FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

個人的な問題の解決「人格を変える」

2020年06月30日
今、この大きな変革期の中、
個人の周波数を高めること・波動を高めることは、
とっても重要で、かつ急務ともいえる状況になっています。

この時期をどのように通り過ぎるのかによって、
これまで以上に2つの道へと、よりはっきりと
その進路が分かれていく結果が生じるからです。

それは各個人個人の2つに分かれる道の分岐点ともいえますし、
皆さん個々が経験する未来の地球の進む道の分岐点ともいえるのです。

そんな変革期といえる、このエネルギーの急増して
世の流れが急加速しているこの時期に、
私たちは岐路にさしかかっているといえるのです。

「私たち地球人類個々の波動を高めることが急務」
とはいっても、波動を高めるためには
たくさんの方法があり、留意すべきことも様々です。

その中でも、今回は「人の性格・人格」について
以下に述べてみたいと思います。


ちょっとしたことでイライラしている自分の状態に気づいた時
「私はもともと短気だからしかたないの。」
と、ネガティブさを放置してしまう人がいます。

無責任でいい加減なことをしてしまったと気づいた時
「私はズボラなところがあるからしかたないの。」
と、やはりあまり反省しない人もいます。

自分自身の繰り返し起きているネガティブな要素の多いこと、
つまり「改善すべき問題」にせっかく気づいたのに、
自分自身の性格とか人格とかのせいにして
反省を怠り、放置してしまう人がいます。

このようなネガティブな要素の多いことを問題として捉えず
反省しようとしたり改善しようとしたりせずに放置すると

また同じような場面になった時に
その感情や思考が繰り返し表出するでしょう。

ですからそのような人は自分の性格・人格に縛られてしまい、
またそれを言い訳のようにしてしまうために、
波動は下がってしまうことを自ら選択してしまっているのです。

逆に、そんな自分自身のネガティブな要素に気づき
それを「改善すべき問題」として認めることができれば、
その問題を解決するように努めるでしょうし、

すぐには難しくても、経験を重ねるごとに改善されていき
同じような場面に遭遇してもイライラすることもなく
適度にこなすことができるようになるでしょう。

私たちの波動やDNAは、
銀河のセントラルサン(アルシオネ)の光子の影響を受けて
今、大きく変容している時期を迎えています。

ですから、過去の自分よりも毎瞬毎瞬、
様々なエネルギーがダウンロードされ更新されていて
新しい自分自身に生まれ変わり続けているのです。

このような流れを利用して、
ネガティブに感じている自分自身の性格・人格が表出した時、

そのネガティブさをポジティブに変換しようという強い意志さえあれば
自分自身の意志に応じて「なりたい自分・理想の自分」へと
これまで以上に簡単に変化させることができるのです。

それには、まず、自分自身で
ネガティブに感じる面が表出した時に見逃さずに捉えて
「改善すべき問題」としてしっかりと認識する必要があるのです。

そしてそれを厳粛に受け止めて
厳格になって反省し改善するように努めるべきなのです。
問題は必ず解決できるのです

そして、問題を解決するためには、
まずは問題意識を持つことが必要になるということです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

スポンサーサイト



バックナンバー改訂版

過去の心に受けた傷との向き合い方

2020年06月28日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(火)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


「過去の心に受けた傷」とはいっても、その「傷」を受けたと感じている本人の経験したのは、もう過ぎ去った何年も前の過去の記憶であったとしても、その傷を受けた経験を思い出すたびに、その人にとって実際にはその時点で経験している今の世界のものとなり、その心の在り方次第でどうにでも変化していく現在進行形のものなのであります。

つまり、心に傷を受けたのは過去の時点であったとしても、それを思い出すたびに「今その経験をしている」ことになるのです。心に傷を受けたと感じた心の痛みやつらさや悲しみや怒りなどのネガティブな経験を思い出し、それを心の中で思い浮かべるだけでも、今まさにパラレルワールドで経験しているのです。

そして、その心に受けた傷は、その人自身の精神的な成長度合いや波動状況によって、癒されて完治したり、逆に悪化して傷口が深くなったりするなど、受けたと感じている傷は変化していくものなのです。

過去に傷を負ったと感じているその時点での自分自身よりも、今現在の方が精神的により成長できて、波動が高まっているような人は、傷を負ったと感じるような問題の起きたとするステージよりも一段階ステップアップしているために、より愛情深くなり、より寛大な心を抱くようになっているでしょう。

そして、許しや感謝といった気持ちがより大きく育ち、過去にとらわれるよりも、今、そしてこの先のことに焦点をより強く合わせられるように、より前向きになっていくために、過去のネガティブに感じる経験を思い出しても、その関わった人(自分自身も含む)や環境を、許し、癒し、感謝して、「良き経験や学びに変換する」ことができるはずです。

この場合、すぐに変換することができる場合もあれば、傷が深いほど時間のかかることもあるでしょうけれども、それでもさらに波動を高め心が成長していくにつれて、ますますステージが上がっていくにつれて、徐々に問題が問題として感じなくなっていき、傷といえるような痛々しい症状にも感じなくなっていって、解決するもしくは癒えるために、ポジティブな学びとして捉えられるように徐々に変換されていくはずです。

つまり、精神的に成長すればするほど、波動が高まるほどに、過去の傷は次第に癒えていき、気がつくと良き経験や学びとなって感謝に変わっていく場合が多いということです。

逆に、その傷を負ったと感じた時と、今もなお精神的に特に成長があったわけではなく同じようなステージに在るような人、もしくはその頃よりもさらに落ち込んでいるように感じられるような人は、その過去に負った心の傷と感じるような出来事を思い出したり似たような経験をしたりするたびに、さらにネガティブな思いがめぐり、不安や怒りや恐怖や悲しみなどのネガティブな感情が深まって、ますます傷口は深くなっていると感じるでしょう。

このことでもわかるように、シンプルに捉えれば、自分自身の心の傷は、すべてが最終的には自分自身の心の中の問題なので、自分次第でどうにでもなっていくということです。

そして、その基本的なこととして「自分自身の経験する世界は、自分自身が選んで作り出している」というスピリチュアルな原則を意識する必要があります。

実際には、心の中の問題だけではなく、すべての出来事が、自分次第でどうにでもなりますし、自分が招いた必然であるともいえるのです。

また、「自分がどう思われているのか?」ということよりも「自分がどう思っているのか!」がすべてでありまして、‘相手からどう思われているのか’を気にしだすと、推測、憶測でネガティブな要素が生まれやすいのですが、‘自分自身がどう思っているのか’ということに焦点を合わせることは、冷静にリラックスして自分と向き合うことができれば、比較的容易に知ることができるはずです。

そして、自分の経験している世界をどう感じるのかは、すべてが自分次第であるということを意識することが大切です。同じものを見ても、同じ場所で同じ時を過ごしても、物の見方や捉え方や感じ方は、人それぞれ違うわけでして、物理的状況は同じでも、皆それぞれ別々の現実を経験しているのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」










バックナンバー改訂版

ライトワーカーであるだろうと自覚しはじめた皆さんへ

2020年06月26日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


ライトワーカーとは、この地球上の波動を高めるため、光を定着させて地球がアセンションするためのサポートをする目的で転生してきた魂です。

地球上の人々の波動が高まるには、根本的なこととして、本来の自分自身の意識に目覚めることが必要になります。今の世の中の真実を知り、自分とは何なのかを知り、私たちの求めている本当の意味での愛と自由の真実の世界とは何なのかを知る必要があるのです。

ですから、ライトワーカーは、人々を覚醒するために導くというお役目があると同時に、自分自身が覚醒を進めるという目的も持ち合わせています。ライトワーカーは、自分自身が覚醒をしはじめること、そして覚醒を進めることが、常に課題であるといえるのです。なぜかといいますと、自分自身の覚醒が進んでいないのに、人の覚醒を進めるための導きをすることは難しいからです。

ところで、覚醒するとはどういったことでしょう?これは、人によって、捉え方がいろいろとありますが、私は、先ほど述べたような自分自身や地球上の世の中の真実や宇宙に関する真実を知り目覚めること、本来持ち合わせている魂意識・宇宙意識に目覚め思い出すことであると思っています。そして、多次元的な意識を認識して活用し、よりポジティブな実生活を送ることにあるも思っています。

つまり、覚醒するとは、覚醒した・覚醒しないの○×ではなく、少し覚醒し始めたというような初期段階から、覚醒がある程度は進んでいる段階、高次元的な意識や物の見方がだいぶできるようになっていた、など、3次元の物理世界に閉じこもっている意識のみではなく、魂意識に目覚めて多次元的に広がった度合いがどれだけ広がったのかによって、その段階は無数に違いがあるのだということです。

そして、この覚醒は、宇宙の根源神である純粋な愛そのものまで進化しない限り、つまり、人として存在している限りは、永遠に上には上がある状態にあるということになります。

ところで、ライトワーカーであるだろうと自覚し始めたような人の中には、ライトワーカーであるからには、何かの行動を起こすべきである、起こさなければいけない・・・と思いつつも、何から始めればよいのかが分からないという人もいることでしょう。

また、ヒーリングやチャネリングなどの、スピリチュアルなワークをを始めたいけれども、そのためには誰か人に教えてもらう必要があるとか、それなりに覚醒してから何かを始めようとかと思っている人もいるでしょう。では覚醒が進んでからとはいっても、それはいつになったら・・・ということになると、その基準はとても難しいことになります。

そもそも、実際には、覚醒がそれなりに進んでいるからこそ、スピリチュアルなことを意識されて理解されていて、ライトワーカーという言葉も知っていて、スピリチュアルなワークをしたいとわくわくするわけですし、ライトワーカーであるだろうと自覚をされはじめたわけですから・・・。

このようなとき、私自身、バッシャールの伝える「わくわくすること」の実践を、ブログやアドバイス等を通してお勧めしています。自分自身でわくわく感じること、つまり「今やりたいこと」「今やるべきと感じたこと」「今やったほうが良いと感じたこと」を、今、できることから実行することを選択するということです。

人は、何かの目標や予定を立てるまではスムーズにできても、何かと理由をつけて、実行するのをついつい先延ばしにすることがよくあります。これは、爬虫類脳の影響も大きいのですが、やはり、新しく何かを始めるには、それなりに気力が必要ですし、勇気や決断力、そしてそれなりの頑張りも必要になる時もあるからだと思います。また、新しいことに対しては、実行する前に、不安や心配や恐怖心が芽生えて邪魔することもあります。

それでも、それらのネガティブな感覚を振り払ってまでも、強引に何かを始めればよいと提唱しているわけではありませんが、自分の中でうまく心の整理をして、わくわく感は自分の魂意識(直感)や高次からのインスピレーションを受けて湧き上がるものが多いので、それを信頼して、わくわく感じることを選択するようにすることをお勧めしている次第です。

ヒーラーになりたいとわくわく感じたのでしたら、まずは書物やウェブの情報や知識やノウハウを得ることから始めるのも良いでしょう。そして、実際にも手のひらを当て実際にヒーリングをしてみるとか、音叉を使ってみるとかして、すぐにできそうなことから始めてみればよいのです。

チャネラーになりたいのでしたら、人から教わったり修業をしたりする等のすぐに実践するのが難しそうなことを考えるよりも、瞑想をして高次元の存在とつながろうとしてみるとか、深呼吸をしながら意識を集中してみるなど、今、ご自身でできそうなことから始めてみると良いのです。

そして、実践しているうちに、何かが芽生えてきたり、より多くのインスピレーションを受け取ったり、実践方法が広がってきたり、人とのつながりができたりするなど、何かしらの広がりがあるかもしれませんし、違った方向が見えてきたり、または休止したりするかもしれません。いずれにしても、まずはできることから「やってみる」ことが大切だと思います。

やりたい!やってみたい!できたらいいな!と思えるようなことは、本来は自分自身にもできることであります。自分が実践しているイメージできるようなことは、実際にも必ず自分が身に着けて実践することができるようになることなのです。

ライトワーカーであるだろうと自覚されはじめている皆さん!自分のため、人のため、世のため、地球のため、宇宙のために光をめぐらせるための何かになると感じるようなことをしたいという思いが湧き上がったら、どんな些細なことでもいいですから、思いつくままに、まずは自分でできそうなことから実践していみてはいかがでしょうか‼



☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版

本当の自由を味わいたいと思いませんか!? ~シリウスからのメッセージ~

2020年06月24日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(火)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

人はそれぞれ違った生き方をしていて、まったく同じ生き方をしている人など存在しないのです。ですから、人それぞれの考え方、物の捉え方が違っていて当たり前で、大多数の人の考え方や生き方を統一するなどということは不可能に近いのです。

それでもそれを可能にするには、人に恐怖心を与えて支配するとか、あらゆる手段を使って意図的に洗脳するとかといった、非人道的なやり方を行うことです。そうすれば、ある程度は、その支配者や洗脳者が意図したような、一定の物の見方や捉え方に人々を誘導することは可能なのです。

残念ながら、今の表面地球はそのような世界ができあがっていて、知らず知らずの間に、長い歴史をかけて、人々はある一定の方向に誘導されてきたのです。

それでも気づいた人、目覚めた人はいました。割合的にはほんの一握りでしたが、ざっとここ1万年見ても、数にしたら何億人になるでしょうか。ただし、目立った行動をとった人、その秘密を暴露しようとした人、あからさまに反抗した人など、支配・洗脳者側にとっては危険人物とみなした個人や団体は、ことごとく抹殺されてきたのです。

今、あなた方の住む表面地球は、新しい世に入ろうとしていて、あらゆる分野の変革の礎が築かれ進められています。ただし、まだ秘密裏に進めている事、世にあからさまに公表できないことは多数あり、あなた方一般市民が認識して実感するようなことは、ほんのわずかな事実のみになっています。

その理由は、先ほど申し上げたように、まだ支配層の力が、世の中全体にそれなりに強くはびこっているのは事実でして、世に出すにはまだ早い段階のことが多くあるからです。そして、それを知っている支配層側は、それを利用して、世の支配が弱まりつつあるにもかかわらず、必死になって支配洗脳体制を長引かせ、先延ばしにし、人類滅亡の機会をうかがっているのです。

どうか、落ち着いて目を閉じてください。そして、何度も深く息を吸って吐いて、深呼吸を繰り返してください。そして、自分自身の内側を覗いてみてください。そして聞いてみてください。本当のあなたは何ですか?あなたの今やりたいことは何ですか?あなたはなぜこうして地球上に生まれてきたと思いますか?そんなふうに、思いつくまま、あなたがあなたの心の奥底に、いろいろと尋ねてみてください。

そしてその答えは何であっても、今のあなたの答えなわけですから、その答えに忠実に従って、この先をよりあなたらしく生きるように努めてください。そうすれば、知らず知らずに支配されていたことに気づき、洗脳も徐々に溶けていき、がんじがらめに縛られていたあなたが、まるでさなぎから飛び立つ蝶のように大空を舞い、自由にあなたらしく飛び回ることができるようになるのです。

今の仕組まれた自由に満足するよりも、本当の自由を味わいたいと思いませんか!?だってあなた方地球人類は、その本当の自由を味わうために、今こうして生まれてきたのですから、そう思って当然です。ただし、それには、‘今の自由が本当の自由ではない’ということを知る必要があるのです。支配され洗脳されているという、その事実を感じて認識する必要があるのです。

だから、もう、そんな現実から目を背けようとしたり、否定しようとしたり、怖がったりせずに、身体の目も心の目もしっかりと見開いて、そんな現実的問題にしっかりと取り組み立ち向かい解決すべき時が来たのです。

地球上であなた方地球人類がアセンションを果たすためには、そんな道のりは避けて通れないものなのです。無知の知を知り、そして本物の叡智を身に着け、勇気をもって立ち向かい乗り越え、そして真実に目覚めて精神的に覚醒してこそ、それがあなたのアセンションであり、今の地球人類がアセンションするためには避けて通ることのできない道なのです。

もうすでに分かっている人には、あまりにも基本的なメッセージなので確認程度にとどめてください。でも、まだあまりよくわかっていないとか、真実を避けて通ろうと思っているとか、信じられないとかというような皆さんは、ぜひ、今あふれるようにウェブ上で出回っている、これまで教えられ常識とされていたことが覆るような情報も含めた真実の情報に触れる機会が訪れても、決して目をそらさず、あなたが真実であると感じ、必要と感じるような情報は、できるだけ得るようにすることが賢明です。

そして、現状を知り、今の世の課題を知ったら、あなたはあなたらしく立ち上がり、あなたらしいやり方で今の世を光の世である黄金時代に向かうために、あなたなりに貢献しようとしてください。それはとてもシンプルなことで、あなた自身が、あなたとは何かをより思い出し、あなたらしさとは何かをより自覚し、よりナチュラルに、より軽やかに、よりわくわく感じる方向に向かって、あなた自身のポジティブに感じる歩み方で、光に向かってあなたらしく歩み続ければよいのです。

そんなふうに、より多くのおとな達が覚醒していけば、高次元領域から来たばかりですでに覚醒しているスターシードの子どもたちと同調して光の循環がより強力になり、地球人類個々のアセンションは集合的アセンションになって、地球全体のアセンション、そして太陽系や銀河のアセンションへとつながっていくのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」






バックナンバー改訂版

本当はとってもヤバイ‘体育座り’

2020年06月22日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(火)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


ある方からいただいたご相談事に返答をした後で、メールのやり取りをしている中でのことです。

その方からいただいたメールに「そうですね!昨日は、モヤモヤしてきて、考えてると、体育座りになりました(o^^o)」と書いてありました。かなり落ち込んでいらしたようで、気がついたら部屋の片隅で体育座りをしていたそうです。

私はその返答のメールで、次のようなアドバイスを差し上げました。

「、‘体育座り’は、別の言い方で‘奴隷座り’や‘囚人座り’といいます。

体育座りという言い方をすれば、何かポジティブな感じを受けますが、実際は、あの座り方をするのには姿勢的に無理があり、さらに次の動作へと動きにくく、そのようなことなどから、人間の思考や感情をネガティブにする座り方なのです。

戦後の教育では、GHQの要請で、日本人を骨抜きにネガティブ化するための1つの政策として、教育の現場に「奴隷座り・囚人座り」が「体育座り」という名で組み込まれました。

実際は、古代エジプト時代の3000年以上前にもこの奴隷座りは、奴隷や囚人に対して強制的にやらせていました。

本来の日本人は、足を崩して座る(マーメイド座り)か、正座かあぐらが基本です。正座やあぐらは、丹田を開放して活性化させるので、波動の高まる座り方です。

落ち込んでいる時に体育座り(奴隷座り・囚人座り)をしている自分に気づいたら、ぜひ、改善することをお勧めします。」

当ブログの過去記事で、戦後、GHQによる日本人骨抜き計画において、教育が大いに利用された旨を書き表しましたが、(参照:義務教育は1日8時間労働の基礎作り)この体育座りならぬ奴隷座り(囚人座り)も、日本人の波動を落として骨抜きにするための、1つの手段でもあるのです。

≪囚人座り≫

この姿勢はナチス・ドイツが開発したと言われていて、日本では戦後GHQによって、学校教育に取り入れられた座り方です。この姿勢により、目線が下になり、口もポカンと空き、気道も開くので食べ物を誤飲しやすくなります。また、内臓は下垂し、足自体が地面を押していない骨盤・尾骨の位置関係から、内側に圧力がかかり変形がひどくなります。更に、頸椎3、4番がつまり、上顎運動になります。胸椎の圧迫、呼吸の異常が起きたりします。まさに『手も足も出せない』状態であり、体を使った洗脳政策のひとつです。海外ではこの姿勢はないようです。マーメイド座りか、手を後ろに置いて体を支える座り方です。
ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)参照

