FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

人の感情や思考は浮き沈みするもの ~守護霊様からのメッセージ~

2020年06月03日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、17世紀から18世紀にかけて、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。武士として特に剣術にたけていたとのことで、若い頃から藩の中では名の知れた剣術使いとして、道場では師範代になるまでに至ったようです。ところがある時に、剣の勝負をした際に、左目を切られて失明してしまったとのことです。そしてその後、右目も原因がわからぬままだんだんと視力が落ち、その数年後には盲目になってしまったとのことです。それまで剣に打ち込み、武士道の様々な学びを得てきたわけですが、両目を失明してから感覚的な世界が広がり、目が見える時に見えてこなかった人のエネルギーや思念、そして目が見えていないのに周囲の環境や人の動きなどがはっきりと感じ取ることができわかるようになってきたとのことです。そして、霊的な存在を意識の中で見て話すことができるようになり、ご先祖様や守護の存在や様々な精霊たちと話をして、これまで得てきたような書物や人の話からだけではなく、多方面からの学びを得たとのことです。

その結果、そういった精霊たちや神仏からの教えをより多くの人々に伝えたいと思い、30歳を過ぎたころに出家して僧になったとのことです。出家した際に弟子入りのような形をとったご住職も霊的能力が高く、瞑想することにより霊的存在とつながって啓示を受けていたとのことですが、そのご住職にさらなる深い瞑想方法や神仏の道理や説教を聞くことで、より叡智が深まり、そういったことを糧に訪ねてくる人々に説教を施すのが何よりの楽しみであり、お役目として充実していたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「人は災いに感じるようなことも、自分の身に起きたいかようなことも、それがあなたご自身の中での経験や学びの結果として、どのような方向に行き、何に結びつくのかということは、予測できることもあれば、多くのことは予測しがたいことと言えるわけです。

ただし、その方向性を決めるのはあなたでして、何か物事が起きた時にあなたの感情や思考でネガティブな度合いがより多ければ多いほど、その方向性は低い波動を伴い、落ちていく方向に向かうでしょう。そして、あなたの思考や感情がよりポジティブに働けば、その方向性はより高い波動域へと向かっていくものなのです。

許しの心は愛からなるもので、許せる心が大きい時には、あなたの波動が高く、愛の広がりがある時と捉えても良いでしょう。逆に、いらいらしたり怒りを感じたりするような場合は、その許しの愛の心が薄く、自らのエゴ的なものや低い感情が大きくなり、波動が下がっていることを認識してください。

そして、そのようなことを認識したならば、まずはあなた自身のそんな状況を許してあげて、その要因となるものに許しと感謝の気持ちを抱けるようになれば、あなたの波動はまたいつものように穏やかなものへと戻っていきます。

人の感情や思考は必ず浮き沈みするもので、それが人間の普通の姿なわけですから、たとえ思考がネガティブになっても、感情がなかなか自分にとってつらいところから脱せなくなっても、それを卑下したりネガティブに感じてさらに落ち込んだりする必要はなく、そういった浮き沈みがあって当たり前と思い、そして沈めば必ず自分次第で浮かぶことができることを信頼し、自分自身を癒し、いつものポジティブなあなたに戻すように努めてください。

くるりと輪を描くように、あなたの心には円形のエネルギーが流れていますので、決して直線的ではなく螺旋状にエネルギーは渦を巻いているものなのです。ですから、真っすぐに向かっているようでも、またその円の方向に従って一度戻ったように感じるような螺旋を描きつつ、それでも実際は同じ場所に戻ったわけではなく、一段高みの所へ螺旋は登っている…。あなたのエネルギーは、そんなふうにして高まっていますので、どうぞ自信をもってご自身の道を歩み続けてください。」


☆命主社に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」









スポンサーサイト



守護霊様からのメッセージ

物事がスムーズに動かないとき

2020年06月02日
≪物事がスムーズに動かないとき≫

何かをやろうとしているのに準備が思うように進まないとか、やろうとしたことがなかなかうまくいかないとかといったような、物事がスムーズに動かないときには、何か道を修正する必要があるのか、もしくは別の道を歩むかといったことが必要である、というような、このまま進むべきではないということを知らせてくれているサインであると受け止めることが妥当である場合がよくあります。

逆に、このまままっすぐに突き進んだ方が良い道を歩んでいるときは、準備はスムーズに整い、それほど苦労や努力などをしなくても物事がスムーズに進み、あるべき所にあるべきものがあったりするような状況になることがよくあります。

自分自身にとってポジティブな道を歩んでいると感じているのでしたら、本来は、よりスムーズに歩むためにベターなことはそれなりに簡単に手に入ったり進んだりするはずです。でも、そう感じていても、なかなか物事が動かなかったり必要な物が手に入らなかったり人と不調和を起こしたりするような際には、一度立ち止まって冷静になってその状況やご自身の意識を内観してみて、修正するべきことや改善するべきことは整え、削除したり方向を変えるべきことは変えたりと、見直すことが必要になるでしょう。

物事が思ったようにスムーズに動いてくれないとき、とかく環境や他者などの自分以外のもののせいにする傾向がある人もいますが、こういう時こそ、私たちの現実は私たち自身がつくっているという、スピリチュアルな基本的原則を思い出し、他をどうこうしようと考えるよりも、まずは「自分自身でできることから改善するように努め」また「自分自身の波動を調整するべき」なのです。


≪ネクタイに関して≫

人の肉体周辺にはいくつものチャクラがありますが、喉のあたりに位置している第5チャクラも、心身のエネルギーを活性化させたりバランスをとったりするために、大切な役割を果たしています。

この第5チャクラの働きをいくつかを挙げますと、他者の波動や周囲のエネルギーを敏感に感じ取る力があり、人に対しての理解力や、より的確な自己表現力をするために深く関わっているということ。人間同士や物事との関係においてのバランスをとり、人が社会性を形成するためにそれなりに影響するとされていること。また、外部から進入しようとする邪気をガードしたり、情緒的にネガティブになることを防いだりするために、エネルギーを出し入れする役割も果たしていることなどが挙げられます。

日本人が古くから好んで着用してきた和服は、この大切なチャクラの一つである第5チャクラのある喉元がすっきりと空いているのが普通で、ネクタイのように、喉元を締め付けるような服装はとても少ないはでしょう。物質的なことに加えて、調和や感覚を重んじていた日本人にとっては、喉元を締め付けることに違和感を覚えていたでしょうし、感覚的にもそのようにすることを選択していなかったのでしょう。

日本にネクタイが紹介されたのは今から150年ほど前で、ジョン万次郎が帰国した際に持ち込んだとされています。その後、120年ほど前に国産の蝶ネクタイが誕生し、大正時代に洋服が一般化されるにつれて、ネクタイも普及していったようですが、日本における歴史はこのように、和服の歴史に比べると、とても浅いのです。

