05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

目に見えない世界を信じることへの偏見

2018年06月20日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

奈良公園内に鎮座いたします
世界遺産の春日大社は
全国約1000社ある春日神社の総本社です。

社殿と回廊には約1000基の釣燈籠が、
参道両側には約3000基の石燈籠が並び
独特な雰囲気を醸し出しています。

主祭神は春日神ですが、
春日神とは武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神の総称で、
武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使としています。

春日大社にご開運・良縁・心願成就を祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪目に見えない世界を信じることへの偏見≫

見えないけれども実在するものはたくさんあります。触れられぬもの、触れた感触がはっきりとわからないものでも実在するものもたくさんあるのです。見えずとも、触れられずとも、私たちが生きていくうえで影響を及ぼすものは、たくさん在るのです。

このようなことは、当ブログの内容に共感いただける読者様にとっては当然のこととして認識している方がほとんどであると思いますので、何もここで改めて申し上げることもないかとも思います。

見えるものや触れてわかるものは、物理世界に住んでいる私たちにとってはとても認識しやすいものです。コップが目の前においてあれば、それを見た人は多数の人がコップとして認識することで確かめることができます。触れれば、そこにそれが存在することがわかります。物理世界に生活している私たちは、物理的なものは、ごく自然と、ごくあたりまえのこととして捉えています。

しかし、目に見えぬものに関しては、なかなかそういうわけにはいきません。見えないもの、触れられないものなど、五感で認識できないものに関しては、物理的に存在しているという証拠がないと、なかなか認められない人が多くあります。

たとえば、土の中に隠れている木の根は、確かに表面からは土に隠れて見えませんが、土を掘れば根が生えているだろうということが証拠として確認することもできますし、実際に木には根っこがあると知っていれば、想像もついて信じることができるでしょう。

でも、たとえば守護霊様のような霊的存在がいるということは、はっきりとした証拠はないと思っている人はそれなりに多くいるのが事実ですので、見えない、触れられない多数の人にとっては、信じられない存在、というよりも‘存在しないもの’‘怪しいもの’と捉えている人はまだ多くいて、それが発展して‘恐ろしいもの’‘バカげたもの’と捉える人も、まだまだ少なくはありません。

また、ご先祖様の霊や守護霊様は信じていたとしても、宇宙人や地底に住む人というと、とたんに拒絶したり怪しいことと思ったりする人もたくさんにます。

でもどうして、物理的証拠がないと認められないようになってしまったのでしょう?この偏見はいつの頃から強い傾向としてあらわれるようになったのでしょう?それは、明治維新の頃から、はたまた第2次世界大戦の終戦後のことなのです。

昔の人は、もっと見えない世界も信じて敬い崇め、普通に受け入れていたのです。宇宙人とも交流をしている歴史は隠されているものの、本来はたくさんの証拠が残ってもいるのです。

病気にかかり、目には見えないウィルスのせいだと医者に言われても、顕微鏡で見たウィルスの映像を想像しながらそのまま鵜呑みして信じる人が多くいるでしょう。さらに肉体を傷つける注射までも許し、与えられる化学薬品までもそのまま鵜呑みに信じて、医師にいわれるがままに飲み続ける、ということは、別に普通のこととして信頼している人もまだまだ多くいるのが事実です。

でも、気(エネルギー)を送るヒーリングによって病気を癒すといっても、信頼してもらえないことが多いでしょうし、ヒーリングによって改善したといっても、本気で受け止めるような人はまだまだ少ないでしょう。それよりも、手を当てる・手をかざす・・・というだけで、「怪しい」「危ない」というような嫌悪感や「新興宗教団体に入っているのか?」と偏見や疑いをもたれることもあります。

そして、そのような経験を積み重ねていくうちに、霊的存在が見えたり感じたりすることや、見えたり感じたりしなくても、そのような存在を信じるということすら、なにか「いかがわしいことをしている」とか「特別なことをしている・特別な考えを持っている」というような意識になったことがある人も少なくはないでしょう。

それでも、上記のような今の日本の社会における全体的な傾向は、近年になって徐々に薄れてきて、霊的存在や宇宙存在や気や波動といったようなものを認める人が増えてきてはいるものの、まだ多くの人が、そのような見えぬもの、触れられぬものの中でも、物理的といえるようなはっきりとした証拠が、科学者や専門家といわれるような人たちによって、マスコミや教育の場において、正式に発表されたり認めたりしていないことに関しては‘認めない’とか‘信じない’とかという人は、たくさんいることは事実です。

実はこれらのことすべてといってよいほどの多くは、1%支配層によって意図的に「しくまれたこと」「誘導しされてきたこと」「そう思い込まされてきたこと」であります。言い換えれば「洗脳されてきたこと」なのです。

そして、その誘導機関であり、洗脳機関でる主な実行役は、テレビや新聞などの‘マスコミ’と、戦後における‘教育’なのです。さらにそのようなマスコミや教育などの影響を受けた子どもたちが育って親になったために、家庭までもがグルになって、霊的存在、宇宙人、地底人、神を信じること、気(エネルギー)や波動を意識すること、などの、五感で認識しやすいこと以外で立証されていないとされていることや、学校やテレビなどのマスコミで認められていないものは「信じられないもの」「怪しいもの」でると、信じ込ませる役割を果たしていることが往々にして起きているのです。

目に見えぬものも意識している私たち、いわゆるスピリチュアルな世界を信頼している者たちにとっては、物理世界に身を置いてこうして地球上で生きている以上、ごく普通に目に見えるものも当然意識しています。中には目に見えないものに重きを置きすぎてしまい現実逃避ともいえるような人もいるでしょうけれども、多くの人は目に見えるものはわかりやすく現実的なこととして大切にしつつ、目に見えぬぬものも合わせて意識しながら、総合的に広く捉えている人も少なくはないと思います。

ところが、私たちスピリチュアルな世界といわれる五感ではわかりにくいことを意識していたり、神を信じ、仏を信じ、宇宙を信頼していると知るだけで、な~ぜ~か~・・・「怪しい~」「偏見をもっている~」みたいなことを思われたり、言葉に表したりする人がまだまだたくさんいます。

私は、逆に、物理的な物事のみ捉えるようにして、目に見えぬもの、触れられぬものは信じず、宗教は怪しい、神や霊的なものや宇宙人は怪しいなどと、懐疑心や不信を持ち続け、真実を知ろうともしないために誘導や洗脳を受けていることにも気づかず、実際にはこうして全宇宙にあらゆる霊的存在がいるのに否定し続けて知ろうともせず、認めようともしないような頑なに偏見を持ち続けようとすることに問題があると思います。

人がどのように思おうが、何をどう捉えようが、私の知ったことではないし、すべては自分が中心であるわけですから、自分の意識さえしっかりとポジティブに保ち、魂向上のための道を歩むように努めていれば、基本的に良いわけです。