さらに、この動画もとても分かりやすく解説してくれています。

https://youtu.be/eySTGHc7Cus

以下、「日本と地球のために今できること★アメリカ発」より抜粋して引用させていただきました。

日本の義務教育でおきまりの「体育すわり」。西洋文化が導入されるまで、畳の上で暮らしていた日本人はこういう座り方は絶対にしなかったことをご存知ですか。

o0640036213770046237.jpg

こちらは、古代エジプトの第18王朝最後のファラオであったホルエムヘブ(紀元前1323−1295年在位)が異民族の奴隷を数えているレリーフです。

この奴隷の顔を見ると、当時のエジプト人とは違う人種であることが分かりますが、この人々は現在のアスワンからスーダンにかけて存在した民族であったと言われています。

へえ、「体育すわり」って、3000年以上前からあったのか! なんて感心している場合ではありません。

zinnbabue.jpg

(こちらは、ジンバブエの囚人の画像です)

古来、畳の上で暮らして来た日本人は、地べたに座るときは、ほぼ正座かあぐらでした。それによって、丹田やハラが鍛えられていました。

また、和式のトイレでは、両足をつけて「踏ん張る」ことが当たり前でしたから、昔の日本人は意識しなくても足と腰とハラが自然に鍛えられていました。

ところが、戦後になって、GHQ(連合国軍総司令部)によって、日本人弱体化計画が実施されました。戦後、愛国者や能力のある人たち、武道の心得がある人たちなどは、教職を含む公職を終われ、左翼思想をもつ人たちがとってかわりました。

その中に含まれていたのが、左翼主導の義務教育と日本人の強さの根源である「丹田」や「腹」の弱体化です。目的はもちろん、日本人がアメリカを含む戦勝国に二度と立ち向かわないようにするためです。GHQ(連合国軍総司令部)は、日本人のことを徹底的に研究しました。

日本では義務教育の場で必ず当たり前のこととして強制される「体育座り」ですが、アメリカの教育の現場では、子どもたちはほとんどの場合は椅子や台の上に座っています。

amerika.jpg

床に座る場合は、体育座りの姿勢を取ることは一切なく、あぐらです。または人魚すわり。(これは、US School Children sitting などのキーワードで検索するとわかると思います。)こんな感じの座り方が一般的です。

日本の「体育」に含まれている体操やポーズは、もう一度考え直した方がいいと思いました。

アメリカでは自国の囚人にさえもさせない、体力と気力と人間性を骨抜きにする「体育すわり」を当たり前のこととして導入してきた日本ではありますが、戦後もう70年以上が経過しています。

また、トイレなどを取ってみても、何でもかんでも西洋式を取り入れて、日本人古来のやり方を捨ててしまったり、忘れてしまうことで、知らないうちに足腰だけでなく精神も弱体化しているのに私たちは気づいていません。

現在、アメリカの大企業などでは、エリート社員の企業研修セミナーの一環として、日本の禅宗の座禅を取り入れるところが多くなっています。

アップル創始者の故・スティーブ・ジョブスが座禅を実践していたことは有名ですよね。アメリカの成功者たちの間では座禅を通じて、人材養成を行うことが定番となっていて、私の知り合いにも研修の一環として座禅合宿に参加した経験のあるエリートが何人もいます。

つまり、日本人が昔から、精神修養のために行っていた座禅というものの価値がアメリカのエリートたちの間では優秀な人材育成に役立つことが認識されているのです。

アメリカでは少数の成功者は必ずといっていいほど、心身を鍛えていますが、それ以外の人たちは中年になると男女共に8割くらいが肥満体です。中年の平均的なアメリカ人が日本の駅のトイレに行くと、和式トイレで用を足す以前に、両足で踏ん張った状態で自分の体重を支えきれないので、見ただけで自分にはできないと分かるようです。(私が話を聞いた西洋人は、ほぼ全員が和式は怖くて使えないと言っていました)

アメリカのエリートたちが必死になって座禅をしてハラを鍛えている間、日本人が何の疑問も持たずに当たり前のように体育座りをして肉体的にも精神的にも隷属状態に陥ったままでよいのでしょうか。

そろそろ、日本人の伝統的な座り方であり、「丹田」と呼ばれる腹(ハラ=コア)を鍛える正座や座禅を取り戻すときにきているのではないでしょうか。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版

ツインとのご縁について

2020年06月20日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(火)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


人にはツインソウルもしくはツインレイは、必ず存在しているわけですし、最も魂の関係性が深く強い存在なわけですから、まだ純粋で波動の高い幼少の頃や、波動が高まり目覚めが進むにつれて、その親縁なる存在を意識することは、必然的なことであるともいえるでしょう。

そのような中、実際にツインは、もしかしたらもうすでに出会っていて、それなりに深縁を結んでいるかもしれません。

また、まだ出会っていなくても、これまでにご縁のあった方であるかもしれませんし、まだこの先に新たなご縁をいただく方かもしれません。

その答えは、自分で感じられるかもしれませんし、だれか霊的能力の高い人が感じるかもしれません。しかしながら、今の3次元世界の人間の認識力からは、‘100%正解である’といえるまで確信できる情報を得ることは、たぶん難しいでしょう。

きっと、その答えは、アセンションできて完全に第4密度以上の存在になり、12本のDNAが回復するまで、はっきりとした真実の答えはわからない可能性が高いのです。

でも、ツインが必ず存在していることを‘知っている’。

そして、ツインと再開することは、1つの大きな転機となることも‘知っている’。

それが、どのような感覚なのかははっきりとわからないような、未知の愛を感じられる体験なのだろう…などというような、とてもポジティブなものであるだろうと‘知っている’。

それらのことを‘知っている’ということは、とても大切なことで、そのことを‘知っている’だけで、この先の人生の中に一つの大いなる「わくわく感」を抱き続けることができるのです。

だからといって、ツインとの出会いをあまり期待しすぎても、待ちわびてしまっても、それはそれでネガティブな感情や思考をめぐらせる場合が出てきますので、避けたほうが良いでしょう。

ですから、ちょっぴりと期待して待ってはいても、自分自身の感情や気持ちにストレートでナチュラルに在り続けるようにして、より自分らしい生き方を続けるようにして、最も大切なのは「自分なりにより波動を高め魂向上の道を歩むように努め続けてさえいれば、結果として、なるようになっていく」ということを意識することだと思います。

地球が銀河の中心にますます近づくにつれて、高次元の光子の影響も受け、地球上の波動は高まり続けるにつれて、必然的に波動が高まっている人も増えてきています。

順調に波動を高めることができている人ほど、DNAの修復が進み、高い波動で引き寄せあうために、そのような人々は、ツインとの出会いを果たしやすくなり、また、ご縁を結んだ時に、お互いがツインであることを‘感じやすい’状態に至っている可能性が高くなるでしょう。

そのツインであるかどうかの答えが100%正解であるかどうかはわからないにしても、そのようなご縁であるだろうと意識するだけでも、さらなる深い愛をめぐらすことができるでしょうから、それはそれでポジティブなことなのだろう、ということです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

「住まい」について

2020年06月16日
眠っている間に魂は多次元世界を旅していて、様々な知識を得たり癒されたりして、また元の身体に帰っていきます。肉体を休めるためにも、心をリセットさせるためにも、人にとって睡眠はとても大切なわけですが、睡眠をとる場所は「住まい」である方が多いと思います。

また、職場や学校などの社会に出た後に、自分の「住まい」に帰ることで、安らいだりリラックスしたり楽しんだりして、憩いの場となったり、家族だんらんの場となったり、安らぎの場となったりするなど、「住まい」の波動が、できるだけ高く穏やかであることが理想的であると感じる人も多いことと思います。

このように、人が安らぐ場所や、長く身を置く場所である「住まい」に関しては、多くの人が思っている以上に重要で、その波動がよりご自身に合っている場所であり、心身の調和を保つために適している場所であるという観点で住む場所を選択することは、とても大切なことであります。

また、時が移り変わり、人の波動が変われば、その波動に見合った場所に移り住むことも必要となるケースもあり、その「住まい」の波動を変えることで、より住む人の波動と合い、さらに調和され癒され、エネルギーが充電されて波動が高まることがより魂を向上させるためには一つの要素として重要な要素になる場合があります。

もちろん、「住まい」を変えることなく、同じ場所にお住まいになりながら、地球上の波動も日増しに高まっていますし、ご自身の波動も高まり、その「住まい」の場所の波動も合わせて高まっているような場合も多いので、そのような場合には、特に移り住む必要を感じることは、あまりないといえるでしょう。

今、住んでいる場所よりも、違う場所に「住まい」を変えようかどうかと考えるにあたって、どこか理想を描く場所が見つかったとして、そこに住んだことをイメージして、そのパラレルワールドにて描いてみるとよいでしょう。その上で、あまりしっくりとこないようでしたら、違う場所を探してみるのも良いですが、それが今の住まいもより充実した華やかなものに映ったり、安らいて癒されるように感じるようであれば、それはご自身にとって本当に理想的な「住まい」を見つけたといえる証拠であります。

そして、もしご自身がその場所に移り住み、今のご自身にとってより波動を高め、魂向上のために必要な場所でしたら、その場所に移り住もうと何か行動を起こした時に、すべてがそれなりにスムーズに流れ、大した困難もなくよりスムーズに移住を完了させることができるようになっているはずです。

ですから、ご自身の意思で、または直感で、それなりに強く移住をしたいとワクワク感じるようであれば、まず試しにそのことを少し具体的にイメージして、良いイメージになればそれを実際に、ある程度実行に移してみるとよいでしょう。それがスムーズにいくようでしたら、やはりそれはご自身にとって必要な道であるといえるのです。

移住先がよりご自身にとってポジティブな波動であり、環境がより適しているのであれば、ご自身の実生活や人生のあらゆる面において一段階ステップアップをし、よりご自身にとって光の道を歩むことができるようになっていきます。

例えば「住まい」を変えたことが転機となり何か新たな道が閃き突き進むとか、新たなご縁があるとか、とにかく「住まい」は重要なものであり、またそれによって転機が訪れたり、一段階波動域がステップアップしたりすることもあり得ますので、再度申し上げますが、「住まい」を変えたことをイメージし、そして直感的にワクワクする思いが強く感じられるようでしたら、ぜひまずは行動に移してみて、その流れを見てみるのもよいでしょう。

また、「住まい」がそれなりに心地良く安らげるような環境でしたら、特に問題はないといえるでしょうけれども、同じ場所にこの先も住む予定でいるのに、何かしっくりこないとか、あまり安らげないとかといった感じのする場合は、「住まい」の波動・エネルギーに変化を加えてみるのも良いでしょう。

たとえば、観葉植物や生花といった植物を部屋で育てるだけでも、癒しのエネルギーが高まり、浄化され、波動・エネルギーはそれなりに変わります。また、猫や犬や小鳥などのペットを愛情を抱いて飼っても、彼らの純粋さや元来の波動の高さから、それなりに高まっていきます。

その他には、換気を多くしたり、カーテンをできるだけあけて日を通すようにしたり、水晶などのパワーストーンを置いたり、マメに清掃をしたり、風水で良いとされることを実践したりするなど、意識と習慣を少し変えるだけでも、住まいの波動・エネルギーを、ぐんと高めることができます。

このような内容の記事を読まれたことを機に、今一度、今の「住まい」の波動・エネルギーを改めて感じられてみて、この先も、大切な「住まい」に関しまして、よりポジティブな環境づくりを、意識的に習慣にして行ってみてはいかがでしょうか。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

よりポジティブな人間関係を築くために

2020年06月14日
やさしさ、謙虚さ、思いやり、感謝の気持ち、慈しみ、純粋さなど、人はこのような波動の高い意識を持ち合わせています。逆に、怒り、恐怖心や不安心、傲慢さ、嫉妬心など、波動の低い意識も持ち合わせています。今の世に存在する私たち地球人類は、だれもがこのような波動の高い意識と低い意識との両面を、多かれ少なかれ必ず持ち合わせているといってよいでしょう。

人間関係において、お互いにネガティブなことをそれほど感じずに、それなりに調和のとれた関係を保てていれば、特に問題は感じずにいられるでしょう。しかし、相手から低い波動を強く感じたり、自分との波動が(気が)合わないと感じたりしているのに、家族や親類や職場の同僚や学校や習い事などといった関係から、日常的に多く顔を合わせるため、人間関係がネガティブになりすぎないように配慮したり、より調和のとれたポジティブな状態で保つように意識的に努めるべき場面があったりすることは、多かれ少なかれ多くのみなさんが現実的な状況として当てはまることがあるでしょう。

例えば、職場で同じ室内に勤務しているある人が、自分に対しては意地悪で冷たく接してくるのに、他の人に対しては笑顔でやさしく接しているという状況であったとします。そんな時、あなたはとても嫌な気持ちになるでしょうし、イライラ(怒り)や不満な感情を心の中に抱くでしょう。そして、その人が近づいてきただけでもそんな気持ちが湧きあがったり、話しかけられた瞬間に恐怖のようなものや嫌気を抱いたりもすることもあるでしょう。

しかし、このような低い波動の感情からの邪気(マイナスエネルギー)を出すと、波動の法則によって、その人の低い波動の意識とつながって、低い波動の状況をより作り出しやすくしてしまうのです。ですから、お互いの低い波動が重なり合って、現実としてはネガティブなエネルギーが倍増するために、さらにネガティブな状況が生じやすくなるのです。

これは、言葉に出しても出さなくても発することでして、感情や思念によるエネルギーが大きく関係するために、口に出さずに黙っていれば解決することではありません。もちろん、口に出すと言霊のパワーも加わり、さらにネガティブになってしまいます。

陰で人の悪口を言っても同じことです。帰宅して一人でネガティブな感情を出して相手を憎んでも同じことです。すべては相手に伝わります。思念や想念のエネルギーは、とても現実的なものでありストレートに伝わるのです。

なぜならば、今の世では個性ある別の存在として生きていますが、すべての人は皆、魂の奥では1つにつながっているから、相手を特定した瞬間に相手の魂と深い領域ではしっかりとつながることができるのです。特に、このような強い念を持って相手を特定すれば、よりダイレクトに相手に伝わるのです。

では、このような関係を改善するにはどうしたら良いのでしょう。この答えはとてもシンプルでして「自分自身の波動をどれだけ高い状態に保てるのか。」「どれだけ波動を低くしないでいられるのか。」この2点だけ気を付けていれば良いのです。

自分自身の波動が高い状態で相手に接すれば、波動の法則がはたらいて、相手の高い波動の要素が引き出されやすくなります。もちろん、これは言葉尻や表情だけではなく、心の中の状況も大きく影響します。自分の波動を高くしたつもりでも、心の中でこれまでのように恐れや怒りなどの低い波動の感情が多少なりとも残っていれば、その分だけ低い波動も引き出してしまいます。

ですから、長い間ネガティブな関係であったとすれば、今日や明日で改善させるのは難しいかもしれませんが、少しずつ改善しようということは、自らの意識次第で何とかなっていくはずです。これにはカルマの法則も大きくからんできます。過去のネガティブなカルマは、その度合いに応じて解消するにはそれ相応の努力や時間などが必要になるのです。

たとえば、何年も会っていない学生時代の同級生と、久しぶりに地元に里帰りをする際に会ってしまうかもしれないという状況が予測されたとします。その知人は、とても意地悪だし、会うだけでも嫌な気分になるし、できれば会いたくないと感じていたとします。あなた自身は今とても幸せで、黄金時代に向けて光の道を順調に歩んでいるのに対して、知人は実際にもネガティブな道を選択し続けて、過去の印象以上に低い波動を多く発するような人だったとします。

もし、あなたがその知人のことを思い出せば、知人もあなたのことを思い出すでしょう。あなたの思念力が強ければ、思念(テレパシー)として気持ちが伝わりやすいためになおさらです。そして、あなたが低い意識を知人に向ければ、知人にとっては普通であるネガティブなそのエネルギーに対して、こころよく反応してあなたとの波動をより強く合わせるために、あなたと知人は里帰りをした際に、波動の法則によって引き寄せ合い、直接会う確率は高くなるでしょう。そして、直接会うことでお互いのネガティブな情緒はさらに重なり合い、あなたのイメージした以上にネガティブな状況が実現しやすくなってしまうのです。

でも、もしあなたがいつものように波動の高い状態を保ち、明るいオーラを放ってルンルン気分で里帰りをしたとします。その知人を思い出しても、素敵な人生を歩んでいることを願い、たとえ良くない噂を聞いたとしても、慈しみや憐みの心を持って愛の光で包んであげるなど、その知人に対して高い波動である愛の気持ちを向けてあげたとします。

そのような波動状況の中に在れば、里帰りした際に出会ったとしても、相手の高い波動の要素を引き出して接することができるでしょう。また、もし相手がそのような状況ではなく低い波動を強く発する中に在れば、波動が大きく違って波動が合わないために、出会う可能性はとても低くなります。

相手が自分をどのように思っているのかということを、考えすぎたりたり探ったりしすぎたりすれば、相手の領域に踏み込みすぎることになるので、過干渉しすぎてしまい、ネガティブな波動を生じる場合があるでしょう。そして、ネガティブなカルマとして自分に必ず返ってきます。また、相手の気持ちを変えようと思うと、さらに相手の領域に入りすぎてしまいます。

つまり、相手の思考や感情を変えようとまで思ってしまうことは、相手の領域に過干渉をしてしまうために不調和が生じやすくなるので、ネガティブなカルマを作ってしまう結果に至ることがあるのです。でも、自分自身の感情や思考を変えることでしたら、いつでも自分の顕在意識次第で、すぐにでも実行できることですし、その自らの意識をポジティブに変換することが重要であり、それだけで自己解決することができるのです。

実際には、相手との関係をより調和のとれた状態にしたいという、純粋な気持ちからの愛ある動機は、とても素晴らしいことなのですから、お陰様(守護霊様・守護神さまなどの陰ながら自分をサポートしてくださっているスピリット)も宇宙も神も、心からご加護くださり応援してくださいます。

そして、相手に対して愛の気もちからの心遣いをしつつ、相手の感情や思考や外見や言葉遣いなどの、相手の領域内のことにはできるだけ干渉しすぎず(意識を向けすぎず)、自らがどのような意識を持っているのかということに気を配っていれば、相手との関係はより調和のとれた状態になっていくはずなのです。

中でも、家族であるとか学校や職場であるとかといった、比較的多くの時間を同じ場所で過ごしたり、何らかの連携を保つために接したりする間柄の場合は、波動の法則と同様に、お互いのこれまでの関係におけるカルマの法則も多くからんでくるので、それなりにネガティブな関係が続いてしまうと、急に改善しようとか一気に問題解決をしようとかといっても、難しい場合が多いでしょう。ですから、この先にポジティブなカルマを、こつこつと少しずつ継続して積み重ねる努力が必要になります。

でも、時々しか会わないような人との関係や、コンビニの店員さんとか、タクシーの運転手さんとか、道端ですれ違う人とかといった、浅い関係の中で接するような場合には、このような自分の波動の状態がどのような状態であるのかによって、相手の状態にとてもよく表れるのです。

ですから、もしコンビニの店員さんが、いつも以上にとてもやさしい対応をしてくれたと感じたのなら、あなたの波動が引き出したことでもあるのです。でも、もし、いつも優しい店員さんの態度が、なんだか今日は冷たいなぁ…と感じたようなときは、あなたの波動を見つめなおしてみると、ネガティブな部分が多くあることに気づくことでしょう。

もちろん、今の世の目の前の現象のすべてが自分の映し出しというわけではないので、困っている人を見かけたからあなたも困っているとか、醜い姿に感じる人を見たかあなたもそんな姿をしているとか、そういった「極端に同じ」とか「鏡」であるとかという場合ばかりではありません。ここには必要(必然)の法則もはたらきます。全ての出会いは必然であり、カルマの法則や波動の法則もからんでいますが、すべてはお互いの魂の向上のための学びに必要なものなのです。

困った人や醜く見えるような人を見かけたら、自分なりにできる範囲内で愛を与えるのか、それともネガティブな思いを抱いただけになるのか。どのような意識や行動をとるのかによって、その学びはポジティブなものにもネガティブなものにもなるのです。魂の向上のための無駄な経験とか学びにならない経験などというものは、実際には何一つないのです。

すべての出来事に対して、あなたが「自分自身の波動をどれだけ高い状態に保てるのか。」「どれだけ波動を低くしないでいられるのか。」が、魂を向上させるためにはキーポイントとなりますし、どれだけポジティブな学びを得るのかも、すべてはあなた次第なのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」



