☆自然が豊かなこと。近くに温泉があること。などなど。


私は妻に以前から常々「水のきれいな所に住みたい!」
という話をしていましたが、

飲料水や生活用水などを、
井戸水や湧水などの自然の水でまかなうことが理想でした。

奥出雲町は水道水も地下水ですので、
もちろん都会の水道水のように塩素は入っていません。

山に入るとたくさんの湧き水があるようで、
温泉もたくさんあります。


奥出雲町は西日本有数の美味しいお米の産地でもありまして、
奥出雲町でつくられる「仁多米(にたまい)」は、
『東の「魚沼」、西の「仁多米」』と言われるほどです。

有機質に富んだ土壌と、
ミネラルたっぷりの澄んだ冷たい水、
昼夜の大きな温度差など、
良質なお米を生産する条件に奥出雲町は恵まれています。

この条件は野菜を生産するのにも適していまして、
キャベツ、だいこん、じゃがいも、はくさい、
ホウレンソウ、トマト、たまねぎ、大豆など、
さまざまなおいしい野菜が生産されています。


私はまだ、奥出雲町に行ったことがないので、
テレビで放映された様子やホームページやブログなどの
ネットの情報や役場の方と電話でお話をしてみて感じたことですが、

触れ合った方々の波動のやわらかさ、
町全体から伝わってくる穏やかさがとてもポジティブに感じられ、

知れば知るほど、触れ合えば触れ合うほど、
奥出雲町の魅力のとりこになっている自分があります。


さらに、私の守護神様である素戔嗚尊の伝説の残る町であり、
須佐神社や私や娘たちの過去世で深く関係していると感じられる
出雲大社まで車で約1時間で行けるという近場であるということも、
心からわくわく感じることでもありますし、

また、奥出雲町にも魅力的な神社やパワースポットが、
いくつもあることを感じていますので、
実際に訪ねてみることが今からとても楽しみです。


奥出雲町は島根県東部の山間地域に位置していますが、
中国山地の準平原面にあたる200m~400mの起伏の緩やかな山地が多いものの、
横田・馬木・亀嵩・阿井などには広い盆地が発達しています。

急峻な山地は県境付近と雲南市との境周辺に限られていますが、
主な山は南部地域に出雲地域の最高峰でもある猿政山(1267m)があり、
その他船通山(1142m)、吾妻山(1238m)などの
標高が1000mを超える山がいくつかあります。

町の総面積は368.06 km²あって、
総人口は13,729人 (推計人口、2013年11月1日)
人口密度は37.3人/km²ですから、

自然がたくさん残っていて、
人口の少ない静かな町であると感じられます。


先日掲載しました
「出雲の国移住計画 その2」に書きましたが、
私は出雲の国への移住の話を進めています。

町役場の方と連絡を取り合い、
空き家バンクという制度を活用して、

現在空き家になっていて、
さらにその家を貸して下さる方と物件をご紹介いただき、
その中から1つとても気に入った物件があったので、
現在、さらに話を進めている所です。

その結果、つい先日、役場の担当者様と空き家の家主様と、
直接お会いして空き家を見せて頂いたりお話したりする
私にとっては絶好の機会を作っていただいたので、

急きょ、来週に家族の代表として私一人で、
実際に奥出雲町まで出向くことになりました。

私一人が行くとはいっても、
それだけで旅費は10万円ほどかかりますので、
我が家にとってはとてもとても厳しい金額ではありますが、

とにかく今のこの流れに乗せて、
今のこの超わくわく感に従って、

家族の期待を背負って、
今ある我が家の資金を寄せ集めて、
あこがれの奥出雲の地まで行ってくることにしました。


奥出雲に移住したら
地元の食材を使って健康食品にこだわって
空き民家を活用して落ち着いた雰囲気の飲食店を開きたいとか

そこでパワーストーンも販売したいとか
スピリチュアルな仕事も継続したいとかいったような、
私たちなりにさまざまな計画があり、

より具体的にイメージを広げたり、
今からすでにメニューを考えて作ったりするなど、
今できることから実践して進めていますが、

今、最も焦点を合わせて尽力すべきことは、
とにかくまずは移住をして実際に奥出雲の地に身を置く事でありますので、
そのことに多くのエネルギーを注いで尽力している次第です。

