FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

真実を得るための葛藤 ~爬虫類脳について~

2020年01月27日
✿現在、1月の月末の大祓いのご依頼を承っています。1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

奈良県橿原市に鎮座します橿原神宮は、
初代天皇であると伝えられる神武(じんむ)天皇が、
橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき、
明治23年に建てられました。

御祭神は神武天皇とその皇后の
媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)です。

大和三山の畝傍山を背景に両脇に長い廻廊を連ねた内拝殿があり、
ご本殿は京都御所の賢所(かしこどころ)を移築したもので、
ご本殿と文華殿は重要文化財に指定されています。

橿原神宮に心願成就・ご開運・無病息災を祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪真実を得るための葛藤 ~爬虫類脳について~≫

本当のことだろうと思いこんで多年にわたって信じこんできたこと、あるいは幼い頃から繰り返し教わって信じ込まされてきたことも、真実の波に流され、そのことが真実とは違い偽りであることがわかり、まったく別の本当の答えである真実を知った時に、その事実を知識として置き換えて得ることに際して、意識の目覚めの度合いによって強さは違いますが、人は何かしらの葛藤をする場合があると思います。この葛藤は、多かれ少なかれ自分自身の経験や学びからくるものでありますが、その本質であり、主だった要因は、脳の構造からくるものであります。

今、地球人類として生きている人々の脳の構造は、大きく分けて爬虫類脳・哺乳類(動物)脳・人間脳の3層に分かれておるといわれていますが、その中でも爬虫類脳は、もともと人に備わっていたわけではなく、惑星ニビルから地球にやてきて、人類を操作・支配してきた二ビル星人のアヌンナキ・レプティリアンたちによって、地球人類をより支配しやすくするために、意図的に仕込まれたものであります。

yjimage(1).jpg

そして、もう一つは哺乳類脳であり、更に前面にあるのは人間本来の脳でありますが、今のこのまだ渾沌とした3次元世界のネガティブな残滓の多くあるこの世の中では、ネガティブな感情が表れ始めると、爬虫類脳がより多く人の脳を支配しやすくできているのです。

この爬虫類脳は、あらゆる面でネガティブな意識や行動を選択するような感情や思考に影響を強く及ぼしますが、先ほど申し上げました、もともとから知っているある物事に対するある一つの答えが、真実とは違っていても、この爬虫類脳が働き、変化させることの‘恐怖心’のようなものが湧きあがり、葛藤が始まるのです。

学校や家庭や社会などで良識常識として徹底的に刷り込まれてきたような答えと違っているものであるようなときには、その多くの人が信頼している保守的な答えを覆すことや、真実を叡智として得ることができず、幼い頃から教わってきたことや、過去世での経験からくる固定観念などによって、自分自身の信頼してきた常識や良識と思い込んでいたことから脱却して変化することに対して、同じように恐怖心を覚えることがあるのです。

その恐怖心は爬虫類脳からくるものであり、恐怖心が蔓延すればするほど爬虫類脳をさらに人の脳の中で支配されるに至るという循環になるので、波動は重く意識はよりネガティブ化するのです。

でも人々が真実に目覚め、意識を拡大し、この地球上の本当の姿を知るためには、そしてあなた自身の本当の自分を知るためには、まずはこのあなたが洗脳され答えとして刷り込まれている真実とは違った常識や良識ともされているような固定観念の中でも、実際には洗脳されたり教え込ませて信じさせられたりしている偽りが多くあるという、その事実自体を知る必要があるのです。

黄金時代の地球上に暮らすためのやわらかで穏やかな軽い高次元のライトボディーを身につけたあなたに至るため、つまり肉体のアセンションをはたすためには、まずはこの世の中の真実を知ること、そして自分自身の本来の姿である高次元の魂の波動の高さや多大なる叡智を持ち合わせているという真実を知ることが、とても大切になるということです。

そのためには、得た情報をしっかりと識別し、過去に事実だと思っていたことが、正反対に覆されるような情報だとしても、今のこの光エネルギーを多分に受けているあなたが、より正しいと感じる知識・真実を答えとして得るように努めることが大切であり、それを積み重ねることによって真実を得ようとする意識や実際にも得続けることが習慣となり、より波動も高まり意識はさらなる拡大を続けていくのです、

そのことによって、よりポジティブに総合的にかつ根本的に物事を見る目ができるにつれて、あなた自身の内側もより広く深く見ることができるようになり、本当のあなたである魂のあなた自信を、今、この時点で知るべき部分をより多くより確かに認識することができるようになっていくのです。

そして真実を知ることにより、思考が変わり行動が変わり、積み重ねる知識の質も変わり、それが本来得るべき宇宙の叡智であり、このようなポジティブな循環が習慣のようになれば、さらなる歴史や現状の真実を知ることができて、今のあなたには想像できないような心身の軽さが感じられるようになっていき、より意識は拡大していき、あらゆることから解放されていきより多くの自由と平和と調和を得ることができるようになっいくのです。

話は爬虫類脳に戻しまして、もう1つの記事「爬虫類脳のまとめ」をご参考いただくと分かりやすいと思いますが、ネガティブな感情や言動と識別できるようなことや、改善すべき欠点といえるようなこと、もしくは自分自身や他の人の波動が下がったときに選択する意識や言動は、この爬虫類脳からくるものであることが多いだろうということがわかります。

でも、決して爬虫類脳のせいにしたとしてもネガティブさは解決できず、そもそもこの3層の脳すべては自分自身のものだ思い返せばわかることですが、すべてが自分内の問題であるために、自分自身で解決すべきことなのであります。そして、問題とは必ず解決できることでもありますが、実際に爬虫類脳に支配されず、人間本来の愛や調和なとといったポジティブさを持つ哺乳類脳や人間脳が自分自身の脳の働きのより多くを司らせることを、愛をより大きくべぐらせることによって解決し、持続させて実行することができるのです。

また、もし波動が低下し爬虫類脳に支配されていたとしても、それに気づいて改善したいという意識さえ抱いて、哺乳類脳や人間脳に変換したいという気力があって努めることができれば、瞬時にも、たとえ時間はかかったとしても「爬虫類脳からくるネガティブな意識や言動に気づく」⇒「反省する・冷静になるように努める」というように、まずは気づいてできるだけ波動をこれ以上下げないように努めることが大切で、並行して徐々に⇒「哺乳類脳や人間脳からくる愛や調和を求める意識や言動に変換するように努める」ようにすれば、あなたの持つ哺乳類脳や人間脳がより多くの感情や思考を司るようになっていき、いつものポジティブなあなたにもどることができるのです。

☆橿原神宮に向かって「心願成就・開運祈願・無病息災」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」










スポンサーサイト



バックナンバー改訂版

幸せになるために今世生まれてきた ~守護霊様からのメッセージ~

2020年01月26日
✿現在、1月の月末の大祓いのご依頼を承っています。1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪出雲の国の神社めぐり≫

松江市に鎮座している佐太神社は出雲の国二ノ宮で
出雲国風土記に記載されている古社です。

社造りの本殿が三殿並立していて、
正殿には主神佐太大神(さだのおおかみ)=猿田毘古(さるたひこ)など5柱の神々
北殿には天照大神など2柱
南殿には素戔嗚尊など5柱の
計12柱の神々が祀られています。

11月20日~25日は、八百万の神々が集う
神在祭が行われます。

佐太神社に心願成就・良縁・ご開運を祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介します内容は、17世紀の頃、日本で女性として転生していた守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、お城の中の皆でより合う部屋に向かって、長い廊下をお付きの人3人の女性と共に、さっそうと歩いている守護霊様の姿を見せてくれました。かなり勢力の強く、大きな国を治めていた城主の正妻として仕えていた方です。

守護霊様はとても思慮深く、頭がとても切れていたので、謙虚ながらも国の政治や財政に関して、また日ごろの行いに関してなど、とても控えめでありながらも城主であるご主人に、要点をさり気なく伝えることから始まったわけですが、ご主人はこの守護霊様である奥方のまれにみる直感力の鋭さや、頭脳明晰で知恵袋のような多才さを持っていることを肌で少しずつ感じ取り、政や国を治めるすべなどに関して、年を追うごとに奥様である守護霊様の意見をより多く取り入れるようになっていったとのことです。