でも、家族や親類、親しい知人、そしてせっかくご縁をいただいたできるだけ多くの人が、より心を開き、より1つになり、よりナチュラルに、より偏見を持たずに視野を広げて、より真実を知り、より軽やかになって、より多くの皆さんと共にアセンションしたいということくらいは、願いとして抱き続けても良いものではないかと私は思っています。

これから少し先の変革の時代を生き抜くには、目に見えぬものも見えるものも、神も仏も、実際に存在するものすべてを受け入れることができるための心の広さやニュートラルさ、柔軟さが必要です。今までは、物理主義のみでうまくやってこられましたが、もうほんの少し先の時代は、それでは生き抜くことは難しくなります。

私は、家族や自分たちの生き方を通して、見識を深め、真実を求め、より柔軟な心で謙虚に在り続けるために、スピリチュアルな世界も物理的な世界もすべてが、宇宙の根源神の創造した別ものではない1つの同じ世界であるわけですから、あらゆることのバランスを意識して、愛と自由と平和と統一を求め続けていきたいと、とある経験をもとに、今、あらためて実感し、学びとして言葉にしてまとめた次第です。


☆春日大社に向かって「開運祈願・良縁・心願成就」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スポンサーサイト
バックナンバー改訂版

感情をしっかりと味わってください ~守護霊様からのメッセージ~

2018年06月19日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

籠神社(このじんじゃ)は、京都府宮津市大垣に鎮座する神社で
丹後の国の一ノ宮です。

日本三景の1つである京都の天橋立にある籠神社は、
古い元伊勢の地として知られています。

籠神社を代々守り繋いでいるのが海部(あまべ)家の宮司ですが、
現在で82代目になり、その系図は日本最古のものであるといわれています。

祖神である「天火明命(アメノホアカリノミコト)」は、
今の天皇家の祖神にもあたる「邇邇芸命(ニニギノミコト)」の兄であり、
そういった意味では天皇家とは親戚関係にあるような家系であって、
日本の神社の中でも特別で格式高い神社となります。

籠神社に心願成就・ご開運祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀から18世紀の頃にかけて、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様は書道家としてかなり名の知れている方のようですが、書道に加えて水墨画を描いたり俳句を詠んだりすることも優れていたようで、その書道と絵と俳句を合わせた作品が特に評判が高かったようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「やるせない気持ちになった時は、自分の気持ちを打ち消そうとしたり捨て去ろうとしたりせず、その湧き上がってくるやるせないと感じるような気持ちとそのまま向き合うようにしてください。同じようにネガティブに感じる気持ち、感情、思考も、まずはしっかりと自分の中に湧き上がったものを素直に認識して味わってあげてください。

一通り味わったならば、そのままでいるとネガティブなまま心にしまい込み、いずれまた表面にあらわれてくるので、あなたの元来持っている癒しの力がここで必要になります。あなたは人に優しくしたり親切にしたりするような大きな愛を向けるように、あなたはあなた自身にももっと大きな愛を向けて癒してあげてください。癒すとは心を平穏にすること、安らぎを与えること、そしてバランスを整え調和を保つことも含まれます。

ネガティブな思考や感情を抑え込もうとしたり捨て去ろうとしたりしても、それが内側に溜まり溜まって、いずれは外側に爆発するような形で出てしまいます。もうそれはあなたの経験上、十分承知をしていることだと思います。そんな経験からも、今申し上げた通り、しっかりとどんな感情でもどんな思考でもまず受け止めて、そして癒すべきものはあなたなりにあなた自身に愛を向け感謝に変えたり、許しに変えたり、安心に変えたりして、過去のものを学びや善き経験として捉え、今、そしてこの先の未来に向けて生かすようにしてください。

あなたの過去の経験で、失敗したと感じたことは二度と繰り返さないよう意識し、素晴らしいと感じたことは更によリポジティブに感じるように光を当て、これまでの経験や学びに無駄なものは何一つなく、すべてはあなたの魂成長のために糧となっていますので、今一度それを改めて意識して、今そしてこの先に生かすようにしてください。

言葉の遊びも絵も真剣に取り組み過ぎると、それは時には息苦しいものになったり、追いつめられるようなものになったりと、その人の気の持ち方で、精神を圧迫するようなネガティブなものになることもあります。特に締め切りや、しなければならないという焦りなど自分で制限を作ってしまうと、よりネガティブになりやすくなります。

俳句は単なる言葉遊びで、書道は文字に親しみ楽しんで書くもの、水彩画はお絵かきをするだけのことで、実際は幼い子どもたちもそういった表現方法を覚えれば、だれでも自由気ままに遊び心満載でわくわくに応じて楽しんで行うものです。それを大人になるにつれて何らかの制限やプレッシャーをかけることにより、楽しく軽やかでナチュラルなものを、あえて難しく息苦しく重いものにしてしまっているのです。

あなたにもそのようなことが思い浮かべるとたくさんあるはずですので、そんな事に気がついたら徐々に解放してあげて、あなたをもっともっとナチュラルで自由な生き方に道を修正することが、今からこの先に魂を向上させるためには必要なこととなるでしょう。

あなた自身があなたをもっと許し、あなたに感謝し、あなたを開放し、あなた自身に優しくより大きな愛を向けるようになるにつれて、あなたの家族や周囲の人との関係も違ってくるはずです。」


☆籠神社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」





守護霊様からのメッセージ

ヒーリングを受ける人&ヒーラーの心得

2018年06月18日
≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

昨日は、広島県福山市に鎮座いたします
備後の国一ノ宮の吉備津神社で参拝してきました。

吉備津神社は、806年に創建されたと伝えられていますけれども、
文献で確認できるのは1148年以降のようでありますが、

いずれにしても古くから鎮座されていて
地元では「一宮さん(いっきゅうさん)」と人々に親しまれ
広く信仰されているようです。

出雲の国ともいろいろと関係している神社で、
主祭神は主祭神 大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
備後開拓の神様として、また、開運招福・厄除け
交通安全・長寿の神様として、崇拝されています。

吉備津神社に心願成就・ご開運・交通安全・長寿祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪ヒーリングを受ける人&ヒーラーの心得≫

アセンションスペースシューリエのHPより、
これまでに何度かご依頼を頂いていたMさんから、

1週間の遠隔スピリチュアルヒーリングの
お申し込みを頂きました。

そして、1週間のヒーリングを行い
終了した旨をお知らせするメールを送った後に、
ご丁寧にご返信いただきましたが、

ご返信いただいたメールを読ませていただき、
私も妻もとても感激しましたし、
素晴らしい学びにもなりましたので、

当ブログでぜひ紹介させていただき、
多くのみなさんとシェアしたいと
心からわくわくしました。

そこでメールをいただいたMさんにお願いしたところ、
すぐに返答を頂きご快諾いただけましたので、
以下に紹介させていただきます。
(2年ほど前の内容です)