そんなタエヌ家ではありますが、
応援していただける方、共にわくわくしてくださる方は、
温かい目で見守っていただければ嬉しいですし、

波動・エネルギー的にも、また物理的・資金的にも、
ご支援、サポートしていただけると幸いに思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~年末・月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」








出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その2

2013年12月10日
❀現在、2013年の年末大祓い(12月末の大祓い)のご依頼を承っています。年末の12月28日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

一昨日に掲載しました記事
「出雲の国移住計画 その1」の中でも申し上げましたが、 

私たち家族は来年2014年の3月に
島根県の出雲の国へと移住することを目指して

湧き上がってくるさまざまなイメージなどの
インスピレーションや直感等を大切にしてふくらましたり
より具体的な内容を思い描いたりしながら

わくわく感に従って、家族とも話しながら、
今したいこと、できることから実行に移しています。

ここで、私たち家族がとても魅力的に感じている
移住する予定の地である奥出雲町に関しまして
以下、簡単に紹介させていただきます。


島根県仁多郡奥出雲町は島根県の東南端に位置し、
中国山地の嶺を隔て広島県と鳥取県に接する、
神話に名高い斐伊川の源流域にあります。

この奥出雲の地は、古事記、日本書紀のヤマタノオロチ退治や、
スサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地であり、

古くから「たたら」製鉄で栄え、
今でも世界で唯一、古来からの「たたら」操業を行い
日本刀の原料となる「玉鋼(タマハガネ)」を生産しています。

奥出雲は標高200~500mの盆地が多くて昼夜の気温差が大きいため、
お米や野菜などの栽培に適しおいしい農産物が収穫できる土地です。

広さは150万人都市の福岡市や
210万人都市の愛知県名古屋市や
23万人住んでいる青森県八戸市と
ほぼ同じかやや広い面積(約368km²)ありますが、

町の人口は約1万4千人ほどですので、
これらの都市部に比べますと、
人口密度はとても低い場所です。

素戔嗚尊(スサノオノミコト)は
私タエヌの守護神様でもありますので、
この奥出雲の地が素戔嗚尊にまつわる場所と知った時、

「あぁ~…呼んでくださったのだなぁ!」と思うと
ますます感激して嬉しくなりました。

奥出雲町役場ではUIターン者に対する
とてもありがたい様々な支援体制が整っていますが、

中でも空き家バンクという空き家になった民家を
安く貸してくれたり売ったりしてくれる制度や、
いくつかの資金援助に関する制度が、
我が家にとってはたいへん助かると思いました。

今、私たち家族は、この空き家バンクからご紹介いただいた、
1つの物件がとても気に入ってわくわく感じていまして、

家賃が片手で足りる金額でお安く
家族6人で住むには十分すぎるくらい広くて
家庭菜園もOKの庭付き一戸建て!

という物件がとても気に入ったので、
今、その物件をお借りする話を進めているところです。


まだまだ、いろいろと紹介したいところですが、
今回はこのへんで終わりとさせていただき、
次回以降、また少しずつ掲載する予定でいます。

もし、奥出雲町に関しましてご関心のある方は
以下のホームページをご覧くださいませ。
「おくいずもん」⇒http://teiju.town.okuizumo.shimane.jp/
「奥出雲ごこち」⇒http://www.okuizumogokochi.jp/


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、年末・月末の大祓い、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」











出雲の国への移住に向けて

出雲の国への移住に向けて その1 

2013年12月08日
❀現在、2013年の年末大祓い(12月末の大祓い)のご依頼を承っています。年末の12月28日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