そしてこの映像は守護霊様が50歳の頃のようですが、この頃になると、大事な重役会議のような場にも招かれ、亭主である城主のすぐ近くに座り、知恵袋として相談役として働いていたとのことです。守護霊様は何か問題や疑問や知りたいことなどがあるごとに、その思いを天に預けたり、心の奥に預けたりすると、特に自分で何かを考えるようなことはしなくても、その答えが天からもしくは自分の心の奥から直感やインスピレーションとして湧き上がるので、何かの問題が起こると、そのようにして答えを見出し解決していたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「あなたにとって何か問題が起きた時や、この先のあなたの歩むべき道を知りたいとか、何か選択をする際に迷ったりしたような時など、何かの答えを知りたいときには、あなたの疑問や迷いごとといった問題を、いったん心の奥底にある潜在意識・無意識に預けてから、思考に頼ることなくあなたの潜在意識や無意識であるハイヤーセルフ・魂や、そこからつながる宇宙の情報にゆだねるようにすると答えを見出しやすいでしょう。

そうした直後でもある場合もありますし、または時間や日にちが経った後である場合もありますが、あなたの必要な答えは、直感や閃きや、ふと聞こえてくる誰かの言葉や、何気なく見た広告や雑誌やテレビなど、とにかく何かを通して、あなたにその答えやヒントとなることが伝わってくるはずです。あなたには、そのような守護の存在のサポートに気づく霊的能力が高いということを信頼してください。

そしてその答えに気づくには、あなた自身がよりポジティブであり、より波動を高めているときに高次元界との接点ができやすいために、このような直感やインスピレーションを受け取りやすくなるので、できるだけあなた自身は、波動を安定させ高めるように意識的に努める必要もあるのです。

波動を高めるといっても、それほど特別なことをしなければいけないということではなく、ただただ、よりあなたらしく在り続け、あなたの素直でストレートな気持ちのまま在り続けるよう努め、あなたらしいナチュラルな在り方を求め、より軽やかによりワクワクする方向に向かって歩み続けるように努めていればよいわけです。

もちろん、なかなかこの現実社会ではそのような状態を常にキープするということは難しいことではありますが、あなたがリラックスしている間とか、あなたの自由になる時間の間とか、またそのような状態でなくても、できるだけそのように波動の高い状況になれるよう、あなた自身の心の中をよりポジティブに至るよう努めていけば、ただそれだけでよいのです。

そして、あなたの結婚するお相手とも、そのようによりあなたらしく波動をできる限り高め続けていれば、そのあなたの思いに応じて、必要に応じて、結婚相手との出会いが来る、もしくは出会っている人の中から結婚するにふさわしい方を見出すことができるようになるわけです。

結婚できるかどうかと不安になったり、結婚した後の生活がとても怖く感じたりするなど、結婚に対するネガティブな感覚があまりにも強いような場合は別ですが、本心から結婚を望み、結婚に憧れるような人は、間違いなく結婚をして幸せになるために今世生まれてきたとそう信じてよいわけです。

ですから、あなたはあなたにふさわしいお相手と今後結婚するには、よりあなたらしいよりポジティブな道を歩み続けるよう努めていれば、ある時点で必要に応じて、赤い糸で結ばれたその方と気持ちが深まり、必ずそういったお相手が見つかるので安心してください。

また、霊性をより高めるにも同様で、まずはあなた自身の波動を高めるよう努めることが根本的に大切になります。波動が高まるほどに、あなたの願いは叶いやすくなり、高次元の存在とも波動が近づき、より一層に、チャネリングがしやすくなり、インスピレーションや直感が受け取りやすくなります。

そして同時に、見えにくい世界でもある波動やエネルギーを、そして高次元の存在である神仏や天使やわれわれ守護の存在や宇宙存在などが、あなた方地球人類のためにサポートをしていることを、より強く実感して信頼することです。信頼は、より愛が大きくめぐるほど強くなります。より愛が強くめぐれば高次元の意識やエネルギーと波動が合いやすくなり、お互いに波動が高まります。」

☆佐太神社に向かって「心願成就・良縁・開運祈願」と心の中で唱え、ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





守護霊様からのメッセージ

レイキとタエヌ

2020年01月25日
✿現在、1月の月末の大祓いのご依頼を承っています。1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

昨日は、広島県福山市に鎮座いたします
備後の国一ノ宮の吉備津神社で参拝してきました。

吉備津神社は、806年に創建されたと伝えられていますけれども、
文献で確認できるのは1148年以降のようでありますが、

いずれにしても古くから鎮座されていて
地元では「一宮さん(いっきゅうさん)」と人々に親しまれ
広く信仰されているようです。

出雲の国ともいろいろと関係している神社で、
主祭神は主祭神 大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
備後開拓の神様として、また、開運招福・厄除け;
交通安全・長寿の神様として、崇拝されています。

吉備津神社に心願成就・ご開運・交通安全・長寿祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪レイキとタエヌ≫

*レイキとは、宇宙にあまねく癒しのエネルギーを活用したヒーリングテクニックのことです。自己ヒーリングで自分自身の健康維持・促進や自己浄化をしたり、他へのヒーリングをしたりすることができるようになります。

私が「レイキ」という言葉に出会ったのは、2000年頃のことです。その頃に私は、なんだか無性に、手のひらから何かのエネルギーを出す超能力的なテクニックを得たいということに、強くわくわく感じていました。そこで、何ヵ所かの書店に行ってそのようなことに関連する本を探した中で「レイキ」を知りました。すぐに購入して読みましたが、あまりにも求めていたことと合致していたので、何度も読み返してはわくわく感が積もっていきました。当時はまだレイキが今ほど知られていなかったので、書店で手に入る本はとても少なかったのですが、それでも1~2年の間に10冊ほど購入して読んでいました。

私がレイキの伝授を受けたのが2002年7月のことですので、結果的に本を読んでレイキを知ってから、数年の歳月がかかりました。実際には、最初に購入した本を読んですぐにレイキを受けたいと感じたので、その本の著者がレイキのスクールを開催しているとのことから、その資料を郵送していただきました。しかし、その料金を見ると、レイキ1が3万円、レイキ2が4万円、レイキ3が9万円で、加えてティーチャーになるには15万円かかるとのことで、総額31万円。私は絶対にティーチャーになりたいと思っていたので、31万円もかかることにあの頃は驚きましたし、実際に当時の我が家の経済的な状況から考えると決して用意できない金額ではあ1りませんでしたが、スクールへ通うにも片道2時間ほどかかるので近くはなかったことからも、伝授を受けることに躊躇してしまいました。

その当時、私は千葉県の公立学校で教員をしていましたが(今から約12年前の2004年6月に約15年間勤めていた教員を辞職し、ヒーリングルームを開業してスピリチュアルカウンセリング&レイキのヒーラー養成・&ヒーラー&パワーストーンの販売を本職として以来、現在に至っています)、2000年頃まではパソコンをほとんど使ったことがなく、興味もなかったために覚えようともしていませんでしたが、教育界が情報教育を重視し始めて小学校教育にもパソコンが導入されたり、職員同士が情報をフロッピーで交換し合ったりする時代になったために必要を感じ、渋々パソコンをいじりはじめたことを覚えています。

でも、そのことでホームページを閲覧することも覚えたために「レイキ」で検索したところ、予想以上にたくさんのホームページがあったことに驚きました。その中で、1つのホームページが気になりましたが、そのホームページの管理者は1日で一気にレイキ1~3の伝授をしてくれて、金額も計8万円でしたので、日本標準価格に比べると格安でした。当時は仕事が忙しくて時間がなかなか取れない中、1日で伝授を受けられて、さらに思っていた料金のだいたい半額ということや、ティーチャーが魅力的な方にも感じたことから、躊躇していた伝授を、そろそろ本当に受けよう…と思いました。

あの頃は妻が肩こりや背中の張りがひどかったために、毎日のように私は手のひらを当てて自己流でエネルギーを送ったり、少し心得のあった整体のテクニックを用いたりして、凝りや張りの緩和に努めていました。(妻のこのような状況は10年ほど前までにほぼ改善され、今も問題ありません)

また、私自身も子どもの頃からアレルギー体質で、アレルギー性鼻炎(20歳代以降は花粉症と称されていました)や突発的なじんましんが出たりしていましたし、20代中頃から続いていた腰痛(椎間板ヘルニアが悪化して椎間板障害と診断され、医師から「腰痛とは一生付き合うことになる」と告げられていました)や、慢性的に起きていた頭痛や胃腸のもたれなどの身体の不調はいろいろとあったために、少しひどくなってくるとすぐに医者に頼ったり、パブロンゴールド顆粒とバファリンと大正漢方胃腸薬(当時の私にとってはこの3点セットを常に持ち合わせていないと不安でした)等の薬やアレルギー関係の薬を頻繁に服用したりしていました。