バックナンバー改訂版

苦手な人や気の合わない人と会う時

2020年06月12日
苦手な人や気の合わない人…

つまり、会うと嫌な思いをするとか
話していてもおもしろくないしイライラするとか
波動が低くて重苦しい気分になるとか、

できれば会いたくないと感じるような
そういったネガティブな感情が
いつのまにか湧き上がってしまうような人は

親類や会社の関係者や
ご近所などといった身近であったり
時々しか会わないにしろご縁が続いていたりするような
あなた自身にとっての知人関係に

それなりの数の人々が
思い浮かぶ方もいらっしゃることと思います。

そして、そのような関係の知人と
近日中に会う約束をしたような場合

これまでの出来事を思い出してしまい
ネガティブな感情が湧き上がったり

「また嫌な思いをするのかな…」と気が滅入ったり
「できれば会いたくない…」と思ったりと
考えるだけでも憂鬱になったりすることもあるでしょう。

そして、そのような状態で、
苦手な人や気の合わないような人と会うようなことになると…

会った瞬間から嫌な思いをしたり
何か気に障るようなことを言われたり
嫌気のさすような態度をとられたりと

あなたの期待通り、いや、予想通りに
ネガティブな思いをすることになる場合が
多くあることでしょう。

それはそのはずで、
あなた自身がネガティブな感情や思考を抱き
そのことによって波動が下がってしまうと

波動の法則が働き
あなたの下がった波動に見合った現実が待ち受け
相手もその低い波動で接してくるから
余計に相手の低い波動を引き出してしまうからです。

相手の波動が根本的に
あなたより極端に低いような場合
気(エネルギー)が違うわけですから
気が合わないという感覚になるのです。

さらに大きく波動域が違うような場合には、
3次元世界で肉体を持って接してはいても
意識自体は別々の波動域のステージにあるために

話がかみ合わなくなったりとか
いくら説明してもわかってもらえないとかといったような
すれ違うような場面も出てくる場合もあります。

根本的に波動が大きく違えば
波動の法則が働いてしまいますから
そのような状況になるのは当然のことであるともいえます。

でも、あなたがそのような人と会う際に
ネガティブな思考や感情を強く抱いてしまうと
あなたの普段の波動よりも低い状態になるために

相手の低い波動域へと共に入り込んでしまい
相手のペースに巻き込まれるために
一緒になってイライラしたり辛くなったり
口論したりするなどの不調和を生じる場合が多くなるのです。

また、相手と別れた後に、
妙に疲れたり身体が重くなったりだるくなったりするなど、
相手の邪気の影響を強く受けてしまうことも多いのです。

では、どうすれば良いのでしょうか…

それは、お互いがお互いの中で
できるだけ高い波動を発することができるように

「あなた自身の波動を高くキープする」ことによって
また併せて「あなた自身の波動が下がらない」ように気をつけるようにして

その共有する場の波動を高め
より高い波動域の中で接するようにすることです。

そのために根本的には次の3つのことを意識する必要があり
そのことで不調和を最低限に留めることができるはずです。

☆自分自身の波動をより高めてから会うようにすること。

銀河の中心により近づいてきていて
それなりに高波動域に入っている
今のこの地球上に暮らしている人のすべては
陰陽の両面を持ち合わせていて

ネガティブな意識がたとえ多く表出するような人でも
必ずそれなりに愛の光も放っています。

あなた自身が、より愛を多く発するようにすれば
波動の法則が働いて、
相手の高い波動を引き出すことができます

瞬時には無理だったとしても、
少し時間をかけてじっくりと、

より穏やかに、より笑顔で、より優しく、より冷静に
より謙虚に、より愛を大きく抱いて接するようにしてさえいれば

そのうちに相手の態度もやわらかくなってきて
より高い波動の状態で接しあうことができるようになります。

決して短気になったり、
心と言葉が裏腹になったりしないように努めて

心から相手を許し、慈しみ
できる限りの愛を持って接するように
強く意識して臨み継続するように努めるのです。

☆相手をより理解し、よりポジティブに捉えるようにすること。

たとえば、いつもイヤミなことを
感情的になってズケズケと言うような人ならば・・・

「感情を正直にさらけ出す素直な人だけど、
言い方がきつくて相手の様子が読み取れない人」とか

たとえば、人の話を聞こうとしないで
自分の自慢話ばかりするような人ならば・・・

「自己愛が強くて強引なところがある
話をするのが好きな人」といったように

ネガティブな感情や思考を抜きにして
その人自身の特徴をシンプルに捉えて意識すると

それなりにその人自身のことを
わかってあげることができるはずです。

自分を理解しようとしてくれることや
自分のことをわかってもらえることは、
人にとっては嬉しいもので、

そのようにするだけでも相手の心が緩み
波動がそれなりに高まって
相手の高い波動を引き出すことができる場合もあります。

☆必要に徹して、余計なことを話さず、
より短時間で必要最低限なことを話すようにすること。

これらの事例のように、
苦手な人や気の合わない人、
つまり波動の合わないような人と接する時の
根本的なに意点として大切なことは

自分がより波動が高い状態で接することで
相手のより高い波動の状態を引き出すことです。

そして、時間が長引くと
高い波動をキープするのが難しい場合もあるので
できる限り必要最低限のお付き合いに留めて
お互いがより良い状態のまま別れれば良いのです。

親類同士でほんの数時間くらいなら
食事をして和気あいあいに表面上のおつきあいをして
それなりにポジティブに過ごすことができても

何日も共に暮らすようなことになったら
なかなかお互いに高い波動をキープできず
それなりに不調和が生じやすくなる場合もあります。

会社の会議の最中だけなら
仕事の話だけと割り切って冷静さを保てるのに

会議の後に飲み会に誘われて出かけたがために
長い時間話をしているうちに不調和が生じた・・・
なんていうことも往々にして起こるものです。

まだ、意識の上での波動の高低の差が
それなりに大きい者同士でも

この3次元の物理世界では
肉体を持った者同士で接することは可能で
様々な波動の人同士が入り乱れています。

だからこそ、魂を磨くための場としては
それなりに適しているといえるわけですが

総合的な波動を落としてしまっては
魂向上の道をスムーズに歩むことが難しくなります。

相手のネガティブに感じる言動を‘変えよう’‘正そう’として
相手を指摘して何かを伝えようとしたり
教え込もうとしたりしても

それはなかなか難しいもので
あなたの真意をがわかってもらえるどころか
余計に不調和が大きくなることが多くあるでしょう。

そもそも、相手を変えようとすること自体が
不干渉の法則に反しての過干渉をしてしまうという
ネガティブな波動を生じやすいことになってしまいがちです。

そのような相手の領域に過干渉して
相手を変えるという難しいことを選ぶよりも
よりシンプルで簡単な方法は

自分自身の波動を変えるように
自分内で調整して努めることです。

そして、自分自身の波動が高まることで
その波動が波及して周囲に広がり
それなりに強く影響することを信頼して実践し続けていれば

すべては自分次第であり、
目の前の現実世界のすべては
自分自身が作り出しているということが実感できるでしょう。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版

地球の夜明けは近づいている ~シリウスからのメッセージ~

2020年06月10日
目隠しされたような状態で生きることに慣れている、あなた方地球人類は、その状態が日常のあたりまえのこととなってしまっているために、目隠しされていることに気づいていない人が、あまりにも多すぎるということが問題なのです。

そして、まだたくさんの人々が目隠しされていることに気づかず、問題視していないわけですから、解決するはずがありません。

まず、第一段階として、地球人類の多くの人にとって必要なのは、目隠しされていて操られているという現状に気づき、問題視することです。

それでも、日増しに気づき目覚める人が増えていますので、目覚めた人は、まだ覚めぬ人を起こそうとして努力をしたり、その人の言動において気づきを促したりしているわけですが、もっと、そのペースを早くして拡大していく必要があります。

それには、目覚めた人に、もっと勇気と意気込みと実行力とが必要で、今向かっている世界の一つの方向性として、人類の破滅の道もあるということを理解し、そのような方向に向かうパラレルワールドの流れに乗らないように気をつけながら、現実の中でできる限りの努力をする必要があります。

でも、努力とは言っても、汗水たらして無理してまでも何かをするというわけではありません。目覚めた人は、その人なりに、自分らしいやり方で、その人自身の生き方を通して、自分自身もますます目覚めを進める中で、周囲の人を巻き込んだり、自分の実践を通して気づきを与えたりしながら波及するようにして、目覚めの輪を広げて行けていくようにすれば良いのです。

ある物事が問題であると思えば、解決に向かうために努力する傾向にあります。問題は必ず解決できるものです。かといって、問題探しをする必要はありません。でも、解決すべき問題を無過ごしたり、見て見ぬふりをしたりするのはネガティブなことであるといえます。

地球人類が、あらゆる真実を隠蔽され、テレビや新聞等のマスコミや学校教育を通して嘘偽りの情報でプロパガンダされたり洗脳されたりしています。

たとえば、水道水には毒素であるフッ素が入れられ、市販されている様々な食品には国が認可したとされる身体に悪い添加物が混入され、遺伝子組み換え食品が出回り、地球環境にも人体にも悪影響を及ぼす除草剤があたりまえのように売られて使われ・・・

空からはケムトレイルによって気象操作をしたり身体に悪影響を及ぼす金属やウィルスなどをまき散らしたりして、電磁波を使って波動を落とし、税金という名のもと地球市民から金銭を巻き上げて奴隷化する・・・などなど。

何も気づかずにいれば・・・
これがごく普通の事であると思えば、それで幸せなのか…

いえいえ、そんなことはありません。奴隷は奴隷と気づかなければ、いつまでたっても自由な市民と思い込ませれている、ただの奴隷のままであるのです。問題を問題であると気づかないと、解決のしようがありません。

あまりよろしくない宗教にいつのまにか洗脳されのめりこんだ場合、そこから脱するには、まずは、自分自身がその宗教集団によって洗脳されていることを知ることが重要です。そして、それがわかれば、自分の努力次第で、その洗脳から解放されることは可能です。ただし、洗脳されていること自体に気づくことができなけければ、洗脳を解き解決するのは難しいことなのです。

それと同じで、まだ目覚めぬ地球人類は、NWO(ニューワールドオーダー)を目指す悪魔宗教の支配者集団に洗脳され支配されているのです。その洗脳支配から解放されるためには、そのことに気づき、目覚め、解放され、自由を獲得しようと努力する必要があるのです。

さあ、目覚めた皆さんは、手と手を取り合って、意志を強くもって勇気をふりしぼって、共にさらなる目覚めを進めていきましょう!そして、まだ目覚めぬみなさんに対しては、気づきを与え、共に目覚めるよう、自分自身の在り方を通して、自分らしいユニークなやり方で、目覚めるためのアプローチをかけ続けていきましょう。

地球の夜明けは、ますます近づいてきています!


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」







バックナンバー改訂版

過去の経験や学びは今のあなたに凝縮されている

2020年06月08日
過去世はあくまでも「過去の済んでしまった経験」であるわけでして、経験によって学んだことは魂の記憶に蓄積されていて、今世ですべていかされているわけです。それは、多くの人にとっては、決して1度や2度といった少ない回数の過去世における学びによって培ったものではなく、今生きている人の多くの人は、100回も200回も重ねてきている過去世の中での、すべての経験とすべての学びの結果の集大成が、今現在のあなたであり、今世の経験をあなたが選ぶに至った元となっているのです。

ですから、過去世の一部をあなたが知る機会を得たと感じた時、それはそれで参考になることではありますが、度重ねた輪廻転生における長い時間の中のほんのごく一部の経験にすぎないものなのです。ですから、そのほんの一部の過去世に対して、あまり強く焦点を合わせる必要はありません。1つの過去世の出来事ににとらわれすぎてしまと、今世のあなたの選択する道を狭めて、より限定的になったり、あなたの直感力の高さを損ねて、思考により強く頼る方向に導いてしまう度合いが強くなってしまったりする可能性が高くなってしまいます。

今この時点でのあなたの思い、感情、感覚、わくわく感が大事であり、今、何をしたいのか、今、何をすべきと感じているのかが重要なのです。特に、あなたの直感、つまりあなた自身のハイヤーマインド(高次元の自己・魂意識)から伝えられるインスピレーションである直感によって得たことを活用することは、あなたがよりポジティブな選択をするには重要視するべきことなのです。

今、やりたいと感じることを、今、できることから始めるべきです。この先に理想に感じる道が見えているのでしたら、あらゆる不安や恐れは安心に変えて、理想や願望の実現に向かうようにすると葛藤は解決します。

ライトワーカーであると自覚しているあなたは、より自分自身を輝かせるために、周囲の人々にも光をめぐらせるために転生してきましたので、そのお役目を果たすためには、今、あなたのやりたいという願望・理想を叶えて、より輝くことで、あなた自身の今世に転生した目的を果たすことになっていくのです。

あなたの今世の過去の経験も、過去世のたくさんの経験も、すべてが「今の時点のあなた」の思考に、感情に、意識のすべてに凝縮して表れています。そして、容姿にも、顔の表情にも表れます。根本的には、今のあなたの波動や発しているエネルギーや愛の度合いもそうです。過去を探るより、凝縮されてはっきりとわかっている「今のあなた自身」の内側も外側もそのすべてをより強く見つめ直すことによって、この先のあなたの歩むべきよりポジティブな道は見いだせるはずです。

そのためには、今のあなたのわくわくするようなこと、つまり今やりたいこと、今やるべきとかやった方が良いだろうとかと感じることを、すぐに実行できることから行動したり、イメージの中で実行してみたり、計画を進めたりして、優先して行うと良いでしょう。そして並行して、葛藤しているようなこと、恐れ・不安・心配事をより安心・安全に変えるように努め、あなた自身の中での解決に導くようにも努め、周囲の人との調和を図り、ネガティブに感じる要素を、できるだけ解消していく必要もあります。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版

ヒーリングはだれでもできる!

2020年06月06日
人によっては、ヒーリングというと、
なんだか特別な能力を持っている人ができる技法・・・
というような認識を持たれている方もいらっしゃることと思いますが、

実は、ヒーリングのテクニックの中には
手軽で安心、無料でだれでもできる簡単なテクニックがあります。

それは「手を当てる」ヒーリングです。

傷口を治療する時などに「手当をする」
という言葉が昔からよく使われていますが、
まさしくヒーリングの基本的なテクニックの中の1つは
「手を当てること」によるヒーリングなのです。

「ただ手を当てるだけでいいの!?」

そのような疑念を抱く方もいらっしゃるとは思いますが、
そう、基本的にはただそれだけでヒーリングできます。

人の身体部位の中でも、
手のひらからは癒しのエネルギーが出やすいので、
痛みや不調和があるような幹部にそっと手を当てるだけで
あなたから愛の癒しのエネルギーが注がれるのです。

熱があるとき、そっとお母さんがおでこに手を当てると
なんだか気持ちが良さそうにやすらいでいる
そんな小さな子どもを見たことがありませんか?
もしくはあなたの経験した記憶はありませんか?

痛みのある場所に手を当てたり
さすったりしているだけで
痛みが緩和されたことがありませんか?

それらはまさに、手のひらから注がれている
癒しのエネルギーによるヒーリング効果なのです。

≪ヒーリングを実践するにあたって≫

先ほど、「ヒーリングはだれにでもできる」といいましたが
ただ、何も考えずに手を当てるだけでも
確かに癒しのエネルギーが流れ
それなりの効果は期待できますが、

より有効にヒーリングを実践するには
それなりに意識したほうが良いことがありますので、
そのいくつかを羅列して挙げてみます。

ちなみに、「ヒーリングは誰でもできます」が
ヒーラーの波動やエネルギーの状況によって
また、実践経験やテクニックや知識などによって
個々のヒーリング力に違いはでてきます。

≪ヒーリングを実践する時に意識したほうが良いこと≫

・できるだけ力まずにリラックスをして行う。
(力むとエネルギーが流れにくくなる)

・ヒーリングは有効であると信頼する。
(疑念はネガティブな波動が発し、エネルギーが流れにくくなる)

・人を癒したい、病気やけがを治したいと思う。
(愛の気持ちからくる光エネルギーは高い癒しのエネルギーになる)

・自己ヒーリングの際には、
自然治癒力や免疫力を高めて自分自身で健康を維持したいと思う。
(自己愛や自分への信頼感は、多大な光エネルギーをめぐらせることができる)

≪ヒーラーとしての資質≫

そして、さらに、ヒーラーとしての資質のようなものが
元来からある程度は備わっている人もいらっしゃいますので
そのいくつかの例を挙げてみます。

まず、第一に挙げられるのは
「ヒーリングに対する興味関心を持つこと」です。

そして、こんなふうにワクワク思う方は
間違いなく過去世でヒーラーであったか
もしくはヒーリングによって癒された経験があるか
そのどちらかである可能性が高いです。

「ヒーリングは有効であるように思う」

「ヒーリングをやってみたい・受けてみたいと思う」

「ヒーリングができるようになったら嬉しい♪と思う」

「ヒーラーになりたい!と希望する」

さらに、以下のような人は
すでにヒーラーとしての高い資質をお持ちですので

過去世の様々な経験の中で
ヒーラーとしてのお役目を授かったことが
何回かはある可能性の高い方です。

・力を抜いた状態で手のひらを1~2分間ジ~っと見ていると
手のひらが赤くなったり斑点ができたり腫れぼったくなったりする。

・手のひらを人の身体にそっと当てて
しばらく時間が経つと、
ビリビリとしたり温かくなったりする。

・見えない力(波動やエネルギー)が
身体に強い影響力があることが信じられる

などが挙げられます。

≪ヒーリングの様々なテクニック≫

冒頭で述べましたように、
何か痛みや不調和の起きた幹部に手を当てるだけで
ヒーリングができます。

加えて「痛みが消えますように」
「熱が下がりますように」などと
心の中で願いを唱えながら手を当てると
さらに有効に働きます。

そして、傷口が治ってふさがったことをイメージしたり
病気が治って元気になって笑った姿をイメージしたりしても
そういった願いのエネルギーが働いて
より有効にヒーリングすることができます。

それ以外にも、宇宙エネルギーと強く深くつながる方法や
そのチューニング(アチューンメント)や
手を当てる効果的なポジションや
距離や時空を超えた遠隔ヒーリングのやり方など

ヒーリングテクニックをいろいろと身に着けたい方は、
タエヌのホームページ「レイキ遠隔伝授」に掲載してありますので
ご興味のある方はご覧いただけましたら幸いです。

当方のレイキ遠隔伝授は有料ですが、
ご自宅に居ながら通信教育のような形で
レイキの伝授をお受けいただくことができますし

ご希望があれば、私の自宅や出張して
直接の伝授を行うことも可能です。
詳しくはこちら⇒「レイキ遠隔伝授」をご覧くださいませ。

私タエヌのヒーリングを必要としている方
ヒーリングを体験してみたいという方はご自宅で受けられます。
こちらをご覧くださいませ⇒「遠隔スピリチュアルヒーリング

また、レイキ以外にも様々なヒーリングテクニックがありますので、
Webページなどで情報をお調べになられて、
ご興味があるヒーリングテクニックがあれば
身に着けてみてはいかがでしょうか。

以上、ヒーラーとしてのタエヌが、
今、書きたいと感じた内容を
ワクワク感に従って表現してみました。

お読みいただきありがとうございました。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」






バックナンバー改訂版

「感謝」や「許し」や「学び」に変換する/食事は愛

2020年06月04日
≪「感謝」や「許し」や「学び」に変換する≫

あなたが体験することは、すべてがあなたにとって必要なことであります。そして、すべてはあなたが招いたことであり、あなたの波動によって引き寄せた出来事でもあるのです。

そのような必然であるといえる、あなたの目の前に起こるすべての出来事は、あなたが招いたことであり、あなたの魂向上のためには、無駄なことなど何もない、すべてが必要な出来事なのです。

あなたの招いた出来事の中には、あなたにとって嬉しいことや幸せに感じるようなこともあるでしょうし、無意識の中で何気なくやり過ごすような感じの事も多いでしょう。

しかし、時には、怒りや悲しみや不安感が強くなるような、あなたの感情をネガティブにするような出来事も経験するでしょう。

そのような出来事に対し、あなたがこのようなネガティブな感情を抱いてめぐらせたり、ネガティブな思考や取り越し苦労の渦中に入ったりしてしまうと、波動は重く荒くなり、とても低くなってしまいます。