またまたたいへんご無沙汰してしまいました。

まだまだ、私タエヌにとっても家族みんなにとっても、
大きな転換期・変革期が続いておりまして、

個人的な内面においても
環境や実生活におけるさまざまな状況においても、

いろいろと大きく変化し続けたり、
さまざまな葛藤があったりしています。

そんな中、家族個々の方向性が定まってきて、
やっとそれぞれのポジティブな流れにうまく乗ってきたので、

ここ1~2ヶ月ほど続いた
なかなか落ち着かないような状況から脱した感じになり、

また、我が家全体の穏やかな流れに戻り
心の余裕や時間的な余裕もこれまで通りに戻り、

波動・エネルギー的にも安定した状況になってきたと
数日前から家族みんなで実感している次第です。


ところで、前回の記事に書きました
出雲の国への移住に関してですが、

あの時点では今年中にと思って動いていましたけれど、
いくつもの大切な事柄においてスムーズにいかず、

いろいろと葛藤のある中で
私自身の焦りというネガティブな波動・エネルギーも強く感じ、

妻共々、これはポジティブな流れではないと
行動している途中で実感したので、

結果的には今年中ではなくて今年度中の移住に変更し、
来年春の3月を目指して移住の計画を立てて進めることにしました。

ちなみに、出雲の国への移住とはいっても、
出雲の国はとてもとても広い国でして、

東京23区ほどの広さのある出雲市と松江市、
さらに太田市、安来市、雲南市、仁多郡、飯石郡と

広範囲にわたっていますので、
その中から場所を絞る必要もありましたが、
まだ先月の時点では全く決まっていませんでした。

また、10月下旬に下見旅行で訪れた出雲市と松江市の中では、
私も娘たちも「住みたい!」と強く感じるような場所も、
直感的に強くわくわく感じるような場所も見つからず、

帰宅後も特に住む場所に関するインスピレーション等もなく、
どこに住みたいのか…直感的にわくわく感が湧き上がるまで
そのまま保留状態にしていることにしました。

そして、11月の下旬になって、
待ちに待った、ついにそのときが訪れました。

我が家では夜のテレビ番組はほとんど見てはいませんが、
ここ半年ほど、ほぼ毎週見るようになった番組があります。

それは、NHKで毎週夜8時から放映している
鶴瓶の家族に乾杯という番組ですが、

‘奥出雲町’でロケされた番組が
2週にわたって放映されたものを見たときのことです。

番組が放映され始めた瞬間から急に胸の鼓動が高鳴り始め、
独特な超わくわく感覚の中に入ったと思ったら
体が熱くなって涙がじわりと溢れ出しました。

「ここだ~!」と心の中で大声で叫ぶと、
すぐに妻に話し、とにかくテレビの画面を食い入るように見ました。

私は出雲へ2泊もしくは3泊4日で4度旅をしてきましたが、
奥出雲町(仁多郡)には一度も足を運んだことがありませんでした。

今回の旅でも奥出雲町は少し気にはなっていましたが、
出雲市や松江市に住むだろうと思っていたために、
距離的に少し離れていることから行きませんでした。

テレビの画面でバチンと衝撃的な超わくわく感を味わい、
その後にネットで奥出雲のさまざまな情報を得たり、
奥出雲役場にメールや電話をして情報を収集したりしているうちに、
わくわく感は増すばかり。

そして、この先の仕事として行いたいとわくわくしている、
喫茶(カフェ)&軽食のお店やパワーストーンショップ、
畑仕事やスピリチュアルなお仕事の継続など、

奥出雲の地にての私や家族の今後の実生活や仕事など、
さまざまなイメージが次から次へと溢れるように湧き上がっていまして、

ここ1週間ほどは、毎日、
その湧き上がるイメージやインスピレーションを楽しんだり、
より具体的なものとしてこの先に役立てようとしたりしています。

結局は、まだ今の時点で手に入っていないのは、
物理的世界ではまだ重要視されている移住資金や開業資金でして、

いつもながら、お金は物理世界を生きていくには
それなりに重要である肝心なものとされているのに、

今の時点では、それはさておいて、
湧き上がってくるインスピレーションやわくわくに没頭して、
来年の春を目指して、パラレルワールドにて実行中であります。


そんな相変わらずの私の掲載しているブログ
‘タエヌのスピリチュアル日記’に関してですが、

今後はしばらく、
このような最新記事を時々織り交ぜながら、

過去の記事を改訂して転載した内容を毎日、
掲載し続けようと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、年末・月末の大祓い、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」







出雲の国への移住に向けて
 | HOME |