ネクタイは本来、先ほど挙げたように大切な第5チャクラを締め付けてふさいでしまったり、感覚やエネルギーの出入りを鈍らせたりするなどの理由から、スピリチュアルな観点でいえば、人が身につけるにはあまり好ましくはないものであるといえるでしょう。

私は以前、ネクタイに関する高次元のスピリットからのメッセージを受けとりましたが、その内容は大きくわけて2つありました。1つは、「イルミナティなどの闇の存在たちの策略によってネクタイを日本に定着させることに成功し、日本人の感覚的な能力を低くし、調和を図る力を劣らせ、‘日本人全体の波動を落とそう’という目的がある」とのことです。また、もう1つは、「闇の存在たちが地球人類を縛りつける(操る)ことのできている象徴としての‘首輪’である」とも伝えてくれました。

私は、ネクタイをしている皆さんに対して、このようなことを訴えて、ネクタイをしめることをやめるように強く勧めているつもりはありません。まだ日本の今の世における価値観や固定観念の中では、ネクタイをすることによって調和を保つことができ、逆にネクタイをしないことによって不調和が生じる場面が多く残っているでしょうし、個人的に好まれている方の個人の好みにまで口出しをするつもりもありません。

でも、ネクタイをすることによるメリットはあるにしても、このようなスピリチュアルな観点におけるデメリットもあるということも意識されることを必要とされる方もいらっしゃると感じましたので、あまりポジティブに感じない方もいらっしゃるでしょうが、私なりの表現で述べさせていただきました。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

今の経験は何よりも宝 ~守護霊様からのメッセージ~

2020年06月01日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします守護霊様からのメッセージは、17世紀の頃、日本で女性として転生していた方からのメッセージです。守護霊様とつながった瞬間に見せてくれた映像は、ひな壇のお雛様のような感じで十二単のような衣装を着て静かに座っていらっしゃる、20歳の頃の守護霊様のお姿です。守護霊様は公家の方で、当時の天皇家の血筋の濃い家系に生まれ育った方のようです。物静かな雰囲気の方で、話す時にはあまり多くは語らず、でも端的に物事の真意や本質をとらえて的確に表現することが上手だったようです。ですから周りのお付きの人も家族やお付き合いのある方々にしても、守護霊様の話す言葉は大変わかりやすく、また、感情や思考の表現も上手で、聞いている人は人の心の奥底に話しかけられ訴えられているような感覚になることがよくあったとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「人それぞれ大切にするものも、価値観や観点も違っていて、それぞれが似たようなところもある場合もあれば違う場合もあるわけでして、それはそれでごく自然なことなわけです。

あなたの持たれている価値観や大切に感じている意識は、あなた独自の個性的なものであることを認識され、他の人たちの価値観やとらえ方は、あなたにとってそれは参考にもなり学びにもなるわけですが、それをあなたの価値観やとらえ方と比較したり正誤の判断基準にしたりするような必要は本来なく、あなたはあなたらしい個性を持った、その価値観やとらえ方を大切になさるとよいです。

あなたにおける人生はすべてをあなた自身がコーディネイトし、あなたの自由意思において選択決定するものであるわけですから、今どのようなことをしていても、それはあなたの決めたあなたの必然の中での経験すべきことであるわけです。

それが間違っているとか、正しいとか、これが必要な道であるとか、そうではないとか、そういったことは気にする必要はまったくありません。すべてはあなたにとっては必要な経験であり、選択したことはすべてがベストなことなわけで、それを他の人がとやかく言ったり何かと比較して評価したりすることを、過度に気にする必要はないのです。

そして、せっかくあなたが選んで経験したことなわけですから、その経験を楽しみ味わい、そしてその中からより多くのことを学び、あなたがよりポジティブに魂を向上させるために生きていくための今後の糧となるよう、あなたなりに活用することができれば、それで今している経験はすべてが報われるというわけです。

あなたにとっての今この瞬間は、何よりも大切であり、今、何をしているかということに常に意識を向けてよりポジティブに過ごすように努めていれば、それが積み重なって素晴らしい経験や学びとなるわけです。

そしてすべての経験は、あなたにとって必要なものであり、あなたの魂を向上させるための学びにもなるということがわかっていれば、どんな経験においても神から与えられたありがたいギフトと捉え、何事があってもあなたなりに感謝をしながら、あなたなりによりポジティブにその経験を全うするよう尽力することに惜しまず取りくめるはずです。あなたにとって今の経験は何よりも宝で学びでありますので、今選択しているベストな経験を大切にしてください。」


☆韓竈神社に向かって「心願成就・良縁・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」









守護霊様からのメッセージ

ライトワーカーである17の特徴

2020年05月31日
ライトワーカーとは、地球上により多くの光をいきわたらせて定着させ、地球の次元上昇をサポートして達成する役割を担って、この地球に転生している人をいいます。

ライトワーカーは、もともと、高次元界に存在していた魂であるので、高次元の大いなる愛の中に在り、本当の自由や調和の世界を知っている古い魂です。

それではここで、ライトワーカーの特徴であるいくつかの代表的なことを羅列してみます。それなりに当てはまる項目が多いと感じた方は、ご自身がライトワーカーであると思って良いでしょう。

①人のために、もしくは世の中のために、何かをしたいと思っている。

②自分自身が精神的に向上したいと思っている。

③さらに、他の人が向上し覚醒するためのサポートもしたいと思うことがよくある。

④権力や支配されることを嫌う。

⑤組織の中で自分を押し殺してまでも周囲に合わせたり、上下関係の厳しい中に在ったりすることを嫌う。

⑥本当の自由を求めている。

⑦外見はおとなしくしていたり、優しくシャイであったりしていても、中身は割と頑固で、理不尽なことには従わなかったり、気の合わ0ないような組織の中には溶け込もうとはしないことが多い。

⑧感受性が強い。

⑨周囲のネガティブな波動・エネルギーに敏感である。(人込みや、病院や役場などの閉鎖的な場所などの邪気の多い環境が苦手。怒りや苦しみなどのネガティブな感情の多い人の中にいるとひどく疲れるなど。)

⑩周囲のポジティブな波動・エネルギーに敏感である。(パワースポットのエネルギーを受けて癒されたり暖かさやビリビリ感などを味わうことがある。人が笑ったり、楽しそうにしていたりすると、自分も笑い楽しい気分になる、など)

⑪共感力が強い(エンパス)…人の気持ちが良く理解できる。共感しやすい。波動・エネルギーの状況をそれなりに認識できる。人だけではなく、動物や植物の気持ちもわかる(わかろうとする)。

⑫比較的に個性的であると思っている(人に言われる)

⑬孤独を感じることが時々ある。(高次元世界に長く存在していた魂ですので、この3次元世界の地球が自分の居場所ではないような気がする)

⑭人とは違う独自の人生を探し求めたくなる。(我が道を歩もうとする)