低い波動はネガティブなエネルギーを発しますし、さらなるネガティブなものを引き寄せてしまいます。そして、波動が下がれば、魂も下降してしまいます。

そのような状況になってしまったと自分自身で気づいたとき、いっときでも早く波動をこれ以上低くならないように変換し、より波動を高める必要があります。そのためには、どのようにすればよいのか…それは、物事の捉え方を、「感謝」や「許し」や「学び」に変換するようにすれば良いのです。

たとえば、人から嫌なことを言われてイライラした場合、陰で言うのではなく直接言ってくれたのだから「感謝」なのです。そして、冷静になって考えて、相手に悪気がないと思ったら「許し」てあげれば、ポジティブに変換できるのです。

たとえば、無理難題になるようなことを押し付けられて、苦労してつらい思いをした場合、その問題を解決するために努力することはすべてが「学び」になるわけですし、自分の成長につながるだろうと思えば「感謝」です。

「病気」になって苦しい思いをしても、そこから何らかの「学び」を得ようとすればポジティブなものになります。病気になるには要因があり、学んでみると、何らかのあなた自身の改善すべき課題がみつかりますので、病気に「感謝」です。

これらの事例のように、ネガティブに感じるようなことの多くは、あなた自身で意識すれば、ほとんどのことが「感謝」や「許し」や「学び」に変換することができて、その結果、波動はそれ以上下がることはなく、それなりに高めることができるはずなのです。


≪食事は愛≫

主婦はポジティブな気持ちで家事をしているだけで、霊的に成長して魂が向上してそれなりに‘覚醒する‘といいます。自分を含め、家族を思い、無償の愛の気持ちで家事を行えば、必然的に愛はめぐり深まっていくからです。

愛の気持ちをめぐらせて料理をすれば、食事をする家族のことを思いながら、それなりに必要な栄養素を考えたり、できるだけおいしく食べられる料理を作るようにしたり、バランスや調和を意識したりするでしょう。

また、食事は感謝であり、愛であり、喜びでもあります。そんな体の一部になってくれる食事を作る機会が与えられたこと自体、幸せなことだといえるわけです。

私は家事の多くを妻に任せていますが、結婚以来25年、家族の食事は、主夫としてメニューを考えるところから買い物や作ることまでを、私がメインで行っています。時にはたいへんに感じることもありますし、心が乱れたまま作ったりいい加減になったりすることもありますが、できるだけポジティブな気持ちで作るように心がけています。

この大切な仕事を任せてくていることに、家族にはとても感謝していますし、誇りにも思っています。

それではここで、催眠術師でもある私タエヌが最も尊敬していて、数年前の夏、直接お会いしてお酒までご一緒させていただく機会のありました、テレビ番組に何度も出演されている催眠術師の第一人者である南 裕さんが、ひかりさんという女性に催眠術をかけて深いトランス状態に誘導し、‘預言者’と名乗る霊的な存在を呼び出して質問をして回答を得るという催眠術の実践動画「南裕×ひかり 預言者」の中からVol11から、食事に関しての素晴らしい内容がありますので、一部文字お越しをして掲載させていただきます。

☆食事とは本来どのようなものか。人間にとって理想な食事とは何か☆

「食事は感謝です。食事は愛です。食事は喜びです。

一人で食べる時は、目の前のものが自分の肉体の一部になってくれることに感謝をして食べれば、その食べ物はとても良い波動になって自分の一部になります。

複数の人と食事をするときは、お互いにその食事ができることを喜び合いながら、感謝をもってその時を喜びをもって過ごせば、お互いにとって食べ物を食べるという、同じ食べ物を味わうというコミュニケーションに浸りながら、素敵な時を持つことで、その食べ物もお互いにとって、とても良い波動で体の一部になることができます。」

☆肉食と菜食について☆

「一般的に肉食はやめた方が良い。菜食が良いということがよく言われていますが、それを頭の中だけで思い込んでいると、肉料理を見た時に、これは身体に良くない物だとか、悪い物だという観念ができてしまって、逆に食べることで自分の健康を害するような思い込みを作り上げてしまい、その思いによって自分の体を悪くしてしまうということがあります。

1番大事なのは、自分に正直な気持ちで喜んで食べるということです。肉が本当は好きなのに、良くないと思いこむことは不自然なことです。大事なのは、目の前に出されたものを喜んで感謝して食べること。それが1番大事なことです。

でも、自分自身の波動がどんどん上がるにつれて、波動の高い食べ物を好むようになり、波動の低くなるような食べ物は自分に合わないからなるべく取らなくなる、という傾向が自然とできます。その時はそれに合わせて自分の体に合うものを食べていくことが良いです。」

☆料理をする時や食事をとる時に意識したり実践したりした方が良いこと☆

「料理をする時は、その料理をする人の思いが食事に入ります。ですから、その食事が感謝の食べ物になるように、自分自身が感謝の気持ちで満たされたような思いをもって料理をすると、その波動でとても波動の高い料理になることができます。

1番良いのは、料理をしている時に、神への捧げものを作っているような気持ちで、愛と感謝の気持ちで料理していけば非常に波動の良い、そしておいしい食べ物になって人から喜ばれるようになります。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版

物事がスムーズに動かないとき

2020年06月02日
≪物事がスムーズに動かないとき≫

何かをやろうとしているのに準備が思うように進まないとか、やろうとしたことがなかなかうまくいかないとかといったような、物事がスムーズに動かないときには、何か道を修正する必要があるのか、もしくは別の道を歩むかといったことが必要である、というような、このまま進むべきではないということを知らせてくれているサインであると受け止めることが妥当である場合がよくあります。

逆に、このまままっすぐに突き進んだ方が良い道を歩んでいるときは、準備はスムーズに整い、それほど苦労や努力などをしなくても物事がスムーズに進み、あるべき所にあるべきものがあったりするような状況になることがよくあります。

自分自身にとってポジティブな道を歩んでいると感じているのでしたら、本来は、よりスムーズに歩むためにベターなことはそれなりに簡単に手に入ったり進んだりするはずです。でも、そう感じていても、なかなか物事が動かなかったり必要な物が手に入らなかったり人と不調和を起こしたりするような際には、一度立ち止まって冷静になってその状況やご自身の意識を内観してみて、修正するべきことや改善するべきことは整え、削除したり方向を変えるべきことは変えたりと、見直すことが必要になるでしょう。

物事が思ったようにスムーズに動いてくれないとき、とかく環境や他者などの自分以外のもののせいにする傾向がある人もいますが、こういう時こそ、私たちの現実は私たち自身がつくっているという、スピリチュアルな基本的原則を思い出し、他をどうこうしようと考えるよりも、まずは「自分自身でできることから改善するように努め」また「自分自身の波動を調整するべき」なのです。


≪ネクタイに関して≫

人の肉体周辺にはいくつものチャクラがありますが、喉のあたりに位置している第5チャクラも、心身のエネルギーを活性化させたりバランスをとったりするために、大切な役割を果たしています。

この第5チャクラの働きをいくつかを挙げますと、他者の波動や周囲のエネルギーを敏感に感じ取る力があり、人に対しての理解力や、より的確な自己表現力をするために深く関わっているということ。人間同士や物事との関係においてのバランスをとり、人が社会性を形成するためにそれなりに影響するとされていること。また、外部から進入しようとする邪気をガードしたり、情緒的にネガティブになることを防いだりするために、エネルギーを出し入れする役割も果たしていることなどが挙げられます。

日本人が古くから好んで着用してきた和服は、この大切なチャクラの一つである第5チャクラのある喉元がすっきりと空いているのが普通で、ネクタイのように、喉元を締め付けるような服装はとても少ないはでしょう。物質的なことに加えて、調和や感覚を重んじていた日本人にとっては、喉元を締め付けることに違和感を覚えていたでしょうし、感覚的にもそのようにすることを選択していなかったのでしょう。

日本にネクタイが紹介されたのは今から150年ほど前で、ジョン万次郎が帰国した際に持ち込んだとされています。その後、120年ほど前に国産の蝶ネクタイが誕生し、大正時代に洋服が一般化されるにつれて、ネクタイも普及していったようですが、日本における歴史はこのように、和服の歴史に比べると、とても浅いのです。

ネクタイは本来、先ほど挙げたように大切な第5チャクラを締め付けてふさいでしまったり、感覚やエネルギーの出入りを鈍らせたりするなどの理由から、スピリチュアルな観点でいえば、人が身につけるにはあまり好ましくはないものであるといえるでしょう。

私は以前、ネクタイに関する高次元のスピリットからのメッセージを受けとりましたが、その内容は大きくわけて2つありました。1つは、「イルミナティなどの闇の存在たちの策略によってネクタイを日本に定着させることに成功し、日本人の感覚的な能力を低くし、調和を図る力を劣らせ、‘日本人全体の波動を落とそう’という目的がある」とのことです。また、もう1つは、「闇の存在たちが地球人類を縛りつける(操る)ことのできている象徴としての‘首輪’である」とも伝えてくれました。

私は、ネクタイをしている皆さんに対して、このようなことを訴えて、ネクタイをしめることをやめるように強く勧めているつもりはありません。まだ日本の今の世における価値観や固定観念の中では、ネクタイをすることによって調和を保つことができ、逆にネクタイをしないことによって不調和が生じる場面が多く残っているでしょうし、個人的に好まれている方の個人の好みにまで口出しをするつもりもありません。

でも、ネクタイをすることによるメリットはあるにしても、このようなスピリチュアルな観点におけるデメリットもあるということも意識されることを必要とされる方もいらっしゃると感じましたので、あまりポジティブに感じない方もいらっしゃるでしょうが、私なりの表現で述べさせていただきました。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

ライトワーカーである17の特徴

2020年05月31日
ライトワーカーとは、地球上により多くの光をいきわたらせて定着させ、地球の次元上昇をサポートして達成する役割を担って、この地球に転生している人をいいます。

ライトワーカーは、もともと、高次元界に存在していた魂であるので、高次元の大いなる愛の中に在り、本当の自由や調和の世界を知っている古い魂です。

それではここで、ライトワーカーの特徴であるいくつかの代表的なことを羅列してみます。それなりに当てはまる項目が多いと感じた方は、ご自身がライトワーカーであると思って良いでしょう。

①人のために、もしくは世の中のために、何かをしたいと思っている。

②自分自身が精神的に向上したいと思っている。

③さらに、他の人が向上し覚醒するためのサポートもしたいと思うことがよくある。

④権力や支配されることを嫌う。

⑤組織の中で自分を押し殺してまでも周囲に合わせたり、上下関係の厳しい中に在ったりすることを嫌う。

⑥本当の自由を求めている。

⑦外見はおとなしくしていたり、優しくシャイであったりしていても、中身は割と頑固で、理不尽なことには従わなかったり、気の合わ0ないような組織の中には溶け込もうとはしないことが多い。

⑧感受性が強い。

⑨周囲のネガティブな波動・エネルギーに敏感である。(人込みや、病院や役場などの閉鎖的な場所などの邪気の多い環境が苦手。怒りや苦しみなどのネガティブな感情の多い人の中にいるとひどく疲れるなど。)

⑩周囲のポジティブな波動・エネルギーに敏感である。(パワースポットのエネルギーを受けて癒されたり暖かさやビリビリ感などを味わうことがある。人が笑ったり、楽しそうにしていたりすると、自分も笑い楽しい気分になる、など)

⑪共感力が強い(エンパス)…人の気持ちが良く理解できる。共感しやすい。波動・エネルギーの状況をそれなりに認識できる。人だけではなく、動物や植物の気持ちもわかる(わかろうとする)。

⑫比較的に個性的であると思っている(人に言われる)

⑬孤独を感じることが時々ある。(高次元世界に長く存在していた魂ですので、この3次元世界の地球が自分の居場所ではないような気がする)

⑭人とは違う独自の人生を探し求めたくなる。(我が道を歩もうとする)

⑮自己決定をすることに重きを置こうとする。

⑯現実主義というより、自分は理想主義であると思う。もしくは人にそう言われる。(ライトワーカーは地球をアセンションに導くために、地球上に転生してきているので、愛と調和の世界、高次元世界を常に目指し理想としているため)

⑰一人になりたくなる時がある(他者や世のネガティブさに触れて疲れると、自分の波動を取り戻すために一人になりたいと思うことがある。)


地球上に光をより多く定着させて次元の上昇を達成するという、大切な使命と役割をもってこの地球に生まれてきているライトワーカーであると、今回の内容を読まれて、あらためてご自身がそうでると自覚された方もいらっしゃると思いますし、より強くライワーカーであると確認された方もいらっしゃることでしょう。

ライトワーカーだと感じた方の中にも、地球全体が光の方向に向かっているという実感が、なかなかわかない方もいらっしゃることでしょうし、厳しい現実の中に在ると感じている方もいらっしゃると思いますが、今は踏ん張りどきであります。

もうすぐで、地球の夜明けは必ずやってくると信じて、周囲の波動の揺れにできるだけ左右されず、ご自身の波動をしっかりと安定させるように努めていきましょう。そして、よりポジティブな在り方に努めることを通して、より多くの光を呼び込んで放ち巡らせ、個々の状況に応じて、ライトワーカーとしての仕事をできる限り果たせるように、この先もより一層励み続けていきましょう!


☆吉備津神社に向かって「心願成就・開運祈願・交通安全・長寿祈願」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

真実を得るための葛藤 ~爬虫類脳について~

2020年05月29日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪真実を得るための葛藤 ~爬虫類脳について~≫

本当のことだろうと思いこんで多年にわたって信じこんできたこと、あるいは幼い頃から繰り返し教わって信じ込まされてきたことも、真実の波に流され、そのことが真実とは違い偽りであることがわかり、まったく別の本当の答えである真実を知った時に、その事実を知識として置き換えて得ることに際して、意識の目覚めの度合いによって強さは違いますが、人は何かしらの葛藤をする場合があると思います。この葛藤は、多かれ少なかれ自分自身の経験や学びからくるものでありますが、その本質であり、主だった要因は、脳の構造からくるものであります。

今、地球人類として生きている人々の脳の構造は、大きく分けて爬虫類脳・哺乳類(動物)脳・人間脳の3層に分かれておるといわれていますが、その中でも爬虫類脳は、もともと人に備わっていたわけではなく、惑星ニビルから地球にやてきて、人類を操作・支配してきた二ビル星人のアヌンナキ・レプティリアンたちによって、地球人類をより支配しやすくするために、意図的に仕込まれたものであります。

yjimage(1).jpg

そして、もう一つは哺乳類脳であり、更に前面にあるのは人間本来の脳でありますが、今のこのまだ渾沌とした3次元世界のネガティブな残滓の多くあるこの世の中では、ネガティブな感情が表れ始めると、爬虫類脳がより多く人の脳を支配しやすくできているのです。

この爬虫類脳は、あらゆる面でネガティブな意識や行動を選択するような感情や思考に影響を強く及ぼしますが、先ほど申し上げました、もともとから知っているある物事に対するある一つの答えが、真実とは違っていても、この爬虫類脳が働き、変化させることの‘恐怖心’のようなものが湧きあがり、葛藤が始まるのです。

学校や家庭や社会などで良識常識として徹底的に刷り込まれてきたような答えと違っているものであるようなときには、その多くの人が信頼している保守的な答えを覆すことや、真実を叡智として得ることができず、幼い頃から教わってきたことや、過去世での経験からくる固定観念などによって、自分自身の信頼してきた常識や良識と思い込んでいたことから脱却して変化することに対して、同じように恐怖心を覚えることがあるのです。

その恐怖心は爬虫類脳からくるものであり、恐怖心が蔓延すればするほど爬虫類脳をさらに人の脳の中で支配されるに至るという循環になるので、波動は重く意識はよりネガティブ化するのです。

でも人々が真実に目覚め、意識を拡大し、この地球上の本当の姿を知るためには、そしてあなた自身の本当の自分を知るためには、まずはこのあなたが洗脳され答えとして刷り込まれている真実とは違った常識や良識ともされているような固定観念の中でも、実際には洗脳されたり教え込ませて信じさせられたりしている偽りが多くあるという、その事実自体を知る必要があるのです。

黄金時代の地球上に暮らすためのやわらかで穏やかな軽い高次元のライトボディーを身につけたあなたに至るため、つまり肉体のアセンションをはたすためには、まずはこの世の中の真実を知ること、そして自分自身の本来の姿である高次元の魂の波動の高さや多大なる叡智を持ち合わせているという真実を知ることが、とても大切になるということです。

そのためには、得た情報をしっかりと識別し、過去に事実だと思っていたことが、正反対に覆されるような情報だとしても、今のこの光エネルギーを多分に受けているあなたが、より正しいと感じる知識・真実を答えとして得るように努めることが大切であり、それを積み重ねることによって真実を得ようとする意識や実際にも得続けることが習慣となり、より波動も高まり意識はさらなる拡大を続けていくのです、

そのことによって、よりポジティブに総合的にかつ根本的に物事を見る目ができるにつれて、あなた自身の内側もより広く深く見ることができるようになり、本当のあなたである魂のあなた自信を、今、この時点で知るべき部分をより多くより確かに認識することができるようになっていくのです。

そして真実を知ることにより、思考が変わり行動が変わり、積み重ねる知識の質も変わり、それが本来得るべき宇宙の叡智であり、このようなポジティブな循環が習慣のようになれば、さらなる歴史や現状の真実を知ることができて、今のあなたには想像できないような心身の軽さが感じられるようになっていき、より意識は拡大していき、あらゆることから解放されていきより多くの自由と平和と調和を得ることができるようになっいくのです。

話は爬虫類脳に戻しまして、もう1つの記事「爬虫類脳のまとめ」をご参考いただくと分かりやすいと思いますが、ネガティブな感情や言動と識別できるようなことや、改善すべき欠点といえるようなこと、もしくは自分自身や他の人の波動が下がったときに選択する意識や言動は、この爬虫類脳からくるものであることが多いだろうということがわかります。

でも、決して爬虫類脳のせいにしたとしてもネガティブさは解決できず、そもそもこの3層の脳すべては自分自身のものだ思い返せばわかることですが、すべてが自分内の問題であるために、自分自身で解決すべきことなのであります。そして、問題とは必ず解決できることでもありますが、実際に爬虫類脳に支配されず、人間本来の愛や調和なとといったポジティブさを持つ哺乳類脳や人間脳が自分自身の脳の働きのより多くを司らせることを、愛をより大きくべぐらせることによって解決し、持続させて実行することができるのです。

また、もし波動が低下し爬虫類脳に支配されていたとしても、それに気づいて改善したいという意識さえ抱いて、哺乳類脳や人間脳に変換したいという気力があって努めることができれば、瞬時にも、たとえ時間はかかったとしても「爬虫類脳からくるネガティブな意識や言動に気づく」⇒「反省する・冷静になるように努める」というように、まずは気づいてできるだけ波動をこれ以上下げないように努めることが大切で、並行して徐々に⇒「哺乳類脳や人間脳からくる愛や調和を求める意識や言動に変換するように努める」ようにすれば、あなたの持つ哺乳類脳や人間脳がより多くの感情や思考を司るようになっていき、いつものポジティブなあなたにもどることができるのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」










バックナンバー改訂版

レイキとタエヌ

2020年05月27日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪レイキとタエヌ≫

*レイキとは、宇宙にあまねく癒しのエネルギーを活用したヒーリングテクニックのことです。自己ヒーリングで自分自身の健康維持・促進や自己浄化をしたり、他へのヒーリングをしたりすることができるようになります。

私が「レイキ」という言葉に出会ったのは、2000年頃のことです。その頃に私は、なんだか無性に、手のひらから何かのエネルギーを出す超能力的なテクニックを得たいということに、強くわくわく感じていました。そこで、何ヵ所かの書店に行ってそのようなことに関連する本を探した中で「レイキ」を知りました。すぐに購入して読みましたが、あまりにも求めていたことと合致していたので、何度も読み返してはわくわく感が積もっていきました。当時はまだレイキが今ほど知られていなかったので、書店で手に入る本はとても少なかったのですが、それでも1~2年の間に10冊ほど購入して読んでいました。