ですから、自分自身の健康をできるだけ医師や薬に頼ることなく、自分自身の力で何とかしたいとも強く思うようになっていました。(ちなみにここ約10年間のタエヌは、医師から「治らないと」言い切られた腰痛はすっかりとなくなり、アレルギー体質も徐々に改善されてきて、今は特に問題ありません。)

そんなわけで、私がレイキの伝授を受けるための目的を当時聞かれたとしたら、次のように答えたと思います。

・超能力的なパワーを身につけられると思ったから。
・自分自身や家族の健康を自分の力で維持したいから。
・自分自身や家族が病気や怪我などの不調になった時、自分の力で治したいから。
・思ったよりも安く伝授を受けられそうだから。
・もしも本当にレイキを身につけたらなんだか自分がすごいパワーを身につけて、今はできないいろいろなことができるようになりそうだから。

さらに、世界でたくさんの人々にレイキは認められているからきっと本物なのだろうという安心感も加わって、結果的に電話をかけて、約1ヶ月後の7月末の日曜日に予約をしました。

こんな感じでしたので、私がレイキの伝授を受けるに至ったきっかけも経緯も決断した時も、純粋であったり愛に基づいたものであったりしていることもありますが、興味本位とかミーハー的だとか思ったよりも料金が安かったからとかといったような、物質的な比較や軽い気持ちで受けたという事実も確かにありましたし、過度な期待を持ちすぎていた部分もあったとも思います。

ただ、今になって思えば、私がそのようなパワーを身につけたいと漠然とした中で直感的にわくわくして書店で探し始めたことも、そこでレイキという言葉や本に出会ったことも、実際に伝授を受けた時期も、何もかもが私自身の魂とか高次の守護の存在とかが導いて下さった必然であり、波動の法則や必要の法則によるものでもある、とてもポジティブな流れに乗っての必然的なことであったと感じています。

でも、当時は、そんなことはまったくわからず、もともと行動派だった私は、意のおもむくままに行動していました。まさかその後にレイキがきっかけになって、自分自身が教員を辞職して今のような仕事を選択するに至るなんて夢にも思わず、ただただその時点でのわくわく感に従って、伝授を受けてみただけのことでした。

その後、2003年の4月にティーチャーになるための伝授をしていただき現在に至りましたが(レイキ4ティチャーズディグリー伝授の料金は15万円でした)、レイキ4の受講前に、A4サイズの用紙1枚程度にティーチャーになりたい理由を書いて提出するようにという指示を受けたので、ワープロで打って提出しました。確か、その文章は2002年の12月頃に作成したと記憶しています。

感熱紙で印字したままの状態でファイルに入れて保管してありましたために、すでに用紙の一部は薄茶色になっていて、文章も消えかけている部分もありましたが、久しぶりにそのファイルを見て、とてもなつかしい思いで読みつつ、ある意味、私にとっては転職するための決意文として書いた当時の気持ちも思いだしたところで、ブログでこの文章を公開したいというわくわく感が湧き上がりました。以下、その内容を転載します。

✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧

レイキのアチューンメントを受けて以来、自己ヒーリングや他者へのヒーリングを通して、自分自身に様々な変化がありました。いくつか例をあげてみますと、まず、心が穏やかになったことです。もともとがわりと短気な方だったので、今思えば、つまらないことでもすぐにいらいらしていました。レイキを授かって2週間くらい経った頃、しみじみと妻に言われたことがあります。「全然イライラしたり怒ったりしなくなったね。今までだったら、こんな時はすごかったのに、今は笑っているんだもんね。」ある出来事が起きた直後のことでしたが、自分でもそういえばそうだなと感心しました。

次に、自分を好きになれたことです。‘レイキ完全本’に書かれていた「自分を愛するように他人を愛しなさい。」という言葉が、自分を嫌いだった私にとっては、読んだ時にはとんでもないと思っていました。それが今では、その通りだと心から思えるようになったのです。理由は1つ。自分の内面で自分自身で嫌いだったこと(先ほどあげた短気なこと等いくつもありました)が、レイキを実践するにつれてことごとく改善されていっているからです。

その他には、長年悩まされていた腰痛が治りました。人間関係はより良好になり、仕事もよりスムーズにこなせるようになりました。私自身、宗教にはほとんど興味がなかったのですが、どういうわけか、古神道や仏教に興味が出てきたために、現在、関連書を毎日読んでいます。特に、精神力が高まるような教えを説いた本を読むと、心の底から感銘を受けます。その他にもたくさんありますが、とにかくどれも良いことばかりです。

これまで合計約25名に、ほぼ毎日レイキの実践を行っていました。その中で経験を積めばつむほど、相手の状態がわかる能力や、ヒーリング能力が増してきていることを実感できました。さらに、ティチャーとしてアチューンメントを行うことで、自分の能力や精神がどこまで高められるのだろうかと考えると、わくわくしてきます。

私は現在、小学校教師をしていて、特殊学級の担任、生徒指導主任等を担当しています。本校は約1000名の児童数の大きな学校です。この教師という職業を通して、最近特に問題があると感じていることが幾つかあります。

まず、心が病んでいる子どもが増えてきているということです。友だちとのトラブルが絶えない、万引き等の非行が増加傾向にあります。そして、悪いことをしても、悪いという意識の薄い子も増えてきています。

さらに、このような問題のある児童の大半は、保護者にも問題があるということもわかってきました。児童虐待、こどもへの愛情不足、善悪の感覚のなさ、親の威厳のなさや無責任さ等です。

教員の問題としては、週5日制になってから、仕事がさらに忙しくなったために、心の余裕がなくなってきたり、仕事に追いつめられたりしている状態が続いたり増えたりしていることです。そして、そのためのストレスがたまっている人が多くいるように思えます。さらに、そのことが主な原因と思われる、倦怠感、腰痛、肩こり、頭痛等の、身体に症状を起こしている人が意外に多いことが、レイキを実践すること等でわかってきました。

上記に述べた、現在の私自身、そして私を取り巻く環境から、レイキのティチャーになりたいと思った理由を3点あげます。

一つめ、自分自身の精神をより向上させるため。
二つめ、ヒーリング能力をより高め、実践していきたいため。
三つめ、一人でも多くの人がより幸せになるために、レイキを普及していきたいため。

全国に、素晴らしい教育実践を行っている教師はたくさんいます。でも、残念なことに、まだレイキの実践者は多くありません。私が今、強く思っていることは、近い将来、教師を辞め、レイキ実践者としてレイキを普及するために、残りの生涯を送りたいということです。

✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧

書き写しながら、文章表現や認識のしかたや物ごとの捉え方など、今の時点では修正したくなるような箇所がいくつもありましたが、できるだけ当時の文章のままの状態にしました。

この文章を書いた翌年度には、小学校から肢体不自由の特別支援学校に転勤希望を出して、その希望が叶いました。転勤した特別支援学校は、もともと初任から4年ほど勤務していた学校ですので、内情はだいたい分かっていましたが、自力の移動が難しいために、車いすによる他者の支援を要する子どもが多く、また、リハビリーや身体のケアなどを多く要するために、手のひらで子どもの身体に触れる機会がとても多い学校でした。

また、この学校には、レイキを必要としている子どもたちがたくさんいることを知っていましたし、職員や保護者の中にもレイキを必要としている人が多いことも感じていました。ですから、私が教員としてレイキを人のために活用できる場としては最適な学校であると感じて転勤したのが大きな理由でした。

でも、もう1つの転勤を希望した大きな理由は、小学校にそのまま勤務をしていると、1,2年以内には教育委員会に転勤するような状況に至るであろうという情報もありましたし、現に学校内の仕事以外でも、いくつかの市や近隣の市町村の組織の中でも重要な仕事を任せられていたので、教員を辞めることを決めた時点で、このまま小学校にいては多くの方々に迷惑をかけてしまうと思ったことです。

特別支援学校に転勤をすることに決まった時点で、そのような心配は解消されましたが、できるだけスムーズに辞職したいことや、流れをはっきりと感じスムーズに流れに乗っていきたいことなどから、もし特別支援学校でも複数年勤務をする必要がある仕事のポジションを与えられた場合には、1年限りではなくて、ある程度の年数の間、仕事をまっとうして引き継ぎ、自分が納得し、周囲にも不調和が起きないようにしてから辞めようとも思っていました。