Mさんからいただいたメールの中には、

ヒーリングを依頼する人と、

ヒーリングを受ける人と、

ヒーリングを行う人との、

それぞれの立場のすべての人の、
根本的な心構えとか留意点とかといったような
とても大切にすべき心得であると感じられる内容が

わかりやすく端的なお言葉で凝縮して表現されていて、
素敵な気づきや学びを与えていただいたと感じました。

遠隔ヒーリングのご依頼を受けた時点では、
1歳の息子さんが肺炎のために
入院されている最中とのこと。

母として幼い息子さんのために無償の愛の中で
ご本人の代理でご依頼をされましたので、
快くご依頼をお受けしまして、
尽力させていただきました。

また、ヒーリングをご依頼を頂いた際のメールの中に、

「息子は今肺炎で入院しているのですが、
ヒーリングによって自己治癒力が高まり、
健康を取り戻す助けになっていただけたらいいなと思っています。」

と書かれていましたが、
大変なご状況ではあありますが
ヒーリングを依頼する動機や心構えは
素晴らしいと、私は感じていました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ様

1週間息子のためにヒーリングしてくださりありがとうございました。

2回ヒーリングしていただいたところで
グンと体調がよくなり、

その後はみるみる元気になって
おかげさまで先週土曜に退院することができました!

とりあえず今週1週間は自宅療養ですが、
もう元気に飛び跳ねています。

当初5日~1週間で退院できると言われておりましたが、
1週間たっても退院どころか体調はほとんど好転していませんでした。

また私自身も何度も何度も息子にレイキをかけていましたが、
効果があらわれず、とても焦っていました。

実は入院する前から、
すでに具合の悪かった時点でタエヌ様に
ヒーリングお願いしようかと迷っていたのですが、

もしヒーリングしてもらっても治らなかったら…、
と思うと怖くて(最終手段をなくしてしまうようで怖かった)
なかなかご連絡できずに一人で悶々としておりました。

でもあるときふっと

「病気を治すのは医者でも、タエヌ様でも、
もちろん私でもなく、息子自身なんだ。

医者もタエヌ様も私も、
それぞれ手助けすることはできるけれども、
最終的に病気を治すのは息子自身。

息子は息子のペースで治しているのだから、
息子のその治癒力を信じていればいいんだ」

と気がつきました。

そこでようやく肩の力が抜け、
同時にタエヌ様に「治してもらう」のではなく、
「力になってもらおう」と考えることができ、
今回ヒーリングをお願いした次第です。

実際はヒーリングをやってもらったら治っちゃいました、笑。

本当にありがとうございました。
atumi様にもお礼をお伝えください。
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。

Mより

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜

Mさんのように
息子さんの自然治癒力を信頼し、
親としてもよりポジティブな意識を向け

ヒーラーに「治してもらう」というような
強い依存心を抱くのではなくて、

ヒーラーにヒーリングを依頼する際に
「力になってもらおう」という感じの気持ちで

ヒーラーを信頼して
ほどよく依存するような意識でいることは
とても大切なことであると思います。

また、ヒーラーも同様に、
‘自分が治してあげる’というような意識を
強く抱いてヒーリングを行うよりも、

ヒーリングを受ける人が
よりポジティブな状況に至るために
‘サポートをする’というような意識も抱き

より純粋な愛の気持ちを向けてヒーリングを行い
エネルギーを与えたり浄化したりすることによって
少しでもいいからお役にたてるよう願い

何かを感じたのか否かとか
どのように感じたのかとか

効果があったのか否かとか
どこまで改善できたのかといったような
経過や結果を必要以上にこだわり過ぎずに

自分なりに精いっぱいの尽力をすることが
とても大切なことであると思います。


☆吉備津神社に向かって「心願成就・開運祈願・交通安全・長寿祈願」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」


バックナンバー改訂版

水の癒し ~守護霊様からのメッセージ~

2018年06月17日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

諏訪大社は日本全国25,000社ある
諏訪神社の総本社でもあり
信濃国の一ノ宮でもあります。

長野県中央の諏訪湖を挟んで、
二社四宮の境内がありますが、
上社 の本宮と前宮、下社の 秋宮と春宮の、
諏訪湖周辺4か所に鎮座する神社です。

諏訪大社の特徴は、本殿と呼ばれる建物がなく、
秋宮は一位の木を、春宮は杉の木を御神木とし、
上社は御山を御神体としていて
古代の諏訪大社には社殿がなかったとも言われています。

諏訪大社に心願成就・ご開運祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、16世紀の頃、中国で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様とつながった時に見せてくれた映像は、滝の裏側にある洞窟のような薄暗い所で、あぐら座で瞑想している守護霊様のお姿です。

滝の水の音が聞こえてくる中、その音が耳の中から消えて静かに感じるようになった時に、ふと自分の体から浮き上がる感覚になり、そしてその後は意の向くままにこの世界を浮遊し、高次元領域に行って桃源郷のような世界を見たり、光り輝く人の話を聞いたりすることができたとのことです。

守護霊様は、このように深い瞑想をすることによって高次元に魂で旅行し、そこで得た様々な啓示や、この先の予知やこの先に訪れるだろう地球の未来の姿などを知ることで、自らの叡智や悟りも開いていましたが、それらことに聞く耳を持つより多くの人々に伝えることが自分の使命に感じて、時々こうして瞑想をして得たことを縁ある人々に伝えていたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「川のせせらぎの音、大きな滝の響き渡るような音、小さな滝の雨粒がしたたれ落ちるような優しい音など、水の音から発されるこの軽い波動は、人の心を癒し優しく温かい気持ちにさせてくれるものです。あなたにとって、水はとても大切なものであるわけですから、人一倍、より体にとって良いと感じる水を摂取するように努めるとよいです。

ただ水を多めに飲むだけで、そしてその水がより波動の高い、より純粋な自然の育んだきれいな水であれば、あなたの心身はより浄化され、どのような食べ物でお腹が満たされても、そして栄養が摂取できても、この良い水から与えられる栄養とエネルギーは、今のあなたがよりポジティブになるためには、助けになってくれます。

より良い水をとることはあなたにとっては助けになってくれるものです。そして水を飲む、摂取するという事ばかりではなく、清らかな水の流れる音を聞くだけでも、その波動はあなたの波動を和らげ癒し高めてくれるのです。

自然の川や海や滝の水が流れる音を聞くのがもちろん理想的ではありますが、それが難しかったら何かの映像でもよいですし、録音した音でもよいですし、人工的に作り上げた水の流れる音でもよいです。心がめげた時、苦しい時、辛い時などのネガティブな感情が強い時には、この水を飲むことや水の音を聞く事、水を見て触れる事、そんなことをするだけで、癒しの効果を得られることでしょう。

人はそれぞれ今の世に転生するにあたって、魂の時に、この転生する自分自身の人生の青写真をある程度描いて生まれてくるものです。あなたの描いた青写真は、本来はそれほど厳しいものではなく、あなたの魂を向上させるために自らが選んだそれなりに幸せに生きられるものなのです。そしてあなたはその自らが選んだ青写真に沿った道を歩んでいるわけですし、今もなお、あなたが決めた人生の青写真を着々と歩み続けているのです。