⑮自己決定をすることに重きを置こうとする。

⑯現実主義というより、自分は理想主義であると思う。もしくは人にそう言われる。(ライトワーカーは地球をアセンションに導くために、地球上に転生してきているので、愛と調和の世界、高次元世界を常に目指し理想としているため)

⑰一人になりたくなる時がある(他者や世のネガティブさに触れて疲れると、自分の波動を取り戻すために一人になりたいと思うことがある。)


地球上に光をより多く定着させて次元の上昇を達成するという、大切な使命と役割をもってこの地球に生まれてきているライトワーカーであると、今回の内容を読まれて、あらためてご自身がそうでると自覚された方もいらっしゃると思いますし、より強くライワーカーであると確認された方もいらっしゃることでしょう。

ライトワーカーだと感じた方の中にも、地球全体が光の方向に向かっているという実感が、なかなかわかない方もいらっしゃることでしょうし、厳しい現実の中に在ると感じている方もいらっしゃると思いますが、今は踏ん張りどきであります。

もうすぐで、地球の夜明けは必ずやってくると信じて、周囲の波動の揺れにできるだけ左右されず、ご自身の波動をしっかりと安定させるように努めていきましょう。そして、よりポジティブな在り方に努めることを通して、より多くの光を呼び込んで放ち巡らせ、個々の状況に応じて、ライトワーカーとしての仕事をできる限り果たせるように、この先もより一層励み続けていきましょう!


☆吉備津神社に向かって「心願成就・開運祈願・交通安全・長寿祈願」と心の中で唱え、
ポチっと応援ワンクリックをお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

心と体は連動している ~守護霊様からのメッセージ~

2020年05月30日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。(当日の早朝6時頃まで受け付けております)5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回ご紹介いたしますのは、17世紀の頃、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。宗派は分かりませんが、仏教を信仰するお寺様でご住職をされていた方です。またお寺様と合わせて、同じ敷地内にある神社も同時に管理されていて、神道にも精通している神主さんでもあったとのことです。仏教の経典を重んじ、ほぼ毎日読経しながら仏教の教えを噛みしめ、仏尊に対する感謝と敬意を深めながら、自分自身の徳を得るために日々修養を積み重ねていたとのことです。また古神道を通して神への信仰や道徳的精神や日本の神代からの歴史などをより深く広く学び、より高く深い精神性を養うために修養を重ねられていたとのことです。

食事にも気を付けていて、1日1食ないし2食のとても少量の粗食をとり、あとは裏山の湧水を飲むことで、その中に御山の気と調和した波動とを十分に頂き、身も心も満たされより気高く心身を成長させることができていると、いつも感謝をしていたとのことです。自分に対しては厳しく、その分人に対して柔らかく優しく接することができていたと自負されていたようで、自分に厳しくできることは自己愛も強く、他人には優しく柔らかく接することで他者への愛がより広がり深まると感じ、同じ愛の学びとしてこのようなことも日々の暮らしの中で大切にされていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「私があなたに常に強く求めることは、愛をより深めなさいということです。愛を深めるとは、自分に対する愛も他人に対する愛も、あらゆるものに対する愛も、すべての生き物に対しても、地球上や地球環境や神羅万象すべてに対しても言えることです。

一言で愛を深めなさいとは言っても、これはあなたの生活全般を通していえることでもありますので、一言で言い表すのは簡単ですが、一つ一つ挙げてはきりのないことともいえるほど広く奥深いものであります。

人に対する愛の中でも特に必要なのは、感謝をする気持ちです。そして人に対して感謝をすればするほど、あなたは徳が深まり、波動が高まるために、あなた自身も他の人から感謝をされたり敬意を表されたりする機会が多くなります。そのため、その感謝の巡りによる、より深く大きな愛の巡りができ、その光の循環によってますます波動は高まっていくのです。

そして、感謝と同時にあなたにとって大切なことは、許しという愛です。許せる心がより大きく深くなれば、怒りの類の波動がより少なくなっていくものです。ですから、人を許し、自分をも許せるようなより大きな愛に包まれていれば、イライラしたり悶々としたりむかむかしたりするような、重くとげとげしい波動はより消え失せ、より薄くなっていきます。そして、あなたの心も体もより軽くなり、肩や背中や腰の痛みや張りもそれに伴い減少していくわけです。

心と体は連動していますので、体にどこか不調が現れた時は、必ず心に何らかの不調和が生じているというサインであるととらえてください。それはその瞬間である場合もあれば、多年により積み重ねたものである場合もあるわけで、瞬間的に起きた感情による不調和は、次の瞬間に感情が調和されればその肉体の不調和もすぐに緩和されることが多くあります。

ただし、長い時間かけた多年に渡って積み重ねて起こした不調和は、それなりに解消するためには時間がかかるために、心の不調和が緩和されても、肉体の不調和が改善するまでにさらに時間がかかってしまう場合があります。

それでも、肉体の不調和、つまり病気や怪我などを改善させるために最も効果的なのは、その要因を波動・エネルギー的なレベルで探り、それが必ずあなたの在り方、心に状態に起因しているということを肝に銘じることです。そして、対処療法的に表面だけを何とかしようとするのではなく、それよりももっと重要な内面の改善に努めることを、あなたに、今、改めて申し上げている次第です。改めてというのは、これまでに何度もインスピレーションで伝えていることですので、ここで今一度確認をしておくということになります。」


☆稲田神社に向かって「心願成就・良縁・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」









守護霊様からのメッセージ

真実を得るための葛藤 ~爬虫類脳について~

2020年05月29日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪真実を得るための葛藤 ~爬虫類脳について~≫

本当のことだろうと思いこんで多年にわたって信じこんできたこと、あるいは幼い頃から繰り返し教わって信じ込まされてきたことも、真実の波に流され、そのことが真実とは違い偽りであることがわかり、まったく別の本当の答えである真実を知った時に、その事実を知識として置き換えて得ることに際して、意識の目覚めの度合いによって強さは違いますが、人は何かしらの葛藤をする場合があると思います。この葛藤は、多かれ少なかれ自分自身の経験や学びからくるものでありますが、その本質であり、主だった要因は、脳の構造からくるものであります。

今、地球人類として生きている人々の脳の構造は、大きく分けて爬虫類脳・哺乳類(動物)脳・人間脳の3層に分かれておるといわれていますが、その中でも爬虫類脳は、もともと人に備わっていたわけではなく、惑星ニビルから地球にやてきて、人類を操作・支配してきた二ビル星人のアヌンナキ・レプティリアンたちによって、地球人類をより支配しやすくするために、意図的に仕込まれたものであります。

yjimage(1).jpg

そして、もう一つは哺乳類脳であり、更に前面にあるのは人間本来の脳でありますが、今のこのまだ渾沌とした3次元世界のネガティブな残滓の多くあるこの世の中では、ネガティブな感情が表れ始めると、爬虫類脳がより多く人の脳を支配しやすくできているのです。