ところが、与えられた仕事は小学6年の担任。担任する学年が分かった瞬間に、私はあと1年のみ、教師として学ぶべきであると感じました。また、担任以外の仕事も、特に翌年まで継続して行うべきであると感じられるようなポジションはなし。結果的には1年間の勤務も素晴らしい学びがたくさんあって、調和が保たれている中でポジティブに過ごすことができました。

そして、年度末に子どもたちを卒業させた後、私自身も、とてもスムーズに、自然な流れにふんわりと乗るようにして、何の迷いもわだかまりもなく、教師として就労していた約15年間の学校生活から無事に卒業することができました。今から約15年前の2004年(平成16年)春の出来事です。


ちなみに、私にとってレイキの伝授を受けたことをきっかけに、最も大きく変わったと感じたことは、私自身の霊能力が大きく開花したことです。私がレイキの伝授を受けた当時、江原啓之さんがテレビにそれなりに多く出演し始めた頃でして、その頃テレビ東京で毎週土曜日の深夜に放映していた‘えぐら開運堂’という深夜放送を録画して毎週楽しみに見ていました。(オーラの泉や天国からの手紙はその数年後くらいに放映が開始されました)

その江原啓之さんの霊能力やスピリチュアルカウンセリングをしている様子や、出演者がポジティブになっていく様子を見ているうちに、自分もスピリチュアルカウンセリングができるようになりたい!人の役に立つための霊能力をもっと開花したい!と強く願うようになりました。

それから、数年間ほどは毎朝のお祈りの時間(朝のお祈り参照)に「人のお役にたてるための霊能力が開花しますように!」と声に出して唱えていましたが、実際にも、レイキヒーリングを行っている最中に、相手の方のオーラが見えたり過去世や守護霊様がわかったり、時にはメッセージが聞こえたりするなど、少しずつ霊能力が開花したことを実感する機会が増えてきました。

そして、レイキ伝授を受けてから半年ほど経った頃には、レイキヒーリングをしていてもしていなかったとしても、相手と波動を合わせたり、オーラを読み取ったりするだけで、さまざまな霊的状況がわかるようになってきたと自覚できるようになりましたし、その伝わってきたことをそのまま相手に伝えると、その話が、その人にとっては必要でありポジティブなものであることも多々ありました。

この頃は、私はまだ千葉県の公立学校で教師をしていましたが、スピリチュアルに大きく目覚めていることを自覚し、レイキは私がこれだけポジティブに改善されてきているきっかけになった素晴らしいものと実感していたために、「レイキを伝授したりヒーリングをしたりすることによって、より多くの人を幸せに導きたい!」そして「私が開花した人のためにお役にたてる霊能力を、もっと多くの人のために活用したい!」そう望んで私は教員を辞職して、レイキの伝授やヒーリング、そしてスピリチュアルカウンセリングを生業とする道を、迷うことなく選びました。

このように、私にとってはレイキの伝授を受けたことやレイキを実践することによって、スピリチュアルの目覚めが大きく進むきっかけになったと思っていますし、また、今のようなスピリチュアルライフを歩むための大きな転機となったことを実感しています。もちろん、人によってレイキの活用の仕方や受ける目的は多少の違いはあるでしょうし、レイキヒーリングを行う中で得られることや学びも人それぞれではありますが、レイキヒーリングを通して光・癒しのエネルギーを活用し続け、自分自身の波動も高まり続けていれば、自分自身がより魂の波動に近づくにつれて、開花すべきことは開花し、必要な気づきや学びを得やすくなっていくことなどが期待できます。


☆吉備津神社に向かって「心願成就・開運祈願・交通安全・長寿祈願」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

健康診断・我が子へのサポートに関して ~守護霊様からのメッセージ~

2020年01月24日
健康診断・我が子へのサポートに関して ~守護霊様からのメッセージ~
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

瀬戸内海に浮かぶ愛媛県今治市の大三島(おおみしま)に鎮座します
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、
『日本総鎮守』と称されているほど、
数々の著名人や名立たる武将たちも尊崇した神社です。

境内には推定樹齢2600年の大楠があり、
隣接する宝物殿は国宝がたくさんあります。

境内の独特な御神気によって醸し出される空間は、
ただそこに身を置くだけで大いに癒されるパワースポットです!

画像にある大山祇神社に心願成就・ご開運祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

守護霊様とつながった瞬間、とても美しいビーチの映像と、深い緑のジャングルの映像を見せてくれました。今回紹介いたします守護霊様からのメッセージは、18世紀の頃、琉球で女性として転生していた方からのメッセージです。幼い頃から霊的な能力が強く、森の精霊たちやフェアリーや様々な宇宙の高次元界の存在と交信をしていたとのことです。母がユタであったため、守護霊様のそういった霊的能力はごく普通に受け入れられましたが、それにしてもユタである母も驚くほどかなり明確に、見える・聞こえる・感じるの三拍子が揃っていたとのことです。特にエンパスとしての能力が高く、人の波動エネルギーを読みとって、その人自身の言葉や態度以外にも、エンパスとして強い感受性を持っていることから、本質的なところを見抜き、それをその人自身にとってポジティブな方向に活用するために用いるようにしていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「人にはそれぞれ、それなりに、今世で生まれてくるにあたってのお役目とか役割とかといったものがありますので、人それぞれそれの個性があるために、時には気があって一緒に過ごしたりまとまって過ごしたりしていることがあっても、時には個々に分かれて活動した方が心地よい場合もあります。

それは家族でもいえるわけでして、いつも共にしていることが仲が良く素晴らしいものというわけではなく、最もポジティブであることは、個々の意思に応じて、できる限りその自由意思通りの実生活を送るようにするということで、また、相手の自由意思を尊重し認めてあげることができるということで、それは親子の間に至っても同じことであります。

親として、いつの間にか子供を縛り付けようとしたり、自分の意に背くようなことをすると、叱ったりやめさせたりするようなことをする場合もありますが、もちろん道理・道徳を教えるためにはいけないことや非道徳なことは控えるよう親として伝えることは必要ではありますけれども、そうではなく、親のエゴや固定観念や思い込みからの言動も、時々見受けられるわけです。

ですから、そのような親のエゴやネガティブな固定観念からの禁止や制限や束縛と感じたような際には、そこはぐっとこらえて子どもの自由意思を大切にするようにして、たとえ親としてあまり気が乗らなかったとしても、子どもの自由意思とその経験や学びを大切にするために、子どもの意思を尊重してあげることが必要になる場合も多くあるのです。

一歩間違えば甘やかしになるかもしれませんが、でも愛をより大きく抱き、親として心から子どもの成長を願い、温かな目で見守り続けてさえいれば、ただそれだけでネガティブな方向へは向かわないように、うまくサポートできるはずなのであります。

また、これは子どものことに限らず、大人同士も同じで、お互いがお互い同士の意思を尊重し合える関係であることが大切で、それは決してできる限り一緒にいることが大切であるというばかりではなく、時には離れ、時には個別に色々とやりたいことをやって、必要な経験や学びをすることが大切な場合もあるわけです。

~健康診断に関して~

ある程度の年齢を重ねれば、この3次元世界の中様々な波動・エネルギーの中で魂を守ってくれている肉体は、それなりの不調和は生じやすく、そのために、しこりやできものなど、一時的に発するような場合もあります。

それらの症状の多くのものは、自然と時が経てば消滅するか、あるいは多少残っても問題ないかのいずれかではありますが、たまたま健康診断を受けている人は、その時に発覚して指摘され、一時的に不安や恐怖心を抱く場合があります。

どうか、そのようなことをあまりネガティブに捉えて気になさらないでください。たとえ本来は問題がなくても、不安や恐怖心といったネガティブな意識を放つことによって‘問題’になってしまいます。

強くネガティブに感じることや、長い時間ネガティブな意識が続けば続くほど、気は落ちてしまい、波動が下がり、それなりのストレスとなってしまうので、その問題によって病気や怪我や災いを招く場合があります。

健康診断を受けること自体を完全に否定するわけではありませんが、受けることを続けるのであれば、結果的に何も治療の必要がないのでしたら、手放しで喜んでポジティブに受け止めてください。

また、本来は自然治癒力や免疫力で完治するような、一時的な不調和がある際にも、ちょうどその時点で健康診断を受けると、結果的に病人に仕立てられてしまう場合もあります。