ただし、あなたの一つ一つの感情の表出や、あなた自身に対してもあなた以外に対しても行ってきた行動や与えてきた言葉などの選択が、あまりポジティブでないと感じられるようなことがそれなりにあり、それを悔やんではいてもすぐさま改善しようとするとか、後になって気付いてもその気付いたことをあえて持ち出して改善しようとしたりするとかといった、反省しそれを改善するための努力というものを少しばかり怠ってしまうことがあったために、それがカルマとなってあなたにとって厳しいと感じるような現実を招いてしまっているのです。

でも安心してください。先ほど言いましたように、あなたは自分で予定した人生の青写真を今、順調に歩んでいるのです。あなたは自分自身の魂の向上のために、この道を歩むことを選択してきましたし、この先もあなたなりの一生懸命生きることで魂はますます向上していくのです。その示準となるのは、今、あなたはここにこうして存在していることであり、今生きているだけで、それだけで十分と言えるのです。」


☆諏訪大社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


✿現在、4月の月末の大祓いのご依頼を承っています。4月30日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」






守護霊様からのメッセージ

お金を必要としない世界への移行について

2018年06月16日
≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

奈良県橿原市に鎮座します橿原神宮は、
初代天皇であると伝えられる神武(じんむ)天皇が、
橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき、
明治23年に建てられました。

御祭神は神武天皇とその皇后の
媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)です。

大和三山の畝傍山を背景に両脇に長い廻廊を連ねた内拝殿があり、
ご本殿は京都御所の賢所(かしこどころ)を移築したもので、
ご本殿と文華殿は重要文化財に指定されています。

橿原神宮に心願成就・ご開運・無病息災を祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


私の書き下ろした内容をもとに、kokoro centuryさんが作ってくださったナレーション付き動画メッセージです。



≪お金を必要としない世界への移行について≫

‘お金を必要としない世界’は必ず訪れます。そしてそのような世界が訪れるのは‘黄金時代’と高次元のみなさんが称しているような、地球上の世の中が完全に高次元世界の波動に見合った世界になる前である、今から約20年先(2037年〰2039年頃)までの間の近い将来には、今のような形でお金が必要とはされない、お金の価値観がまったく違う世界に至ることが予測されています。

今のようにお金の価値観がとても高くて必要とされるような世界であるかぎり、たとえアセンションして波動域が高次元領域に至っていたとしても、我々が暮らしている物理世界においては、その波動に見合った高次元世界に至ることは不可能といえるのです。

今、2012年末の時が過ぎ、アセンションのポータルが開き、地球の波動・エネルギーが高次元の状況に至り、世の中の状況も私たちの肉体もすべての物理的なものも、その波動・エネルギーの影響を受けて、徐々に変化し続けているのは事実でして、世の中の状況の変化の中で一般的に多くの人にわかるような形であらわれていることもありますが、多くのことが、私たちの気づきにくいところや、あえてマスコミに報じられないで隠されているところでは、今、徐々にそして所によっては大きく動いて変革しているのです。

宇宙すべてにおいて普遍なものは「変化」をすることです。そしてその変化をすることは、急激に起きるよりも、段階を経て徐々に変化した方が、よりポジティブである場合が多いのです。特に‘人の意識や感情’に関わることは、まだネガティブな要素も多分にある3次元世界に存在している我々地球人類にとっては、急激に変化するよりも、徐々に変化した方が、多くの人にとってポジティブに対応しやすいのです。

ですから、いきなり世の中の体制が急激に大きく変わって‘お金を必要としない世界’が、たとえば高次元の宇宙のみなさんの手によって強引に作られることは望ましくなく、またそのようなことは、高次元世界に存在している方が選択するわけもありません。そもそも、宇宙の根源である神が、地球人類の自由意思を侵害して過干渉してまでもそのようなことをすることは、決して許すことではないのです。地球上のことは、地球上に住む私たち地球人類の自由意思が、宇宙のすべてにおいて最優先で最も尊重されるのです。

お金が必要だと大勢の人々が思って信じ続けていれば、そのような現実世界が作り出されて続いていくのです。あらゆる戦争だって、すべてがそこに携わる人の意思によって行われてきました。たとえ闇の人たちや政府や宗教などによって操られていたり洗脳されたりしていても、結果的にはすべてが地球人類個々の、そこに参加している人たちの意思によって行われて作り出されたりしてきたのです。

ですから、より多くの人たちが平和を望めば平和な世界が作られるのです。お金が必要のない世界にしたいと願えば、お金が今のように価値観が高くて必要とされない世界が作れるのです。必要な物と物とを交換しあったり、土地や物を共有しあったりすれば、お金が無くても最低限に必要な物は手にすることができるのです。必要な知識も技術も交換しあったり、人それぞれが特技として持ち合わせていることや、やりたいと感じるようなわくわく感じたりすることを、自分のために人のために世の中のために活用すれば、それですべてが調和され必要が満たされるように成っているのです。

宇宙の根源神は、そのようにすべてが調和されるように地球人類として転生する人を調整してくれているのです。すべての人が自分らしく、個性を発揮して、自分自身の自由意思に即して在り続けて、愛に基づいて生きていれば、地球上の人々は必要に満たされて調和されるように図ってくれているのです。家を設計することも家を作る事も、衣服をデザインすることも作る事も、食となる物を田畑などで作ることも調理することも、知識を持つ人も与える人も、自分の得意とすることややりたいと感じたことを、自分のため世のため人のために行い、自分のできないことや得たいものややってほしいことを他の人に施してサポートしあうようになれば、世のすべては必要に満たされ、争う必要も奪い合う必要もなく、平和に調和され統一された自由な世界を作り上げることができるのです。

ですから、ひとりひとりがお金のない、奪い合う事もなく、戦争もない、平和を願うことはとても大切なことなのです。地球人類個々の意識がより愛に満ちて、より平和を願い、より高まることがとても重要なことなのです。地球上のこの現実世界である物理世界は、すべてが人の意識によって作り出された世界なのです。本来は、人の意識によって、強く願うことによって、どのような世界でも作り出すことができるのです。

今、地球上では、地球人類全体の意識は、徐々に、そしてここ数百年と比較すれば急速に高まっているのが事実です。数百年前には「愛」「平和」というような言葉が、今のようにごく普通に多くの人によって語られ使われてはいなかったのです。地球人類全体の集合意識は、徐々に、かつ特にここ1,2年では急速に高まり、愛がより大きくめぐっているのが事実なのです。