この爬虫類脳は、あらゆる面でネガティブな意識や行動を選択するような感情や思考に影響を強く及ぼしますが、先ほど申し上げました、もともとから知っているある物事に対するある一つの答えが、真実とは違っていても、この爬虫類脳が働き、変化させることの‘恐怖心’のようなものが湧きあがり、葛藤が始まるのです。

学校や家庭や社会などで良識常識として徹底的に刷り込まれてきたような答えと違っているものであるようなときには、その多くの人が信頼している保守的な答えを覆すことや、真実を叡智として得ることができず、幼い頃から教わってきたことや、過去世での経験からくる固定観念などによって、自分自身の信頼してきた常識や良識と思い込んでいたことから脱却して変化することに対して、同じように恐怖心を覚えることがあるのです。

その恐怖心は爬虫類脳からくるものであり、恐怖心が蔓延すればするほど爬虫類脳をさらに人の脳の中で支配されるに至るという循環になるので、波動は重く意識はよりネガティブ化するのです。

でも人々が真実に目覚め、意識を拡大し、この地球上の本当の姿を知るためには、そしてあなた自身の本当の自分を知るためには、まずはこのあなたが洗脳され答えとして刷り込まれている真実とは違った常識や良識ともされているような固定観念の中でも、実際には洗脳されたり教え込ませて信じさせられたりしている偽りが多くあるという、その事実自体を知る必要があるのです。

黄金時代の地球上に暮らすためのやわらかで穏やかな軽い高次元のライトボディーを身につけたあなたに至るため、つまり肉体のアセンションをはたすためには、まずはこの世の中の真実を知ること、そして自分自身の本来の姿である高次元の魂の波動の高さや多大なる叡智を持ち合わせているという真実を知ることが、とても大切になるということです。

そのためには、得た情報をしっかりと識別し、過去に事実だと思っていたことが、正反対に覆されるような情報だとしても、今のこの光エネルギーを多分に受けているあなたが、より正しいと感じる知識・真実を答えとして得るように努めることが大切であり、それを積み重ねることによって真実を得ようとする意識や実際にも得続けることが習慣となり、より波動も高まり意識はさらなる拡大を続けていくのです、

そのことによって、よりポジティブに総合的にかつ根本的に物事を見る目ができるにつれて、あなた自身の内側もより広く深く見ることができるようになり、本当のあなたである魂のあなた自信を、今、この時点で知るべき部分をより多くより確かに認識することができるようになっていくのです。

そして真実を知ることにより、思考が変わり行動が変わり、積み重ねる知識の質も変わり、それが本来得るべき宇宙の叡智であり、このようなポジティブな循環が習慣のようになれば、さらなる歴史や現状の真実を知ることができて、今のあなたには想像できないような心身の軽さが感じられるようになっていき、より意識は拡大していき、あらゆることから解放されていきより多くの自由と平和と調和を得ることができるようになっいくのです。

話は爬虫類脳に戻しまして、もう1つの記事「爬虫類脳のまとめ」をご参考いただくと分かりやすいと思いますが、ネガティブな感情や言動と識別できるようなことや、改善すべき欠点といえるようなこと、もしくは自分自身や他の人の波動が下がったときに選択する意識や言動は、この爬虫類脳からくるものであることが多いだろうということがわかります。

でも、決して爬虫類脳のせいにしたとしてもネガティブさは解決できず、そもそもこの3層の脳すべては自分自身のものだ思い返せばわかることですが、すべてが自分内の問題であるために、自分自身で解決すべきことなのであります。そして、問題とは必ず解決できることでもありますが、実際に爬虫類脳に支配されず、人間本来の愛や調和なとといったポジティブさを持つ哺乳類脳や人間脳が自分自身の脳の働きのより多くを司らせることを、愛をより大きくべぐらせることによって解決し、持続させて実行することができるのです。

また、もし波動が低下し爬虫類脳に支配されていたとしても、それに気づいて改善したいという意識さえ抱いて、哺乳類脳や人間脳に変換したいという気力があって努めることができれば、瞬時にも、たとえ時間はかかったとしても「爬虫類脳からくるネガティブな意識や言動に気づく」⇒「反省する・冷静になるように努める」というように、まずは気づいてできるだけ波動をこれ以上下げないように努めることが大切で、並行して徐々に⇒「哺乳類脳や人間脳からくる愛や調和を求める意識や言動に変換するように努める」ようにすれば、あなたの持つ哺乳類脳や人間脳がより多くの感情や思考を司るようになっていき、いつものポジティブなあなたにもどることができるのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」










バックナンバー改訂版

気になることをそのままにしておくと ~守護霊様からのメッセージ

2020年05月28日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回ご紹介いたしますのは、17世紀の頃、日本で女性として転生していた方からのメッセージです。守護霊様とつながった瞬間、最初は、奥のほうに薄らと小さくぼやけて見えたところから、だんだんはっきり見えるようになって、とても慎ましい雰囲気のきれいなお着物を着た15歳の頃の守護霊様のかわいらしいお姿を見せてくださいました。

守護霊様はそれなりに大きな藩主の娘として生まれ育ち、藩主の娘として様々な躾や教養を身に着けてきたとのことです。そういった教えの中の女性として、一歩引いたところにいて、殿方の助けとなるようなことを、縁の下の力持ちといえるような慎みの心を持ちサポートするようなことも確かに教えられてきましたが、そういった教えというよりも、元来持ち合わせていた愛の大きさや謙虚さからも、決して自ら人前で目立とうとか進み出ようとかということはなく、常に一歩引いたところから、人と接したり世の中を見つめたりしていたとのことです。それでも、なにか意見や感想などを求められた時には、自分の意志ではっきりと表現し、その表現がとても的を得ていることが多かったために、この守護霊様の話す言葉には温かさと重みがあり、人は強く耳を傾けることが多かったようです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「あなたか元来持ち合わせている愛の大きさからくる謙虚さや感謝の気持ちは、あなた自身がよりポジティブに生きていくための大きな助けになっていますし、あなたと接しているすべての方の癒しにもなっているのです。そのあなたの愛によって発せられる愛の光のエネルギーは、あなたが思っているよりも強大で、多大なるご自身や周囲への影響力を持ち合わせているのです。

ですから、あなたがポジティブな気分でいて感謝や謙虚さ、そしてワクワクする気持ちや親切心などの大いなる愛を巡らせているときには、様々な愛の法則が働き、とてもポジティブなことが現実として引き寄せられてくるのです。あなたはとてもあなたの発する思念力やエネルギーが強いということを自覚されるとよいでしょう。

逆に、あなたが感情的に落ち込んでいたりイライラしたり、また愛よりもエゴが多く出てしまってネガティブな言動やエネルギーを発したりしていると、それもたちまち周囲の人は大きな影響を受けてしまい、その波動に見合ったネガティブな現実を引き寄せやすいというのが、あなたの特徴ともいえると自覚されるとよいでしょう。