私がレイキの伝授を受けたのが2002年7月のことですので、結果的に本を読んでレイキを知ってから、数年の歳月がかかりました。実際には、最初に購入した本を読んですぐにレイキを受けたいと感じたので、その本の著者がレイキのスクールを開催しているとのことから、その資料を郵送していただきました。しかし、その料金を見ると、レイキ1が3万円、レイキ2が4万円、レイキ3が9万円で、加えてティーチャーになるには15万円かかるとのことで、総額31万円。私は絶対にティーチャーになりたいと思っていたので、31万円もかかることにあの頃は驚きましたし、実際に当時の我が家の経済的な状況から考えると決して用意できない金額ではあ1りませんでしたが、スクールへ通うにも片道2時間ほどかかるので近くはなかったことからも、伝授を受けることに躊躇してしまいました。

その当時、私は千葉県の公立学校で教員をしていましたが(今から約12年前の2004年6月に約15年間勤めていた教員を辞職し、ヒーリングルームを開業してスピリチュアルカウンセリング&レイキのヒーラー養成・&ヒーラー&パワーストーンの販売を本職として以来、現在に至っています)、2000年頃まではパソコンをほとんど使ったことがなく、興味もなかったために覚えようともしていませんでしたが、教育界が情報教育を重視し始めて小学校教育にもパソコンが導入されたり、職員同士が情報をフロッピーで交換し合ったりする時代になったために必要を感じ、渋々パソコンをいじりはじめたことを覚えています。

でも、そのことでホームページを閲覧することも覚えたために「レイキ」で検索したところ、予想以上にたくさんのホームページがあったことに驚きました。その中で、1つのホームページが気になりましたが、そのホームページの管理者は1日で一気にレイキ1~3の伝授をしてくれて、金額も計8万円でしたので、日本標準価格に比べると格安でした。当時は仕事が忙しくて時間がなかなか取れない中、1日で伝授を受けられて、さらに思っていた料金のだいたい半額ということや、ティーチャーが魅力的な方にも感じたことから、躊躇していた伝授を、そろそろ本当に受けよう…と思いました。

あの頃は妻が肩こりや背中の張りがひどかったために、毎日のように私は手のひらを当てて自己流でエネルギーを送ったり、少し心得のあった整体のテクニックを用いたりして、凝りや張りの緩和に努めていました。(妻のこのような状況は10年ほど前までにほぼ改善され、今も問題ありません)

また、私自身も子どもの頃からアレルギー体質で、アレルギー性鼻炎(20歳代以降は花粉症と称されていました)や突発的なじんましんが出たりしていましたし、20代中頃から続いていた腰痛(椎間板ヘルニアが悪化して椎間板障害と診断され、医師から「腰痛とは一生付き合うことになる」と告げられていました)や、慢性的に起きていた頭痛や胃腸のもたれなどの身体の不調はいろいろとあったために、少しひどくなってくるとすぐに医者に頼ったり、パブロンゴールド顆粒とバファリンと大正漢方胃腸薬(当時の私にとってはこの3点セットを常に持ち合わせていないと不安でした)等の薬やアレルギー関係の薬を頻繁に服用したりしていました。

ですから、自分自身の健康をできるだけ医師や薬に頼ることなく、自分自身の力で何とかしたいとも強く思うようになっていました。(ちなみにここ約10年間のタエヌは、医師から「治らないと」言い切られた腰痛はすっかりとなくなり、アレルギー体質も徐々に改善されてきて、今は特に問題ありません。)

そんなわけで、私がレイキの伝授を受けるための目的を当時聞かれたとしたら、次のように答えたと思います。

・超能力的なパワーを身につけられると思ったから。
・自分自身や家族の健康を自分の力で維持したいから。
・自分自身や家族が病気や怪我などの不調になった時、自分の力で治したいから。
・思ったよりも安く伝授を受けられそうだから。
・もしも本当にレイキを身につけたらなんだか自分がすごいパワーを身につけて、今はできないいろいろなことができるようになりそうだから。

さらに、世界でたくさんの人々にレイキは認められているからきっと本物なのだろうという安心感も加わって、結果的に電話をかけて、約1ヶ月後の7月末の日曜日に予約をしました。

こんな感じでしたので、私がレイキの伝授を受けるに至ったきっかけも経緯も決断した時も、純粋であったり愛に基づいたものであったりしていることもありますが、興味本位とかミーハー的だとか思ったよりも料金が安かったからとかといったような、物質的な比較や軽い気持ちで受けたという事実も確かにありましたし、過度な期待を持ちすぎていた部分もあったとも思います。

ただ、今になって思えば、私がそのようなパワーを身につけたいと漠然とした中で直感的にわくわくして書店で探し始めたことも、そこでレイキという言葉や本に出会ったことも、実際に伝授を受けた時期も、何もかもが私自身の魂とか高次の守護の存在とかが導いて下さった必然であり、波動の法則や必要の法則によるものでもある、とてもポジティブな流れに乗っての必然的なことであったと感じています。

でも、当時は、そんなことはまったくわからず、もともと行動派だった私は、意のおもむくままに行動していました。まさかその後にレイキがきっかけになって、自分自身が教員を辞職して今のような仕事を選択するに至るなんて夢にも思わず、ただただその時点でのわくわく感に従って、伝授を受けてみただけのことでした。

その後、2003年の4月にティーチャーになるための伝授をしていただき現在に至りましたが(レイキ4ティチャーズディグリー伝授の料金は15万円でした)、レイキ4の受講前に、A4サイズの用紙1枚程度にティーチャーになりたい理由を書いて提出するようにという指示を受けたので、ワープロで打って提出しました。確か、その文章は2002年の12月頃に作成したと記憶しています。

感熱紙で印字したままの状態でファイルに入れて保管してありましたために、すでに用紙の一部は薄茶色になっていて、文章も消えかけている部分もありましたが、久しぶりにそのファイルを見て、とてもなつかしい思いで読みつつ、ある意味、私にとっては転職するための決意文として書いた当時の気持ちも思いだしたところで、ブログでこの文章を公開したいというわくわく感が湧き上がりました。以下、その内容を転載します。

✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧

レイキのアチューンメントを受けて以来、自己ヒーリングや他者へのヒーリングを通して、自分自身に様々な変化がありました。いくつか例をあげてみますと、まず、心が穏やかになったことです。もともとがわりと短気な方だったので、今思えば、つまらないことでもすぐにいらいらしていました。レイキを授かって2週間くらい経った頃、しみじみと妻に言われたことがあります。「全然イライラしたり怒ったりしなくなったね。今までだったら、こんな時はすごかったのに、今は笑っているんだもんね。」ある出来事が起きた直後のことでしたが、自分でもそういえばそうだなと感心しました。

次に、自分を好きになれたことです。‘レイキ完全本’に書かれていた「自分を愛するように他人を愛しなさい。」という言葉が、自分を嫌いだった私にとっては、読んだ時にはとんでもないと思っていました。それが今では、その通りだと心から思えるようになったのです。理由は1つ。自分の内面で自分自身で嫌いだったこと(先ほどあげた短気なこと等いくつもありました)が、レイキを実践するにつれてことごとく改善されていっているからです。

その他には、長年悩まされていた腰痛が治りました。人間関係はより良好になり、仕事もよりスムーズにこなせるようになりました。私自身、宗教にはほとんど興味がなかったのですが、どういうわけか、古神道や仏教に興味が出てきたために、現在、関連書を毎日読んでいます。特に、精神力が高まるような教えを説いた本を読むと、心の底から感銘を受けます。その他にもたくさんありますが、とにかくどれも良いことばかりです。

これまで合計約25名に、ほぼ毎日レイキの実践を行っていました。その中で経験を積めばつむほど、相手の状態がわかる能力や、ヒーリング能力が増してきていることを実感できました。さらに、ティチャーとしてアチューンメントを行うことで、自分の能力や精神がどこまで高められるのだろうかと考えると、わくわくしてきます。

私は現在、小学校教師をしていて、特殊学級の担任、生徒指導主任等を担当しています。本校は約1000名の児童数の大きな学校です。この教師という職業を通して、最近特に問題があると感じていることが幾つかあります。

まず、心が病んでいる子どもが増えてきているということです。友だちとのトラブルが絶えない、万引き等の非行が増加傾向にあります。そして、悪いことをしても、悪いという意識の薄い子も増えてきています。

さらに、このような問題のある児童の大半は、保護者にも問題があるということもわかってきました。児童虐待、こどもへの愛情不足、善悪の感覚のなさ、親の威厳のなさや無責任さ等です。

教員の問題としては、週5日制になってから、仕事がさらに忙しくなったために、心の余裕がなくなってきたり、仕事に追いつめられたりしている状態が続いたり増えたりしていることです。そして、そのためのストレスがたまっている人が多くいるように思えます。さらに、そのことが主な原因と思われる、倦怠感、腰痛、肩こり、頭痛等の、身体に症状を起こしている人が意外に多いことが、レイキを実践すること等でわかってきました。

上記に述べた、現在の私自身、そして私を取り巻く環境から、レイキのティチャーになりたいと思った理由を3点あげます。

一つめ、自分自身の精神をより向上させるため。
二つめ、ヒーリング能力をより高め、実践していきたいため。
三つめ、一人でも多くの人がより幸せになるために、レイキを普及していきたいため。

全国に、素晴らしい教育実践を行っている教師はたくさんいます。でも、残念なことに、まだレイキの実践者は多くありません。私が今、強く思っていることは、近い将来、教師を辞め、レイキ実践者としてレイキを普及するために、残りの生涯を送りたいということです。

✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧

書き写しながら、文章表現や認識のしかたや物ごとの捉え方など、今の時点では修正したくなるような箇所がいくつもありましたが、できるだけ当時の文章のままの状態にしました。

この文章を書いた翌年度には、小学校から肢体不自由の特別支援学校に転勤希望を出して、その希望が叶いました。転勤した特別支援学校は、もともと初任から4年ほど勤務していた学校ですので、内情はだいたい分かっていましたが、自力の移動が難しいために、車いすによる他者の支援を要する子どもが多く、また、リハビリーや身体のケアなどを多く要するために、手のひらで子どもの身体に触れる機会がとても多い学校でした。

また、この学校には、レイキを必要としている子どもたちがたくさんいることを知っていましたし、職員や保護者の中にもレイキを必要としている人が多いことも感じていました。ですから、私が教員としてレイキを人のために活用できる場としては最適な学校であると感じて転勤したのが大きな理由でした。

でも、もう1つの転勤を希望した大きな理由は、小学校にそのまま勤務をしていると、1,2年以内には教育委員会に転勤するような状況に至るであろうという情報もありましたし、現に学校内の仕事以外でも、いくつかの市や近隣の市町村の組織の中でも重要な仕事を任せられていたので、教員を辞めることを決めた時点で、このまま小学校にいては多くの方々に迷惑をかけてしまうと思ったことです。

特別支援学校に転勤をすることに決まった時点で、そのような心配は解消されましたが、できるだけスムーズに辞職したいことや、流れをはっきりと感じスムーズに流れに乗っていきたいことなどから、もし特別支援学校でも複数年勤務をする必要がある仕事のポジションを与えられた場合には、1年限りではなくて、ある程度の年数の間、仕事をまっとうして引き継ぎ、自分が納得し、周囲にも不調和が起きないようにしてから辞めようとも思っていました。

ところが、与えられた仕事は小学6年の担任。担任する学年が分かった瞬間に、私はあと1年のみ、教師として学ぶべきであると感じました。また、担任以外の仕事も、特に翌年まで継続して行うべきであると感じられるようなポジションはなし。結果的には1年間の勤務も素晴らしい学びがたくさんあって、調和が保たれている中でポジティブに過ごすことができました。

そして、年度末に子どもたちを卒業させた後、私自身も、とてもスムーズに、自然な流れにふんわりと乗るようにして、何の迷いもわだかまりもなく、教師として就労していた約15年間の学校生活から無事に卒業することができました。今から約15年前の2004年(平成16年)春の出来事です。


ちなみに、私にとってレイキの伝授を受けたことをきっかけに、最も大きく変わったと感じたことは、私自身の霊能力が大きく開花したことです。私がレイキの伝授を受けた当時、江原啓之さんがテレビにそれなりに多く出演し始めた頃でして、その頃テレビ東京で毎週土曜日の深夜に放映していた‘えぐら開運堂’という深夜放送を録画して毎週楽しみに見ていました。(オーラの泉や天国からの手紙はその数年後くらいに放映が開始されました)

その江原啓之さんの霊能力やスピリチュアルカウンセリングをしている様子や、出演者がポジティブになっていく様子を見ているうちに、自分もスピリチュアルカウンセリングができるようになりたい!人の役に立つための霊能力をもっと開花したい!と強く願うようになりました。

それから、数年間ほどは毎朝のお祈りの時間(朝のお祈り参照)に「人のお役にたてるための霊能力が開花しますように!」と声に出して唱えていましたが、実際にも、レイキヒーリングを行っている最中に、相手の方のオーラが見えたり過去世や守護霊様がわかったり、時にはメッセージが聞こえたりするなど、少しずつ霊能力が開花したことを実感する機会が増えてきました。

そして、レイキ伝授を受けてから半年ほど経った頃には、レイキヒーリングをしていてもしていなかったとしても、相手と波動を合わせたり、オーラを読み取ったりするだけで、さまざまな霊的状況がわかるようになってきたと自覚できるようになりましたし、その伝わってきたことをそのまま相手に伝えると、その話が、その人にとっては必要でありポジティブなものであることも多々ありました。

この頃は、私はまだ千葉県の公立学校で教師をしていましたが、スピリチュアルに大きく目覚めていることを自覚し、レイキは私がこれだけポジティブに改善されてきているきっかけになった素晴らしいものと実感していたために、「レイキを伝授したりヒーリングをしたりすることによって、より多くの人を幸せに導きたい!」そして「私が開花した人のためにお役にたてる霊能力を、もっと多くの人のために活用したい!」そう望んで私は教員を辞職して、レイキの伝授やヒーリング、そしてスピリチュアルカウンセリングを生業とする道を、迷うことなく選びました。

このように、私にとってはレイキの伝授を受けたことやレイキを実践することによって、スピリチュアルの目覚めが大きく進むきっかけになったと思っていますし、また、今のようなスピリチュアルライフを歩むための大きな転機となったことを実感しています。もちろん、人によってレイキの活用の仕方や受ける目的は多少の違いはあるでしょうし、レイキヒーリングを行う中で得られることや学びも人それぞれではありますが、レイキヒーリングを通して光・癒しのエネルギーを活用し続け、自分自身の波動も高まり続けていれば、自分自身がより魂の波動に近づくにつれて、開花すべきことは開花し、必要な気づきや学びを得やすくなっていくことなどが期待できます。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

「わくわく」を選択することの大切さ

2020年05月25日
✿現在、10月の月末の大祓いのご依頼を承っています。10月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


「わくわく」という言葉は、広辞苑によると‘期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま’という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

広辞苑に書かれている意味のこの「わくわく」と表現できるようなことは、日常生活における経験の中において、時には当てはまることもあるでしょうけれども、割合的にはそんなに多くはないでしょう。

わくわく感じることを選択しましょう…
わくわく感に従って生きましょう…

私がブログでこのように表現している際の「わくわく」という言葉の意味合いは、上記のような広辞苑に書かれているような意味も含まれてはいますが、根本的には高次元の存在であるメッセンジャー‘バシャール’の「ワクワク」という言葉の表現に基づいて使っています。

今、こうしてアセンションして黄金時代の始まりの始まりにさしかかった地球上の波動は高まりつつあり、それに伴って世の中もどんどん高次元世界に見合ったポジティブな状況へと変革しつつあります。地球上の世界はこのまま5次元までゆるやかにかつ急速に昇り続けますが、その波動状況に合わせて、人の意識もそれなりに波動を高めながら変化していく必要があります。

ただし、意識的に大きく変化させようと無理をしすぎたり焦ったりする必要はありません。ネガティブな波動を発しやすい、無理のしすぎや焦りという状況の中から何かを選択すると、ポジティブなことを選択したつもりでいても、実際には低い波動を生じてしまうことがあります。ネガティブな状況からはネガティブなことが生じやすくなるのです。

地球上の波動域は高次元の始まりの始まりに達しているために、その波動・エネルギーを活用し、世のポジティブに変化していく流れに乗って、より軽やかで、よりリラックスしたナチュラルな感覚の中で、より自分らしい個性に基づいたことを、自己責任を強く持ち、自由意思に基づいて選択すように努め続けていれば、よりポジティブなことを選択するに至る場合が多くあるでしょう。その基本となることが「わくわくすることを選択する」ことです。

高次元の波動域内に入った今、わくわくに基づいた選択をすることを、これまで以上により強く意識して行うべき時代に入ったのです。地球人類個々の意識は、これまで以上にそこから発するエネルギーは強力になっているために、目の前の現実世界を、より早くより的確に作り出すようになっていることが、より多くの場面で認識できるようになっていきます。

よりポジティブなエネルギーを発するような意識をより多く持って、よりポジティブな選択をし続けていれば、これまで以上に早く目の前の現実世界の中で、願いや祈りは実現しやすくなっているのです。逆に、ネガティブな意識も広がりやすくなっているために、そこから生じる波動・エネルギーに基づいた現実世界も同様に、より早く現実化するようになってきているのです。ですから、「わくわくすることを選択する」ことは、より重要になってきているのです。

そして、目の前のわくわくすることを選択し続けるように努めていれば、知らず知らずの間に波動は高まり続けていき、振り返ってみて以前の自分と比べてみると、急速に波動が高まっていることに気がつくでしょう。


以下の内容は、バシャールが「ワクワク」という言葉で表現していることの意味、ワクワクの波動に関して、ワクワク感に従って生きることの大切さなどが、わかりやすく適切に表現されていますので転載させていただきました。 

バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。

《以下の内容は、BASHAR②1989年 チャネラー ダリル・アンカ  ㈱VOICE より引用しました。》

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちが皆さんに
ワクワクすることをやってくださいというのは、
次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」
という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

自分の存在の周波数を
肉体的なレベルに翻訳した言葉が、
ワクワクという気持ちになっていきます。

それが、みなさんを導いていく信号になります。

ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、
本当は簡単なのです。

ひとりでにワクワクした気持ちが
出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、
本来の自然な自分に抵抗したり、
否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけない、
と学んできたのです。

なぜなら皆さんは
「人生というものは辛いものなのだ」と
年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、
私たちはただワクワクしていればいい
と言っているのではありません。

ワクワクしてくださいといっても、
毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならない
ということではないのです。

「ワクワク」というのは、
自分が本当にやりたいことをやっている、
やりたいことを知っている、

もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、
心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、
存在の非常に基本的な波動です。
創造的な力です。

ですから、それを感じるときには、
自分がとても強力になっていることを
感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、
自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。

生きている光だということを、
他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、
二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。
常に魔法のように、あるべき所に、
あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、
無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを
自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、
宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自然な自分を出していないときです。

ですから宇宙の方では、
どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、
ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、
自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、
と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、
豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、
自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。

探すことを喜んでいる人はそれで構いません。

でも、本当に見つけたくなったら、
それは非常に簡単なことなのです。

ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、
どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、
明日ワクワクするものとが
同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、
いろいろなものはひとりでに、
どんどん変化していきます。

今の仕事や自分の持っているものとは
別なものに魅かれてワクワクすることもあります。

それでも結構です。

心に描いている大きなビジョンや夢、
そういったものに対するアプローチの仕方、
ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、
人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、
自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、
「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、
社会の要請にちょうど合うようなものを探します。

社会の期待に沿うようなものを見つけても、
それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。

なぜなら根本的に、
あなた以外の人から与えられた答えだからです。

合うはずがありません。

しかし、だからといって
人からのアドバイスを無視していい
ということではありません。

他の人からもらったアドバイスを、
自分で、自分のために
選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、
自然な本来の自分になることに
抵抗することから生まれてきます。

自分自身が非常に疲れるのは、
本当の自然な自分に
一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、
本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、
自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことを
すぐ分かる人もいますが、