冒頭で述べましたように、今のような世界に共通している貨幣経済は必要なくなります。どんなに遅くとも、2037年~2039年頃までには迎えられることが予測されている黄金時代と呼ばれる高次元世界が現実世界になる頃までには、‘お金の必要とされない平和な世界’は実現されます。でも、今すぐにそのような世界が実現するのは不可能なのです。なぜなら、まだ、今の時点では私たち地球人類の多くの人の意識が‘お金が必要で価値観が高い’という固定観念に捉われすぎているからなのです。

実際に足元であるこの日本の現実社会を生きていくには、最低限のお金は必要です。たとえば我が家では、家賃(5万円)や光熱費や子どもの学校にかかる費用(2人で毎月平均約30,000円)や食費などや国保税(6人で毎月約52,000円)や住民税や車税などの税金を支払うには、ひと月に最低でも平均約35万円は必要となります。ですから、そのお金を稼ぐ必要があり、得たお金をうまく調整して活用する必要もあります。

「足は大地に。理想は高く。心には愛を。」という私の大好きな宇宙人アミのお母さんの言葉にもあるように、足は大地にしっかりとつけること、つまり足元である今の現実をしっかりと捉えてよりポジティブに在り続けることはとても大事な事ですので、それは十分承知して私なりに尽力しています。でも、常に理想は高くもち続けています。そして、常に根本にあり強く願っている理想は「よりスムーズにより早く地球上が黄金時代を迎える事」です。お金を必用としない平和な世界が実現するには、この地球人類の意識がより高まり、より多くの人がそのような世界を迎えることを願う気持ちをより強く抱いてめぐらせることが大切でなのす。

地球の波動・エネルギーが高次元領域に入って、黄金時代のポータルが開き入り口に差し掛かった2012年末がすぎてからのここ数年間、実際に私たちの多くの人が目にすることがない、マスコミから隠されているような世の中の根本のところでは、多くのことが黄金時代に向けて変革されるために動いています。このへんの情報は、まだ闇の存在の影響力が強いテレビや新聞といったマスコミではまったくというほど報じられていませんが、インターネットや書物ではそれなりに真実の情報が流されています。

そういった真実の情報と私が識別したものや、高次元の皆さんの伝えてくるチャネリング情報などによると、近いうちに、世の中の貨幣経済は変わり、貴金属を裏づけとした準金本位制に戻す、つまり、 金、銀、プラチナ、貴金属に裏打ちした新しい通貨が発行され、今のような貧富の差をなくすために、いったん世界の富を平等に再分配されるということになりそうです。その時期が、はっきりといつになるのかはわかりませんが、そのような仕事に携わってくれている皆さんがしてくれている準備は着々と進んでいるようですし、私たち地球人類の意識も全体的にはより高まってきているので、近いうちに実現するものと予測されています。でも、近いうちとはいっても、明らかにそのような動きがだれにでも分かるようになるのが1週間後になるのか、はたまた5年後や10年後になるのかは分かりませんが、そのような富の再分配された物理的にすべての人が必要最低限に満たされる世の中になることを信じ、強く望み続けることを私は続けていきます。

そして、富が再分配され、貨幣経済がより公平に成り立てば、お金に対する価値観も多くの人の意識の中で変わっていくでしょう。多くの人が必要十分のお金が分配されれば、より自分のわくわく感に基づいた生活をするようになるでしょうし、より意識も平穏になり、生活全般に余裕ができるようになることでより自分らしい生き方を選択する人が増えることでしょう。だからといって、すべての人が必要なお金が分配されることでそのような生活や意識の変化があるわけではなく、中には意識がほとんど変わらず、お金をより多く貯蓄しようとする人も、奪おうとする人、より多くの収入を得ようとし続ける人、過度な贅沢をし続けようとする人もいることでしょう。

宇宙の普遍なことである変化が、人の意識や感情に絡むものは特に、徐々に移行した方がよりポジティブなことが多いのです。また、意識の高まりや徳の積み重ねなどの魂の向上は、経験を重ね、愛をめぐらせながら、徐々になされていくものなのです。ですから、世の中が変化したからといっても、その世界をどのように捉えるのか、その中でどのような事を選択するのかによって、その個々の状況次第で、地球人類個々の現実世界の捉え方は違ってくるわけですが、今こうしている間でも、少しずつ、できることから意識を変革していき、より多くの愛をめぐらせながら、徳を積んだりわくわくに基づいたことを選択したりして徐々に波動を高めることは、とても大切なことなのです。

世の中がこのようにポジティブに変化しても、人の意識がそのポジティブさに対応し流れに乗ってより高まっていかなければ、流れに乗ってより高まっている人とそうでない人との間には、大きな波動の高低の差が生じてしまうのです。ですから、この黄金時代の世の流れを作るのも、その流れに乗るのも、今すぐにでもこの瞬間瞬間を、意識をより高めるように努めていく必要があるのです。そして、たとえ世の中の集合意識が高まり、黄金時代に向けて大きく変革しても、その人の意識がその流れに乗ることができなければ、平和や自由や統一された世界は、その個人の中には訪れないのです。

地球上の世界の富が分配され、そのポジティブな流れに乗って実生活を送っていれば、地球全体の黄金時代に向かってより高まっている波動・エネルギーの状況と合うために、より一層、肉体はクリスタルボディーへと変化する準備が進められ、意識もさらに高次元意識に近づき、ネガティブな要素のある意識が徐々に薄れていくでしょう。そして、貨幣をもととして成り立っていた社会も貨幣が徐々に必要とされなくなっていき、やがては物々交換をしたり技術や知識の交換をしたりするなど、必用な物を必要なだけ分け与え分け与えられる世界、施し施される世界が成り立っていくでしょう。

こういった流れの中で、気がつけばお金は必要がなくなり、一部の人々の間ではそのアイディアは使われ続けたとしても、もはや価値観も社会全体の影響力もほとんどなくなるでしょう。そして、一部の人の必要性や楽しむためのものとして活用されるにとどまるでしょう。


☆橿原神宮に向かって「心願成就・開運祈願・無病息災」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

経験したことすべてに感謝  ~守護霊様からのメッセージ~ 

2018年06月15日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

宮崎県の高千穂町にある天安河原(あまのやすがわら)は、
御祭神が思兼神(おもいかねのかみ) と八百萬神(やおよろずのかみ)で
パワースポットとして知られています。

天照大神が岩戸にお隠れになった際に、
天地暗黒となり八百万の神々がこの河原に集まり
相談をしたと伝えられる大洞窟です。

以前は社のみがあり信仰の対象となっていたが、
50年ほど前から祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになり
現在ではたくさんの積まれた石が天安河原の神秘的な雰囲気を醸し出しています。