そのうえで、ご自身がポジティブでいられるときには、さらに愛を巡らせてワクワクする気持ちを高め、広げていくことに努めればよいわけですし、もしネガティブな感情が強まったり、そういった言動が人に対してネガティブな影響を与えてしまっていることに気づいたりした時には、できるだけ早くご自身の中の感情や思考をより安定させるように努め、元来持ち合わせている謙虚さや感謝の気持ちといった、愛の心により近づくように尽力すようにすれば、そのあなた自身がよりポジティブに変わっていくにつれて、周囲の人々の反応や出来事もよりポジティブに変わっていることを認識することができるでしょう。

気になることをそのままにしておくと、知らず知らずのうちにそれが心のつっかえとなり、ネガティブなエネルギーが自分の中に溜まっていってしまいます。疑念を抱いたときや、何か誰かに伝えることによってすっきりするように感じるときには、ご自身の中で溜め込もうとせず、信頼できる人に伝えたり何か文章に書き残したり、また疑念疑問は様々な解決手段が考えられると思うので、そういったことを通してできるだけ早く答えを生み出し解消するように努めると、あなたはより波動を高め、気持ちをポジティブに保つことができるでしょう。」


☆稲佐の浜の弁天島に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」








守護霊様からのメッセージ

レイキとタエヌ

2020年05月27日
✿現在、5月の月末の大祓いのご依頼を承っています。5月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

≪レイキとタエヌ≫

*レイキとは、宇宙にあまねく癒しのエネルギーを活用したヒーリングテクニックのことです。自己ヒーリングで自分自身の健康維持・促進や自己浄化をしたり、他へのヒーリングをしたりすることができるようになります。

私が「レイキ」という言葉に出会ったのは、2000年頃のことです。その頃に私は、なんだか無性に、手のひらから何かのエネルギーを出す超能力的なテクニックを得たいということに、強くわくわく感じていました。そこで、何ヵ所かの書店に行ってそのようなことに関連する本を探した中で「レイキ」を知りました。すぐに購入して読みましたが、あまりにも求めていたことと合致していたので、何度も読み返してはわくわく感が積もっていきました。当時はまだレイキが今ほど知られていなかったので、書店で手に入る本はとても少なかったのですが、それでも1~2年の間に10冊ほど購入して読んでいました。

私がレイキの伝授を受けたのが2002年7月のことですので、結果的に本を読んでレイキを知ってから、数年の歳月がかかりました。実際には、最初に購入した本を読んですぐにレイキを受けたいと感じたので、その本の著者がレイキのスクールを開催しているとのことから、その資料を郵送していただきました。しかし、その料金を見ると、レイキ1が3万円、レイキ2が4万円、レイキ3が9万円で、加えてティーチャーになるには15万円かかるとのことで、総額31万円。私は絶対にティーチャーになりたいと思っていたので、31万円もかかることにあの頃は驚きましたし、実際に当時の我が家の経済的な状況から考えると決して用意できない金額ではあ1りませんでしたが、スクールへ通うにも片道2時間ほどかかるので近くはなかったことからも、伝授を受けることに躊躇してしまいました。

その当時、私は千葉県の公立学校で教員をしていましたが(今から約12年前の2004年6月に約15年間勤めていた教員を辞職し、ヒーリングルームを開業してスピリチュアルカウンセリング&レイキのヒーラー養成・&ヒーラー&パワーストーンの販売を本職として以来、現在に至っています)、2000年頃まではパソコンをほとんど使ったことがなく、興味もなかったために覚えようともしていませんでしたが、教育界が情報教育を重視し始めて小学校教育にもパソコンが導入されたり、職員同士が情報をフロッピーで交換し合ったりする時代になったために必要を感じ、渋々パソコンをいじりはじめたことを覚えています。

でも、そのことでホームページを閲覧することも覚えたために「レイキ」で検索したところ、予想以上にたくさんのホームページがあったことに驚きました。その中で、1つのホームページが気になりましたが、そのホームページの管理者は1日で一気にレイキ1~3の伝授をしてくれて、金額も計8万円でしたので、日本標準価格に比べると格安でした。当時は仕事が忙しくて時間がなかなか取れない中、1日で伝授を受けられて、さらに思っていた料金のだいたい半額ということや、ティーチャーが魅力的な方にも感じたことから、躊躇していた伝授を、そろそろ本当に受けよう…と思いました。

あの頃は妻が肩こりや背中の張りがひどかったために、毎日のように私は手のひらを当てて自己流でエネルギーを送ったり、少し心得のあった整体のテクニックを用いたりして、凝りや張りの緩和に努めていました。(妻のこのような状況は10年ほど前までにほぼ改善され、今も問題ありません)

また、私自身も子どもの頃からアレルギー体質で、アレルギー性鼻炎(20歳代以降は花粉症と称されていました)や突発的なじんましんが出たりしていましたし、20代中頃から続いていた腰痛(椎間板ヘルニアが悪化して椎間板障害と診断され、医師から「腰痛とは一生付き合うことになる」と告げられていました)や、慢性的に起きていた頭痛や胃腸のもたれなどの身体の不調はいろいろとあったために、少しひどくなってくるとすぐに医者に頼ったり、パブロンゴールド顆粒とバファリンと大正漢方胃腸薬(当時の私にとってはこの3点セットを常に持ち合わせていないと不安でした)等の薬やアレルギー関係の薬を頻繁に服用したりしていました。

ですから、自分自身の健康をできるだけ医師や薬に頼ることなく、自分自身の力で何とかしたいとも強く思うようになっていました。(ちなみにここ約10年間のタエヌは、医師から「治らないと」言い切られた腰痛はすっかりとなくなり、アレルギー体質も徐々に改善されてきて、今は特に問題ありません。)

そんなわけで、私がレイキの伝授を受けるための目的を当時聞かれたとしたら、次のように答えたと思います。

・超能力的なパワーを身につけられると思ったから。
・自分自身や家族の健康を自分の力で維持したいから。
・自分自身や家族が病気や怪我などの不調になった時、自分の力で治したいから。
・思ったよりも安く伝授を受けられそうだから。
・もしも本当にレイキを身につけたらなんだか自分がすごいパワーを身につけて、今はできないいろいろなことができるようになりそうだから。

さらに、世界でたくさんの人々にレイキは認められているからきっと本物なのだろうという安心感も加わって、結果的に電話をかけて、約1ヶ月後の7月末の日曜日に予約をしました。

こんな感じでしたので、私がレイキの伝授を受けるに至ったきっかけも経緯も決断した時も、純粋であったり愛に基づいたものであったりしていることもありますが、興味本位とかミーハー的だとか思ったよりも料金が安かったからとかといったような、物質的な比較や軽い気持ちで受けたという事実も確かにありましたし、過度な期待を持ちすぎていた部分もあったとも思います。