そうでない人は、一生懸命、一生懸命、
自分以外の人間になろうと、
くたびれ果てるまで続けます。

本来の自分になるまでに、
どの位の時間を費やすかは
自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、
いままで皆さんがやってきたことの中で、
無駄なことはひとつもないということです。

すべてのことから学ぶことができるということを
知っておいてください。

ですから、今までの経験を捨てたり、
逃げようとしたりしないで、
その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって、
他の人とは違う非常にユニークなやり方で
それを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/



バックナンバー改訂版

アセンションサークル

2020年05月23日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪アセンションサークル≫

*以下の内容は、過去にタエヌがシリウスの高次元の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球人類の間で、今、とても盛んに、たくさんのアセンションサークルが形成されています。グループソウルやツインソウルなどといった魂の繋がりによって、転生する前から約束されたもの同士が引き寄せ合い、物理的世界である地球上において地球人類同士として出会うこともありますが、そういったことも含めて、全ての領域において今世におけるこれまでの様々な経験や、もともとの魂が持ち合わせている波動も含めて、現時点での魂の状況が似ているもの同士が、その波動の法則や必要の法則により、引き寄せ合い、そして、サークルを形成することによって、更なる波動が高まるためのエネルギーが増大されていくという、そんな状況になったもの同士が、どんどん今、結ばれて「アセンションサークル」を形成し続けているのです。

このような事が、実際には、今になって始まったわけではありませんが、今、急速に増加しているのは事実です。もちろんこのようにエネルギーが高まっていて、波動の二極化が進み、黄金時代に向けて、まるで仕上げの段階ともいえるような状況になったからこそ、急激に展開されているわけですが、これまでのように、言葉によって勧誘したり、もともとからの親類縁者や生まれた環境によってもたらされていたり、自らの感覚の中でナチュラルに感じた通りに実生活を送り、選択し続けた結果がもたらしたわけではない集団は多々あったわけですし、これまでの既存の宗教団体も、エゴや強い依存心などといったネガティブなことによってグループを形成していたものもありました。

でも、ここでいう「アセンションサークル」とは、そういったものではなくて、全てが自らのその感覚の中で、縁を結び学び合うことが、楽しいと感じたり充実していると感じたり自分にとって必要であると感じたりといった、とてもポジティブであると感覚的に感じたもの同士が結ばれ、一つのサークルを形成するに至る、そういった事をここでは「アセンションサークル」と称しています。そしてこれは、サークルに属するとか形成するとかという事実は、あくまでも結果論でして、サークルは自然とできあがっていくものなのです。

この「アセンションサークル」として結び合う人数は、多いから良いとか少ないから影響力が少ないとか、そういったことではなくて、必要に応じて集まり、必要なだけ威力を発揮し、世のためアセンションのために、そしてもちろん自らのために愛の光を増大させ反映していくのです。

必ずこの「アセンションサークル」には中心的な存在がおります。これは1人の場合もあれば複数の場合もありますが、これまでにあった宗教団体やグループとは中心的な存在の質が違い、中心的な存在となっている人は、それなりに同じ質の魂であったり波動であったりしているとはいっても、他の者たちよりも少し先を進んでいる者がなっているために、あらゆる点で指針を示したり相談や質問に答えたりアドバイスを与えたりするなどして、敬意を表される場合がありますが、それを組織としてまとめようとしたり、自らに人を惹きつけさせるために何かエゴのようなものをもった行動をとったり、パフォーマンスをしたりランク付けをしたり評価をしたりするといったような事はないのです。

ただただ、自分自身の波動をより高めるための修養を続けつつ、より輝かさせて光を放つだけで、自然とその光を必要とするものやお互いが集結することによって、より光が増大すると感じた者同士が、ごくごく感覚的にナチュラルに集合しサークルを形成しているということになっているのです。

このサークルは、人として物質的に集合するという場合もありますが、意識の集合体としてのみ結びついている場合もあります。ですから、人としての物理的存在同士で直接会うこともありますが、そうではない、電話やメールや手紙や本やインターネットなどによる、言葉や意識の結びつきのみでも、直接会ってもいないのに直接会った以上に、愛情を感じたり親しみを感じたり愛をめぐり合わせたりするような、そんな関係が「アセンションサークル」の特徴です。また、1人が1つのみのサークルに入っているのではなくて、いくつものサークルに入っていて、その時のわくわく感に従って渡り歩いたり、同時に複数のサークルに意識を向けたりしている人が多いのも特徴です。

人それぞれ個性がありますから、地球上にできたこれらすべてが一つのサークルとなり、大きな集合意識になるという事は、今の世で実感することは難しいことではありますが、同じような意識の中で地球のアセンション(黄金時代)に向かい、そして愛の輪を広げより多くの光をもたらすために、純粋な目的を持って形成していくサークルなわけですから、たとえ実感できるような形で一つに集合しなくても、その動機・目的が根本的に同じようなことであるために、宇宙からの真理に基づいた捉え方をすれば、これは一つにまとまっていることといえます。

このような事実を得たからといって、何かアセンションサークルと感じられる様なものを探して、あえて属そうとする必要はありません。また、自らの思考によってサークルを形成しようとする必要もありません。でも、気がついてみるとナチュラルな歩みの中で、アセンションに向けて順調に歩んでいる魂たちは、結果的にはここで表現しているような「アセンションサークル」を形成していっているのです。

そのサークルは、決して誓約書で結ばれたものでも、勧誘を受けて意思にそぐわないで入ったものでも、規約があるものでもありません。自由意思により、楽天的感覚や直感に従い、全てがポジティブな中で意識や行動を選択した結果、自らの状況をこのような意味合いで捉えたときに、すでに幾つかのアセンションサークルの中に自らが存在しているとう事実に気付くものなのです。


*私は現状の自分自身をこのような観点で捉えてみると、私の家族6人は1つのアセンションサークルを形成していると感じています。他には、私が学び共感しているオムネクやアミの本などの著書や、マシュー君のメッセージやブロッサムグットチャイルドなどの高次元宇宙からのメッセージを、私のように共感し学ばれている人たちと結ばれている意識のサークルなどです。

そして、私にとっては、家族6人のサークルと共に、最も大切であり大きな意味を持つサークルであると感じているのは、こうして私のブログをお読みいただいたり、アセンションスペースシューリエのお仕事を通してご縁をいただいたりすることで光をめぐらせあったり、学びあったり、波動を高めあったりすることによって、皆様との間で形成されている、この「アセンションサークル」であると感じています。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」









バックナンバー改訂版

日本は大丈夫だから!

2020年05月21日
*以下の内容は、過去にタエヌがフランシスコザビエルとして転生していた高次の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

日本は大丈夫だから。

だから安心してください。


たとえ世界が恐怖におびえて

崩れて行く道を選択したとしても


日本は世界を救い

支えるための役割を担うために在るのですから。


とても小さな土地である日本という国ではありますが

とても波動の高い理想の地でもあります


物質的範囲は小さくても愛が大きい

今からさらに、この日本が世界を支えてリードしていくのです。


もちろん日本でも、そんなリーダー的な存在であるためには

それなりに個人的にも地球的にも葛藤や天変地異などの

高次元の世に向けての浄化現象は起こります。


だって、そうしなければ日本はもとより

地球自体がもたないからです。


地球自体の意思は、

もうとっくに高次元にあるわけでして

低次元のレベルで発するような感情は

何一つ持ち合わせていないわけですから。


でも、人間を中心とした地球上の生物たちには

まだまだそんな低次な感情や行動や波動があるわけですから

早く地球と一体化して高次の宇宙と一体化していくためには


どうしても避けられない急激な変化も

多少は必要になるという宿命があります。


あなたがた日本人であると自覚している者は

おもしろいようにすがすがしく感じるほど

宇宙から護られているのです。


別に人種差別をしているわけではなくて

この言葉に触れていて理解できている

あなた方に伝えているということですので

差別区別ではないことを承知おいてください。


だから、そんな顔をしていないで

もっとはつらつとしてこの世を楽しく生きていってください!


だから、そんな怖い顔や悲しい顔をしないで

もっと自然に自由に生きていってください!


笑顔って、本当に素敵なものだから

無理して表面でつくったものではなくて

心の快を自然に表現した笑顔は


それはそれは輝ける太陽のオーラのごとく

さまざまなものを癒す力があるのです。


あなた方のそんな真の笑顔が多くなればなるほど

それだけで地球と生物とはより一体化することができるのです。


もっともっと自覚してください。

今、この文章に触れることができているみなさん。

みなさんは、本当に、もうすでに高次元の意識に目覚めて、

もう、今後の指導者としての道を歩まれている最中なのです。


もちろん指導者とはいっても、今の世の指導者とは違って

すべてが愛の大きい

謙虚で誠実で真の愛にあふれた

高い波動へと導く波動の指導者であります。


ああ、なんともったいない

この時間をこの機会を


こうして与えてくださった神に対して

この程度のことしか伝えられない我を

どうかお許しください。


でも、こうしてメッセージを伝えることを許してくれた神に感謝して

我が地球の将来に祝福のエールを送ります。


*私はフランシスコ・ザビエルについては、その名前を歴史の学習の中で学生時代に覚えたというくらいしか知識がありませんでした。でも、何かやわらかくてあたたくて優しい素敵なエネルギーのもと、暖かい女性性の愛に包まれた感覚でこのメッセージを書きあげましたが、親近感を感じました。この時に、フランシスコザビエルの意思とこうして触れたことを実感できたのは初めてでしたが、なんともいえない喜びでいっぱいになりました。


☆素鵞社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながらポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

人を深く霊視するとき

2020年05月19日
私が人の前世を霊視して認識したり、守護霊様とつながってメッセージを頂いたりすることができるようになったと感じたのは、今から約15年前のことでした。

あの頃、レイキの伝授を受けたことをきっかけに、一気にポジティブな霊的能力が開花しまして、これまで以上に物理的存在以外のものを見たり感じたりするようになっていました。

特に、レイキを伝授したりヒーリングをしたりしている最中に、お相手の両肩の上に手を軽く添えていると、様々なことが私に伝わってくるのを感じました。また、その感覚を応用して、普通に対面で話をしている際にも波動を合わせ、軽い変性意識状態に入ることにより、同様に伝わってくることを知りました。

それは感覚的なおぼろげなものである場合もあれば、時には文字としてや言葉として、また映像を通して、目でみえるようにして、匂いとして等、相手と話をしていても何も話さなくても、いろいろと伝わってくるようになりました。

対面で話をしているときにはその都度、伝授の際には終了後に、ヒーリングの最中にはヒーリングを施しながら、そのような何かを感じた際に私がしたことは、お相手にとって何か必要だから私に伝えられたと感じたので、できるだけストレートに伝わってきたことをそのままお話しするようにしていました。

それを繰り返している中で、その伝わり方の感覚によって、今世の過去の出来事であったり、現在の本心であったり、前世であったり、守護霊様からのメッセージであったりと、その識別の仕方を学んでいきました。

その中で、未成仏霊のようなネガティブな波動の霊的存在が憑依していたりメッセージのようなものが伝わってきたりした場合は、こういった高次元の波動とは全く違うのでわかりやすいのですが、それでも自分自身の波動が下がっていると、そのサニワが正しくできない場合があることもわかりました。ですから、このようなセッションを行う際には、自分自身の波動状態も特に気をつけるようになりました。

私はこの霊的能力が開花した当初から約2年間は、まだ公立学校の教員をしていましたが、その感覚がとにかく嬉しくて楽しくて、いろいろな方を霊視させていただきました。しかしその中には、私に霊視を求めないような人にも、この人の前世は〇〇だ、とか、身体の腰の部位周辺のオーラがくすんでいるとかといったように、勝手に霊視することもありました。

でも、当時は漠然とした感覚で、こういったようなむやみに人を深く霊視するようなことはあまりよくないことだと思い、極力、そういったことはしないように努めました。それでも、感じてしまったり見えてしまったりするものもありますが、相手の同意を得てもいないし求めてもいないのに、意識的に深い霊視をしないように気をつけました。

たとえば、芸能人や有名人だからといって、その人の前世でのいろいろな出来事を、勝手に波動を強く合わせて深く霊視して公表いるような人もいるようです。でも、芸能人や有名人とはいっても、プライバシーは守られるべきなはずです。だれだって勝手に同意もなしに、幼い頃の思い出のアルバム写真を人に見られるのも、ましてやそれをネタにいろいろと語られるのも不愉快になるでしょう。

実際に、霊的真理の観点からみても、これはいきすぎた過干渉の領域に入りますので、とても低い波動を生じてしまいネガティブなカルマを作ってしまうのです。相手に依頼されたわけでもなく、同意を受けたわけでもなく、勝手に意識的に深く霊視するような行為は、霊的真理に反する行為なのです。

でも、何も意識していなくても、前世や言葉とは違った本心やオーラの状態などの、霊的な感覚から伝わってくることもありますが、そういったことに関しては、自分の心の中にしまっておくか、はたまた相手に伝えるかなどの対処を、私の直感と思考とで識別をして選択するようにしています。でも、その中で、何かを感じたからといって、人に対して勝手に深い霊視をするようなことは避けているということです。

前世をみてほしいなどの霊視の依頼をお受けした際には、私に対してのガードをあけて心の扉を開いてくれているので、ご依頼者様と波動を合わせ、比較的スムーズに認識させていただくことができます。また、守護霊様に関しても、ご依頼者様本人の同意が得られているので、私自身の状況次第でうまくつながることが可能になります。また、ご質問を受けて、私なりに真摯に親身になって応じていると、その必要な答えが守護の存在やハイヤーセルフなどから、どこからともなく伝わってきます。

レイキの伝授を受けてヒーラーになったことが主なきっかけになって、霊的能力が開花し、この力を世のため人のために活用したいと感じて公立学校の教員を辞職して、今のような自営業に転職してから、15年経ちました。教員をしていた期間が約15年でしたので、やっと追いついたといった感じです。そんなことを考えていたら、ふと、こんな感じの内容が書きたくなりました。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

バックナンバー改訂版

平気で嘘をつける人に対して

2020年05月17日
できる限り誠実で真実の中に在り続けているよう心がけている人は多いですが、平気で嘘をつけるような人もいます。日常的に嘘をよくつく人もいますし、特に、自分自身に非があったり罪を犯したりするなどのネガティブな状況に在るとき、何かを強引に思い通りに動かそうとした時等、保身のためエゴを果たすため、平気で嘘をつける人もいます。身近にも思い当たる人がいるかもしれませんが、たとえば事件にからむような政治家や官僚などは目立ちますね…。

多くの人は、目の前で相手に嘘をつかれたりテレビの画面で見たりして、そういった嘘偽りに触れると、それなりに心の不調和を起こして、怒りやイライラなどのネガティブな感情が湧き上がることもあるでしょう。嘘をつくこと、偽ることは、それなりに強く低い波動を発っしてネガティブなエネルギーを放つために、その波動・エネルギーの影響をまともに受けてしまうと、あなた自身もその渦中に巻き込まれてしまって、低い波動息域の世界に入ってしまいます。

特に、嘘や偽りをしている人を正そうとして説教をしたり、改心させようとして何かの手段を講じたりするなど、‘その人自身を強引に無理に変えようとした時’には、不調和が広がり、いつの間にかあなた自身の波動が極度に下がってしまい、相手の低い波動域の中で同調してしまうことがあります。また、テレビの画面にのめりこんでしまって、しかりと場を共有してしまった場合も同じです。

もちろん、不正を正そうとして真実を伝えたり、それなりに真実を伝えて改心するように願って何かを施すことは必要な場合もありますが、強く、無理やりに、強引にしようと思い、さらに相手も受け入れず反発しているような場合は、特に要注意です。たぶん、多くの場合は、このようなことをしても、不調和は広がるばかりで、あなた自身が得することもほとんどなく、お互いが波動を高め合うことも難しくなるでしょう。

人それぞれ個性があって、その人の波動に見合った在り方があります。例えば普段から平気で嘘をつける人は、その嘘をついている世界が真実になり、それがそれほど罪悪感になるわけではなく、自分に都合の良い嘘の世界が、ごく普通の真実の世界であると自分に信じ込ませることによって、自分の地位的なものや名誉的なものを保つことができるというようなことが、その人にとってはごく自然な世界になるわけです。

そしてその嘘偽りを見抜けず、その人に憧れたり教えを請うたり引き寄せられてしまうような人は、やはり同様の波動を持ち合わせているということで、これもその人の個性であり、波動の法則による結果であります。

でも、そうでない人が、相手のそういった状況に気がついた場合、それなりに不調和が起きる場合が多いでしょう。また、一緒にいても、心地良さを感じることも難しくなるでしょう。そもそも、こういった相手とは、波動もエネルギーの質も大きく違う訳ですから当然のことです。

つまり、波動域のステージがすでに大きく違っているやめに、同じ場所で人間として物理的に交わっていても、意識の次元はそれなりに大きく違うために、そののような人とはなかなか意見はかみ合わず、話をしたり聞いたりしていてもおもしろくなく、また心地良さや親しさを感じることも難しいでしょう。意識の波動域・次元が違うために、意識はすれ違うばかりになります。ですから、そういった人に対して、論じ合ったり何かを指摘したりしても、波動の法則も働き、不調和が大きくなるばかりで、解決していくのは難し配る場合が多いはずです。

それよりも、自分自身のよりポジティブな在り方に集中し、自分自身の言動や波動・エネルギーによって真実を示していくことに集中するようにし続けてさえいれば、相手にはわかってもらえず気がついてももらえないかもしれませんが、それなりにわかってくれる人はわかりますし、何かの気づきを与えることができるかもしれません。

波動の大きく違う人の意識を変えようとすることは、とても難しいことです。論じ合ったり強く指摘したり考え方をを変えようとしたりしても、多くの場合は不調和は広がり、改善するのは難しい状況に至ることでしょう。そのようなことをして気力を使い消耗したりするよりも、気づき改心できることを願いつつ、でも期待はかけずに、自分自身が真実になり、より大きな愛を保つように努め、その波動で相手を癒しつつ、自分自身のポジティブな言動や波動を通して、真実を示し続けることが理想的であるといえるでしょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

シリウスからのメッセージ ~宗教の役割の変遷~

2020年05月15日
以下は、以前、奈良県の大神神社のご神山である三輪山の登拝を終えて、山道の小道や狭井神社や大神神社の境内を歩いて駐車場に向かっている時、頭の中に流れてきたシリウスからのメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

シリウスノミコトとはいえども、人は人であり、本来の神と呼べる存在ではありません。それでも、地球次元に存在する者たちにとっては、高次元界のシリウス人が神であるとして崇めることもあることを承知していて降臨しているわけですから、それはそれでこれまでの間は良かったのです。

また、本来は、地球人類を含めたすべてのものは、神の一部であるわけですから、地球人類自信が自分を神と呼んでもおかしくはなく、人が神であるということを否定しているわけではありません。

ただ、ここで申し上げておきたいことは、全宇宙のあらゆる次元領域に共通して認識されている神という存在は、ただ1つ、宇宙の根源神であり、それは愛そのものであって、宇宙そのものでもあるのです。

地球上でこれまで大切にされてきた宗教はたくさんありますし、今もなお、世界各地で人々に根付いたさまざまな宗教が存在しています。日本においても、数々の宗教が影響を及ぼしていますが、この世界の文明国の中で、宗教の影響を全く受けていないという国や人は、ほとんどいないといってもよいでしょう。

日の元日本でも、生活習慣や社会事象のなかにも、様々な宗教観や教えが盛り込まれていますので、知らず知らずのうちに仏教徒であったり神道の教えに則っていたりキリスト教徒になったりして、日々の生活を送っているのが事実です。

ここで述べているのは、何も宗教団体に属して活動しているということではなく、宗教の影響をさまざまなことにおいて受けているということですが、決してそれがネガティブな要素の多いという意味合いがあると示しているのではありません。

わかってほしいのは、これまでの世の中において、宗教は地球人類の波動を高めるために、それなりに大切な役割を果たしてきていたということです。愛深い教え、神を信じ祈ること、そして目に見えぬ存在も崇めることなど、宗教は、精神性を高めるために必要だったのです。