天安河原に心願成就・ご開運祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、15世紀から16世紀にかけて、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、白銀色に輝くオーラに包まれて、最初は女性に見えるほど、やわらかくて美しく優しい雰囲気やエネルギーに溢れる方で、まるで観音様のような弥勒菩薩様のようなおっとりとしたお顔立ちで合掌していらっしゃるお姿です。この方は、由緒あるお寺様のご住職をされていたようで、仏教を深く信仰されていた方です。守護霊様は男性でありながら、女性性の美しさや美的センスや優しさや芯の強さといったものも大きく持ち合わせていて、男性性と女性性がまさに統合したような方だったようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「太陽からいただく陽のエネルギーは本当に素晴らしいもので、心の奥底から癒し温めてくれて活力を与えてくれます。特に、心が塞くなりそうになった時や疲れた時、もやもやして内に閉じこもりそうになった時には、朝の日の光をただただ浴びるだけで癒しとなり活力となるものです。

過去の経験はすべてがあなたにとって必要で、今のこのあなた自身の成長したこの姿に、その過去の経験や学びがすべて反映されていて今のあなたがあるわけですから、やはり過去のどのような経験も感謝すべきことであり、あなたの選んだ素晴らしい必然の学びの経験でもあるのです。夢のように過ぎ去った過去を追いすぎて、過去のしがらみに捕らわれてネガティブな渦中にある自分に気付いたとき、そんなふうに捉えるようにしてみてください。

人に対する許しの気持ちと同じくらい、あなたがあなた自身を許す気持ちを大きく抱くことも必要で、あなたはそれほど実際にはネガティブな要素が無かったとしても、あなた自身があなたを許さずにいるネガティブな思いが膨らんでしまうことがありますが、そんな時は人を許すように、あなた自身をもっと許してあげてもよい時もあります。

自分に厳しくすることももちろん必要ではありますが、あまり厳しすぎるとそれはそれで自分内の不調和を起こすことがありますので、何もかも厳格にあった方が良いという訳ではなく、そんなに重要ではないと感じる事に対しては、もっとゆるくしてよいと自分を許すことも必要でしょう。

今この世に存在しているあなたには明日の希望があり、またその先々の希望もあるわけですから、生きていることは本当に素晴らしい事なのです。この肉体を持って今こうして今この地球上に存在しているわけですから、いつこの肉体から離れるとか、この肉体に何か欠陥があるとかそういったことを気にしすぎて焦点を合わせるよりも、この麗しき肉体を持ち合わせて今ここに生き続けているというだけでもとても奇跡的であり、有難いことであり、神様仏様のご加護を強く受け生きているという多大なる感謝をすべきことでもあるわけです。」


☆天安河原に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」






守護霊様からのメッセージ

個人的な問題の解決「人格を変える」

2018年06月14日
≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

昨日は、広島県福山市に鎮座いたします
備後の国一ノ宮の吉備津神社で参拝してきました。

吉備津神社は、806年に創建されたと伝えられていますけれども、
文献で確認できるのは1148年以降のようでありますが、

いずれにしても古くから鎮座されていて
地元では「一宮さん(いっきゅうさん)」と人々に親しまれ
広く信仰されているようです。

出雲の国ともいろいろと関係している神社で、
主祭神は主祭神 大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
備後開拓の神様として、また、開運招福・厄除け
交通安全・長寿の神様として、崇拝されています。

吉備津神社に心願成就・ご開運・交通安全・長寿祈願
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓


≪個人的な問題の解決「人格を変える」≫

今、この2018年の夏至を間もなく迎えようとしているこの変革期の中、
個人の周波数を高めること・波動を高めることは、
とっても重要で、かつ急務ともいえる状況になっています。

この夏至の変革期をどのように通り過ぎるのかによって、
これまで以上に2つの道へと、よりはっきりと
その進路が分かれていく結果が生じるからです。

それは各個人個人の2つに分かれる道の分岐点ともいえますし、
皆さん個々が経験する未来の地球の進む道の分岐点ともいえるのです。

そんな変革期といえる、このエネルギーの急増して
世の流れが急加速しているこの時期に、
私たちは岐路にさしかかっているといえるのです。

「私たち地球人類個々の波動を高めることが急務」
とはいっても、波動を高めるためには
たくさんの方法があり、留意すべきことも様々です。

その中でも、今回は「人の性格・人格」について
以下に述べてみたいと思います。


ちょっとしたことでイライラしている自分の状態に気づいた時
「私はもともと短気だからしかたないの。」
と、ネガティブさを放置してしまう人がいます。

無責任でいい加減なことをしてしまったと気づいた時
「私はズボラなところがあるからしかたないの。」
と、やはりあまり反省しない人もいます。

自分自身の繰り返し起きているネガティブな要素の多いこと、
つまり「改善すべき問題」にせっかく気づいたのに、
自分自身の性格とか人格とかのせいにして
反省を怠り、放置してしまう人がいます。

このようなネガティブな要素の多いことを問題として捉えず
反省しようとしたり改善しようとしたりせずに放置すると

また同じような場面になった時に
その感情や思考が繰り返し表出するでしょう。

ですからそのような人は自分の性格・人格に縛られてしまい、
またそれを言い訳のようにしてしまうために、
波動は下がってしまうことを自ら選択してしまっているのです。

逆に、そんな自分自身のネガティブな要素に気づき
それを「改善すべき問題」として認めることができれば、
その問題を解決するように努めるでしょうし、

すぐには難しくても、経験を重ねるごとに改善されていき
同じような場面に遭遇してもイライラすることもなく
適度にこなすことができるようになるでしょう。

私たちの波動やDNAは、
銀河のセントラルサン(アルシオネ)の光子の影響を受けて
今、大きく変容している時期を迎えています。

ですから、過去の自分よりも毎瞬毎瞬、
様々なエネルギーがダウンロードされ更新されていて
新しい自分自身に生まれ変わり続けているのです。

このような流れを利用して、
ネガティブに感じている自分自身の性格・人格が表出した時、

そのネガティブさをポジティブに変換しようという強い意志さえあれば
自分自身の意志に応じて「なりたい自分・理想の自分」へと
これまで以上に簡単に変化させることができるのです。

それには、まず、自分自身で
ネガティブに感じる面が表出した時に見逃さずに捉えて
「改善すべき問題」としてしっかりと認識する必要があるのです。

そしてそれを厳粛に受け止めて
厳格になって反省し改善するように努めるべきなのです。
問題は必ず解決できるのです

そして、問題を解決するためには、
まずは問題意識を持つことが必要になるということです。


☆吉備津神社に向かって「心願成就・開運祈願・交通安全・長寿祈願」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」