ただ、今になって思えば、私がそのようなパワーを身につけたいと漠然とした中で直感的にわくわくして書店で探し始めたことも、そこでレイキという言葉や本に出会ったことも、実際に伝授を受けた時期も、何もかもが私自身の魂とか高次の守護の存在とかが導いて下さった必然であり、波動の法則や必要の法則によるものでもある、とてもポジティブな流れに乗っての必然的なことであったと感じています。

でも、当時は、そんなことはまったくわからず、もともと行動派だった私は、意のおもむくままに行動していました。まさかその後にレイキがきっかけになって、自分自身が教員を辞職して今のような仕事を選択するに至るなんて夢にも思わず、ただただその時点でのわくわく感に従って、伝授を受けてみただけのことでした。

その後、2003年の4月にティーチャーになるための伝授をしていただき現在に至りましたが(レイキ4ティチャーズディグリー伝授の料金は15万円でした)、レイキ4の受講前に、A4サイズの用紙1枚程度にティーチャーになりたい理由を書いて提出するようにという指示を受けたので、ワープロで打って提出しました。確か、その文章は2002年の12月頃に作成したと記憶しています。

感熱紙で印字したままの状態でファイルに入れて保管してありましたために、すでに用紙の一部は薄茶色になっていて、文章も消えかけている部分もありましたが、久しぶりにそのファイルを見て、とてもなつかしい思いで読みつつ、ある意味、私にとっては転職するための決意文として書いた当時の気持ちも思いだしたところで、ブログでこの文章を公開したいというわくわく感が湧き上がりました。以下、その内容を転載します。

✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧

レイキのアチューンメントを受けて以来、自己ヒーリングや他者へのヒーリングを通して、自分自身に様々な変化がありました。いくつか例をあげてみますと、まず、心が穏やかになったことです。もともとがわりと短気な方だったので、今思えば、つまらないことでもすぐにいらいらしていました。レイキを授かって2週間くらい経った頃、しみじみと妻に言われたことがあります。「全然イライラしたり怒ったりしなくなったね。今までだったら、こんな時はすごかったのに、今は笑っているんだもんね。」ある出来事が起きた直後のことでしたが、自分でもそういえばそうだなと感心しました。

次に、自分を好きになれたことです。‘レイキ完全本’に書かれていた「自分を愛するように他人を愛しなさい。」という言葉が、自分を嫌いだった私にとっては、読んだ時にはとんでもないと思っていました。それが今では、その通りだと心から思えるようになったのです。理由は1つ。自分の内面で自分自身で嫌いだったこと(先ほどあげた短気なこと等いくつもありました)が、レイキを実践するにつれてことごとく改善されていっているからです。

その他には、長年悩まされていた腰痛が治りました。人間関係はより良好になり、仕事もよりスムーズにこなせるようになりました。私自身、宗教にはほとんど興味がなかったのですが、どういうわけか、古神道や仏教に興味が出てきたために、現在、関連書を毎日読んでいます。特に、精神力が高まるような教えを説いた本を読むと、心の底から感銘を受けます。その他にもたくさんありますが、とにかくどれも良いことばかりです。

これまで合計約25名に、ほぼ毎日レイキの実践を行っていました。その中で経験を積めばつむほど、相手の状態がわかる能力や、ヒーリング能力が増してきていることを実感できました。さらに、ティチャーとしてアチューンメントを行うことで、自分の能力や精神がどこまで高められるのだろうかと考えると、わくわくしてきます。

私は現在、小学校教師をしていて、特殊学級の担任、生徒指導主任等を担当しています。本校は約1000名の児童数の大きな学校です。この教師という職業を通して、最近特に問題があると感じていることが幾つかあります。

まず、心が病んでいる子どもが増えてきているということです。友だちとのトラブルが絶えない、万引き等の非行が増加傾向にあります。そして、悪いことをしても、悪いという意識の薄い子も増えてきています。

さらに、このような問題のある児童の大半は、保護者にも問題があるということもわかってきました。児童虐待、こどもへの愛情不足、善悪の感覚のなさ、親の威厳のなさや無責任さ等です。

教員の問題としては、週5日制になってから、仕事がさらに忙しくなったために、心の余裕がなくなってきたり、仕事に追いつめられたりしている状態が続いたり増えたりしていることです。そして、そのためのストレスがたまっている人が多くいるように思えます。さらに、そのことが主な原因と思われる、倦怠感、腰痛、肩こり、頭痛等の、身体に症状を起こしている人が意外に多いことが、レイキを実践すること等でわかってきました。

上記に述べた、現在の私自身、そして私を取り巻く環境から、レイキのティチャーになりたいと思った理由を3点あげます。

一つめ、自分自身の精神をより向上させるため。
二つめ、ヒーリング能力をより高め、実践していきたいため。
三つめ、一人でも多くの人がより幸せになるために、レイキを普及していきたいため。

全国に、素晴らしい教育実践を行っている教師はたくさんいます。でも、残念なことに、まだレイキの実践者は多くありません。私が今、強く思っていることは、近い将来、教師を辞め、レイキ実践者としてレイキを普及するために、残りの生涯を送りたいということです。

✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧ ✎ ✍ ❀ ✩ ♧

書き写しながら、文章表現や認識のしかたや物ごとの捉え方など、今の時点では修正したくなるような箇所がいくつもありましたが、できるだけ当時の文章のままの状態にしました。

この文章を書いた翌年度には、小学校から肢体不自由の特別支援学校に転勤希望を出して、その希望が叶いました。転勤した特別支援学校は、もともと初任から4年ほど勤務していた学校ですので、内情はだいたい分かっていましたが、自力の移動が難しいために、車いすによる他者の支援を要する子どもが多く、また、リハビリーや身体のケアなどを多く要するために、手のひらで子どもの身体に触れる機会がとても多い学校でした。

また、この学校には、レイキを必要としている子どもたちがたくさんいることを知っていましたし、職員や保護者の中にもレイキを必要としている人が多いことも感じていました。ですから、私が教員としてレイキを人のために活用できる場としては最適な学校であると感じて転勤したのが大きな理由でした。

でも、もう1つの転勤を希望した大きな理由は、小学校にそのまま勤務をしていると、1,2年以内には教育委員会に転勤するような状況に至るであろうという情報もありましたし、現に学校内の仕事以外でも、いくつかの市や近隣の市町村の組織の中でも重要な仕事を任せられていたので、教員を辞めることを決めた時点で、このまま小学校にいては多くの方々に迷惑をかけてしまうと思ったことです。

特別支援学校に転勤をすることに決まった時点で、そのような心配は解消されましたが、できるだけスムーズに辞職したいことや、流れをはっきりと感じスムーズに流れに乗っていきたいことなどから、もし特別支援学校でも複数年勤務をする必要がある仕事のポジションを与えられた場合には、1年限りではなくて、ある程度の年数の間、仕事をまっとうして引き継ぎ、自分が納得し、周囲にも不調和が起きないようにしてから辞めようとも思っていました。