ただし、宗教の戒律といわれているものの多くはネガティブな要素が多分にあり、また、教えによっては人を迷わしたり洗脳したり陥れたりするものもありますので、宗教のネガティブな側面もいろいろと目立つこともあります。

ですから、宗教は素晴らしいもの、とも、怖いもの、とも、その両面で捉えている人も少なくないでしょうけれども、きちんと識別して自己判断力をしっかりと保って受け入れるものであるということです。

でもこのようにネガティブな要素も多分にありつつポジティブな要素も多分にあるという両面が存在するということは、現在の地球次元である3次元世界特有のものなわけですから、何も宗教だけが特別だというものでもありません。

しかしながら、これまでの時代を振り返ってみていえることは、宗教は人々の心のよりどころにもなり、神を信仰する素晴らしい行為を実践する場でもありました。そして、愛を深め、波動を高めるための教えを受けることもありました。ですから宗教は、それなりに人々のポジティブな学びのためには必要だったといえるのです。

でも、今この時点でも、そしてこれから先の世界では、徐々にその役割は変わっていこうとしていますし、現に変わってきているのです。

それは、人それぞれが個々の波動が高まり続け、DNAが回復するにつれて、個々人が宇宙との深いつながりを思い出し、人それぞれが天の教えを直接受け取ることができるようになってきているからです。

宗教的しきたりや戒律に縛られることもなく、教祖様や指導者の伝えることを待たなくても、宗教の救いに頼るようなことをしなくても、自分自身の中で見出すこともできますし、自分だけでは難しくても、周囲の一般の人々の中でも深い見識や叡智を持つ方が、あふれるように増え続けていく時代に入ったからなのです。

これまでは、偉人や賢人といわれるような人は、宗教家であったり政治家や科学者や思想家であったりするなど、それなりに社会的な地位の高いとされる人で、影響力も強い人に多く現れました。

でも、今このみずがめ座の時代では、ごく一般的な市民の中からも、たくさんの偉人や賢人といえるような存在が輩出され続けるのです。また、たとえ広く世に出なくても、じっくりと波動を高めて波動・エネルギー的に、地道に影ながらにでも世の発展のために貢献する人がますます増えていくのです。今は、そんな時代に入っているのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、龍神様の絵画販売~
https://taenu1.amebaownd.com/

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」








バックナンバー改訂版

人間は宇宙エネルギー受信アンテナ

2020年05月13日
聖人といわれるような人やシャーマンや、
直感力が優れているネイティブアメリカンもそうですが、
髪の毛の長い人が多いという印象を持つ人が多いでしょう。

ではなぜ、髪の毛を長く伸ばしているのかといいますと、
その1つの主な理由として、髪の毛はアンテナの役割をしていて、
波動・エネルギーを察知したり受信したりするためなのです。

また、髭を伸ばしていることも同様で
髭もアンテナの役割を果たしているのです。

日本の武士も伸ばした髪の毛を結って
ちょんまげにしていたわけですが、
周囲や相手の気を察知して
身の危険をかわすために必要だったようです。

逆に、お坊さんは髪の毛を剃っている人が多いですが、
その理由は、ネガティブな波動・エネルギーの中で
仕事をすることがよくあるために、

ネガティブなエネルギーを受信しすぎて
邪気や人の怨念などの影響を強く受けたり
憑依されたりしないようにするためということもあります。

髪の毛はアンテナの役割をしていますが、
ポジティブなエネルギーを受信する反面、
ネガティブなエネルギーも受信してしまうのです。

ですから、アンテナを立てている人間自身の波動が高いと
より繊細に高波動のエネルギーを受信できるので、
よりポジティブに実生活を送るために役立つ情報を得やすくなります。

逆に、その人自身の波動が低いと
ネガティブなエネルギーを引き寄せ受信してしまうために、
あらゆる面での不調和を生じやすくなってしまうのです。

このように人間レベルにおいては、
髪の毛がアンテナとなって
波動・エネルギーを受信しますが、

地球レベルにおいては、
人間自身がアンテナの役割をしているのです。

つまり、宇宙から降り注ぐエネルギーを
地球上に呼び込み浸透させ定着させるのに
人間一人一人がアンテナの役割をしているのです。

ですから、受信機である人間個々の波動が
より高ければ高いほど宇宙の高波動のエネルギーを受信できて
それを地球自体に送り込み定着させることができます。

しかし、様々エネルギーが地球上にはありますので
波動の低いアンテナには波動の法則が働き、
ネガティブな質のエネルギーが受信されやすくなります。

そのようなことからも、
宇宙エネルギーを受信するアンテナである

私たち一人一人の波動を高めることは
地球全体の次元が上昇するためには
とても重要な要素となるのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

極端に高い波動や低い波動に触れた時

2020年05月11日
自分の今その時点で発している波動と大きなギャップのある波動を感じた時、つまり、自分の現状よりも、邪気や邪念などの極端に低い波動に触れた時の私自身の感じ方は、感じ取りやすい順番で並べますと、「各チャクラ周辺の肉体的感覚の異変」「皮膚の感覚異変」「視覚」「匂い」「聴覚」「味覚」という順になると思います。ただし、常にそういう順で感じるのではなく、ケースバイケースでありまして、最初に味覚の異変に気づいてからあたりを探っていると皮膚感覚の異常があらわれるなど、私自身の波動状況・体調によっても、邪気などのマイナスエネルギーの質によっても違ってきます。

「各チャクラ周辺の肉体的感覚の異変」とはどういう感じかといいますと、最も敏感に感じるのはみぞおち周辺の重みや息苦しさです。つまり、第2チャクラと第3チャクラで主に感じ取って不調和が起きているようです。このように感じる時の邪気・邪念の質は、人からですと、例えば苦しみや痛みを抱えているとか強い悲しみを抱えているとかいじめを受けて辛いとかといったような、主に陰鬱な質のものであり、場所から感じる場合は、何かネガティブな感情を持った人がよく集まるような所から感じられるのであると、私は識別します。

第6・第7チャクラで主に感じ取った際には、頭部の奥の違和感や頭痛や頭部全体やこめかみが締めつけられるような感覚になるなどがあります。また、第5チャクラで感じ取った場合には、心臓がズキンズキンと痛んだり動悸がしたり胸が苦しくなったりします。このような感じがした場合は、主に恨みや怒りなどの邪念やイライラなどの攻撃的な邪気と識別する場合が多いです。

「皮膚の感覚異変」とはどういう感じかといいますと、身体の皮膚全体、特に両腕や両太もも周辺がビリビリ・ピリピリとしたごく軽い痛みを帯びたような感覚を味わう時です。このような感じになるときは、主に人から発される攻撃的な邪気に触れた時です。またこれは皮膚ではありませんが、身体全体が重くなったり、ぞくっとしたりドキンとしたりして嫌な感覚になったり軽い発熱をしたような熱さやだるさを感じるようなこともあります。

ただし、強い高波動のエネルギーを感じ取った際、たとえば神社や巨石群等のパワースポットに行ったような際にも、脳天が痛くなったりこめかみが締め付けられるようになったり、第3の目周辺がうずいたり、心臓がきゅんとしたり、皮膚がビリビリしたり、身体全体が熱くなったりする等の似たような感覚になる場合もありますが、この時の低波動と高波動の識別の仕方は、自分自身の意識的感覚として、良い感じがするのか、はたまた嫌な感じがするのかといったようなことに、意識を向けたり周囲の状況に目を向けたりして識別をします。

「視覚」で識別するとはいっても、本当に五感の視力で見ているのか右脳からの感覚で見えているように感じているのかはわかりませんが、私はよく‘邪気ぼこり’と家族には表現しますが、灰色のホコリのような煙のようなものが人から黙々と出ているの見えたり、場所全体に見えたりすることがあります。それを強く吸い込んでしまったり、そのような場所に長く身を置いたりすると、身体が不調和を起こしてのどが痛んだり気分が悪くなったり吐き気をもよおしたり、邪気を排出するために咳やたんや鼻水がでたりすることがあります。

また、他には、目がかすんだり視力が落ちたりする場合もあります。あと、身体の不調和の生じているような身体の部位やエネルギーの滞っているようなは、くすんで見えたり黒に近い灰色に見えたりもします。

「聴覚」では、耳鳴りのような音が聞こえてくることがあります。低い波動の時には、低い周波数でキーンというような嫌な感じの耳鳴りがすることがあります。特に、未成仏霊を感じたり、人の強い邪念を感じたりする場合が多いです。逆に、高次元の存在の意思や気配を感じる時、メッセージが伝えられていると感じる時等の高波動を感じる際には、ピーというような高い周波数の耳鳴りのような音が聞こえてきますが、あまり耳障りな感じがしないです。

「匂い」で感じるとはいっても、本当に臭覚で感じ取っているのかどうかはわかりませんが、私は家族に表現する時には‘邪気臭い’とよく表現していますけれども、普通に臭覚で感じ取っているような感覚で、嫌な感じの汗臭いような、鼻にツンとくるような、何かしらの不快な感覚になる匂いとして伝わってくることがあります。特に、汗や香水やその場全体の匂いに混じって感じることが多くあります。

最後に「味覚」で感じる場合ですが、主に舌の奥の方での苦味のような味わいがすることが多いです。また、舌先がピリピリするようなこともあります。あと、味覚というわけではありませんが、口腔内で感じる際には、のどが渇いたり、歯が痛んだりすることもあります。

ただし、強く気高い高波動に触れた際にも、香りや味で感じることがありまして、淡い心地良い香水やお香をたいたような良い香り舌先が少しピリピリしたり、甘い味や甘酸っぱい味などがしたりすることがあります。このようなときには、心地良く感じ、心わくわく、幸せいっぱいの気分になります!

思い浮かぶがままに、極端に低い波動・ネガティブなエネルギーや極度に高い波動・ポジティブなエネルギーに触れた際に、私自身が感じる感覚を表現してみましたが、きっと感じ方は人によって違う場合も多々あると思いますので、あくまでも参考にされる程度にして、ご自身の感覚や感じ取っての識別した結果を、より信頼されるようにしてください。

ちなみに、このようなことが頻繁に起きているのかといったら、決してそういうわけではなく、時々しか感じていないといえます。多くの時間は、特に何も感じずにいるわけでして、自分自身の波動と、大きな違いのある波動に触れる機会があった場合には、上記のような感覚を味わうということです。でも、不都市部に出てたくさんの特定多数の人とすれ違ったり同じ場所にいたりする時、たとえば人ごみの中に入ったり、大勢の乗る電車やバスに乗ったり、病院や役場や警察署に行ったりした際等には、頻繁に感じることがあります。

極端に低い波動に触れていると感じた際の、このように感じたときの対処法としましては、最も解決が早いのは、その場から離れることです。でも、それが難しいようでしたら、人から感じる場合には、必要最低限の接触に留めるようにしたり、場所でしたら自己ヒーリングをしたりマントラを心の中で唱えたり、自分自身のオーラを強化してガードしたり、守護の存在に守っていただけるようお願いしたりして、その場をしのぎ、できるだけ早くその場から離れるようにしています。その場から離れたら、深呼吸をしたり、入浴したり、着替えたり、気分転換したり、自己ヒーリングをしたり、より良い空気の中を散歩したりと、自己浄化に励んでいます。

また、自分自身が怒りや悲しみなどに満ちていたり、極端に疲れていたりするなどの波動が極端に下がってしまっている時に低い波動に触れても、それほどギャップを感じないために、上記のような感覚で識別することが難しい場合が多いです。でも、帰宅したりリラックスしたりして自分自身の普段の波動に戻った際に、様々な感覚が出てきて、それまでは低い波動の中に在ったのだと、振り返って感じることもあります。

極端な高波動に触れている際には、時間が経つにつれてその波動に同調してくる場合が多いので、ただその場でリラックスしているだけでも大いなる癒しを受け、高波動に同調するにつれて自分自身の波動も高まるわけですから、より心地良さが増したり、幸福感やわくわく感のようなポジティブな感覚が高まっていったりする場合が多いです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

肉体から邪気を排出する現象

2020年05月09日
特に病気であると自覚するほど体調が不調というわけでもないし、精密検査を受けても指摘は受けていないのに、吐き気がするけどオエっとするだけで何も嘔吐しない(カラゲロと称しています)状態が時々起きてしばらく治まらないとか、煙草も吸わないし風邪でもないのにタンやそれに準ずるような物が多く出るとか、咳がお腹の奥から湧き上がるようにして出るとか…そういった、病気であるとされているような時に生じるような症状や、普通の状況ではないように感じられる状況の中には、マイナスエネルギー(邪気)を多く受けてしまい、マイナスエネルギーが肉体に蓄積してしまった結果、肉体の波動も意識の波動もそれなりに高い状況であるために、急激にマイナスエネルギーを排出して浄化したいために、上記のような現象が生じる場合がよくあります。

以下の見解は、私自身、医学的な専門知識はほとんどありませんので、私の経験やスピリチュアルな感覚から得て信頼している知識になりますが、書き表してみます。

肉体が邪気(マイナスエネルギー)を受ける状況は、大きく分けて2つに分けることができます。1つは自分自身が発するもの。もう1つは他からの影響によるものです。

自分自身のネガティブな情緒や思考や意識などから発される邪気(マイナスエネルギー)が蓄積することによって、自分自身の肉体に不調和が起きたために感じる主な症状としては、怒り・イライラは腰痛、不安・心配・取り越し苦労は肩や脊椎上部周辺の凝りや痛み、ストレスは胃腸の不調和、恐怖は全身各所、意にそぐわないような思考や行動を続けると心臓の痛み、あらゆるネガティブな情緒の総合的な影響は頭痛や気だるさや体の重み、などといった状態で表れる場合があります。ただし、これはすべてがそのように表れるのではありませんが、このような症状として表れやすいということです。

これらの状況を改善するには、自己の情緒や思考や意識をポジティブにすることで解決できますので、自分自身の在り方をしっかりと反省して見つめ直して、怒りを許しに、不安や心配を安心や信頼に、といったように、自分内でポジティブに改善することが最も大切なこととなります。ですから、自分がマイナスエネルギーを発していることに気付いた時点で、できるだけ即座にポジティブに変換するようにして対処し続けていれば、その影響を受けていることで肉体的な不調和が起きているとすれば、これらの症状は改善していくはずです。

場所やパソコンやメールや携帯電話や自分以外の人などといった、自分以外の他から発されているマイナスエネルギーの影響を受けることによって、自分自身の肉体に不調和が起きたために感じる主な症状としては、みぞおち周辺の違和感や苦しみや痛み、吐き気、もともと身体の不調和の起きている部分が悪化する(歯痛や腰痛が増す等)、喉のいがらみや痛み、後頭部周辺の違和感や痛み(主に未成仏霊の憑依や強いマイナスエネルギーの影響)、こめかみ周辺の違和感や痛み(主に生きている人や生霊の発する強い邪気・邪念)、全般的な頭痛などです。

そして、これらの他からの影響を受けて肉体に蓄積してしまったマイナスエネルギーを、肉体の持つ自然治癒力や活力によって浄化・排出するために生じる、無意識の中でも起きることが、せきをする、嘔吐する、カラ(空)ゲロ(オエーっとする)やゲップをはく、痰がでる、排泄(いつも以上に排尿する・下痢)、発汗などです。これらの状況が、いつも以上に多い場合には、自分以外のものからマイナスエネルギーを強く受けている場合が多いでしょう。

こういった状況は、マイナスのエネルギーを受けながら起きる場合もありますが、自分自身の波動が高まった時や、高い波動に触れた際に起きる場合が多いです。つまり、波動の高低の大きなギャップから、一気に浄化されるからです。もし職場や通勤電車でマイナスのエネルギーを強く受けているとしたら、帰宅してほっとした時とか、家族から受ける愛情や安らぎや癒しのエネルギーに触れたりした時とか、入浴・就寝時・起床時とかといった休息して安堵するとか…etcといった、心身共に休息したり、安らぎや安心や愛情などといった高い波動のエネルギーによって癒されたりすることで、体内にたまっているマイナスエネルギーが一気に浄化されることから起きるということです。

以下の内容は過去の私のブログに書きました「物質と波動によって生じるエネルギーとの関係」の内容の一部を転載しましたので、ご参考いただければと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今回のこの物質とエネルギーの関係のお話の最後に「物質に蓄積された低い波動のエネルギーの浄化方法」に関して、いくつかの例を挙げて述べることにより、しめくくりといたします。

ある程度物質から離れた状態にある大気中のエネルギーは常に調和されています。宇宙から降り注ぐエネルギーは、日増しに強く高い波動のエネルギーへと変化し続けているので、大気中のエネルギーはとても高い波動を保っています。太陽や月から与えられているエネルギーも同様です。また、常に大気に触れているような、地球や宇宙の高い波動のエネルギーの媒介になっている植物や土や石や海や川といった水なども、同様に高い波動を発しつつ保っています。

人の肉体は波動の媒介となったり蓄積したりするので、もっとも簡単な方法は、このような高い波動の場所により長い時間身を置いて過ごすことです。もちろん、ただ身を置くだけでもより波動が高まって浄化されますが、さらに効果を高めるには、波動の高い場所において、充実することや楽しめる事やわくわくすることなどといったポジティブな意識をもつことができるような状態でいられると、波動の法則によってさらなる高い波動のエネルギーを与えられるようになります。

物質をできるだけ外気に触れるようにするだけでも違ってきます。太陽や月の光を浴びるだけでも違います。また、部屋を換気するとか光を与えるとかといったことは、大気のエネルギーを室内に与えるといった波動を高めるためにはとても大切なことになります。

人の肉体に蓄積された低い波動のエネルギーを、肉体という物質から分離して大気のエネルギーによって浄化する方法もあります。例えば、深呼吸をすること、軽い運動をすることなどです。また、浄化力の高い物質によって体外に出すこともできます。例えば水分をたくさん摂るようにして排泄物や汗という物質で体外に出すとか、入浴して汗をかいたり体をよく洗い流したりすことによって、水のすぐれた浄化力を利用するのも効果的です。また、お祈りやポジティブな言霊や信頼している真言を唱えることなどによって、高い波動のエネルギーを意図的に肉体へと取り込むことにより、低い波動のエネルギーを肉体から分離して浄化させる方法もあります。

もっとも大切なことは、肉体に高い波動のエネルギーを蓄積するように努めること。同時に肉体に低い波動のエネルギーを蓄積しないように努めること。できるだけ高い波動のエネルギーの媒体となれるように努めること。そして同時に、できるだけ低い波動のエネルギーの媒体とならないように努めることといえるでしょう。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版

まん中はあなたです!