バックナンバー改訂版

千里の道も一歩から ~守護霊様からのメッセージ~

2018年06月13日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

厳島神社は、広島県廿日市市の宮島に鎮座していて、
安芸国一宮であり、全国約500社ある厳島神社の総本社でもあります。

御神祭は「宗像三女神」と総称される3柱で
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)です。

社伝では、推古天皇元年(593年)に
市杵島姫命を祀る社殿を創建したことに始まるとされ、

「イツクシマ」という社名も
「イチキシマ」が転じたものとする説があります。

原始宗教のなごりで、
島全体が神の島として崇められていたために、
陸地では畏れ多いということで
潮の満ち引きするところに社が建てられたようです。

厳島神社に心願成就・良縁・ご開運祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、18世紀の頃、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。身分は中流階級の武士で、藩侯に忠実に従って藩のために、様々なことに尽力していたとのことです。そして、次に大切にしていたのは、家族という小さなお城だったとのことで、家族の藩主である自分がしっかりしていないと、慕ってくれる妻や子どもたちや下働きの人たちも安心して生活することができないし、身につけるべき様々な事柄もおろそかになってしまうと常に考えていたとのことです。ですから、武士として必要最低限なしつけや習慣を完ぺきにこなすことはもちろんのこと、常に修養を心掛け、自分にできる様々な精神的な修養を行ったとのことです。

中でも力を入れたのは禅をくむことで、その瞑想中に自らの改善すべき心の在り方や反省すべき事柄が浮かんでくることがよくあり、その都度しっかりと向き合って心の中の調整をしたり、その後の行動や生活習慣の中で改善したりして、自らの欠点をより早く習慣にして改善するように努めていたとのことです。

また、人に対して謙虚でありながらも、常に自分の意思をしっかりと持ち、男として武士として常に芯は強くあり続けるように努めつつも、言葉遣いや表面的なところで威張り散らすよりも、誠実さや謙虚さを大事にしていたので、周囲からは穏やかな人格であると、よく言われたとのことでした。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「質実剛健という言葉をあなたに捧げます。あなたの本質は、この言葉の通りで飾り気がなく、誠実で真面目な方で、女性性特有の強さを持ち、とてもたくましい魂の持ち主であります。

そして、これまでの魂の様々な学びから、それなりに大きな愛の光を抱いているにあたり、あなたの持つ愛の大きさからくる謙虚さや優しさや感謝の気持ちや慈しみは、それがあなたから発する大いなる愛の光となって人を癒す、とても強大な光を持ち合わせているのです。

ただし、あなたが今世を生きているうちに、この3次元世界特有の様々な低い波動の影響を受け、様々な世間の荒波にもまれているうちに、その謙虚さや優しさが少し変換してしまい、心の弱さや自信のなさ、ごく控えめでありすぎたり、自分の持つこの強大な愛の光の癒しに自信が持てなかったりしてしまっているのです。

どうぞ本来のご自身の力を、大いに信頼してください!そして、あなた自身が自分自身への信頼と自信を取り戻し、これまでに過去世で何度かその強い光を大いに生かして生きてきたように、人を癒したり人のために尽くしたりしつつも、自分自身がとても幸せであると自覚するような人生を送れるように努め、とても前向きに自分の意思で自分の道を歩んでいると、堂々と言えるような、そんな在り方をあらためて目指すようしてください。

‘千里の道も一歩から’という言葉がありますが、ある日突然、人に対して大いなる癒しができるようになるわけでなく、人をヒーリングしリーディングしたりチャネリングしたりすることが突然できるようになるわけではありません。

目の前の事に尽力し、目の前の人や物事に対して愛を反映することによって、こつこつと積み重ねた経験により、あなた自身が少しずつあなたらしさを発揮するにあたってできるようになることで、そして実際に、あなたはもうすでに人を癒し、元気にして、より波動を高めてより幸せになるためのサポートを実際にしているのです。

ただ、それをあなたは自分に自信が持てない分そう感じることが乏しく、自覚をしていないだけであって、あなたの愛の光はもうすでに多大なる影響を及ぼしているのです。

それでもあなたは、それをあまり感じられず、もっともっと自分自身の光を輝かせ、生かしたいと思うというのはなぜかというと、それはあなた自身が自分の本当の力に目覚めておらず、自分の愛に自信を持ち、自分自身をもっと信頼して愛することが、まだそれほどできているといえる状態ではないことからです。

人はこうなりたいと願うことやイメージすることは、必ず順調に波動を高めていけばその願いは叶うことであります。特にそれが、世のため人のためになることで、より愛を必要にすることでしたら、波動を高めれば必ずできることです。だからイメージすることができるのです。

それを信頼し、今できることからどんどんはじめ、基本は自分自身がより幸せになり、より波動を高めること。そして自分が輝くにつれて周囲の人も巻き込んで、また周囲の人が幸せになることをサポートすることによって、さらに自分も幸せになるという正の循環ができるのです。

それは決して金銭を得て、それを仕事として専念することだけで成り立つわけではありません。あからさまにチャネリングをしたり霊能力を発揮したりして金銭を稼ぎ生業にしている人もごく一部にはいらっしゃいますが、多くの人はそうではなく、日常生活のごく普通の時にご縁のある人に対して、また自分の家族に対して、その自分自身の無償の愛を巡らせることによって成り立たせるわけです。

ライトワーカーの仕事は、ごくさりげない愛の仕事から成り立つわけです。あなたもライトワーカーの一人として、これからも自分の愛に自信を持ち、自分の愛の強さを信頼し、よりあなたらしくあなたらしいやり方で愛をめぐらせ続けてください。」


☆厳島神社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」






守護霊様からのメッセージ

過去の心に受けた傷との向き合い方

2018年06月12日
≪今ここにいて出雲の国の神社めぐり≫

出雲大社の摂社として
大社様から徒歩5分の場所に鎮座いしています
命主社(いのちぬしのやしろ)です。

主祭神は、神皇産霊神(かみむすびのかみ)で、
天照大神よりもずっと古くに存在されていました
天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱です。

命主の社の前には、
推定樹齢1000年といわれるムクの巨木があり
長い年月を見守ってくれています。

また、お社の近くには巨石があり、
古代磐座が神社に発展した神社としても知られ
パワースポットとして人気の場所です。

画像にある命主社に心願成就・ご開運を祈願しつつ
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


私の書き下ろした内容をもとに、kokoro centuryさんが作ってくださったナレーション付き動画メッセージです。



≪過去の心に受けた傷との向き合い方≫

「過去の心に受けた傷」とはいっても、その「傷」を受けたと感じている本人の経験したのは、もう過ぎ去った何年も前の過去の記憶であったとしても、その傷を受けた経験を思い出すたびに、その人にとって実際にはその時点で経験している今の世界のものとなり、その心の在り方次第でどうにでも変化していく現在進行形のものなのであります。

つまり、心に傷を受けたのは過去の時点であったとしても、それを思い出すたびに「今その経験をしている」ことになるのです。心に傷を受けたと感じた心の痛みやつらさや悲しみや怒りなどのネガティブな経験を思い出し、それを心の中で思い浮かべるだけでも、今まさにパラレルワールドで経験しているのです。

そして、その心に受けた傷は、その人自身の精神的な成長度合いや波動状況によって、癒されて完治したり、逆に悪化して傷口が深くなったりするなど、受けたと感じている傷は変化していくものなのです。

過去に傷を負ったと感じているその時点での自分自身よりも、今現在の方が精神的により成長できて、波動が高まっているような人は、傷を負ったと感じるような問題の起きたとするステージよりも一段階ステップアップしているために、より愛情深くなり、より寛大な心を抱くようになっているでしょう。