ところが、与えられた仕事は小学6年の担任。担任する学年が分かった瞬間に、私はあと1年のみ、教師として学ぶべきであると感じました。また、担任以外の仕事も、特に翌年まで継続して行うべきであると感じられるようなポジションはなし。結果的には1年間の勤務も素晴らしい学びがたくさんあって、調和が保たれている中でポジティブに過ごすことができました。

そして、年度末に子どもたちを卒業させた後、私自身も、とてもスムーズに、自然な流れにふんわりと乗るようにして、何の迷いもわだかまりもなく、教師として就労していた約15年間の学校生活から無事に卒業することができました。今から約15年前の2004年(平成16年)春の出来事です。


ちなみに、私にとってレイキの伝授を受けたことをきっかけに、最も大きく変わったと感じたことは、私自身の霊能力が大きく開花したことです。私がレイキの伝授を受けた当時、江原啓之さんがテレビにそれなりに多く出演し始めた頃でして、その頃テレビ東京で毎週土曜日の深夜に放映していた‘えぐら開運堂’という深夜放送を録画して毎週楽しみに見ていました。(オーラの泉や天国からの手紙はその数年後くらいに放映が開始されました)

その江原啓之さんの霊能力やスピリチュアルカウンセリングをしている様子や、出演者がポジティブになっていく様子を見ているうちに、自分もスピリチュアルカウンセリングができるようになりたい!人の役に立つための霊能力をもっと開花したい!と強く願うようになりました。

それから、数年間ほどは毎朝のお祈りの時間(朝のお祈り参照)に「人のお役にたてるための霊能力が開花しますように!」と声に出して唱えていましたが、実際にも、レイキヒーリングを行っている最中に、相手の方のオーラが見えたり過去世や守護霊様がわかったり、時にはメッセージが聞こえたりするなど、少しずつ霊能力が開花したことを実感する機会が増えてきました。

そして、レイキ伝授を受けてから半年ほど経った頃には、レイキヒーリングをしていてもしていなかったとしても、相手と波動を合わせたり、オーラを読み取ったりするだけで、さまざまな霊的状況がわかるようになってきたと自覚できるようになりましたし、その伝わってきたことをそのまま相手に伝えると、その話が、その人にとっては必要でありポジティブなものであることも多々ありました。

この頃は、私はまだ千葉県の公立学校で教師をしていましたが、スピリチュアルに大きく目覚めていることを自覚し、レイキは私がこれだけポジティブに改善されてきているきっかけになった素晴らしいものと実感していたために、「レイキを伝授したりヒーリングをしたりすることによって、より多くの人を幸せに導きたい!」そして「私が開花した人のためにお役にたてる霊能力を、もっと多くの人のために活用したい!」そう望んで私は教員を辞職して、レイキの伝授やヒーリング、そしてスピリチュアルカウンセリングを生業とする道を、迷うことなく選びました。

このように、私にとってはレイキの伝授を受けたことやレイキを実践することによって、スピリチュアルの目覚めが大きく進むきっかけになったと思っていますし、また、今のようなスピリチュアルライフを歩むための大きな転機となったことを実感しています。もちろん、人によってレイキの活用の仕方や受ける目的は多少の違いはあるでしょうし、レイキヒーリングを行う中で得られることや学びも人それぞれではありますが、レイキヒーリングを通して光・癒しのエネルギーを活用し続け、自分自身の波動も高まり続けていれば、自分自身がより魂の波動に近づくにつれて、開花すべきことは開花し、必要な気づきや学びを得やすくなっていくことなどが期待できます。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

善き道は今の必要をこなすことで導かれる ~守護霊様からのメッセージ~

2020年05月26日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回ご紹介いたしますのは、17世紀の頃、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様とつながった瞬間、木彫りの等身大くらいあるような不動明王様の木像を見せてくれました。守護霊様は、この不動明王様の木像を特に大事にされていたようですが、由緒あるお寺様でご住職をされていた方です。また、後姿を見せてくれましたが、お体はやせ細った感じですが何かとてもしっかりと芯の通ったような体つきで、シャキッと背筋を伸ばして正座してお経を読んでいる姿も見せてくれました。守護霊様は、子どもや小さな動物に対して特にとても優しく接せられたとのことで、微笑みながら子どもに語り掛けている様子を見せてくれました。子どもの純粋な目を見ていると、たくさんのパワーが与えられ活力がわいてきたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「自分にとっての善き道とは、今の必要をこなすことから導かれます。この先に何が待っているのかということや、最終的に到達するゴールのようなものを見出してからそこに向かって進むという方法もありますが、本来その人自身にとっての最も善き道は、今その時点でそうする必要に感じること、今やるべきこと、そして、今これをやりたいということを、一つ一つ今に集中して着実にこなしていると、それがあなたにとって一つのゴールといえるような、何らかの達成感を味わえるようなものにたどり着くものなのです。

ただし、そのゴールとえる1つの到達点は常に中間点であって、一つの充足感を得られるようなゴールにたどり着いた瞬間、すぐに次の道が切り開かれ、さらなる次の中間点ともいえるゴールに向かってまた歩み続けるのです。それが一つである場合もあれが複数である場合もあって、同時進行のような形で歩む場合もありますが、そのほとんどがゴールといえるものがはっきりと分からなくても、その今やるべきことやりたいことやった方が良いと感じたことを行ってさえいれば、自然とその一つのゴールといえるような到達点に導かれていくものなのです。

人生を満喫し、魂向上のための道を歩くためには、このようなことを繰り返し、死ぬまで行う必要があります。そして、今回の転生が終わっても魂の旅は果てしなく続くもので、またこれも同じことの繰り返しで、自分の意思に従い、今やるべきことに集中すれば、それであなたにとって最も善き道が切り開かれ導かれていくわけです。

あなたの前世は、百を超えるたくさんの転生経験を積んでいます。その中には数え切れないほどの経験をしていますが、あなたはそのこと全てを本来はわかっていて、それが所々で記憶のような形でよみがえってくるのです。

でもそのすべてを思い出してしまっては、とても混乱し危険な状態になるので、断片的にごく一部のことを思い出すわけですが、近い前世における記憶はその中でも思い出しやすい記憶として残っています。

その中に日の沈む頃のこと、強い炎に囲まれたこと、たくさんの人の血の色が混ざり合って変色してしまった様子を見た時のこと、といった一つの必要な経験が強く印象に残っていて、時々、夕日を見て憂いたり、変色した赤色を見てネガティブな感覚になったりするなど、その記憶がよみがえってくることもあるわけです。

それらはもう、皆もう過ぎ去った過去の必要な学びとしての経験であったという一つの記録なわけですから、その記録を塗り替えて同じような場面や色を見た時に、今度はよりポジティブな自分の心を、その想いや見えた景色に投影するようにして、あなたの心にある一つの思いを、あなた自身がよりポジティブに変換するということも、今世の一つの目的でもあります。