そのような場合には、必要以上に気になさらないように。気になるのでしたら速やかに医師の受診を受けたり、自分で何らかの対処をしたりして、できるだけ波動を落とさないように努めてください。

~我が子へのサポートに関して~

メッセージの中でも触れましたので、ここではシンプルに表現してお伝えしますが、主に、以下の2つのことを常に心に留めて、子どもたちをサポートしてください。

1つは、子どもたちの個性を大切にして伸ばしてあげるように努めること。

もう1つは、子どもたちの自由意思をできるだけ尊重してあげること。

~相手の感情や考えていることが伝わってくる~

普段、人と接している時に、「人がどう思っているのか」とか「人にどう思われているのか」ということにはできるだけ強く焦点を合わせずに、「自分がどう思っているのか」に強く意識を向けるようにしてください。

そのような意識を持たれていると、意識のバランスがちょうどよく調和されるでしょう。あなたは感受性がとても強いことを自覚されていますが、その通りなのです。ですから、あなたにはそのようなことがいえるのです。

あなたは愛の度数も高いですし、波動も穏かで、癒しの力も十分に備わっています。

今の時点では、順調に波動を高め続けているので安心してください。そして、今後も、ますますあなたらしい在り方を通して、愛を育み、波動を高め続けてください。

そんなあなたですから、あなたご自身の意識がポジティブであるとご自身で確認できているのであれば、その意識の中から発する言葉も行動も選択することも、それなりにポジティブなので、相手にはその高い波動が伝わります。

それなりに相手を気遣うことは必要ですが、相手の心の動きを気にしすぎてしまったり、相手の感情に振り回されてしまったりすると、あなた自身の波動も揺れ動き、時には一緒になって下がってしまいます。

ですから、そんな時は、あなた自身の思考や感情などがポジティブであるのかどうかということを見極めるようにして、自分自身の意識をポジティブに保つよう意識を集中させるようにしながら、相手に愛をめぐらせるようにすると良いでしょう。


☆大山祇神社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、
ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」






守護霊様からのメッセージ

「わくわく」を選択することの大切さ

2020年01月23日
✿現在、1月の月末の大祓いのご依頼を承っています。1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

奈良公園内に鎮座いたします
世界遺産の春日大社は
全国約1000社ある春日神社の総本社です。

社殿と回廊には約1000基の釣燈籠が、
参道両側には約3000基の石燈籠が並び
独特な雰囲気を醸し出しています。

主祭神は春日神ですが、
春日神とは武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神の総称で、
武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使としています。

春日大社にご開運・良縁・心願成就を祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪「わくわく」を選択することの大切さ≫

「わくわく」という言葉は、広辞苑によると‘期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま’という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

広辞苑に書かれている意味のこの「わくわく」と表現できるようなことは、日常生活における経験の中において、時には当てはまることもあるでしょうけれども、割合的にはそんなに多くはないでしょう。

わくわく感じることを選択しましょう…
わくわく感に従って生きましょう…

私がブログでこのように表現している際の「わくわく」という言葉の意味合いは、上記のような広辞苑に書かれているような意味も含まれてはいますが、根本的には高次元の存在であるメッセンジャー‘バシャール’の「ワクワク」という言葉の表現に基づいて使っています。

今、こうしてアセンションして黄金時代の始まりの始まりにさしかかった地球上の波動は高まりつつあり、それに伴って世の中もどんどん高次元世界に見合ったポジティブな状況へと変革しつつあります。地球上の世界はこのまま5次元までゆるやかにかつ急速に昇り続けますが、その波動状況に合わせて、人の意識もそれなりに波動を高めながら変化していく必要があります。

ただし、意識的に大きく変化させようと無理をしすぎたり焦ったりする必要はありません。ネガティブな波動を発しやすい、無理のしすぎや焦りという状況の中から何かを選択すると、ポジティブなことを選択したつもりでいても、実際には低い波動を生じてしまうことがあります。ネガティブな状況からはネガティブなことが生じやすくなるのです。

地球上の波動域は高次元の始まりの始まりに達しているために、その波動・エネルギーを活用し、世のポジティブに変化していく流れに乗って、より軽やかで、よりリラックスしたナチュラルな感覚の中で、より自分らしい個性に基づいたことを、自己責任を強く持ち、自由意思に基づいて選択すように努め続けていれば、よりポジティブなことを選択するに至る場合が多くあるでしょう。その基本となることが「わくわくすることを選択する」ことです。

高次元の波動域内に入った今、わくわくに基づいた選択をすることを、これまで以上により強く意識して行うべき時代に入ったのです。地球人類個々の意識は、これまで以上にそこから発するエネルギーは強力になっているために、目の前の現実世界を、より早くより的確に作り出すようになっていることが、より多くの場面で認識できるようになっていきます。

よりポジティブなエネルギーを発するような意識をより多く持って、よりポジティブな選択をし続けていれば、これまで以上に早く目の前の現実世界の中で、願いや祈りは実現しやすくなっているのです。逆に、ネガティブな意識も広がりやすくなっているために、そこから生じる波動・エネルギーに基づいた現実世界も同様に、より早く現実化するようになってきているのです。ですから、「わくわくすることを選択する」ことは、より重要になってきているのです。

そして、目の前のわくわくすることを選択し続けるように努めていれば、知らず知らずの間に波動は高まり続けていき、振り返ってみて以前の自分と比べてみると、急速に波動が高まっていることに気がつくでしょう。


以下の内容は、バシャールが「ワクワク」という言葉で表現していることの意味、ワクワクの波動に関して、ワクワク感に従って生きることの大切さなどが、わかりやすく適切に表現されていますので転載させていただきました。 

バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。

《以下の内容は、BASHAR②1989年 チャネラー ダリル・アンカ  ㈱VOICE より引用しました。》

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちが皆さんに
ワクワクすることをやってくださいというのは、
次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」
という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

自分の存在の周波数を
肉体的なレベルに翻訳した言葉が、
ワクワクという気持ちになっていきます。

それが、みなさんを導いていく信号になります。

ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、
本当は簡単なのです。

ひとりでにワクワクした気持ちが
出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、
本来の自然な自分に抵抗したり、
否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけない、
と学んできたのです。

なぜなら皆さんは
「人生というものは辛いものなのだ」と
年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、
私たちはただワクワクしていればいい
と言っているのではありません。

ワクワクしてくださいといっても、
毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならない
ということではないのです。

「ワクワク」というのは、
自分が本当にやりたいことをやっている、
やりたいことを知っている、

もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、
心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、
存在の非常に基本的な波動です。
創造的な力です。

ですから、それを感じるときには、
自分がとても強力になっていることを
感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、
自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。

生きている光だということを、
他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、
二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。
常に魔法のように、あるべき所に、
あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、
無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを
自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、
宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自然な自分を出していないときです。

ですから宇宙の方では、
どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、
ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、
自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、
と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、
豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、
自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。

探すことを喜んでいる人はそれで構いません。

でも、本当に見つけたくなったら、
それは非常に簡単なことなのです。

ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、
どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、
明日ワクワクするものとが
同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、
いろいろなものはひとりでに、
どんどん変化していきます。

今の仕事や自分の持っているものとは
別なものに魅かれてワクワクすることもあります。

それでも結構です。

心に描いている大きなビジョンや夢、
そういったものに対するアプローチの仕方、
ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、
人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、
自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、
「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、
社会の要請にちょうど合うようなものを探します。

社会の期待に沿うようなものを見つけても、
それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。

なぜなら根本的に、
あなた以外の人から与えられた答えだからです。

合うはずがありません。

しかし、だからといって
人からのアドバイスを無視していい
ということではありません。

他の人からもらったアドバイスを、
自分で、自分のために
選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、
自然な本来の自分になることに
抵抗することから生まれてきます。

自分自身が非常に疲れるのは、
本当の自然な自分に
一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、
本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、
自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことを
すぐ分かる人もいますが、

そうでない人は、一生懸命、一生懸命、
自分以外の人間になろうと、
くたびれ果てるまで続けます。

本来の自分になるまでに、
どの位の時間を費やすかは
自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、
いままで皆さんがやってきたことの中で、
無駄なことはひとつもないということです。

すべてのことから学ぶことができるということを
知っておいてください。

ですから、今までの経験を捨てたり、
逃げようとしたりしないで、
その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって、
他の人とは違う非常にユニークなやり方で
それを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。