そして、許しや感謝といった気持ちがより大きく育ち、過去にとらわれるよりも、今、そしてこの先のことに焦点をより強く合わせられるように、より前向きになっていくために、過去のネガティブに感じる経験を思い出しても、その関わった人(自分自身も含む)や環境を、許し、癒し、感謝して、「良き経験や学びに変換する」ことができるはずです。

この場合、すぐに変換することができる場合もあれば、傷が深いほど時間のかかることもあるでしょうけれども、それでもさらに波動を高め心が成長していくにつれて、ますますステージが上がっていくにつれて、徐々に問題が問題として感じなくなっていき、傷といえるような痛々しい症状にも感じなくなっていって、解決するもしくは癒えるために、ポジティブな学びとして捉えられるように徐々に変換されていくはずです。

つまり、精神的に成長すればするほど、波動が高まるほどに、過去の傷は次第に癒えていき、気がつくと良き経験や学びとなって感謝に変わっていく場合が多いということです。

逆に、その傷を負ったと感じた時と、今もなお精神的に特に成長があったわけではなく同じようなステージに在るような人、もしくはその頃よりもさらに落ち込んでいるように感じられるような人は、その過去に負った心の傷と感じるような出来事を思い出したり似たような経験をしたりするたびに、さらにネガティブな思いがめぐり、不安や怒りや恐怖や悲しみなどのネガティブな感情が深まって、ますます傷口は深くなっていると感じるでしょう。

このことでもわかるように、シンプルに捉えれば、自分自身の心の傷は、すべてが最終的には自分自身の心の中の問題なので、自分次第でどうにでもなっていくということです。

そして、その基本的なこととして「自分自身の経験する世界は、自分自身が選んで作り出している」というスピリチュアルな原則を意識する必要があります。

実際には、心の中の問題だけではなく、すべての出来事が、自分次第でどうにでもなりますし、自分が招いた必然であるともいえるのです。

また、「自分がどう思われているのか?」ということよりも「自分がどう思っているのか!」がすべてでありまして、‘相手からどう思われているのか’を気にしだすと、推測、憶測でネガティブな要素が生まれやすいのですが、‘自分自身がどう思っているのか’ということに焦点を合わせることは、冷静にリラックスして自分と向き合うことができれば、比較的容易に知ることができるはずです。

そして、自分の経験している世界をどう感じるのかは、すべてが自分次第であるということを意識することが大切です。同じものを見ても、同じ場所で同じ時を過ごしても、物の見方や捉え方や感じ方は、人それぞれ違うわけでして、物理的状況は同じでも、皆それぞれ別々の現実を経験しているのです。


☆命主社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

熱き心の命ずるがままに動く ~守護霊様からのメッセージ~

2018年06月11日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

≪今ここにいて全国の神社めぐり≫
~タエヌが近年に参拝した神社を紹介します~

幣立神社(へいたてじんじゃ)は、
熊本県上益城郡山都町に鎮座いたします。

毎年8月23日に「五色神祭」が行われていますが、
「かつて世界人類の祖先、赤・白・黄・黒・青色の人々が集い、
御霊を和合するための儀式を行った」という伝承に基づく神事で、
この場所から人々が世界に散らばったといわれています。

万物の親神である「大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)」が祭られていて、
太古からのエネルギー、そして宇宙からのエネルギーを受けることができる
最強のパワースポットといわれています。

幣立神社に心願成就・良縁・ご開運祈願しつつ、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓         ↓


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で男性として転生してい田守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、薄暗い神社の広い参道の脇にある大きな石灯篭、とその石灯篭の近くで手をさすりながらしみじみと見入る、守護霊様のお姿を見せてくれました。守護霊様は石工をされていて、特にこの石灯篭や神社仏閣に収める神仏の石像彫刻を得意とされていたとのことです。

石には命が宿っていると感じていたので、石を削る前には必ずその石の魂と対話をして許可を得、どのような姿かたちに彫り上げるのかということも伝え、石を削りながらも、石と常に対話をしながらその石の意思に合わせつつ、自分の技術と想像力をもって、作品を作り上げていたとのことです。

石灯篭を作る時には、神仏への奉納品と思って作っていたので妥協を許されず、天の国の建物をイメージして作っていたとのことです。また、神仏の石像に関しては、出来上がるとすぐに石の魂に許可を得て、神仏の意思も入れる‘魂入れ’を、守護霊様ご自身が行ってから、奉納していたとのことです。

また、このような大切なお役目を授かっていたことから、自分自身も常に精神を磨くように努め、日々の修養を熱心に行っていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「熱くなるほど心が大いに揺れ動いたときには、それは魂が光でいっぱいになり、エネルギーが満ち溢れた証拠であるわけですから、何も迷うことなく、あなたの感覚に任せて、その熱き心の命ずるがままに動けばよいのです。

そこまで熱くなることがなくても、ほどほどのワクワク感じたり、心が温かくなったりしたときにも同様で、そのようなときには、魂に光が集まってみなぎり、あなたはとてもパワフルになっている時なので、人に言われたことは参考にしつつ、そういった時には迷わずご自身のワクワクする気持ちに従って行動するとよいです。

日々の生活の中で、足手まといになるような行く末を感じる人がいたとしても、その人の自由意思を大切にしてあげてください。人はその人なりに自分のペースというものがあり、また人それぞれ別々の今世を生きるにあたっての魂の向上のための目的というものがあるわけですから、たとえあなたの価値観に合わなくても、あなたからはスローなペースに見えて、共に歩むには足手まといのように感じたとしても、その人のペースや自由意思や魂の目的といったようなものを尊重してあげて、温かく見守るようにしてあげてください。

口が滑ったと思われるようなネガティブに感じる発言をしてしまったり、人から聞いたりしたとき、一時的な感情の落ち込みにより発したものであると感じたら、それはあまり気にしないようにしてください。

あなたは言葉の一言一言を大切に思うがままに、自分の発した言葉も他者の発した言葉も、それなりに重みをもって受け止めていらっしゃいます。もちろん、そういった重く受け止めるべき言葉もありますけれども、ごくさりげなく安易に発した言葉もあります。

その安易に発したさりげない感情の中からの言葉がポジティブに感じる場合もあれば、ネガティブに感じる場合もありますが、特にネガティブに感じるものは心に残りやすいものです。

そのネガティブに感じるさりげない言葉に対してあまり強く焦点を合わせて考えすぎず、軽く発したあまり深い意味のない言葉であるようにあなたなりに識別できたのなら、本当にそういったさりげない言葉であるだろうと理解し、あっさりと聞き流すように捉えると、いつまでもネガティブに気にしすぎなくて済むようになります。」


☆幣立神社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱え、ポチッと応援ワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」






守護霊様からのメッセージ
 | HOME | Next »