2020年05月07日
まん中はあなたです!あなたにとっては、あなたが地球の中心に位置しています。そして、あなたにとっては、あなたが宇宙の中心に位置しているのです。だから、あなたの基準があなたにとっての中心となるのです。

もちろん、あなたの基準がすべて宇宙における真理に基づいているのかどうかはわかりません。あなたの基準が、世の中をよりポジティブにするために適切なものなのかどうかもわかりません。でも、今のあなたの波動や魂やオーラなどといった、これまでに今世における地球上の経験からも、過去世における経験からも、魂の全記憶からも、あなたの現状において感じられる基準は、「今」の時点のあなたにとっては、もっとも最高に信頼のおける基準なのです。

かといって、その基準はすべてがポジティブであり、あなたにとって宇宙における最良の基準であるとは思わないことです。‘今の時点のあなたにとって’は最も確かな基準であったとしても、この先に、より高い波動の生き方を選択するには、さらなるハードルを高くしてのより繊細な基準が必要になるかもしれません。

あなた自身も世の中も宇宙も、常に変化しているのです。ですから、あなたにとっての、より最高の基準も、常に変化する可能性はあるものなのです。

あなたの歩む道も、常に変化していきます。「今」、最高であると感じていても、明日には違う道を歩きたいと思うかもしれません。少し前まで興味があって熱中していたことが、すぐにやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。そして、また違うことに強く興味を示して探究する…そんな変化があっても、それはそれでとても素敵なことなのです。

1つのことに打ち込むのもよろしい。でも、そうやっていろいろなことに興味を示しても、それがあなたのストレートでありより純粋であるわくわく感からくるものであれば、あなたにとっては最高の選択をしていることになります。

まるで1つのことをやり続けることが素晴らしいことであるという価値基準を定めている人がいます。もちろん、その人にとっては信頼できる基準であるでしょうけれども、それが他の人にも当てはまるかどうかはわかりません。他の人にとっては、そのような基準は参考にはなりますが、人それぞれの基準であり価値感覚があるわけですから、多数決的に世の中の人の、より多い人数が持っている基準が正しいかどうかとか、それに従うことが良いのかどうかなどといったことは、やはりその個々の価値感覚によるものなのです。

ゆるやかに曲がった道を歩いていて、気がついてみたら全く違う方向へと歩いていた。もと来た道を引き返しているわけではないのに、まるでらせん階段を上るように同じことを繰り返したり違う方向に向かったりしている今世における人生も、今が少しでも過去よりも幸せに感じているのであれば、着実に波動という階段を上っているのです。

時には、一気に高くジャンプすることもあるでしょう。また、時には逆に落ちてしまうこともあるでしょう。それでも、「今」が、ほんの少しでも過去の自分よりも成長しているとか、幸せでいるであろうとかと感じている人すべては、アセンションが完了して黄金時代を迎えるという目の前の1つのゴールに向けて、着実に階段を上り続けているのです。

人によっては、多くの人がわかるような素晴らしい状態にまで至り、光を放ち続けている人もいるでしょう。また、ある人は、自らが波動の階段を上っていることに気がつかず、それでも必死になって今の世を少しでもポジティブに生き抜こうとしてもがいているかもしれません。

人それぞれが魂を向上させる手段も、目的も何もかも個性によって違うわけですから、何が良いとかだめだとかといったことはないのです。

だから、人と比べなくてもいいのですよ。あなたはあなたの基準の中で生きていくことが素敵なのですよ。周囲の基準はあくまでも参考。もちろん、素晴らしいことや改めたいことなどの気づきがあったら、あなたの基準に取り入れることは大切ですが、他の人の評価もあくまでも参考程度にしてね。

他の人や法律や習慣などからくる基準や価値観や評価は、あくまでも参考程度にね。そして、あなたの基準としてポジティブな感覚から選択して活用してから初めて、あなたの中で重要視したほうがいいのですよ。あなたにとって、あなたが宇宙の中心なのですから。あなたにとっては、あなたが中心で宇宙はめぐっているのですから!


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

要因が特定できない低い波動の影響を受けている場合の対処方法

2020年05月05日
要因がよくわからないのに、何か嫌な気配や怖さや不安なようなネガティブな意識が湧き上がったようなときや、肉体に違和感や不調和が生じてきていると感じられたようなとき、自分の周囲にあるものか、もしくは自分に向けられているものかの、何らかの極端に低い波動やネガティブなエネルギーの影響を受けているために起きている場合が多いので、まずはあらためて注意深く周囲を見渡して、その要因になるようなことが何かないのかを確認してみるとよいでしょう。

しかし、特に何もそのような要因となるようなネガティブに感じられることが特定できなかったような場合には、その要因となるような低い波動やネガティブなエネルギーを発している何かが、今ここでは目で見たり触れたりするなど物理的にはっきりと確認できないものである可能性が高いといえるでしょう。そのような場合、その要因となるものは、次に挙げる3つの中にある場合が多くあります。

1つは、だれかあなたと縁のある知人から発されていて、あなたに向けられている邪気や邪念か、あるいは近くにいる人や近隣に住む人から発さられる‘生きている人の低い波動・邪気や邪念’を感じていることが要因であるというケース、1つは、‘その場所自体から発せられていたり、蓄積されて残ってしまったりしている低い波動やネガティブなエネルギー’を感じているというケース、そしてもう1つは特別なことではありますが、幽霊といわれる未成仏霊や魔といったような‘目には見えずらい存在から発されている低い波動やネガティブなエネルギー’を感じていることが要因であるケースです。

極端に低い波動・エネルギーを感じた時、人によって反応は様々ではありますが、往々にして五感で認識できる状況としては、先ほど書いたように、嫌な感じや怖さを感じるような‘なんとなく…’というような場合もありますが、さらに強く影響を受けてしまったような際には、極端に自分自身の波動が荒らされたために頭痛や腹痛などの身体の痛みや寒気が起きたり、邪気を肉体に蓄積させないようにするために吐き気が起きたり、肉体から邪気を排出するための現象である咳や痰や鼻水が出たり、ひどい時には嘔吐したりするような場合もあります。

そのようなネガティブな意識や感覚や症状が表れるほど影響を受けてしまったような場合の対処方法としましては、最も即効性があるものは「その場から離れること」です。その場から離れて、それなりに気分がすっきりしたり、ネガティブに感じられるような状況が緩和されたと感じるようでしたら、先ほどあげた要因の中の、その場所や周囲にいる存在から発されている低い波動・エネルギーが影響していると考えられるでしょう。しかし、場所から離れてもあまり変わらないようでしたら、その要因は誰か離れている存在から向けられている低い波動・エネルギーである場合が多いといえるでしょう。

では、このように離れている場所にいる何らかの存在から発されている波動・エネルギーがあなたに向けられていることが要因となっている場合や、その場から一時的に離れることはできても、また元の場所に戻らなくてはならないとか、同じ場所に何度も行く必要があるとかといったような場合(職場とか通院している病院とか家のトイレなど)には、どのように対処したらよいのかというと、根本的には次のような捉え方をして、対策をとるとよいでしょう。

それは、自分自身の波動を高めたり光エネルギーを意識的により強く取り入れたりして波動を高めることにより、波動の法則の働きによって低い波動の影響を受けにくくすること。また、光エネルギーによるオーラでバリアを張るような状況にしてガードすること。そして、ネガティブな波動・エネルギーに焦点を合わせすぎないようにして、焦点を合わせすぎて恐怖感や不安感などの低い感情を発さないように努めることなどです。

また、波動を高めたり焦点をそらせたりするためにも光エネルギーにガードしてもらうためにも、簡単にだれでもできるとても効果的な方法は「ありがとう」や「トホカミエミタメ」といったような、とても波動の高く光エネルギーの発するような言霊を唱えることです。「あ・り・が・と・う」の5文字は言葉の中でも最も強い光と高い波動を発する最高峰の言霊です。そして「ト・ホ・カ・ミ・エ・ミ・タ・メ」の8文字は、最も強い祓い清めるための言霊です。それ以外にも、愛や慈しみの気持ちの込められた言葉なら、それなりに有効である場合が多いでしょう。また、高い波動・エネルギー・霊力を発していると信頼しているような真言(マントラ)や神語や南無妙法蓮華経のお題目も有効でしょう。自分自身の周りに光のバリアを作ってがガードしているイメージをするだけでも、実際にもガードされて効果はあるでしょう。とにかく、自分自身の波動・エネルギーを高めるように努めることが大切であるという事です。

また、幽霊のようなものを見たり感じたり、心霊現象といったような特別な機会にあったり、あってしまいそうだと感じて恐怖感や不安感が強まったりしたような場合には、次のような事に留意するとよいでしょう。

幽霊とは、つまり未成仏霊や魔といったような下層アストラル界に存在する波動のとても低いネガティブな霊のことですので、その幽霊の低い波動と自分自身の波動とが同調しないように努めれば、幽霊を見たり幽霊の引き起こす金縛りやラップなどの霊現象にあったりすることはありません。これは、宇宙に普遍に働いている波動の法則によるものですので、必然的に働きます。ですから、波動の高いものが、意識の中で幽霊と波動を合わせないようにする、つまり、自分自身の波動をより高くしたりより低くならないようにしたりすることに努めて、実際にも波動が極端に下がるよなことがなくなったり、幽霊を見ようとしたり感じようとしたり接触しようとしたりして焦点を合わせないようにすければ、波動があまりにも違い過ぎて合わないでいて、焦点を合わせてもくれないあなたに対して、幽霊の方から波動を合わせて見せたり接触したり霊現象を引き起こしたりするようなことはできなくなるのです。

私たちが高次元の存在である神仏や宇宙のみなさんや守護霊様や天使などをなかなか見ることができないのはそのためでして、高次元に存在するみなさんとの波動・周波数・振動はとても繊細であるために、低次元の物理的存在である私たち肉体を持った人間が五感で認識しようとしても、なかなか見たり触れ合ったりすることができないのはそのためです。でも、高い次元であり高い波動を放っている存在が、あえて低い波動にしたり、低い波動に焦点を合わせてコントロールしてくれさえすれば、意図的に認識しやすい状況を作り上げることは可能ですし、私たち肉体を持った人間から高次元の存在を信頼したり敬ったりするなどして焦点を合わせたり、波動をより高めて波動状況を近づけたりすれば、それなりに近づくことができるために、メッセージや映像などのインスピレーションを顕在意識で認識することができることもあるのです。

余談ですが、私は時折、ヒーリングをする対象者や対象の場所などから未成仏霊の存在を感じた時に、一時的に必要な情報を得るために焦点を合わせて、「意識的に幽霊の状況をみる・知る」ようにすることがあります。そして、情報を得たら、波動を合わせるのをやめて、つまり焦点を合わせず意識を向けないようにして断ち切るようにします。このように、自分自身の波動さえ下げないようにしてさえいれば、‘コントロール’できるようにもなるのです。

話を戻しますが、とても低い波動・エネルギーの影響を受けてしまっていると感じるようなとき、具体的な対処法は他にもあるでしょうけれども、ここで具体的にもう1つの対処法として挙げますと、守護霊様や守護の神仏や天使などといったような、高次元に位置している守護の存在に、より強く護っていただけるようお願いをすることです。

いずれにしても、前述したように、このような場合に大切なことを一言で表しますと「波動・エネルギーをより高くすることであり、より低くならないように努めること」です。低い波動やネガティブなエネルギーは、同じようなネガティブなものを引き寄せてしまい、さらに低い波動状況に陥ってしまいがちになります。でも、そのような状況に気づいた時、より波動を高めるように努めれば、それなりにその影響はおさえることができるでしょう。

ただし、完全に低い波動やネガティブなエネルギーの影響をガードしたり受けないで済ませたりすることは難しいことなので、帰宅したりその状況から脱したりしたような際には、できるだけ早い段階で、しっかりと入浴したりや深呼吸をしたりするなど、何らかの自分でできる邪気払いや浄化や波動調整に努めたり自己ヒーリングをしたりることも大切になりますし、自分だけではすっきりとしないようでしたら、信頼できるヒーラーに依頼してヒーリングをしてもらってもよいでしょう。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

基本はあなたが幸せなこと ~シリウスのシューリエからのメッセージ~

2020年05月03日
あなた方があなた方自身の姿を見て思う以上に
宇宙からはあなた方が美しく輝いて見えています。

それは決して幻想ではなく、
あなた自身から発される波動やオーラを見ているからです。

なんてまぶしく神々しい光を放っているのでしょう!

でも、驚くようなことではありません。
多くの人には、まだ、視覚化して見えないだけであって
いつものことなのですから。

こういったことって、
この物理次元ではいくらでもあることでして

あちらこちらの人の輝いている
愛の放射エネルギーの素晴らしい光を
もしあなた方も普通に見ることができるのならば

輝かしくてまぶしくて
目をまともにあけていられないくらいに感じられることでしょう。

人の発する愛の放射エネルギーは、
本当に素晴らしい光エネルギーですし、

一人一人のエネルギーの力は、
あなた方が思う以上に絶大なる力を持っているのです。

また、そのような光を放つ多くの人が見える一方で
苦し紛れに必死になって力を振り絞り

この地球上で生きながらえようとしている
これまで地球上で好き勝手やってきた人たちの薄明るい光も見えます。

でも、あまりに地球上の光エネルギーが増して
日増しに波動が高まってきているために

もうこれまでの闇のエネルギーも低い波動も
ここに存在することは難しくなっているのが事実です。

あきらめて観念して光に転じるよう努めればよいのに、
なかなか改心できずに最後の最後まで悪あがきをして
なすすべのなくなるまで抵抗し続けることでしょう。

とことんまで追い詰める必要があるのかどうかは
宇宙にお任せしておくとしても

まだ今はこうして地球上で強い権力を持ち続けている限り
人々はより団結して光をより多く放つことで

いっときでも早く光の勢力が
闇から地球を奪回できるよう願い続けつつ
あなた方も共に努力し続けるべきなのです。

大きな変化の年になることが予想される
2020年もすでに4か月が過ぎました。

これからもますます政治や経済など
目に見えてわかりやすい形で変化していく様子を
よりはっきりと認識できるようになっていくでしょう。

大仕掛けをうとうとしている場合においても
それが闇の計画であるのならば

とにかくより多くの人がより多くの光を放ってさえいれば
その光エネルギーによって浄化されて解消されてゆきます。

あれやこれやと考える前に、
何をしようかと迷わずとも

ただただ、あなた自身がより今という時に
より多くの光を放つように努めることが必要で
より今をポジティブに在り続けるように努め

より今、笑いの中にあり
より今、嬉しさや楽しさの中にあり
より今、充実した中にあり

よりやさしく、より安らかで軽やかに
より温和で、より前向きで
より幸せを感じられる中で

より長い時間愛で在り続けるように
あなたなりに努める必要があります。

あなたの意志の強さをもって
悪習を正す努力が必要です。

贅沢をしているように感じる時には控え
無駄を極力なくして必要に徹し

できるだけ良い食事を適量摂取するようにして
良質の水をとるように心がけましょう。

自然に親しみ、大地に心を傾けて
地球とより一体化して育みあいましょう。

適度な運動と適度な休息をとるようにして
適度な睡眠と静かな瞑想の時間をとるように努めましょう。

あなたの心がけ次第で、
このようなポジティブな在り方は、
あなたなりにすぐにでも実行可能なはずです。

他と比較する必要はないのです。
こうしなければいけないという制限も強制もありません。

そのように意識して、
ただ、あなたなりに、できる限り、
やれるだけやればよいのです。

あなたが、より軽やかになって、より高い波動を発し
あなた自身がより大きな愛の中にあって

よりいっぱいの幸せを感じることができれば
ただそれだけで大いなる光エネルギーを放射するので

その光エネルギーがめぐり
地球のため、宇宙の発展のために大きく貢献するのです。

基本は、あなた自身がより幸せに感じていられることです。
基本は、あなた自身がより大きな愛の中に在り続けることです。

☆橿原神宮に向かって「心願成就・開運祈願・無病息災」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

‘金銭的に何らかの補償を受けている’ということに関して

2020年05月01日
一般的に「仕事」の定義は、‘生計を立てる手段として従事する事柄・職業’という意味合いであると、主に捉えている方が多いと思いますが、もっと総合的な意味合いは‘世のため人のためになる何かを行うこと’‘何かを作り出す、または、成し遂げるための行動’と捉えるとポジティブだと思います。結果的に金銭を得ようと得まいと、世のため人のためになることならば、それは仕事であるといえますし、高次元のみなさんからもそう教えられました。

お金は、正当な手段で必要な分だけ得てさえいれば、あえてお金を得ることを目的に仕事をしてもしなくても、それは個人の自由であり、仕事をしてお金を得ていても得ていなくても、どのような境遇にあるかということは、宇宙の与えてくれた必然の結果であり、本人の魂が今世で人生を送るにあたって、生前に選んだ宇宙との合意でもあるだろうと思います。

たとえば家に財産があり、一生かけてまったくお金を得る目的で仕事をしなくても、十分なお金を持って生活ができる人もいます。また、国から与えられる年金などによって生活ができるために、仕事をしてお金を得なくても、必要最低限のお金を得ているという方もいらっしゃいます。また、何らかの金銭を得ることが目的で仕事をしないと生活ができないという人もいます。

でも、それは個々の個性が違うように、個々の今世での経験や学びが、よりポジティブなものになるように、自分自身が生前に選んだ今世の道であるかもしれませんし、波動の法則やカルマの法則による、現時点での必然の結果かもしれませんし、その要因を特定することは難しいかもしれません。

でも、共通して言えることは。今、宇宙から与えられているこの状況が、今の自分にとっては必然のベストな状況であり、必要な物すべては与えられているという事です。そして、よりポジティブに感じられるような道をこの先に歩みたいという理想や願いがあるのでしたら、そのようなよりポジティブな道に向かって、わくわく感に従がって歩み続けるように努めればよいわけです。

今の必然の状況を嘆く必要もなく、今、必然的に与えられているすべてに感謝して、そして今後、自分自身がよりポジティブに感じられるわくわくすることを選択し続けるように努め続ければ、結果として成るようになるということです。

たとえば、親から金銭を定期的にもらって暮らしたり、年金や生活保護を受けたりすることによって生きていることに‘甘えている’というようなネガティブに感じるかたがいらっしゃいましたら、世の中のため人のために使っても良いですが、自分にとって必要であり、親が無償の愛で、年金や生活保護などの保障は、国が全国民に対して公平に定められている基準に基づいて認可した必然の結果として与えられたお金であるわけですから、感謝して受け取って自由に使って良いものだと思ってもよいと思います。

そのお金を基にして生活をしていても、決して甘えているとは言い切れず、必要を得ているという、ただそれだけの必然に与えられた結果であるという場合が多いということです。

そのような生活をするためのお金の出どころの問題のことよりも、ずっとずっと大切なことは、自分自身が「どのような在り方をしているのか」ということです。自分自身にとってわくわくするような道を歩み、実際に波動が高まり続けるような、自分自身にとってよりポジティブに感じるようなことが多くあるのでしたら、それは立派に世のため人のために貢献していることになるのです。

宇宙全体でみれば、一人の個人が、よりポジティブな道を歩んで波動を高めたり光をより多く発したりするだけでも、その波動や光は周囲に広がり、地球全体や宇宙にもめぐり、結果的には世のため人のため地球のため宇宙のために貢献していることになるのです。

もちろん、実際に世のため人のためになっているという行動を選択しても、愛があっての選択であれば、それなりに素晴らしい仕事であるといえますが、たとえ一般的に‘仕事’とはいわれていないようなことであったとしても、結果的に愛をめぐらせたり、ご自身や身近な人がよりポジティブな状況に至ってわくわくの波動の中に在り、光を発しているだけでも、実際には世のため人のためになる「仕事」をしているといえるのです。

好きな人ができて、その人も好きになってくれて、お互いの合意のうえで結婚する…まるで、個人的な、もしくは2人だけの問題のようですが、実際にはそのわくわくの波動も、愛の大きな光のエネルギーも、親類や知人などの喜んでくれる人たちの波動やエネルギーも加わって、その集合的に大きくなった高い波動と光が全宇宙をめぐるので、世のため人のため地球のため宇宙のために、それなりに多大なる貢献をしたことになり、結果としての素晴らしいライトワーカーとしての光を広げる「仕事」をしていることになるのです。

愛の大きさを持ち合わせ、感受性が強く謙虚に生きている人の中には、ナチュラルな中で在り続けていればとてもポジティブでいられるわけですが、何かのきっかけで、繊細さと愛とがネガティブな方向に傾いてしまうと、先々の取り越し苦労をしてしまったり、相手の事を考えすぎてあれこれ悩んでしまったり、自分自身を卑下したり低く見過ぎたりして落ち込んでしまったりと、とりとめもなくネガティブな状況に陥りやすくなりがちです。

でも、現状は宇宙の与えてくれたベストな状況であるという事、この先を自分自身の理想や願いに向かってわくわく感に従がった選択をするように努めるだけでも、実際には世のため人のため地球のため宇宙のために貢献する、波動・エネルギー的な「仕事」をしていることになるのです。

このようなことを思い浮かべられて、自分自身のわくわく感に従うことにもっと自信を持たれて、これまで歩んできた自分が選んで、そして宇宙に与えられたここまでの人生の必然に感謝しつつ、この先の必然の出来事に自分自身の願いや理想やわくわく等のポジティブな光も加えることで、今後もより一層のよりポジティブな道を歩むように努めるようにすれば、結果は成るように成ということを意識されると良いと思います。

自分自身のわくわくする気持ちと、純粋な愛の波動に従がえば、よりポジティブな道が開かれることは間違いありません。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





バックナンバー改訂版
 | HOME | Next »