☆春日大社に向かって「開運祈願・良縁・心願成就」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/



バックナンバー改訂版

楽を積み重ねれば更なる楽がある ~守護霊様からのメッセージ~

2020年01月22日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

幣立神社(へいたてじんじゃ)は、
熊本県上益城郡山都町に鎮座いたします。

毎年8月23日に「五色神祭」が行われていますが、
「かつて世界人類の祖先、赤・白・黄・黒・青色の人々が集い、
御霊を和合するための儀式を行った」という伝承に基づく神事で、
この場所から人々が世界に散らばったといわれています。

万物の親神である「大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)」が祭られていて、
太古からのエネルギー、そして宇宙からのエネルギーを受けることができる
最強のパワースポットといわれています。

幣立神社に心願成就・良縁・ご開運祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。身分はそれなりに高い武士だったようで、清楚できちんとした身なりの30歳代の頃のさっそうと歩くお姿を見せてくれました。守護霊様は、江戸城の増改築のようなことに携わっていたようで、江戸城のお堀を指さしながら何かの指示を出しているところや、建物の壁を指して何か修繕するように指示を出しているような様子を見せてくれました。(以下略)

家の庭に小さな祠があり、その神棚に向かって拝むと心が安らいだとのことで、毎日神棚を拝み何かあるごとに報告をしたり、時には祠を通して神と対話したりして心を癒したとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「人の道というのは、歩んでいるうちにどんどんその先の道のりが描かれていくこともあるので、歩き続けながら目の前のことをあなたなりにしっかりとポジティブにこなし、選択し続けていれば、その道はあなたの魂の向上のためによりポジティブな方向へと書き加えられ、道ができ歩み続けることができるのです。

あなたにとって、よりベターと感じることをできるだけ多く選択し続けてさえいれば、必ずあなたの道はあなたにとってより魂向上のための地図が書き加えられ、その道を歩むようになっていくので、だからその結果として結婚をしたり、あなたが主に行う仕事が充実したり、あなたの住む場所が割り当てられたりしていくわけですから、そのような通過点である一つの結果というもののすべてが、今、目の前に起きていることや分かっていることを、どれだけよりベターな選択をし続けるかによって、あなたが生前描いてきた魂の青写真ともいえる、今世での最もポジティブな人生といえるような、その目指してきた地図に、より近い道を歩むことができるようになるのです。

だから、今、あなたが与えられている仕事についても、あなたの身の回りの人間関係においても、ただただあなたがよりポジティブに感じていることを選択し続け、ただあなたがより光多き愛の存在でできるだけいられるように努めるだけで、結果はなるようになっていくのです。

たとえその結果が、あなたが予測したことや願っていることと違っていたとしても、そのような結果にあまり強くとらわれて思考や感情をネガティブに傾ける必要はなく、あなたが毎日きちんと反省をし、そして目の前のことを自分なりに、よりベターと感じるようなことを選択できていると感じているのであれば、それはなるようになった必然の結果であるわけで、その結果を喜ばしく受け止めるべきものなのです。

あからさまに世の中はこのようなものだと申し上げられるわけではありませんが、あなたが思う以上にこの世のしくみははとてもシンプルですので、あなたの目の前の現実として起きることには、必ず何かあなたにとってその現実を引き起こした要因というものがあり、もしくはあなたが引き寄せたあなた自身の波動エネルギーというもののおかげであるわけですから、何事もまずはいったんきちんと受け止めて、受け止めたうえであなたはあなたなりにネガティブに感じるようなことも、まずはそこから逃げることなく受け止めてから解決するようにして、もし喜ばしいことであれば大いに喜び、さりげないことであれば感じたままナチュラルに受け止め、そしてこのような必然の巡り宇宙の巡りをただただありがたく思い感謝していればよいわけです。

苦しみの後には楽があるとは言いますが、楽を積み重ねれば更なる楽があるわけで、苦を乗り越えなくとも楽を味わい続けることもあります。苦というものを乗り越えることで感じる楽というものもあるから、陰陽の調和というものがそのようにしてできてはいるわけですけれども、陰が起きて必ず陽が起きるというわけではなく、あなた自身にずっと陽が続いていても、それはあなた自身の波動が高まり続けているから起きているわけですから、イケイケのノリノリであるときにはその勢いでどんどん突っ走って、その波動の高まりの流れに乗じていればよいわけで、ふと振り返ってわざわざネガティブなものを呼び起こしたり、何か問題点があるのかと間違い探しをしたりするような必要はなく、でももちろん反省は必ず行いつつも、特に問題がなければどんどん前へ前へとそのようなときには進んでよいものです。

逆にどう動かそうとしても動かなかったり、無理難題と感じるようなことが多く続いたりするようなときには、まずは目の前のことを解決しつつも、あなた自身の何か歯車が狂っているような時には、自分自身をしっかりと内観し、そのようなときにはより冷静になって瞑想し、周りの不調和な出来事をどうにかしつつも、最も大切なのは外的要因ではなくてあなた自身の内側であることを意識し、あなたの内側にある不調和やネガティブさを見つけ出し改善するように努めることだということを肝に銘じ、あなたなりによりポジティブに変換するよう努めるとよいでしょう。」


☆幣立神社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」






守護霊様からのメッセージ

アセンションサークル

2020年01月21日
✿現在、1月の月末の大祓いのご依頼を承っています。1月31日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪今ここにいて出雲の国の神社めぐり≫

出雲大社の摂社として
大社様から徒歩5分の場所に鎮座いしています
命主社(いのちぬしのやしろ)です。

主祭神は、神皇産霊神(かみむすびのかみ)で、
天照大神よりもずっと古くに存在されていました
天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱です。

命主の社の前には、
推定樹齢1000年といわれるムクの巨木があり
長い年月を見守ってくれています。

また、お社の近くには巨石があり、
古代磐座が神社に発展した神社としても知られ
パワースポットとして人気の場所です。

画像にある命主社に心願成就・ご開運を祈願しつつ
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


≪アセンションサークル≫

*以下の内容は、過去にタエヌがシリウスの高次元の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球人類の間で、今、とても盛んに、たくさんのアセンションサークルが形成されています。グループソウルやツインソウルなどといった魂の繋がりによって、転生する前から約束されたもの同士が引き寄せ合い、物理的世界である地球上において地球人類同士として出会うこともありますが、そういったことも含めて、全ての領域において今世におけるこれまでの様々な経験や、もともとの魂が持ち合わせている波動も含めて、現時点での魂の状況が似ているもの同士が、その波動の法則や必要の法則により、引き寄せ合い、そして、サークルを形成することによって、更なる波動が高まるためのエネルギーが増大されていくという、そんな状況になったもの同士が、どんどん今、結ばれて「アセンションサークル」を形成し続けているのです。

このような事が、実際には、今になって始まったわけではありませんが、今、急速に増加しているのは事実です。もちろんこのようにエネルギーが高まっていて、波動の二極化が進み、黄金時代に向けて、まるで仕上げの段階ともいえるような状況になったからこそ、急激に展開されているわけですが、これまでのように、言葉によって勧誘したり、もともとからの親類縁者や生まれた環境によってもたらされていたり、自らの感覚の中でナチュラルに感じた通りに実生活を送り、選択し続けた結果がもたらしたわけではない集団は多々あったわけですし、これまでの既存の宗教団体も、エゴや強い依存心などといったネガティブなことによってグループを形成していたものもありました。

でも、ここでいう「アセンションサークル」とは、そういったものではなくて、全てが自らのその感覚の中で、縁を結び学び合うことが、楽しいと感じたり充実していると感じたり自分にとって必要であると感じたりといった、とてもポジティブであると感覚的に感じたもの同士が結ばれ、一つのサークルを形成するに至る、そういった事をここでは「アセンションサークル」と称しています。そしてこれは、サークルに属するとか形成するとかという事実は、あくまでも結果論でして、サークルは自然とできあがっていくものなのです。

この「アセンションサークル」として結び合う人数は、多いから良いとか少ないから影響力が少ないとか、そういったことではなくて、必要に応じて集まり、必要なだけ威力を発揮し、世のためアセンションのために、そしてもちろん自らのために愛の光を増大させ反映していくのです。