許しがたい出来事があっても、それはすべてがあなたの心次第なわけで、許すとか許さないとかということはすべてはあなたの自由意思なわけですから、許さぬより許した方が心が緩み、体が和らぎ、波動が高まり、重く沈みかけていたものがふわふわと浮かび上がるような、そんな大きな違いがありますので、許さぬよりは許すことを選択する方が、よりポジティブな人間関係やより良い実生活を送るためには必要なことと言えるでしょう。」

☆宇宙を感じる神魂神社のご本殿に向かって「心願成就・開運祈願」と心の中で唱えながら、ポチッとワンクリックお願いします!
   ↓     ↓


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」











守護霊様からのメッセージ

「わくわく」を選択することの大切さ

2020年05月25日
✿現在、10月の月末の大祓いのご依頼を承っています。10月31日(日)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


「わくわく」という言葉は、広辞苑によると‘期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま’という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

広辞苑に書かれている意味のこの「わくわく」と表現できるようなことは、日常生活における経験の中において、時には当てはまることもあるでしょうけれども、割合的にはそんなに多くはないでしょう。

わくわく感じることを選択しましょう…
わくわく感に従って生きましょう…

私がブログでこのように表現している際の「わくわく」という言葉の意味合いは、上記のような広辞苑に書かれているような意味も含まれてはいますが、根本的には高次元の存在であるメッセンジャー‘バシャール’の「ワクワク」という言葉の表現に基づいて使っています。

今、こうしてアセンションして黄金時代の始まりの始まりにさしかかった地球上の波動は高まりつつあり、それに伴って世の中もどんどん高次元世界に見合ったポジティブな状況へと変革しつつあります。地球上の世界はこのまま5次元までゆるやかにかつ急速に昇り続けますが、その波動状況に合わせて、人の意識もそれなりに波動を高めながら変化していく必要があります。

ただし、意識的に大きく変化させようと無理をしすぎたり焦ったりする必要はありません。ネガティブな波動を発しやすい、無理のしすぎや焦りという状況の中から何かを選択すると、ポジティブなことを選択したつもりでいても、実際には低い波動を生じてしまうことがあります。ネガティブな状況からはネガティブなことが生じやすくなるのです。

地球上の波動域は高次元の始まりの始まりに達しているために、その波動・エネルギーを活用し、世のポジティブに変化していく流れに乗って、より軽やかで、よりリラックスしたナチュラルな感覚の中で、より自分らしい個性に基づいたことを、自己責任を強く持ち、自由意思に基づいて選択すように努め続けていれば、よりポジティブなことを選択するに至る場合が多くあるでしょう。その基本となることが「わくわくすることを選択する」ことです。

高次元の波動域内に入った今、わくわくに基づいた選択をすることを、これまで以上により強く意識して行うべき時代に入ったのです。地球人類個々の意識は、これまで以上にそこから発するエネルギーは強力になっているために、目の前の現実世界を、より早くより的確に作り出すようになっていることが、より多くの場面で認識できるようになっていきます。

よりポジティブなエネルギーを発するような意識をより多く持って、よりポジティブな選択をし続けていれば、これまで以上に早く目の前の現実世界の中で、願いや祈りは実現しやすくなっているのです。逆に、ネガティブな意識も広がりやすくなっているために、そこから生じる波動・エネルギーに基づいた現実世界も同様に、より早く現実化するようになってきているのです。ですから、「わくわくすることを選択する」ことは、より重要になってきているのです。

そして、目の前のわくわくすることを選択し続けるように努めていれば、知らず知らずの間に波動は高まり続けていき、振り返ってみて以前の自分と比べてみると、急速に波動が高まっていることに気がつくでしょう。


以下の内容は、バシャールが「ワクワク」という言葉で表現していることの意味、ワクワクの波動に関して、ワクワク感に従って生きることの大切さなどが、わかりやすく適切に表現されていますので転載させていただきました。 

バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。

《以下の内容は、BASHAR②1989年 チャネラー ダリル・アンカ  ㈱VOICE より引用しました。》

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちが皆さんに
ワクワクすることをやってくださいというのは、
次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」
という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

自分の存在の周波数を
肉体的なレベルに翻訳した言葉が、
ワクワクという気持ちになっていきます。

それが、みなさんを導いていく信号になります。

ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、
本当は簡単なのです。

ひとりでにワクワクした気持ちが
出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、
本来の自然な自分に抵抗したり、
否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけない、
と学んできたのです。

なぜなら皆さんは
「人生というものは辛いものなのだ」と
年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、
私たちはただワクワクしていればいい
と言っているのではありません。

ワクワクしてくださいといっても、
毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならない
ということではないのです。

「ワクワク」というのは、
自分が本当にやりたいことをやっている、
やりたいことを知っている、

もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、
心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、
存在の非常に基本的な波動です。
創造的な力です。

ですから、それを感じるときには、
自分がとても強力になっていることを
感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、
自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。

生きている光だということを、
他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、
二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。
常に魔法のように、あるべき所に、
あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、
無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを
自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、
宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自然な自分を出していないときです。

ですから宇宙の方では、
どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、
ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、
自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、
と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、
豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、
自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。

探すことを喜んでいる人はそれで構いません。

でも、本当に見つけたくなったら、
それは非常に簡単なことなのです。

ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、
どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、
明日ワクワクするものとが
同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、
いろいろなものはひとりでに、
どんどん変化していきます。

今の仕事や自分の持っているものとは
別なものに魅かれてワクワクすることもあります。

それでも結構です。

心に描いている大きなビジョンや夢、
そういったものに対するアプローチの仕方、
ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、
人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、
自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、
「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、
社会の要請にちょうど合うようなものを探します。

社会の期待に沿うようなものを見つけても、
それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。

なぜなら根本的に、
あなた以外の人から与えられた答えだからです。

合うはずがありません。

しかし、だからといって
人からのアドバイスを無視していい
ということではありません。

他の人からもらったアドバイスを、
自分で、自分のために
選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、
自然な本来の自分になることに
抵抗することから生まれてきます。

自分自身が非常に疲れるのは、
本当の自然な自分に
一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、
本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、
自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことを
すぐ分かる人もいますが、

そうでない人は、一生懸命、一生懸命、
自分以外の人間になろうと、
くたびれ果てるまで続けます。

本来の自分になるまでに、
どの位の時間を費やすかは
自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、
いままで皆さんがやってきたことの中で、
無駄なことはひとつもないということです。

すべてのことから学ぶことができるということを
知っておいてください。

ですから、今までの経験を捨てたり、
逃げようとしたりしないで、
その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって、
他の人とは違う非常にユニークなやり方で
それを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/



バックナンバー改訂版
 | HOME | Next »