必ずこの「アセンションサークル」には中心的な存在がおります。これは1人の場合もあれば複数の場合もありますが、これまでにあった宗教団体やグループとは中心的な存在の質が違い、中心的な存在となっている人は、それなりに同じ質の魂であったり波動であったりしているとはいっても、他の者たちよりも少し先を進んでいる者がなっているために、あらゆる点で指針を示したり相談や質問に答えたりアドバイスを与えたりするなどして、敬意を表される場合がありますが、それを組織としてまとめようとしたり、自らに人を惹きつけさせるために何かエゴのようなものをもった行動をとったり、パフォーマンスをしたりランク付けをしたり評価をしたりするといったような事はないのです。

ただただ、自分自身の波動をより高めるための修養を続けつつ、より輝かさせて光を放つだけで、自然とその光を必要とするものやお互いが集結することによって、より光が増大すると感じた者同士が、ごくごく感覚的にナチュラルに集合しサークルを形成しているということになっているのです。

このサークルは、人として物質的に集合するという場合もありますが、意識の集合体としてのみ結びついている場合もあります。ですから、人としての物理的存在同士で直接会うこともありますが、そうではない、電話やメールや手紙や本やインターネットなどによる、言葉や意識の結びつきのみでも、直接会ってもいないのに直接会った以上に、愛情を感じたり親しみを感じたり愛をめぐり合わせたりするような、そんな関係が「アセンションサークル」の特徴です。また、1人が1つのみのサークルに入っているのではなくて、いくつものサークルに入っていて、その時のわくわく感に従って渡り歩いたり、同時に複数のサークルに意識を向けたりしている人が多いのも特徴です。

人それぞれ個性がありますから、地球上にできたこれらすべてが一つのサークルとなり、大きな集合意識になるという事は、今の世で実感することは難しいことではありますが、同じような意識の中で地球のアセンション(黄金時代)に向かい、そして愛の輪を広げより多くの光をもたらすために、純粋な目的を持って形成していくサークルなわけですから、たとえ実感できるような形で一つに集合しなくても、その動機・目的が根本的に同じようなことであるために、宇宙からの真理に基づいた捉え方をすれば、これは一つにまとまっていることといえます。

このような事実を得たからといって、何かアセンションサークルと感じられる様なものを探して、あえて属そうとする必要はありません。また、自らの思考によってサークルを形成しようとする必要もありません。でも、気がついてみるとナチュラルな歩みの中で、アセンションに向けて順調に歩んでいる魂たちは、結果的にはここで表現しているような「アセンションサークル」を形成していっているのです。

そのサークルは、決して誓約書で結ばれたものでも、勧誘を受けて意思にそぐわないで入ったものでも、規約があるものでもありません。自由意思により、楽天的感覚や直感に従い、全てがポジティブな中で意識や行動を選択した結果、自らの状況をこのような意味合いで捉えたときに、すでに幾つかのアセンションサークルの中に自らが存在しているとう事実に気付くものなのです。


*私は現状の自分自身をこのような観点で捉えてみると、私の家族6人は1つのアセンションサークルを形成していると感じています。他には、私が学び共感しているオムネクやアミの本などの著書や、マシュー君のメッセージやブロッサムグットチャイルドなどの高次元宇宙からのメッセージを、私のように共感し学ばれている人たちと結ばれている意識のサークルなどです。

そして、私にとっては、家族6人のサークルと共に、最も大切であり大きな意味を持つサークルであると感じているのは、こうして私のブログをお読みいただいたり、アセンションスペースシューリエのお仕事を通してご縁をいただいたりすることで光をめぐらせあったり、学びあったり、波動を高めあったりすることによって、皆様との間で形成されている、この「アセンションサークル」であると感じています。

☆命主社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」









バックナンバー改訂版

無駄な出来事などない ~守護霊様からのメッセージ~

2020年01月20日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

奈良県吉野郡十津川村に鎮座します玉置神社は、
第十代崇神天皇の時代に王城火防鎮護と悪神退散のため、
創建されたと伝えられていて
平安時代には熊野三山の奥院と称せられ霊場として栄えました。

天然記念物に指定されている樹齢三千年といわれる神代杉があり、
梵鐘、社務所及び台所は、重要文化財となっています。

先日ご紹介しました天河神社のように、
神社が参拝者を選ぶ神社、神様に呼ばれた人だけ行ける神社、
などともいわれるような、なかなかたどり着けない

標高1000mほどある日置山の
山頂近くの秘境に鎮座している神社です。

日置神社に心願成就・良縁・ご開運祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、18世紀の頃、イギリスで男性として転生した守護霊様からのメッセージです。守護霊様は、とある教会の牧師さんをされていた方のようで、それほど大きな教会や組織があったわけではないようですが、小さな村の中で、それなりに心の憩いの場として大切な役割を果たしていたようです。

その住んでいた村自体があまり裕福ではなかったようで、常に貧困と戦っているようなところもあり、物理的にも食料的にも最低限の物を得て暮らしていたようです。それでもこうしてこの地に神の元に生まれ育むことができていることに、最大限の感謝をしていたとのことです。

また、政府の役人が時々色々と無理難題といえるような要求や制限をしてきたようですが、受け入れることは受け入れつつも、確固たる意志で神にとって許せないと判断したことに関しては、命を懸けてでも守り通したとのことです。

いつも夢のような理想的な話をするのが好きで、その理想が現実になることを願い続け、現実化したときに大いに喜び、またそうでないこともあきらめずに願い続け、イメージし続けることが大切であるということも人々に伝えていたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「明日に対して憂いることなく、大いなる理想とそれなりの前向きさと志とを持ってさえいれば、それなりに実生活は充実していくものです。ですから、あまり先々のことを考えすぎても、また過去を振り返りすぎてもしょうがないことであると思い、今日そして明日のことくらいにより強く焦点を合わせて、在り続けるようにするとよいでしょう。

道行く人はどのように見えても、道行く人の評価がどのようなものであっても、あなたはあなたで、あなた自身がそれなりにしっかりと自分の道を歩んでいると自信を持っているのであれば、それがベストな状態といえるわけですから、人からの評判を気にする必要は本来なく、あなた自身が良かれと思う道を、より理想に向かって進むことだけを考えていれば本来はよいのです。

夢に見ることや理想に思うことは、実際にあなたが現実世界でこの先に体験できるとわかっていることばかりのわけですから、それが今すぐに現実化して目の前に出来事に訪れなかったとしても、常に願望を抱き続け、その理想や夢に見たことをより具体的に思い描いて、そこに向かって歩み続けることは大切なことです。

何か目的意識を持って人生を歩むととても強大な力が働き、あなたのそのもとから持つ意志の光エネルギーの強さによってその道は開け、より輝きまっすぐに進むようになっていくのです。逆に意志の力が弱いとなかなか道が開けることがなく、エネルギーも持続しないので、何かをするときには目的意識をしっかり持って、そのあなたの意志の強さを持続するように心がけ努めるとよいでしょう。

明らかにマイナス思考と感じたことは別ですが、一般的にマイナス思考といわれている思考も決して排除したり、避けたりする必要はなく、そのようなことが浮かび上がった時にはまず一旦、それをしっかりと受け止め、受け止めたうえで自分自身においてもまた信頼できる他者に頼ってもいいですから、その受け止めたものを癒し浄化し解決すべきことは解決し、マイナスと思っていたことをプラスに転じることはたとえ難しかったとしても、中立的なことに緩和することで、あなたにとって一つの大きな成長するに至るということなのです。

どのようなことでもいえるわけですが、あなたの目の前に起きていること全ては必然で、それはあなたの魂の成長にとってすべてが必要なことであると理解すると、何事に対しても無駄なことがないことがわかり、よりポジティブに受け止めることができるようになるでしょう。」


☆日置神社に向かって「心願成就・良縁・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」







守護霊様からのメッセージ

日本は大丈夫だから!

2020年01月19日
≪出雲の国の神社めぐり≫

素鵞社(そがのやりしろ)は、
出雲大社御本殿の背後にある聖山の
八雲山の最も近くにあるお社です

出雲大社を参拝した多くの方が訪れる
開運スポットとして知られています。

稲佐の浜の砂を供えて、
素鵞の社の砂をとり持ち帰ると、
清めのお守りになるといわれています。

素鵞社に心願成就・ご開運を祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪日本は大丈夫だから!≫

*以下の内容は、過去にタエヌがフランシスコザビエルとして転生していた高次の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

日本は大丈夫だから。

だから安心してください。


たとえ世界が恐怖におびえて

崩れて行く道を選択したとしても


日本は世界を救い

支えるための役割を担うために在るのですから。


とても小さな土地である日本という国ではありますが

とても波動の高い理想の地でもあります


物質的範囲は小さくても愛が大きい

今からさらに、この日本が世界を支えてリードしていくのです。


もちろん日本でも、そんなリーダー的な存在であるためには

それなりに個人的にも地球的にも葛藤や天変地異などの

高次元の世に向けての浄化現象は起こります。


だって、そうしなければ日本はもとより

地球自体がもたないからです。


地球自体の意思は、

もうとっくに高次元にあるわけでして

低次元のレベルで発するような感情は

何一つ持ち合わせていないわけですから。


でも、人間を中心とした地球上の生物たちには

まだまだそんな低次な感情や行動や波動があるわけですから

早く地球と一体化して高次の宇宙と一体化していくためには


どうしても避けられない急激な変化も

多少は必要になるという宿命があります。


あなたがた日本人であると自覚している者は

おもしろいようにすがすがしく感じるほど

宇宙から護られているのです。


別に人種差別をしているわけではなくて

この言葉に触れていて理解できている

あなた方に伝えているということですので

差別区別ではないことを承知おいてください。


だから、そんな顔をしていないで

もっとはつらつとしてこの世を楽しく生きていってください!


だから、そんな怖い顔や悲しい顔をしないで

もっと自然に自由に生きていってください!


笑顔って、本当に素敵なものだから

無理して表面でつくったものではなくて

心の快を自然に表現した笑顔は


それはそれは輝ける太陽のオーラのごとく

さまざまなものを癒す力があるのです。


あなた方のそんな真の笑顔が多くなればなるほど

それだけで地球と生物とはより一体化することができるのです。


もっともっと自覚してください。

今、この文章に触れることができているみなさん。

みなさんは、本当に、もうすでに高次元の意識に目覚めて、

もう、今後の指導者としての道を歩まれている最中なのです。


もちろん指導者とはいっても、今の世の指導者とは違って

すべてが愛の大きい

謙虚で誠実で真の愛にあふれた

高い波動へと導く波動の指導者であります。


ああ、なんともったいない

この時間をこの機会を


こうして与えてくださった神に対して

この程度のことしか伝えられない我を

どうかお許しください。


でも、こうしてメッセージを伝えることを許してくれた神に感謝して

我が地球の将来に祝福のエールを送ります。


*私はフランシスコ・ザビエルについては、その名前を歴史の学習の中で学生時代に覚えたというくらいしか知識がありませんでした。でも、何かやわらかくてあたたくて優しい素敵なエネルギーのもと、暖かい女性性の愛に包まれた感覚でこのメッセージを書きあげましたが、親近感を感じました。この時に、フランシスコザビエルの意思とこうして触れたことを実感できたのは初めてでしたが、なんともいえない喜びでいっぱいになりました。


☆素鵞社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながらポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

物事は受け入れることから始める ~守護霊様からのメッセージ~

2020年01月18日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて出雲の国の神社めぐり≫

奥出雲町のお隣、安来市広瀬町西比田
に鎮座いたします金屋子(かなやご)神社は、
全国1200社を数える金屋子神社の総本山です。

祭神は金山彦命・金山姫命で
主に鉄にかかわる様々な人々の信仰を集めていて
現在でも製鉄・治金関係者らが数多く参詣しています。

日照りで困っていた播磨の国に、
慈雨をもたらし多くの人を飢餓から救った金屋子神が
シラサギに乗ってこの地の桂の木に降り立ち
他の神々と共に鉄づくりの技術を伝えたとされています。

画像にある金屋子神社に心願成就・ご開運を祈願しつつ
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、14世紀から15世紀にかけて、日本で女性として転生していた守護霊様からのメッセージで、公家に生れ育ったとのことです。

守護霊様とつながった瞬間、淡くて美しい白銀色の光(オーラ)が見えて、そのオーラの中心にどんどん焦点を合わせていくと金色のオーラがあり、さらに焦点を合わせていくとまるで弥勒菩薩様を思わせるような、とても優しく気品の溢れたお顔立ちをした守護霊様である女性のお姿を見せてくれました。

公家の女性としてそれなりにしつけや話し方や身のこなしなども幼いころから教わってきたようですが、元来備わっている身のこなしのしなやかさや気品、そしてとくに美的センス優しさといった芸術性と愛の大きさは、魂本来から備わっている特質といえるものであるようです。

特に何かこだわりのようなものは持たれていなかったようですが、あらゆるものを拒否せずにまずは受け入れ、受け入れたうえで自らが判断し、識別するということを続けていたために、様々なことに対し見識が広がり、在り方に関する奥深さがこの転生においてより深まったとのことです。

美的なセンスを持ち合わせたといっても見た目の美しさというよりは、感じることの趣や味わうことの美しさを重視していたとのことで、五感をフルに使いつつも総合的に感じ取れるその波動やエネルギー的な美しさやポジティブ感を大切にして、良かれと感じるものを自分の周囲に置くようにして心を安らげ、癒されるこの今というこの時を、とても楽しんでいたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「あらゆる物事をまずは受け入れてみて知ることができるわけですから、固定観念で鼻から拒否したり、感情的に嫌いだからといって受け付けないといったようなことは、できるだけ少なくするように努め、まずは心で受け入れ、ほんの少しでもいいから自分自身でそれを体験したりイメージしたり、自分の心で識別したりして実感してから、ものごとの良し悪しや、自分に合うか合わぬか波動やエネルギーかいかなるものであるかといったような識別をするようにすると、世間の判断や評価や基準がどのようなものであったとしても、あなた自身とその物事との気が合うか合わぬか、どこまで必要かどうかなどといったことをしっかりと識別することができるので、すべてのことに関してまずは受け入れることから始めるとよいでしょう。

もちろんその中には、受け入れた次の瞬間に拒否するようなものがあっても良いのです。受け入れるとは、しっかりと受け止めることではないので、瞬時に直感的に判断し、自分に受け付けないと識別したものは、それはそれでもちろん拒否したり制限したりしてよいわけですが、それでもそんな識別をするには、ほんの一瞬でもいったん受け入れる必要があるというわけです。

あまりにもこの世の中は不可思議に思えるようなこともいろいろとあるわけですが、それはあなた自身が元来の魂の位置がとても高いところにあって、もともと高次元の美しい愛の大きな世界で在り続けた経験を持っているからこそ、そのように感じるわけであります。

ただやはり、あなたの魂向上のために、あの美しく気高く愛に満ち溢れた高次元世界から、この地球上という混沌とした重いエネルギーの世界に、魂向上のためにあなたに必要な徳を得るために、そしてあなたが出会うべきご縁を結ぶ人々と出会うために、今この時代にこのように転生してきたわけですから、これはあなたの望んできたことであり、またあなたの魂の向上にとってとても必要なことであるわけです。

ですからこの不可思議と思えるような今の時代のこの世界も、楽しいことや充実したことばかりとは言えないようなこの重さを感じる日常の中のいくつもの出来事も、それはすべて必ずあなたにとって魂向上のために必要なことであり、その糧になる栄養となっているということを根本に思い、耐えるところは耐え、乗り越えるべきことは乗り越えるように努め、それでもやはりあなたは楽しいと思えることや充実していること、そして愛に満ち溢れていることもたくさんありますので、そういったポジティブなことにより強く焦点を合わせ、日々現実的にネガティブに感じるようなことも一つ一つこなしていき、あなたの魂が選んだこの今の人生をより楽しくより充実して過ごすようにしてください。

一度や二度の過ちは誰にでもあるもので、取り返しのつかない過ちなどというものは本来ありません。時間がかかっても、何度輪廻転生を繰り返しても、自らがこれは過ちであると気づき、そしてそれを改めようと努め、愛をもって在り続けていればカルマは必ず解消されていきます。

あなた自身に例えそのように過ちと感じるようなことがあってもなくても、そのことを心に思い、あなたの周りに自分が罪深いと感じるような人や、取り返しのつかないことをしてしまったと思いふさぎ込み落ち込んでいる人を見つけた時には、あなたの大きな愛の癒しのエネルギーによって手を差し伸べサポートし、解消できないカルマなどは絶対にないと、改善するように努めてさえいれば、どんなにネガティブに感じていたことでも必ずそのカルマは解消するんだということを伝え励まし、サポートして癒してあげるようにしてください。」


☆金屋子神社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」







守護霊様からのメッセージ
 | HOME | Next »